ミツモアメディア

重曹は肌にも掃除にも効果的!風呂場で役立つ重曹の便利な使い方

最終更新日: 2020年09月24日

自然素材の重曹が風呂場の掃除に使えるだけではなく、入浴剤にもなることはご存知でしょうか。重曹は100均などで手軽に、しかも安く購入できます。

重曹を使って、汚れをすっきり落とした清潔な風呂場と、日々の疲れを癒やして肌もきれいにするバスタイムの両方を手に入れましょう。

重曹を入浴剤として利用するといい?!その効果を解説

重曹を入浴剤として利用するといい?!その効果を解説
重曹を入浴剤として利用するといい?!その効果を解説

入浴剤として重曹を使うと、さまざまな効果が得られます。湯ざわりのなめらかな、心地よいお湯にするだけではなく、体臭を取り除いたり、古い角質や皮脂汚れを落としたりしてくれます。

自然素材なので、使うのも安心です。ここでは重曹をお湯に溶かしたときの変化と、重曹風呂に浸かるメリットを解説します。

重曹は弱いアルカリ性

重曹は、正式名称を炭酸水素ナトリウムといいます。この重曹には、

  1. 弱アルカリ性で酸性を中和するため、油汚れや皮脂汚れなどの酸性の汚れを落としたり、靴などの酸性のにおいを中和して消す
  2. 粒子が細かく、研磨作用がある
  3. 湿気を吸い取る
  4. 水中の金属イオンを閉じ込める働きがあり、硬水を軟水に変える
  5. 水に入れて熱を加えると二酸化炭素を発生して、発泡する

という特徴があります。

このような特徴を活かして、皮脂・油汚れ落としとして風呂・キッチン掃除に使われたり、市販の入浴剤に配合されていたりするほか、料理用のベーキングパウダー、除湿・消臭剤などとして、身近で幅広く使われているのです。

お湯に重曹を入れると軟水化する

水には、マグネシウムとカルシウムの金属イオンが含まれています。この金属イオンが多く含まれているものは硬水、少ないものは軟水と呼ばれており、肌への刺激が少ないのは軟水の方です。

重曹には、水に含まれる2つの金属イオンの働きを弱める働きがあります。そのため入浴剤として重曹を使うと、お湯を軟水化させ、肌当たりのやわらかいお湯へと変えてくれるのです。

入浴剤としての効果1:体臭を取り除く

体の表面に溜まった皮脂汚れは、時間が経つと酸化して、酸っぱいにおいを発します。これが体臭の原因の一つです。弱アルカリ性の重曹には、酸性のにおいを中和して消臭する働きがあります。

そのため入浴剤として重曹を使うと、体臭を取り除いてくれるのです。特に体臭の気になりがちな夏場には、重曹風呂がおすすめです。

入浴剤としての効果2:垢を取り除く

肌細胞が古いものから新しいものへと生まれ変わるたびに、肌表面では不要な細胞が角質となって溜まっていきます。この角質に、皮膚から分泌された油分や水分などが混ざったものが垢です。

肌は弱酸性のため、弱アルカリ性の重曹は固くなった角質をやわらかくして垢と一緒に取り除き、肌をすべすべにしてくれるのです。

入浴剤としての効果3:ニキビ予防に効果

ニキビができる原因の一つが、毛穴に詰まる皮脂汚れです。この皮脂汚れは酸性のため、弱アルカリ性の重曹が汚れ落としに役立ちます。

重曹風呂に浸かると、体の皮脂汚れを落とし、毛穴の詰まりによるニキビや肌荒れを防いでくれるのです。

入浴剤としての効果4:血行を良くする

水に重曹を入れると発生する炭酸ガス(二酸化炭素)には、血管を広げる働きがあります。そのため重曹風呂に浸かると、血行や新陳代謝がよくなるのです。

また重曹にクエン酸を加えると、炭酸ガスがより多く発生する炭酸入浴剤になります。重曹だけのお湯よりも血行がよくなり、体を温める効果が高まります。

クエン酸による疲労回復効果も期待できるため、よりリラックスした入浴を楽しめるのです。

重曹風呂の作り方と入り方

重曹風呂の作り方と入り方
重曹風呂の作り方と入り方

入浴剤として重曹を使うメリットがわかったら、早速重曹風呂を作ってみましょう。ここでは、2通りの重曹風呂の簡単な作り方、直接重曹を投入する方法とバスボムを手作りして使う方法を解説します。

