ミツモアロゴ
ミツモアメディア

【簡単】網戸掃除のポイントを解説!100均のお手軽グッズもご紹介

最終更新日: 2020年05月14日

網戸は室内・室外両方からの汚れが付着しやすく、定期的な掃除が必要です。雑巾で拭くだけでは汚れを落としきれませんが、洗剤や新聞紙といった身近な道具を適切に組み合わせることで隅々まで綺麗にできます。

ここでは網戸に付く汚れの種類や対処法、掃除の頻度、更には網戸掃除に役立つ100均グッズまで幅広くご紹介していきます。

網戸が汚れる原因

網戸の掃除の画像
網戸が汚れる原因

網戸の汚れといえば埃が真っ先に思い浮かびますが、他にもたばこのヤニ、花粉、排気ガスなど様々な汚れが網戸には付着しています。これらの汚れの種類をきちんと把握していないと、適切な掃除方法を選ぶことができません。

網戸が汚れてしまう原因を「家の中からの汚れ」と「家の外からの汚れ」の2つに分けて、詳しく見ていきましょう。

家の中からの汚れ:埃やたばこのヤニ

家の中からの網戸汚れの原因としては、まず埃が挙げられます。家の中をどんなに綺麗にしていても、埃はどうしても舞ってしまうものです。付着してすぐの埃は柔らかくて除去しやすいのですが、放置しておくと網目に深く絡まり硬くなってしまうので注意しましょう。

タバコを吸う場合には、ヤニによる汚れも無視できません。ヤニ汚れは見た目が悪くなるだけでなく、悪臭を発生させてしまう恐れがあります。

他にはキッチンで料理した際に出る煙に含まれている油も、網戸汚れの一因です。煙の中の油分が網戸に付着すると、落ちにくい頑固な汚れに繋がります。

家の外からの汚れ:花粉や小さな虫

家の外から網戸を汚してしまうものとしては、まず花粉があります。花粉は2月頃から春先にかけて風に乗って屋外を飛び、網戸に付着します。同様に小さな虫が飛んできて網目に挟まってしまうケースもありますが、こちらは網戸用の虫よけスプレーやシートで予防可能です。

自宅が交通量の多い道路の近くにある場合は、排気ガスも網戸を汚してしまいます。砂埃や中国からの飛来が問題になっている黄砂、PM2.5も網戸汚れの原因の一つです。家の外から網戸に付着するこれらの汚れには化学物質が含まれていることがあり、健康にも悪影響を及ぼします。

網戸掃除のポイント!

網戸掃除方法の画像
網戸掃除のポイントをご紹介!

網戸掃除には覚えておきたい大切なポイントがいくつかあります。掃除の際に網戸を外すメリットや、適切な洗剤、道具の種類を頭に入れておくことが大切です。手が届きにくい場所にある網戸の掃除で危険な場合はプロの業者への依頼を考えてもいいかもしれません。

網戸は外して掃除をしましょう!

網戸をしっかり掃除する際には、まずレールから外してしまいましょう。レールにセットしたままだと上の方に手が届きにくくなりますし、レールの溝を隅々まで綺麗にすることができません。網戸を外しておくことでホースでの水洗いもできますね。

網戸によっては「脱輪防止機構」や「はずれ止め」が付いています。どちらもつまみをスライドさせたりネジを緩めることで、網戸をレールから外せる状態になります。取扱説明書がある場合はそちらで外し方を確認しましょう。

アルカリ洗剤は避ける

網戸掃除では、アルカリ洗剤の使用は避けましょう。一般的な網戸の枠はアルミニウムでできていますが、アルカリ洗剤と反応することでアルミニウムの腐食が進んでしまうのです。落ちにくい油汚れにはアルカリ洗剤が効果的ではありますが、枠の変色や黒ずみを引き起こす原因ともなるのです。掃除に便利な重曹も弱アルカリ性のため、網戸には使用しないようにしましょう。

メラミンスポンジの使用は避ける

網戸の掃除にメラミンスポンジを使ってはいけません。メラミンスポンジはメラミン樹脂というとても硬い樹脂でできており、汚れを擦って削り落とすようになっています。網戸の網をメラミンスポンジで擦ると、削れた汚れやメラミンスポンジのカスが網目に挟まって逆効果です。

また網戸の枠のアルミには、酸化防止加工がなされています。うっかり枠を擦ってしまうと加工の塗膜が剥がれてしまうため、メラミンスポンジの使用は避けましょう。

高所に設置されている網戸は、クリーニング業者に頼もう!

