ミツモアロゴ

男の子の七五三の疑問を徹底解説!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年09月18日

子供のお祝いごととして『七五三』があります。その名の通り、7歳、5歳、3歳で『七五三』のお祝いをします。

節目のお祝いなので、子供にはしっかりお祝いをしてあげたいというのが親心なのではないでしょうか?

今回は男の子の七五三にフォーカスを当てて解説致します。これから七五三を迎えられる男の子の親御さんは必見です!

男の子の七五三はいつ?

男の子の七五三はいつする?
男の子の七五三はいつする?

男の子の七五三は3歳と5歳でお祝いします。

地域ごとにその意識は異なっていまして、関西地方では3歳と5歳、関東地方では5歳のみお祝いするご家族が多いようです。

七五三のお祝いの意味としては…

3歳・・・髪置き(かみおき)の儀

昔は病気予防の意味や健康な髪が生えてくるようにという意味で、赤ちゃんは男女に限らず、髪の毛を剃っていたそうです。3歳になるとその髪の毛を伸ばし始める儀式としてお祝いしたのが起源です。

ですから、男女共に3歳はお祝いすることになります。

5歳・・・袴着(はかまぎ)の儀

日本では着物を着ていた時代、男の子は5歳になると袴をつけ、社会の一員となる意味があったそうです。江戸時代より前は男女関係なかったとされていますが、江戸時代以降は男の子の袴をつける儀式としてお祝いしたのが起源です。

男の子は5歳はお祝いすることになります。

7歳・・・帯解き(おびとき)の儀

7歳になった女の子は、子供用の紐付き帯だった幼少期から帯をきちんと締めて、一人前の人間として認められることから着物帯を締めることをお祝いしたのが起源です。

女の子は7歳でお祝いすることになります。

このような節目に健やかな成長を祝って『七五三』をして感謝やお祝いをするものとして始まりました。大昔は今のように食事も満足に取れなかったり、衛生面でも今では考えられない時代でしたので、赤ちゃんや小さい子供が亡くなることも多かったようです。ですから、子供が7歳まで成長することは大きな喜びでもありました。

そういった意味合いも『七五三』には込められているということを知っておきましょう。

3歳と5歳どっちがおすすめ?

男の子の七五三、3歳?5歳?それとも両方?
男の子の七五三、3歳?5歳?それとも両方?

男の子の『七五三』は何歳であげようか?と悩む親御さんも多いのではないでしょうか。お子さんの成長具合などによっても七五三をする時期を考えてみましょう。

まだあどけなさが残る3歳

3歳はやっと自分で何かをしたり、意思が出てきたりする年齢です。とは言ってもまだまだ我慢ができなかったり、時間帯によっては不機嫌になってしまうこともあり、親御さんの手はまだまだかかる年齢ではないでしょうか。

着物やフォーマル着を着せても嫌がったり、脱いでしまうなんてことも…。また、写真は半べそだったり、思い通りに撮れない可能性もあります。

ただ、3歳はあどけなさや小さい可愛さがあるので、3歳で七五三のお祝いをするのも良いでしょう。いやいや期で親の思い通りにいかなくとも、それがある意味成長段階での思い出として後々に残っていくでしょう。

すっかりお兄ちゃんな5歳

5歳にもなると集団生活にも慣れてきた頃なので、周りの大人たちの言うことがしっかり聞けたり、我慢もできる年齢ですっかりお兄ちゃんになります。親御さんも安心して七五三のお祝いをしてあげれるでしょう。

着慣れない袴やフォーマル着を着ても数時間なら耐えてくれるでしょう。

かっこよく袴を着てヘアもビシッと決めて、成長を祝う七五三をしてあげましょう。

どっちも七五三をしてもOK!?

本来男の子も3歳、5歳で七五三のお祝いをするものなので、男の子の節目である3歳、5歳どちらも『七五三』のお祝いをしても良いでしょう。

衣装を揃えたり、お祝いするのは大変ですが、なかなか成長を祝う行事も今後は少ないので、小さい時期に記念に残る『七五三』をお祝いすると将来後悔しないでしょう。

また、七五三には厳密なルールはありませんので、お祝いやお参りはせずに、お家や写真スタジオで七五三の写真を残すだけというのも一つの方法ではありますよ。

七五三 男の子の着物はどうする?

男の子の七五三の着物は?
男の子の七五三の着物は?

男の子の七五三のお祝いで着る衣装はどうしよう?衣装や小物にもこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。男の子の七五三の着物のあれこれをご紹介しましょう。

3歳の男の子も被布が定番

3歳で男の子の七五三のお祝いをするなら”被布”が定番です。女の子の七五三の衣装としては見たことがある方も多いと思いますが、3歳の男の子の祝い着としても”被布”は簡単に着付けることができるのでおすすめです。

帯を結ばずに着れる着物の上に、チョッキのようなものを羽織ってスナップボタンを留めるだけで着られるので、じっとしているのが難しい3歳児の七五三の着物として人気です。

また、被布はトイレも行きやすいですし、動きも妨げられないので、3歳児にはおすすめです。

足袋や草履は普段履き慣れないものなので、写真を撮る際などに履き変えて、それ以外は履き慣れた靴で移動すると良いでしょう。

袴姿で凛々しくキメる!