さらに、重曹風呂の正しい入り方のポイントについても解説します。

お湯200Lに重曹40g程度が最適

お湯200Lに重曹40g程度が最適
お湯200Lに重曹40g程度が最適

重曹風呂を作るのは簡単です。一般的な浴槽にお湯を張り(だいたい200L)、食用の重曹を大さじ3ほど(だいたい軽くひとつかみ)入れて、溶け残りがないようによく混ぜましょう。炭酸風呂にしたい場合は、さらに食用のクエン酸大さじ2ほどを加えます。

肌に触れるものなので、重曹もクエン酸もかならず食用のものを使いましょう。みかんやゆずの皮を入れたりアロマオイルを一滴垂らしたりすると、アレンジも楽しめます。

バスボムを作ってみよう

バスボムを作ってみよう
バスボムを作ってみよう

バスタイムをもっと楽しみたいなら、粉の入浴剤を固めたバスボムを作ってみましょう。炭酸風呂が手軽に楽しめます。好みで色付けしたり、香り付けしたりするのもおすすめです。

ただし残り湯を洗濯に使いたい場合は、色付けしてはいけません。また香り付けする場合は、早めに使い切ってしまいましょう。徐々に香りが薄くなってしまうため、せっかくの心地よい香りを楽しめなくなってしまいます。

【用意するもの】

  • 食用の重曹:30g(大さじ2)
  • 食用のクエン酸:15g(大さじ1)
  • 塩または片栗粉:15g(大さじ1)
  • 好みでアロマオイル(100%天然精油):4~5滴(5滴以上は加えない)
  • 好みで食用色素:適量(残り湯を洗濯に使いたい場合は使用しない)
  • 竹串など
  • 霧吹き
  • 型:お菓子のシリコン型やガチャガチャのカプセルなどを好みで。
  • ジップロックなどの密閉容器
  • 菓子などの保存に使う乾燥剤
【作り方】

  1. 塩または片栗粉に食用色素を少しずつ混ぜる。色を付けない場合は、食用色素は必要ない。
  2. 1にアロマオイルを入れて混ぜる。
  3. 2に重曹とクエン酸を入れて、ムラにならないよう、竹串などでしっかり混ぜる。
  4. 霧吹きでシュッとひと吹きして、型から外したときに崩れないくらいに湿らせる。水分が足りない場合は、ようすを見ながら、ひと吹きずつする。
  5. 型に詰めて、ゆっくり外す。
  6. 風通しのよい場所で1日乾燥させる。
  7. 密閉容器に乾燥剤と一緒に入れて、冷暗所に保存する。

重曹風呂の入り方1:入浴は週に1~2回程度にとどめる

弱アルカリ性の重曹風呂に毎日入ると、弱酸性の肌がアルカリ性に傾いてしまいます。そうすると肌表面に細菌が繁殖しやすい状態になってしまい、体臭がキツくなる恐れがあるのです。

また本来必要であるはずの肌表面の油分まで落としてしまい、肌が荒れてしまう原因にもなります。毎日重曹風呂に入ることは避け、自分の体質に合うかどうかを確かめながら、週1~2回ほどにとどめでおきましょう。

重曹風呂の入り方2:浴室から出る前に重曹の成分をしっかり洗い流す

重曹は肌に残りやすいため、浴室から出る前に、シャワーでしっかり洗い流さないといけません。もしも肌に重曹が残ってしまうと、肌がアルカリ性に傾いてしまったり、必要以上に肌表面の油分や角質を取り除いてしまったりします。

その結果、肌荒れを起こしたり、乾燥しやすくなったりしてしまうのです。

アトピーの人は入らない方がいい!重曹風呂の注意点

アトピーの人は入らない方がいい!重曹風呂の注意点
アトピーの人は入らない方がいい!重曹風呂の注意点

重曹風呂は作り方や入り方を守ると、さまざまなメリットを得られます。しかしデメリットや注意点があることも、忘れてはいけません。

トピーや敏感肌・乾燥肌の人はもちろん、肌が丈夫な人も気を付けなければいけないことがあります。重曹風呂を作る前に、かならずチェックしましょう。

アトピー性皮膚炎や敏感肌は特に注意!肌を痛める入り方

弱アルカリ性の重曹風呂には皮脂や角質を落とす効果があるため、入浴後は肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。重曹風呂に入る頻度が高いほど、肌に重曹が残っているほど、肌の乾燥状態は悪くなってしまいます。

