ミツモアメディア

引っ越し時のネット回線手続きは?いつから始めて何をすべきか解説

最終更新日: 2021年07月15日

引っ越しの際は、さまざまな作業や手続きが必要となります。荷造りや役所での諸手続きだけでなく、インターネット回線の手続きも必要になる場合がほとんどです。

今回は、引っ越し時のネット環境に関する手続きや手順を紹介します。

引っ越しするなら早めにネット回線手続きを

パソコン

引っ越しをする場合は、早めにネット回線の手続きを済ませましょう。連絡が遅れると、引っ越し先での開通タイミングが遅くなったり、二重で料金を支払ったりしなければなりません。

回線変更のタイミングや、最初に確認するポイントなどを紹介します。

手続きを始める最適なタイミングは?

引っ越し後も今のサービスをそのまま利用するのであれば、回線の停止や住所変更による開通手続きが必要です。

新しいプロバイダーとの新規契約や回線開通には、3週間から1カ月程度の期間を要することを覚えておきましょう。回線に関する手続きを始めるのは、引っ越しの約1カ月前からが理想といえます。

引っ越しの繁忙期である3月前後は、手続きに約2カ月かかる場合もあります。時期によってはもっと早めの手続きが必要になるでしょう。

まずは現在の契約状況をチェック

まずは今が誰とどんな契約をしているのかを把握しましょう。

インターネット回線を利用しているのであれば、回線を提供している回線業者とIPアドレスを借用しているプロバイダーと契約しているはずです。

ただし回線も含めてセットで契約できるプロバイダーもあるので、そのようなサービスを利用していれば住所変更の手続き等はプロバイダーと進めていくだけでよいでしょう。

まず引っ越しによる解約や変更手続きはどこに相談すればよいか確認して下さい。回線とプロバイダーサービスを個々に結んでいるのであれば両方に連絡が必要です。

セットで契約していれば連絡は1社だけで済むでしょう。

継続利用か乗り換えかを検討しよう

悩む女性

インターネット回線を引き続き使いたい場合は、今契約している回線業者やプロバイダーをそのまま利用するか、他に乗り換えるかを検討しなければなりません。

継続利用と乗り換え時のそれぞれについてメリット・デメリットなどを紹介します。

継続利用のメリットとデメリット

継続利用のメリットは手続きの手軽さです。他社に乗り換える際は解約と新規契約の手間がかかります。解約料がかからないのもメリットの一つでしょう。引っ越しは他にも時間や労力に加え費用がかかります。

これらの負担が少しでも減るのは大きなメリットといえるでしょう。

デメリットは移転工事費がかかることです。ただし業者によってキャンペーン中は移転費用が安くなったり無料になったりする場合があるので、随時確認しましょう。

乗り換えのメリットとデメリット

乗り換えをする場合は、新規キャンペーンを受けられたり、キャッシュバックの特典が受けられたりするケースがあります。キャンペーンの中には初回から数カ月の利用料が無料になる特典もあり、大変お得です。

デメリットは解約と新規契約の手間がかかること、キャンペーンがなければ回線開通工事費が発生することなどです。

新規契約先の業者を選定する手間やキャッシュバックの手続きに手間がかかる場合もあります。

引っ越しのタイミングが必ずしもキャンペーン時期ではなかった場合、単純に手間と費用がかかってしまうでしょう。

どちらの場合も新居で利用可能か確認を

契約している業者を継続利用する場合と乗り換える場合どちらでも、新居で回線が利用できるか確認した方がよいでしょう。

場合によってはこれまで契約していた業者ではサービスを提供できず、乗り換えなければならない可能性があります。また逆の場合もあるでしょう。

確認方法は簡単です。回線業者のwebサイトにアクセスすれば引っ越し先がサービス提供可能エリアかどうかを確認できます。

また電話でサービス提供範囲を確認する手段もあります。オペレーターと話しながら引っ越し先の住所や部屋の状況などを話せるので、より正確に確認できるでしょう。

回線事業者やプロバイダーの選び方

パソコンを操作する女性

回線業者やプロバイダーはいくつもあるので、どこを選べばよいか迷ってしまう場合もあります。契約するのであればなるべく料金がお得な業者やサービスの豊富な業者を選択したいものです。

