ミツモアメディア

トイレ掃除にはクエン酸と重曹!! 掃除方法をわかりやすく解説

最終更新日: 2020年10月15日

綺麗にしているつもりでも、汚れやすいのがトイレ。尿石や水垢など、汚れの原因はさまざま。効率的なトイレ掃除には、クエン酸と重曹がおすすめです。

今回は、手軽なトイレ掃除の方法を紹介します。掃除に必要なアイテムや、クエン酸スプレーの作り方と濃度、床や壁など箇所別の掃除方法などトイレ掃除にまつわる情報を総まとめ。これからトイレ掃除をする方は、参考にしてください。

トイレ掃除にはクエン酸・重曹がオススメ

トイレ掃除 クエン酸
トイレ掃除にクエン酸と重曹がオススメ

トイレの汚れは、尿石、水垢、黒ずみ、ヌメリの主に4つが挙げられます。汚れを落とすときのポイントは、それぞれの汚れと反対の性質をもつ洗浄剤を使い、汚れを中和させることです。

それぞれに適した洗浄剤を用いることで、掃除がグッと簡単になります。

尿石・水垢に強いクエン酸

汚れは、反対の性質を持つ洗剤などで中和させるとお落としやすくなるため、気になる汚れがどのような性質をもつのかを知ることが大切です。

尿石は、便器に残った尿がアンモニアに分解されて、カルシウム成分と混ざってできた汚れです。この尿石はアルカリ性なので、クエン酸が有効です。

また尿石が蓄積されていくと、トイレ特有のイヤな臭いの原因になります。定期的な掃除で、尿石の蓄積を防ぎましょう。

黒ズミ・ヌメリに強い重曹

黒ズミは酸性なので、アルカリ性の重曹が有効です。黒ズミ汚れの正体は、空気中に漂うホコリや細菌、水垢が混ざり合って蓄積したもの。重曹で汚れを浮かせて、すっきり汚れを落としましょう。重曹がないときは、セスキ炭酸ソーダでも代用可能です。

消臭効果もあり

クエン酸と重曹は掃除に便利なだけでなく、消臭効果が期待できるのも魅力です。それぞれで単体でも消臭効果がありますが、弱アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を混ぜると、シュワシュワと泡が発生して消臭効果アップします。

クエン酸・重曹を使ったトイレ掃除で用意するもの

ここでは、クエン酸と重曹を使ってトイレを掃除する際に必要なアイテムを紹介します。100均で販売しているものが多く、手軽に手に入るものばかりですよ。

用意するものは

  • クエン酸スプレー
  • 重曹スプレー
  • ブラシ
  • 雑巾
  • ゴム手袋

の5つです。以下で詳しく見ていきましょう。

クエン酸スプレー

クエン酸スプレー

クエン酸スプレーは、水とクエン酸で作れます。クエン酸大さじ1杯ほどに対して、水100mlを混ぜ合わせます。あとは、空のスプレーボトルに入れて完成です。

クエン酸スプレー 100均

クエン酸は、ダイソーをはじめとする100均の掃除グッズコーナーで販売しています。粉末状ではなく、すでにスプレーとして販売されている商品もあり、スプレーを自分で作る手間をかけたくないという方におすすめですよ。

重曹スプレー

重曹スプレー

重曹スプレーは、便器掃除で使います。クエン酸スプレーと同様、粉末状の重曹から作れます。大さじ1杯に対して300mlの水を混ぜ合わせて、完成です。

重曹はスーパーやドラッグストアなどさまざまな場所で購入できます。100均ダイソーでは、重曹スプレーとして出来上がったスプレーも販売されていて便利です。

ブラシ

ブラシ

トイレ掃除の必需品といえば、トイレブラシ。ポリエステルのブラシ状のものが、一般的ですよね。便器の中にこびりついた汚れをこすり落とすのには、必需品と言えるでしょう。

「使ったあとのブラシを置いておくのはちょっと…」という綺麗好きの方には、使い捨てのトイレブラシがおすすめです。

雑巾

雑巾

トイレの壁、床、洗面台掃除には雑巾が必要です。雑巾の代わりに、トイレ掃除用の拭き取りシートを使うのもおすすめ。使うごとに取り出せて、使い終わったら捨てることができるのが便利です。