このような状態を避けるためには、

  • 重曹風呂には毎日入らず、肌のようすを見ながら週1~2回ほどにとどめておく。
  • 肌に重曹が残らないよう、入浴後はシャワーでしっかり洗い流す

ということが重要です。

特にアトピー性皮膚炎や敏感肌・乾燥肌の方にとって、重曹風呂は刺激が強いです。肌の乾燥状態がより悪化してしまうのを防ぐため、重曹風呂の入浴は避けましょう。

肌が丈夫な方であっても、異変を感じたら、かならず医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

重曹を入れすぎない

弱アルカリ性の重曹は適量以上を入れると、お湯の性質が強いアルカリ性へと近づいていきます。その結果、皮脂や角質を落とす力が強くなり、肌荒れや乾燥を引き起こしてしまいます。

肌への悪影響の原因になってしまうため、重曹は入れすぎず、かならず重曹風呂の作り方に記載している適量を守りましょう。

追い焚きしたい場合はメーカーに問い合わせを

自然素材の重曹を使った重曹風呂には、金属を傷めにくく、浴槽を長持ちさせられるという利点があります。ただしすべての金属を傷めにくいというわけではなく、銅だけは痛めてしまうのです。

風呂釜の配管などには銅が使われている場合があり、追い焚きをすると重曹の溶けたお湯が銅に触れてしまい、徐々に風呂釜を痛める可能性があります。

重曹風呂で追い焚きをしたい場合は、メーカーに確認することをおすすめします。

重曹を使って風呂場を掃除しよう

重曹を使って風呂場を掃除しよう
重曹を使って風呂場を掃除しよう

重曹が使えるのは、入浴剤としてだけではありません。重曹は風呂場の皮脂汚れ落としにも、効果を発揮します。重曹風呂の残り湯や重曹ペーストなどを使って、風呂場掃除にも重曹を使いましょう。

浴槽や床・壁など、風呂場全体の掃除方法を解説します。

重曹は酸性の汚れに強い

汚れ落としの基本は、次のように汚れを中和して落とすということです。

  • アルカリ性の汚れ(水垢・石けんカスなど)は、酸性洗剤(クエン酸など)で落とす。
  • 酸性の汚れ(皮脂・油など)は、アルカリ性洗剤(重曹など)で落とす。

重曹は、風呂場に溜まりやすい皮脂汚れを落とすのに適しており、次のようなメリットがあります。

  • 自然素材で安全性が高い。(入浴剤だけではなく、ベーキングパウダーとして料理にも使われている)
  • 泡立たないため、洗い流すのにたくさんの水を使わなくて済む。
  • 粒子がとても細かく、研磨効果がある。

重曹は風呂掃除だけではなく、キッチンの油落としや靴箱の除湿・消臭剤などにも幅広く使えるため、持っておくと便利です。

浴槽はつけ置き洗い

重曹風呂の残り湯は、そのまま使ってつけ置き洗いがおすすめです。浴槽はもちろん、風呂場で使っている小物(洗面器や風呂用イス・子どもの風呂用おもちゃなど)も一緒につけ置きして、汚れを落とせます。

もちろん残り湯につけておくだけなので、手間がかからず、誰でも簡単・ラクに掃除ができます。

【掃除の仕方】

  1. 残り湯が温かいうちに、カップ1ほどの重曹を入れてかき混ぜ、しっかり溶かす。
  2. 一緒に掃除したいもの(洗面器や手おけなど)を、しっかり浸るように入れる。
  3. 一晩放置。
  4. 浴槽の栓を抜いて水を捨てる。汚れが残っている部分は、やわらかいスポンジで軽くこする。
  5. 重曹のザラザラが残らないよう、シャワーでしっかり洗い流す。

床・壁の掃除にはペースト状にした重曹を

床・壁の掃除にはペースト状にした重曹を
床・壁の掃除にはペースト状にした重曹を

天井や壁・床など、風呂場の広い面の掃除には、重曹ペーストがおすすめです。粉末の重曹をペースト状にすることで、液だれしにくく、汚れに付着しやすくなります。

【重曹ペーストの作り方】

  1. <水1:重曹3>の割合でしっかり混ぜる。
  2. 壁などに塗っても垂れてこないくらいの硬さになるよう、水や重曹の量を調節する。
【掃除の仕方】

  1. やわらかいスポンジに重曹ペーストを付けて、少し多めに付着するよう、汚れに塗る。
  2. 20~30分ほど放置。
  3. やわらかいスポンジで軽くこする。
  4. 重曹のザラザラが残らないよう、シャワーでしっかり洗い流す。

※キズ付く恐れがあるので、強くこすりすぎないように注意する。

※やわらかい素材(ゴムパッキンなど)はキズ付きやすいので、重曹は使わない方がよい。

カビはごしごし洗わない

カビは、

  • 温度20~30℃
  • 湿度65%以上
  • 栄養分(皮脂・水垢などの)
  • 酸素

という条件下で繁殖します。風呂場はこの多くの条件を満たしやすく、カビが繁殖しやすい場所なのです。カビは汚れではなく菌の一種です。そのため菌糸という根のようなものを素材の奥側に伸ばしながら、どんどん増殖していきます。