回線事業者やプロバイダーを選ぶ際のポイントなどを紹介します。

回線の通信速度で選ぶ

まずは回線の通信速度で選ぶと安心です。使用頻度が低い場合はそこまで速度は求められませんが、動画などを見る場合は通信速度が遅いとストレスを感じてしまいます。

速度の速い回線の種類は光回線やケーブルテレビ回線などがありますが、ネット環境を整えるだけであれば光回線が主流です。

光回線サービスの中でも接続方式が「IPoE」であるとより快適に利用できるでしょう。IPoEとはインターネットプロトコルがIPv6であるサービスのことです。

これまで主流だったIPv4よりも回線が混雑せずに通信できるようになります。そのためIPoEサービスが選択できるかという点も、業者を選ぶポイントの一つです。

料金の安さや特典の充実度で選ぶ

回線やサービスの使用料も回線業者やプロバイダーによって異なります。

キャッシュバックや無線ルーターの無償提供など、さまざまな特典を用意している業者もいるのでチェックしておきましょう。

NTTがプロバイダーと連携している光コラボレーションは、料金が比較的安くなるのでおすすめです。また顧客獲得のため特典が多い特徴もあります。

光コラボレーション事業者の中には、携帯電話会社も含まれます。使用している携帯電話の会社と回線契約を結べば、携帯代金が安くなる可能性もあるのです。

各プロバイダーを比較し自分にとって最もお得になる業者を選択するとよいでしょう。

手続きが簡単な一体型サービスを選ぶ

一般的にインターネットを使用する際は光回線業者とプロバイダーとの両方と契約を結ぶ必要があります。光コラボレーション事業者は一体型サービスを提供するため、手続きが簡単です。

これまではトラブルがあると回線業者とプロバイダーのどちらに連絡すればよいか迷ってしまうといった声もありました。

しかし光コラボレーション事業者の回線を使用すれば問い合わせ窓口が統一されるため、より利用しやすくなるのです。請求も統一されるので支払いに関する煩わしさも軽減されます。

おすすめの光回線サービス3選

Wi-Fi

通信速度に優れていたり手続きが簡易だったりするなど、光回線サービスによって特徴はさまざまです。中でもおすすめの光回線サービスを三つ紹介します。

通信速度を求めるなら「NURO光」

NURO光はトップクラスの通信速度を誇るサービスです。ダークファイバ―と呼ばれる回線を利用していて、下りが最大400Mbpsもの高速通信を実現します。

NURO光がなぜ速いのかといえば利用しているユーザー数が少ない回線を使用しているので、回線が比較的混雑していないからです

IPv6にも対応しており動画やオンラインゲームなど、通信速度が求められるコンテンツもストレスなく楽しめるでしょう。

ただし利用できる地域が限定されているので検討する際は、サービス提供範囲を確認しましょう。

参考:NURO光

契約期間の縛りがない「DTI光」

ドリーム・トレイン・インターネット社(DTI)が提供する光回線サービスがDTI光です。契約期間の縛りがないので業者を自由に乗り換えできます。もちろん解約金は発生しません。

光コラボレーション事業者による回線なので、通信品質はNTTが提供するフレッツ光とほとんど変わりません。IPoEにも対応しているので通信速度も速く、動画やオンラインゲームも快適に楽しめるでしょう。

またauのスマートフォンを使用していれば毎月の利用料金に割引が適用されるサービスもメリットがあります。

参考:DTI光

提供エリアが広い「auひかり」

地域限定での利用が前提であるNURO光と比較すると、auひかりは日本全国で契約が可能です。都市部から離れた場所に引っ越す際はauひかりを選択するのもよいでしょう。