ゴム手袋

ゴム手袋

トイレ掃除中の汚れと、洗浄剤から肌を守るために作業中はゴム手袋をつけるのが好ましいです。重曹やクエン酸は比較的肌にやさしい成分ですが、長時間の掃除ではどうしても手荒れの原因になってしまうおそれがあります。

100均のダイソーでは、ゴムタイプや使い捨てできるビニールタイプなど豊富な種類が販売されています。自分にぴったりのものを選びたいですね。

【箇所別】クエン酸・重曹を使ったトイレ掃除方法

ここでは、トイレの箇所別の掃除方法を紹介します。クエン酸と重曹を汚れに合わせて、適切に使っていくのがポイントです。便器、貯水タンク、洗面台、壁、床、換気扇の掃除の仕方を手順に沿って説明するので、ぜひ参考にしてくださいね。

便器

便器の掃除には、クエン酸スプレーを使用します。クエン酸スプレーパックをして、尿石をしっかり取り除きましょう。

①尿石のある箇所にクエン酸をスプレーする

クエン酸スプレーを吹きかける

便器全体に、クエン酸スプレーを吹きかけます。

②上からトイレットペーパーを被せる

トイレットペーパーを被せていく

スプレーをかけた箇所に、トイレットペーパーを貼り付けていきます。

③トイレットペーパーからさらにクエン酸スプレーを吹きかける

クエン酸スプレーを吹きかける

トイレットペーパーの上から、さらにクエン酸スプレーをします。30分ほど放置して、剥がしたら乾いたトイレットペーパーで水気を拭き取って作業完了です。

貯水タンク

トイレタンクの掃除方法

タンク内掃除には重曹が有効です。タンクには、蓋が取れるタイプと取れないタイプがあるので、作業前には必ず取り扱い説明書を確認しましょう。今回は、蓋が取れるタイプの掃除方法を紹介します。

粉のまま水受けに、適量を振りかける

粉状の重曹を、水受けに適量入れます。

水に濡らしたスポンジでこする

タンク内にこびりついた汚れを、スポンジでやさしく擦り落としましょう。

トイレタンクの詳しい掃除方法については以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:トイレタンクの掃除方法!オキシクリーンや重曹が効果的!

洗面台

トイレの洗面台には、蛇口から出る水によって水垢汚れができやすいです。水垢には、クエン酸が効果的なので、実践してみましょう。

水垢めがけてクエン酸スプレーを吹きかける

洗面台にクエン酸スプレーを吹きかける

汚れがある箇所に、スプレーをしていきます。

10分ほど放置したら、ティッシュでふき取る

クエン酸を、しっかり拭き取りましょう。水分が残ると再び水垢ができる原因となってしまうので、注意が必要です。

尿の飛沫による壁の黄ばみにはクエン酸が有効です。

雑巾またはお掃除スプレーにクエン酸スプレーをする

クエン酸をつけた雑巾またはお掃除シートを用意します。

壁の汚れを拭き取っていく

壁の汚れをふきとっていく

壁の汚れを拭き取っていきます。

このときのポイントは、壁の上部から下部にふき取る場所を移動させること。トイレの壁は通常、下に行くにつれて尿の汚れが多く付いています。汚れが少ない上部から、下部に向かって行くことで掃除を効果的にできるのです。

普段は気にならないかもしれないですが、床は排泄物のアンモニアや洋服の糸くず、ホコリなどで汚れています。クエン酸スプレーを使い、しっかり掃除をしましょう。

雑巾またはお掃除シートにクエン酸スプレーする

床を拭く

雑巾にクエン酸スプレーをしましょう。

床を拭いていく

トイレの床を拭く

トイレの床をくまなく拭いていきます。特に、便器と床の隙間にはホコリが溜まっていることが多いので、念入りに拭き取りましょう。

換気扇

トイレの換気扇の掃除は年1回!掃除方法を解説します
トイレの換気扇の掃除

換気扇掃除にはクエン酸・重曹を使用しません。カバーを取り外して、中のホコリを拭き取りましょう。

取り外した部品のホコリを取る

換気扇カバーについたホコリを取ります。掃除機や、歯ブラシを使うと簡単に取れますよ。

換気扇内をお掃除シートでふき掃除する

換気扇の中にこびりついた汚れを、お掃除シートで綺麗にしていきましょう。

外した部品を元に戻す

汚れを落とした換気扇の部品を、元の状態に戻します。

トイレをきれいに保つために必要な掃除頻度は?