場合によっては、高い位置に網戸が設置されている部屋もあるでしょう。高所の網戸を自分で掃除しようとすると、足を滑らせたり転落したりといった事故が発生しかねません。

高所での掃除は自分で行うことは控え、プロのクリーニング業者に依頼するのが安全です。プロは高所での作業に慣れていますし、専用の道具や洗剤で安全・確実に網戸を綺麗にしてくれます。

ダイソーで揃えられる!網戸掃除に必要なもの

100均の商品の画像
ダイソーでそろえられる!網戸掃除に必要なもの

網戸を掃除する時に、雑巾だけを使用していませんか? 雑巾以外にも様々なお掃除グッズを組み合わせると、網戸掃除の効率がアップします。100円ショップのダイソーでは便利なお掃除グッズを安価で購入できるので、網戸掃除に上手く活用していきましょう。

ポリばたき

掃除の際の定番アイテムといえば「はたき」ですが、埃取りにおすすめなのがポリばたきです。ポリばたきは毛の部分が化学繊維でできているため、静電気で埃を簡単に吸着させることができます。

昔から使われていた一般的な和ばたきは毛が絹などでできており、埃をはたいて落とすことしかできません。埃が下に落ちたり周囲に舞ったりしてしまうと、床掃除の手間が増えてしまいます。その点ポリばたきであれば静電気で埃をしっかりキャッチしてくれるので、周りを汚さず効率的に埃を取り除くことができるのです。

掃除機と段ボールまたは新聞紙

網戸の目は細かいため、ポリばたきだけでは埃を落としきれません。網の目の中に残ってしまった埃を取り除くのに便利なのが掃除機です。

ただし掃除機のノズルを網戸に押し当てただけでは直線上の空気ばかりを吸い込んでしまい、肝心の埃や汚れは吸いきれません。そこで掃除機とセットで使用するのが、段ボールや新聞紙です。

網戸掃除の際には、段ボールや新聞紙を網戸の反対側から押し当てて掃除機で吸いましょう。空気が網の表面を流れやすくなり、埃や汚れを逃さず吸い込めるようになります。

掃除機のノズルはブラシ付きのものがベストで、無ければフロア用ノズルや隙間用ノズルを使用しましょう。

雑巾、台所用洗剤とバケツ

雑巾は2枚あると便利です。2枚の雑巾で網戸を両側から挟んで拭くことによって、汚れを逃がさずキャッチできます。濡れ雑巾で拭いた後は、必ず乾いた雑巾での乾拭きを心がけましょう。濡れ雑巾で網戸の汚れを落とした後に濡れたままにしておくと、新たな埃が付きやすくなってしまいます。

洗剤のおすすめはウタマロクリーナーです。ウタマロクリーナーはスプレータイプの中性洗剤で肌や環境に優しい上に、油汚れもしっかり落とせる洗浄力も持っています。

普段使っている台所用洗剤を使用する場合は、水を入れたバケツに洗剤を大さじ1程度加えて使用しましょう。ダイソーで購入できる「セスキ水」も、汚れを落とすのに便利です。

サッシ用ブラシ

サッシ用ブラシがあるとレールの溝の汚れをかき出すのに重宝します。サッシ用ブラシは、持ち手の先にやや長めの毛束が付いているブラシです。ブラシには硬さもあるためレールの隅の汚れまで届きやすく、持ち手によって手が疲れにくいのもメリットです。

溝の隅には砂埃が固まっていることがありますが、ブラシで軽く叩くと崩れて取り除きやすくなります。使用後はブラシも水洗いで綺麗にしておきましょう。

【テレビで話題の家事えもん流】マイクロファイバー、ボディタオル

家事テクニックの紹介で人気の家事えもんさん。家事えもん流の網戸掃除では、ボディタオルやマイクロファイバーを使用します。ボディタオルは新品でなくても、使い古したもので構いません。

まずぬるま湯にボディータオルを2枚浸し、絞ります。ボディタオルで網戸を両側から挟み込み上下へスライドさせることで、驚くほど埃が取れます。

マイクロファイバータオルも、網戸の汚れ取りに便利です。マイクロファイバーの繊維には細かい溝や隙間があり、細かい汚れをキャッチできるようになっています。手袋状になったマイクロファイバーも非常に使いやすく、お掃除グッズとして人気です。

