ミツモア

EV充電器の設置に自宅で使える補助金は?東京都の例を紹介【2023年】

ぴったりのEVコンセントの設置工事業者をさがす
最終更新日: 2023年11月02日

EV充電器とはEV(電気自動車)を充電するための設備です。一般家庭にEV充電器を設置する場合、10万~40万円程度の工事費用がかかります。自治体によっては補助金が用意されている場合があるため、工事を安く済ませたい人はチェックしましょう。

国の「CEVインフラ補助金」は個人宅で利用できない

EVに関する補助金制度は、国と地方自治体がそれぞれ用意しています。まずは国のCEVインフラ補助金について、どのような制度なのかを把握しておきましょう。CEVインフラ補助金の補助対象や補助金額について紹介します。

CEVインフラ補助金は共同住宅に住んでいる人向け

国が提供しているEV関連の補助金には、充電設備に関するものと車両購入に関するものがあります。ただし充電設備に関する補助金は、共同住宅に住んでいる人が主な対象であり、個人宅の工事では利用できません

2023年9月時点で国が交付しているEV関連の補助金は、次世代自動車振興センターが交付を行うCEV補助金のみです。CEV補助金とはEVの購入時に利用できる補助金のことを指します。

2023年度の充電インフラ整備事業の受け付けは終わっているため、国のCEVインフラ補助金を活用して充電設備工事を行いたい場合は、2024年度の事業内容の公表を待つ必要があります。

つまり2023年9月時点で国が行っているEV関連の補助金制度は、車両購入を対象としたものしかないということです。

参考:一般社団法人次世代自動車振興センター

CEVインフラ補助金の対象機器や対象者、補助金額

国のCEVインフラ補助金の対象となっている機器の中で、特に有名なメーカーは次の通りです。

  • 日東工業
  • パナソニック
  • 東光高岳
  • 新電元工業
  • 内外電機

家庭用EV充電器の種類は、壁面取り付けタイプとスタンドタイプに大きく分けられます。それぞれの特徴を把握した上で、最適な製品を選ぶことが重要です。

原則として国のCEVインフラ補助金は、個人宅以外の全ての施設が補助対象になっています。例えば賃貸マンションに住んでいるケースでも、家主の許可を得ればEV充電器を設置することが可能です。

CEVインフラ補助金における普通充電設備の補助金額は、以下のようになっています。

  • 機器費用:補助率50%、補助上限額7万~35万円
  • 工事費用:補助率100%、補助上限額95万~135万円
参考:EV・PHV用充電設備と補助金

「個人宅向け」EV充電器設置に使える補助金の例

CEVインフラ補助金は2023年9月時点で利用できませんが、EV充電器の設置工事に個人宅で使える補助金は、地方自治体が用意しているケースがあります。個人宅へのEV充電器設置工事で利用できる、東京都の補助金制度の例を見ていきましょう。

戸建住宅向け充電設備導入促進事業

戸建住宅向け充電設備導入促進事業は、EV充電器設置に使える東京都の補助金制度です。設置日時点で国の補助金交付対象として承認されたEV充電器であれば、補助の対象になります。

戸建住宅向け充電設備導入促進事業を利用できるのは、助成対象設備を所有または使用している個人です。新築住宅には設置できないほか、対象となる戸建住宅には太陽光発電システムの設置や再エネ100%の電力契約が必須となります。

補助金額は、1基につき2万5,000円です。EV充電器の購入費と工事費が補助の対象となっています。申請受付期限は2024年3月29日です。

参考:クール・ネット東京 :東京都地球温暖化防止活動推進センター | 「戸建住宅向け充電設備導入促進事業」

千代田区クリーンエネルギー自動車充電設備等導入費助成制度

千代田区が個人宅向けに提供しているEV充電器補助制度が、千代田区クリーンエネルギー自動車充電設備等導入費助成制度です。東京都の助成と併せて利用できます。

千代田区の補助金制度の対象者は、区内にある新築・既存住宅の所有者または居住者です。急速充電設備や普通充電設備、充電コンセント・スタンドなどが、補助金の対象機器に設定されています。

補助金額の上限合計額は50万円です。充電設備ごとの補助金額は、次のようになっています。

  • 急速充電設備:50万円
  • 普通充電設備・充電コンセント・充電コンセントスタンド:最大30万円
  • V2H:最大50万円
参考:千代田区ホームページ – 令和5年度千代田区クリーンエネルギー自動車充電設備等導入費助成制度

港区創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成

港区創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成は、個人宅におけるEV充電器設置工事に使える港区の補助金制度です。国の補助事業の対象機器が補助金対象機器となっています。

港区の補助金を利用できるのは、区内に住んでいる区民や区内の共同住宅の管理組合、区内で事業を営んでいる中小企業者・個人事業者などです。

補助金額は、「EV充電器本体価格÷4」の計算式で算出されます。急速充電設備の補助上限額は50万円(最大1基まで)、普通充電設備の補助上限額は10万円(最大5基まで)です。

参考:港区ホームページ/電気自動車等用充電設備

東京都の補助金申請の一般的な流れ

EV充電器設置工事の補助金を受け取るまでの一般的な流れについて、東京都を例に解説します。スムーズに手続きを進められるよう、必要な書類や手続き内容をあらかじめ確認しておきましょう。