トイレタンクの掃除
トイレタンクをきれいにするための掃除頻度は?

毎日使う場所だからこそ、いつでもトイレは綺麗に保ちたいですよね。トイレは、箇所によって理想の掃除頻度が異なります。

便器・便座は毎日が理想

便器の黄ばみの原因である、尿石が蓄積しないうちに掃除をする必要があります。家族暮らしなら、使う回数が多いため毎日が理想です。

一人暮らしの場合は、2~3日に1回でも清潔に保てます。汚れの度合いにもよるので、汚れを見つけたら早めに掃除をする癖をつけましょう。

壁・床・洗面台は週1回

壁、床、洗面台は比較的汚れにくい箇所にはなりますが、アンモニアや洋服の糸くず、ホコリによって汚れていきます。雑巾やお掃除シートをトイレに常備して、週に1回程度は拭き取り掃除をしましょう。

ポイントは、「上から掃除する」ことです。壁の上部→洗面台→壁の下部→床と下に向かって拭き掃除しましょう。一人暮らしなら、2週間に1回でもOKです。

タンク内部・換気扇は数か月に1回

タンク内部の掃除と換気扇の掃除は、数ヶ月に一度が好ましいでしょう。タンクの中に重曹を入れて、軽くこすり落とすだけでOKです。また、換気扇は、網についたホコリを外側からふき取るのでも十分です。分解掃除は、時間があるときに集中してやりたいですね。

また一人暮らしなら、トイレの使用回数もグッと少なくなるはずなので、タンク内の掃除は半年に1回でも足りる場合があります。換気扇は、ホコリ取りシートを貼り付けることで掃除する手間が省けるのでおすすめですよ。

クエン酸・重曹以外でトイレ掃除に役立つもの

クエン酸・重曹以外で役立つ
クエン酸・重曹以外で役立つもの

クエン酸や重曹が手元にないときには、別のもので代用しましょう。セスキ炭酸ソーダや、お酢、アルコールなど代用できるものは実は意外とたくさんあります。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは重曹と同じアルカリ性なので、重曹と同じ用途で使用します。ただし重曹より強いアルカリ性なので、使う量は重曹より少なくなります。

またセスキ炭酸ソーダは皮脂汚れに強いので、便器の座面やトイレットペーパーホルダ―の掃除におすすめです。

お酢

酸性であるお酢は、同じく酸性のクエン酸の代替品として使用できます。リンゴ酢のような果実酢や、すし酢のように調味料が含まれているお酢は使用しないなど、注意が必要です。

アルコール

トイレ掃除には、エチルアルコールや酒精と呼ばれるアルコール類を活用することもできます。消毒に用いられることが多いですが、皮脂汚れを落としたり、消臭効果を期待できるので重曹やクエン酸がないときに便利です。

やり方は簡単です。まず、空のスプレーボトルにアルコールを移して、汚れに吹きかけます。5分ほど放置したら、汚れとアルコールを雑巾で拭き取って完了です。アルコールが残るとホコリや雑菌がこびりつく原因となってしまうので、残らないようしっかり拭き取るようにしましょう。

アロマ

アロマ

ティートリーやラベンダーなどの精油には、トイレをいい香りにするだけでなく、カビの繁殖を抑える効果があります。お好みの香りを選ぶと、トイレに入るたびにいい気分になれて一石二鳥です。

また、壁掃除や床掃除の際に、クエン酸スプレーや重曹スプレーにアロマを少し垂らして使うのもおすすめ。トイレを綺麗に掃除しながら、すっきりいい香りに包まれます。

ミツモアでトイレクリーニングを依頼する!

ミツモア
ミツモアでトイレクリーニングを依頼しよう

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼可能。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することができます。レビューや実績も確認して、自分にピッタリの業者を選びましょう。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアでトイレクリーニングを依頼する