男の子の七五三といえば袴姿がかっこいいですよね。凛々しい姿は子供の成長を感じる瞬間でしょう。着慣れない着物や袴などは時間をかけずに着付けたり、無理やり着せることは避けましょう。

せっかくのお祝いなので、タイミングを見て着せてあげましょうね。

着物は購入?それともレンタル?

男の子の袴は購入するかレンタルするのか迷いますよね。購入、レンタルのメリットデメリットを見ていきましょう。

袴を購入する場合

せっかくのお祝いごとなので袴の購入を考えている方もいるでしょう。

メリット

・自分の好みの柄や絵を選ぶことができる

・お祝いの品として思い出に残せる

・兄弟がいる場合には着回せる

デメリット

・購入するとコストがかなりかかる

・着るのが一度限りになる場合もあるのでそれも考慮が必要

オークションやフリマサイトなどでも男の子の袴は購入できるので、中古で購入を検討してみると良いでしょう。

袴をレンタルする場合

一度限りなので、袴はレンタルでもいいと考えている方もいるでしょう。

メリット

・安いコストでレンタルが可能

・写真撮影代に袴レンタル代も含まれていることもあるので、お得に借りられる

デメリット

・種類や色が少ない中から選ばなければならない

・日程変更などする際に、キャンセル料や変更料がかかってしまう可能性がある

そこまでのこだわりがなければ、お得に袴レンタルを利用してみてはいかがでしょうか。

鎧兜で写真撮影もアリ!

男の子の七五三なら、凛々しくかっこいい写真を残したいものです。鎧兜を着てかっこよく、普段できないような格好をすることで、男の子のテンションもアップして、いい写真を残すことができるでしょう。

5歳ながら、鎧兜を着た姿から男らしさや強さを感じられるので、七五三の写真として素敵なものになりますよ。

小物にもこだわろう

男の子の袴姿はとてもかっこいいですよね。着物だけでなく、小物にもこだわってあげると、よりかっこよさが増すでしょう。男の子の七五三に必要な小物をご紹介しましょう。

羽織紐

羽織を止める紐で、中心にきます。ふさがついているのでよれたり、あとがついている場合には事前に当て布をしてアイロンで綺麗にしておきましょう。

懐剣

守り刀として魔除けの意味を持つ懐剣。帯のお腹に挿すもので、現代では飾りとしてつけます。

お守り

健やかに育ちますようにという意味が込められたお守り。装飾品として帯の腹に挿します。

末広

扇子のことで、末広がりにという意味が込められています。開いて仰ぐことはNGで飾りとして使用しましょう。

雪駄

雪駄は足に馴染むまで時間がかかり、移動するのが苦痛になることもあるので、移動中は履き慣れた靴でもOKです。

足袋

履きやすいソックスタイプの足袋がおすすめです。一般的には白い足袋を履きますが、柄物や色付きなどもあるので、おしゃれに差をつけたいときにおすすめです。

帽子

袴姿でも今っぽさを取り入れておしゃれに過ごしたい時はハットやベレー帽を着物に合わせてもいいでしょう。一目置かれるおしゃれな袴姿がさらにかっこよさを増してくれますよ。

七五三 男の子のフォーマル着でもいいの?

男の子の七五三、フォーマル着でもいいの?
男の子の七五三、フォーマル着でもいいの?

七五三は着物や袴を着なければいけないというルールはなく、簡単に着れるフォーマル着でもOKです。男の子の着付けは予想以上に大変なので、思い切ってフォーマル着を選ぶのも良いでしょう。

大人っぽく着飾るスーツ

普段着よりもちょっとおめかしして七五三のお祝いをしましょう。子供用のスーツはストレッチもしっかり効いていて、動きやすいので、普段着を着る感覚で着れるのでおすすめです。

シャツ、ジャケット、パンツにネクタイや蝶ネクタイをするだけでフォーマルなスーツ姿に…。

七五三以外に入学式や卒園式、結婚式の参列としても着回せるので、コスパも◎。子供のスーツ姿は大人っぽく見えるので、親御さんも大喜びでしょう。

リンクコーデ

七五三を形式にとらわれない、カジュアルにお祝いする家族も増えています。シャツとパンツのカジュアルコーデで、ご家族でリンクコーデを楽しむのも良いでしょう。

帽子をかぶったり、メガネをかけたりして少しだけ大人っぽさを入れてあげるとより良いでしょう。

お子さんもリンクコーデで親御さんと似たような服装をすることで表情も豊かになり、素敵な写真を残すことができますよ。

七五三の写真はミツモアで頼もう!

七五三 写真 相場

七五三撮影を出張カメラマンにお願いしたいけれど、探し方がわからない!

そんなときには、あなたにぴったりのカメラマンを探してくれる「ミツモア」がオススメです。

カメラマンの作品や口コミもチェックして、七五三のステキな思い出を撮影してくれるカメラマンを見つけてくださいね!