ゴムパッキンのようなやわらかい素材ほど奥まで菌糸をのばすため、表面をこすっても菌糸を除去できません。むしろこすることで、表面のカビが他の場所にまで広がってしまったり、こすってできた細かいキズにカビが入り込んでしまったりしてしまいます。

このカビを除去するには、カビ取り剤などを使って、こすらずに落とすことが重要です。

(1)重曹とクエン酸を使用した方法

アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を使った方法です。カビ取り剤や漂白剤よりも洗浄力は弱いものの、次のようなメリットがあります。

  • においがなく、環境にも体にもやさしい(手で触れられる・口に入っても大丈夫)
  • 重曹とクエン酸を混ぜて発生する炭酸ガスで、洗浄効果アップ

重曹は重曹ペーストに、クエン酸はクエン酸スプレーにしてから使います。

【重曹ペーストの作り方】

<水1:重曹2~3>の割合で混ぜる。

※ペースト状になるよう、水を少しずつ加えていく。

【クエン酸スプレーの作り方】

スプレーボトルに<水200mL+クエン酸小さじ1>を入れて、よく混ぜる。

【掃除の仕方】

  1. カビに重曹ペーストを塗る。
  2. 上からクエン酸スプレーを吹きかけ、ラップで覆う。
  3. 1時間ほど放置。
  4. ラップを外し、やわらかいスポンジや歯ブラシで、カビが残ってる部分をこする。
  5. お湯でしっかり洗い流す。

※カビを取りたい部分の水分を拭き取る、または乾燥している状態で、掃除をはじめる。

(2)重曹と酸素系漂白剤を使用した方法

カビ取りに高い効果を発揮するのは、カビ取り剤や漂白剤(塩素系・酸素系)です。この中でできはじめのカビやあまりひどくないカビに向いている酸素系漂白剤は、重曹と一緒に使えます。

酸素系漂白剤と重曹と合わせたカビ取りペーストには、次のようなメリットがあります。

  • 液垂れしにくくなり、カビに密着しやすくなる
  • 酸素系漂白剤も重曹もアルカリ性なので、合わせることで洗浄効果がアップ

使用する酸素系漂白剤は、合成界面活性剤入りのものは使えません。かならず過炭酸ナトリウム100%のものを用意しましょう。

【カビ取りペーストの作り方】

  1. <重曹2:酸素系漂白剤2:40℃ほどのぬるま湯1>の割合で混ぜる。
  2. 10分ほど置いて、よく馴染ませる。
【掃除の仕方】

  1. カビを覆うように、カビ取りペーストを塗る。
  2. 4時間以上放置。上からラップで覆うと、カビ取りペーストが乾燥せず効果アップ。
  3. ラップを外し、やわらかいスポンジや歯ブラシで、カビが残ってる部分をこする。
  4. お湯でしっかり洗い流す。

※カビを取りたい部分の水分を拭き取る、または乾燥している状態で、掃除をはじめる。

排水口

排水口
排水口

風呂場の排水口には、酸性の皮脂汚れも、アルカリ性の水垢・石けんカス汚れも溜まっています。そのため酸性汚れを落とす重曹と、アルカリ性汚れを落とすクエン酸を混ぜて使います。

酸性とアルカリ性両方の汚れを一度で落とせるだけではなく、重曹とクエン酸を混ぜることで発生する泡が汚れを浮き上がらせて、落ちやすくしてくれるのです。

【掃除の仕方】

  1. 受け皿のゴミを取り除く。
  2. 排水口フタや受け皿・排水トラップなど、取り外せるパーツは取り外しておく。
  3. 排水口と取り外したパーツが覆われるくらいの重曹を振りかける。
  4. 15分ほど放置。
  5. 振りかけた重曹の半分くらいのクエン酸を、上から振りかける。
  6. 1カップほどのぬるま湯を全体にかけて、もこもこと泡立たせる。
  7. 5分ほど放置。
  8. 汚れが残ってる部分は、やわらかいスポンジや歯ブラシで軽くこする。
  9. シャワーでしっかり洗い流し、乾燥させてから元通りに戻す。

ミツモアで浴室クリーニングを依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで浴室クリーニングを依頼しよう

自分でいろいろとお風呂の掃除をしてみたけれど解決しない場合は、クリーニング業者に掃除を依頼しましょう。「ミツモア」なら無料で簡単にクリーニング業者の見積もりを依頼することができます。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することができます。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアでお風呂・浴室クリーニングを依頼する