もちろんauスマートフォンを利用していれば割引も適用されます。家族割引もあるので家族にauユーザーが多いほどお得な特典が得られるでしょう。

独自の光回線を使用しているためストレスの少ない通信速度に期待が持てます。初回工事費が無料であったりキャッシュバックが得られたりするなど、キャンペーンの多さも魅力といえるでしょう。

参考:auひかり

新規プランに乗り換える場合の手続き手順

業者を迎え入れる女性

回線サービスを乗り換える際は解約手続きや新規プランの契約が必要です。手続きだけでなく機器を返却するなどいくつかやらなければならないことがあります。

新規プランに乗り換える際の手続き手順を紹介します。

新しい回線とプロバイダーを決めて申し込み

まずは引っ越し先で利用する回線サービスを決めて、回線業者やプロバイダーと契約を結びましょう。必要な情報は新居の住所と連絡先に加え開通希望日です。

開通工事費や事務手数料などがかかるかは事前に確認します。ルーターや無線ルーターが必要であるかも聞いておくとよいでしょう。

新居が賃貸住宅であれば先に大家や管理会社に連絡し、インターネット開通工事が可能であるかを確認しておきます。許可が取れたら業者と契約を進めましょう。

使っていた回線とプロバイダーを解約

続いて契約していた回線サービスを解約します。回線事業者とプロバイダーの両方と解約手続きをして下さい。解約方法は電話連絡かインターネットによる解約申し込みがほとんどです。

解約手数料や違約金などの金額や支払い方法、支払い期限も確認しましょう。賃貸住宅に住んでいて開通工事をしたのであれば、原状回復が必要なのかということも大家に確認して下さい。

プロバイダーからメールアドレスを付与されている場合、新しいメールアドレスを取得しないとメールが受信できません。Wi-Fiルーターをレンタルしていれば返却が必要になるでしょう。

撤去・開通工事への立ち会い

解約後は引っ越し前の居住で機器撤去等の立ち会いをします。作業者が部屋の中に入るので必ず立ち会わなければなりません。

また新居でも回線開通工事の立ち会いをしましょう。一般的に3月など引っ越しの繁忙期は工事予約が取りづらくなります。余裕を持って連絡して下さい。

撤去と開通工事はタイミングを計るのがコツです。インターネットを利用できない期間がないように、先に開通日を調整してから今のサービスを解約する日程を組みましょう。

現在のプランを継続する場合の手続き手順

引っ越し業者と話す男性

今利用中のサービスをそのまま引き継ぐためには、新居でサービスが提供されているかなどの確認が必要です。また移転工事は立ち会いが必要になるので業者と日程を調整しましょう。

現在のプランを継続する際の手続きについて解説します。

プロバイダーに新住所と移転希望日を連絡

まず新居で今の回線サービスが継続して利用できるかプロバイダーに確認しましょう。サービス提供エリア外の地域であるかもしれません。

賃貸で回線が引かれていない場合は回線引き込みの工事をしなければならず、大家や管理会社に許可を取らなければなりません。建物に穴を空ける場合があるので必ず連絡しておきましょう。

サービスが利用できそうであればプロバイダーに新住所と移転希望日を連絡します。回線事業者とも契約が必要であれば、そちらにも情報を提示しましょう。

移転工事への立ち会い

サービスをそのまま継続するのであっても移転工事は必要です。回線が引き込まれていればそれを利用できる可能性があり、工事も簡易なものになるでしょう。

しかし回線を新しく引き込むとなれば工事もそれだけ時間がかかってしまいます。工事立ち会いは必須なのでうまく時間を調整しなければなりません。

簡単な工事あれば30分から1時間程度で完了するでしょう。しかし回線を引き込むとなれば約2時間はかかります。余裕を持って時間を確保しておきたいところです。

工事が終わったら接続設定をしよう

ルーターの差込口

開通工事が完了したらインターネットに接続するための準備が必要です。無線LANで接続する設定方法などを紹介します。

無線LANで接続するための設定手順

無線LAN接続するためには無線LANルーターが必要です。家電量販店やネットショップで購入できます。価格は2,000円代から10,000円前後までさまざまです。

まずはONUと無線LANルーターをLANケーブルで接続します。接続するポートは「WAN」です。ONUは回線業者からレンタルする機器であり開通した時点で接続されています。