必要書類を準備

東京都の補助金申請で準備するべき書類には、次のようなものがあります。

  • 交付申請書
  • 見積書・請求書・領収書など、本体・工事費用が分かるもの
  • 現況写真
  • カタログ・パンフレット
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 対象設備の保証書

上記の必要種類はあくまでも例であり、利用する補助金によっては求められる書類が異なります。例えば千代田区の補助金を利用する場合、前年度の固定資産税などの納税証明書の写しも必要です。

参考:戸建住宅向け充電設備導入促進事業助成金交付要綱
参考:千代田区ホームページ – 令和5年度千代田区クリーンエネルギー自動車充電設備等導入費助成制度

窓口申請または電子申請を行う

補助金を利用するための必要書類が用意できたら、次に自治体へ補助金の利用申請を行います。役所の窓口に足を運べる場合、必要書類を窓口で提出すれば、不備があった際にその場で教えてもらうことが可能です。

自治体によっては電子申請もできます。戸建住宅向け充電設備導入促進事業は原則として電子申請のみ受け付けており、電子申請が難しい場合は別途問い合わせが必要です。

区の補助金と国・東京都の補助金を併用する場合、一般的には国や都の補助金が確定した後に申請しなければなりません。先に区の補助金が確定してしまうと、国や都の補助金を利用できなくなる恐れがあります。

参考:クール・ネット東京 :東京都地球温暖化防止活動推進センター | 「戸建住宅向け充電設備導入促進事業」
参考:千代田区ホームページ – 令和5年度千代田区クリーンエネルギー自動車充電設備等導入費助成制度

審査・交付通知・交付

EV充電器設置工事の補助金に申請した後は、自治体による審査が行われます。審査完了後に通知が届いたら、工事をスタートする流れが一般的です。

工事が終わったら完了報告書類を自治体に提出し、後日補助金が交付されます。完了報告書類の提出後すぐに交付されるとは限らず、通知から約1カ月で振り込まれるパターンもある点に注意しましょう。

完了報告書類は、審査通過後に送付されてくる決定通知に同封されています。一般的に、年度をまたぐ工事は申請できません。

参考:港区ホームページ/電気自動車等用充電設備
参考:助成金申請書類作成の手引き

補助金を利用するときは施工会社とも相談を

EV充電器の設置工事の補助金を利用する際は、工事の施工会社とも相談することが大切です。安心して工事を依頼できる施工会社の選び方について解説します。

施工会社選びでは料金が明瞭か確認

EV充電器の設置工事を依頼する施工会社は、料金を明確に提示する業者を選びましょう。オプション料金まで詳細に提示してくれる業者なら、安心して工事を任せられます。

業者から提出された見積もりを見る際は、内訳までチェックすることが重要です。単に本体価格と工賃のみ記載されている見積書よりも、オプションを明示している見積書の方が信頼できます。

施工会社から見積もりを出してもらう場合は、複数の業者から相見積もりを取って比較しましょう。最初から1社のみに絞ると、適正な相場を把握できなくなってしまいます。

電気工事士の資格を持っている業者なら安心

法律で、EV充電器を設置できるのは有資格者のみと定められています。第1種または第2種電気工事士の資格を持っていなければ、EV充電器の設置工事を実施できません。

EV充電器の設置工事を業者に依頼する際は、第2種電気工事士以上の資格を持っている人がいるか確認しましょう。資格保有者以外の人が工事を行うと、感電や火災のリスクが高くなってしまいます。

施工会社選びでは実績を確認することも大切です。EV充電器の設置工事に関する豊富な実績がある業者なら、安心して工事を依頼できるでしょう。

口コミや評価もチェック

EV充電器の設置工事を依頼する業者を比較する際は、口コミや評価も確認するのがおすすめです。実際にその業者を利用した人の声は、業者選びで大きな参考になります。

口コミや評価を見る場合は、施工会社のホームページ以外で探しましょう。施工会社のホームページに掲載されている口コミや評価は、業者に都合が良いように業者自身が選別している恐れがあります。

クオリティが高い工事を行っている業者には、高評価の口コミが集まりやすくなっています。できるだけ投稿数の多い口コミサイトでチェックしましょう。

EV充電器設置の工事は補助金を活用しよう

EV充電器の設置工事の補助金を利用したい場合は、地方自治体の制度を探してみましょう。国の補助金は個人宅で利用できませんが、自治体によっては個人宅向けの補助金を用意しているケースがあります。

東京都は都が個人宅向けの補助金制度を用意しているほか、区による補助金を利用することも可能です。場合によっては、都と区の補助金を併用できることもあります。自分の住んでいる自治体で、個人宅向けの補助金が使えるか確認してみましょう。

補助金を利用する際は、施工会社とも相談しましょう。施工会社選びでは、料金が明確に提示されているか、電気工事士の資格を持っているかを確認し、口コミや評価もチェックするのがおすすめです。

EVコンセントの設置工事(電気自動車充電用)の見積もりを依頼する

簡単1分!見積もり無料!