ストッキング

使い古したストッキングを保存しておくと、網戸掃除の役に立ちます。使い方はとても簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

まずストッキングを丸めて団子状にしておきます。使わなくなった靴下などをストッキングの中に詰めておくと、厚みが出て握りやすいです。埃が下に落ちた時のために、床には新聞紙を敷いておきましょう。

準備ができたら丸めたストッキングで網を上から下へ撫でるようにして、埃を除去していきます。網戸の目よりもストッキングの目の方が細かいため、埃を吸着しやすい点がストッキングのメリットです。

網が終わったらレールの溝もストッキングで拭きましょう。弾力があるため押し付けるようにするとレールにフィットして、溝の隅まで拭くことができます。

新聞紙に落ちた細かい埃・ゴミをまとめて終了です。

網戸掃除の頻度はどのくらいが理想?

網戸掃除方法の画像
網戸掃除はどのくらいの頻度が理想的?

網戸は部屋の換気にも影響するため、なるべく綺麗にしておきたいところです。ただ毎日のように網戸掃除をするのは、現実的ではありませんね。花粉や台風のシーズンのように、網戸掃除に向かない季節もあります。

網戸掃除の頻度はどれくらいが適切なのか、時期はいつが良いのかを見ていきましょう。

簡単な掃除は週1回程度心がけよう!

網戸をしっかり綺麗にする場合はレールから外しますが、外さずに行う簡単な掃除なら週1回でOKです。毎日掃除をする必要はありませんが、週に1回はサッと拭く程度でも綺麗にしておくと、後々のしっかりとした掃除で落とす汚れの量が減ります。

週1回の掃除では網戸を外さず、フロアワイパーや掃除機がけで十分です。

①フロアワイパーを使う場合

フロアワイパーを使う場合は、ウェットタイプのシートを使うと水分で汚れをキャッチしやすくなります。まずは網戸の内側から、力を入れ過ぎず上下左右に拭いていきましょう。柄の長さが調節できる場合は短くしておくと、網戸に近づいて使うのにちょうど良くなります。内側が終わったら、同様に外側にもワイパーをかけます。

②新聞紙と掃除機を使う場合

新聞紙と掃除機を使う場合は、網戸の外側から新聞紙をセロハンテープなどで貼り付けます。掃除機は網戸の内側からかけるだけでOKです。貼り付けた新聞紙が埃の逃げ場をなくすため、外側に付いている埃も内側から吸い取ることができます。

しっかり掃除は数か月に1回が理想的!

しっかりとした網戸掃除は、数か月に1回行うことが理想です。この時には網戸をレールから外しましょう。

花粉が舞う3月~5月は、網戸掃除には向きません。9月前後の台風シーズンも風が強く、掃除をしたそばから新たな汚れが付着してしまいます。

台風シーズンが終わった頃は、湿度により汚れが柔らかく落ちやすくなっています。この時期を見逃さず網戸の汚れを綺麗にしておきましょう。晴れて湿度が低い日は汚れも乾燥していて落としづらくなるため、曇りの日に掃除をするのがおすすめです。

ミツモアでハウスクリーニング業者に見積りを依頼する

ミツモア
ミツモアでハウスクリーニングの見積り依頼をする!

網戸の掃除をするため、クリーニング業者に掃除を依頼しようと思ったものの、ネットで調べるとたくさんの業者が出てきますよね。どこを選んでいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

「なるべく安く済ませたい」「すぐに来てくれるところがいい」など、自分に合った業者を探すのは大変です。そんなときは、複数の業者を比較できるミツモアを使ってみてはいかがですか?

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

郵便番号やメールアドレス、クリーニングしてもらいたいものなど、簡単な質問に答えるだけで、指定したメールアドレス、LINEに見積りが届きます。

最大5件の見積りが届く

「いろんな業者を比較して決めたい」という方は、最大5件まで見積りを同時に送ってもらえます。自分でネット上で探さなくても、ミツモア上で簡単に業者を比較できて手間いらずです。

チャットで見積り内容の相談ができる

「追加してお風呂も掃除してもらおうかな」「時間をちょっと調整できないかな」と思っている方は、チャットを使って簡単にスケジュール、見積り内容の相談ができます。電話で直接話すのは気まずい…という方でも、これなら気軽に相談できますよね。

網戸の掃除は、簡単でお得に「ミツモア」に見積り依頼をしましょう!

ミツモアで無料で見積もってみる