次にパソコンで無線LANルーターを設定します。無線LANルーターのWPSボタンを長押しすると電波を飛ばして設定モードになるので、パソコンで受信しましょう。

ブラウザからプロバイダー情報(プロバイダーから郵送される紙に記載)を入力し、設定完了です。

業者に設定を依頼するのもおすすめ

どうしても設定が分からない場合は業者に設定を代行してもらう手段もあります。その際はオプション料金として3,000円から10,000円前後の費用がかかるでしょう。

初めから設定代行を依頼したい場合は回線業者やプロバイダーを選択する際に、設定代行メニューがあるか事前に確認して下さい。

パソコンやスマートフォンからWi-Fi接続する手順も分からない人は、設定代行を依頼した際に併せて聞いてみるとよいでしょう。

複雑な手順ではないので教えてくれるはずです。

回線工事不要のインターネットもある

ルーター

住居にインターネット回線を引くと開通工事が必要です。しかし賃貸物件によっては工事を禁止している場合があります。

そんなときは回線工事不要のサービスでインターネットを楽しむのも一つの手段です。回線工事が要らないインターネット環境の整え方を紹介します。

据え置き型ホームルーター

据え置き型のホームルーターを使用すれば回線工事不要で、インターネットが楽しめます。部屋にホームルーターを置いてコンセントに接続すればすぐに使用できます。

光回線と比べ通信速度は劣りますがモバイルWi-Fiルーターよりも速く、動画もスムーズに見られるでしょう。

ただしあくまでもホームルーターなので外出先では使用できないと認識して下さい。バッテリーを搭載しておらずコンセントがないと使えないのです。

仕事の都合で引っ越しが多い人やすぐに使用したい人には便利なアイテムといえるでしょう。

モバイルWifiルーター

モバイルWi-Fiルーターも開通工事不要でインターネット環境が構築できます。光回線の開通工事が引っ越し日に間に合わない人にはおすすめです。

通信キャリア毎により提供範囲が異なるので、引っ越し先がサービスエリア範囲かどうかは事前に知って確認しましょう。

モバイルWi-Fiルーターは外出先でも利用できます。自宅だけでなく外でも使用する人には使い勝手のよいものでしょう。

ただしデータ通信量制限があるので注意が必要です。これを超えると通信速度がかなり遅くなってしまうので、通信量が多くなる人には向いていません。

テザリング

携帯電話のデータ通信を利用したテザリングであれば、スマートフォンがあるだけでインターネットに接続できます。

ホームルーターやモバイルWi-Fiルーターのように新しく機器を購入しなくて済むので、手軽にネット環境が手に入るメリットがあります。その一方で使い過ぎるとデータ通信量の制限がかかってしまうでしょう。データ使用量を追加する場合はホームルーターやモバイルWi-Fiルーターよりも金額が高くなってしまう恐れがあります。

ひとつひとつ確実に手続きを進めよう

携帯を操作する人

インターネット回線の手続きは引っ越しの1カ月前から着手するのが望ましいといえます。

今のサービスをそのまま継続するか新規プロバイダーに乗り換えるかを決めて、手続きや開通工事の立ち会いなどを実施しなければなりません。

引っ越しを機にプロバイダーを変更する際は通信速度や、特典の有無などを確認しましょう。引っ越し日に開通できなければモバイルWi-Fiルーターなどの選択肢もあります。

回線業者やプロバイダーだけなく引っ越し先の管理会社など、一つひとつ確実に手続きを進めましょう。

ミツモアで引越し業者を見つけよう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のプロから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

行政書士に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで引越し業者を探す