ミツモアメディア

赤帽の引越しサービスはおすすめ?特徴やメリット、料金体系を解説

最終更新日: 2022年09月20日

単身の引越しをできるだけ安く済ませたい、と考えている人は多いのではないでしょうか。いろいろな引越し業者がある中で、赤帽は特に単身者の引越しがリーズナブルにできることで有名です。赤帽の引越しサービスの特徴やメリット、注意点などを解説します。

赤帽の引越しサービスとは?

トラックの荷台に荷物を積んでいるミニチュア

赤帽」という言葉を聞いたことがあっても、実際にサービスを利用していなければ、どういった組織なのか分からない人も多いでしょう。まずは赤帽とはどういう組織なのか解説します。

そもそも赤帽って?

赤帽とは正式名称を「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」といい、個人事業主で構成される事業協同組合です。赤帽という企業だと思っている人も、少なくありませんが、あくまでも組合であって、所属している事業主が、個別にサービスを提供しています。

例えば農家が集まって組合を結成している「農業協同組合(JA)」は、多くの人が知っているでしょう。さらに漁師が集まった「漁業協同組合(漁協)」も有名です。引越し事業を営む赤帽のドライバーは、貨物軽自動車運送事業者の組合です。

単身者の引越しに人気

赤帽の業務には、大きな荷物の搬送・緊急輸送・ルート配送・チャーター便などがあります。一般的な引越しサービスは、運送会社がサービスの一環として提供している一方、赤帽は利用者の荷物のみを特定の場所まで届ける、チャーター便の範囲です。

主に軽トラックで荷物を運搬するため、その分の荷物だけで引越しが済む人にとっては、とてもコストパフォーマンスが高く、特に単身者に人気となっています

赤帽の引越しサービスの特徴

ダンボールを持ってガッツポーズをする男性

赤帽は各地の事業主が、個別にサービスを提供する形態なので、事業者によってサービスに若干の違いがあります。しかし全体的なサービスを大手運送会社のサービスと比較すると、以下の特徴があります。

貸し切りで利用できる

赤帽は途中で別の引越し作業を挟むことはなく、作業員が一貫して荷物の積み込みと移動、積み下ろしを担当するので、スピーディーに作業が終わります

大手運送会社の引越しサービスの場合、同時に複数の利用者の荷物を運ぶケースもありますが、赤帽は軽トラックを貸し切りで利用できるのが特徴です。トラックの荷台に積み込める分であれば、ベッドをはじめとした、大型家具の配送も問題ありません。

他の業者よりも安く引越しができる

赤帽の引越しサービスはチャーター便の形態であり、基本的に一人の作業員(事業主)が、ドライバーと荷物の積み込み・積み下ろしを担当します。引越し業者のサービスに比べると、必要最低限の作業となるものの、その分だけ費用を安く抑えられます

軽トラックの荷台に全ての家財道具を積載できる単身者ならば、他の業者に依頼するよりも、かなり安く引越しが可能です。

たとえ荷物が多い世帯であっても、大型の家財道具は赤帽に配送を依頼し、残りは自分の車に載せて移動するといった工夫をすれば、引越し費用を安く抑えられるでしょう。

利用者のニーズに柔軟に対応できる

赤帽はさまざまな経験やスキルを持つ事業主が、引越し作業を行うため、大手の引越し業者と比べて、何かと融通が利くのもメリットです

荷物の配送に加えて、追加で家具の配置や、照明・エアコンなどの取り付け、電子機器の設置作業なども、対応してくれる場合があります。

見積もりを出してもらう際に、どういった作業に対応してくれるのか、確認しておきましょう。ただし各事業主が独自にサービスを提供しているので、作業の質に差が出てしまう点は、注意が必要です。

赤帽の引越しプラン

青いポロシャツと軍手

赤帽の引越しサービスは、具体的にどういったプランが用意されているのでしょうか?一般的な引越し業者のように、事業主によって提供しているプランや、オプションサービスに違いがあります。

事業主によってプランが変わる

赤帽全体としては特に引越しプランが用意されているわけではなく、各事業主が独自にサービスプランを考えて、提供しています

例えば単身者向けに費用を抑えた格安のコースや、女性・シニア向けのコース、大型家電を運べるコースなどを提供しています。

まずは最寄りの赤帽事業者が提供しているプランを確認し、ニーズに合ったものがなければ、全国対応している赤帽事業者を、インターネットで探してみると良いでしょう。

赤帽の料金形態

計算機とダンボールとトラックのミニチュア

赤帽の利用料金は大きく分けて、「距離制」と「時間制」のいずれかで算出されますが、引越しの場合は引越し専用の料金形態があります。ただし事業主によって違うので、事前に確認が必要です。それぞれの料金形態の特徴を確認しておきましょう。

距離制運賃料金

荷物を配送した距離と、それにかかった諸費用をベースに、料金を算出する方法です。距離に応じて決まる運賃に加えて、作業量や待機時間などで、料金が決まります。

当然配送距離が短ければ、それだけ運賃が安くなりますが、引越し専用の料金形態ではないため、配送する荷物の梱包は、利用者自らが行わなければいけません。

移動する距離が20kmまでは4,950円(税込み)となっており、そこから50kmまでは、1kmごとに220円加算されるといった、料金体系になっています。

また作業時間や待機時間も、初めの15分あるいは30分までは無料で、その後は一定時間ごとに、追加料金が発生するシステムです。

時間制運賃料金

経過時間と距離によって、料金を算出する方法です。運送用の軽トラックをどれぐらい貸し切りにしたかによって、料金を算出するもので、一定の距離および時間内ならば基本料金のみですが、それ以上は超過時間・超過距離に応じて、料金が加算されます。

通常2時間以内かつ移動距離が20km以内であれば、4,950円(税込み)であり、その後は30分経過するごとに、1,375円料金が追加で発生します。

距離制運賃料金では20km以内は一律料金ですが、時間制運賃料金では20km以内でも、移動に2時間以上必要になった場合、追加料金がかかる点を覚えておきましょう。

特に道路状況によって混雑が予想される際には、移動距離が短くても、作業員の拘束時間が長くなってしまうため、時間制運賃料金を適用している事業主が多いことが特徴です。

引越し運賃料金

引越しの場合は作業時間が2時間以内かつ、走行距離が20km以内の場合の基本料金(13,750円)に加えて、上記の距離制料金と、作業にかかる費用が合算される料金体系です

さらに一定の条件で割増料金も発生するので、事前によく確認しておきましょう。一般の引越し業者に比べるとリーズナブルですが、引越しの内容によって、料金がかなり変わってくるので、事前に必ず見積もりを取って、概算を把握しておく必要があります。

条件によっては割増料金が発生

基本となる料金体系に加えて、休日作業や深夜・早朝にかかる作業などの場合は、割増料金が発生します

割増し料金が発生する条件は、事業主によって違うので、事前にしっかりと確認しておかないと、後から想定外の費用を請求される可能性があるので、注意しましょう。

ほとんどの場合、土日や祝祭日の作業は2割増しとなっており、平日でも繁忙期は1割増し程度の料金がかかります。

年度末は引越しシーズンとなっているため、3月後半は割増料金を設定している事業主が多いですが、地域によっては、2月から割増料金が適用される場合もあります。

赤帽の引越しを利用する際の注意点

人さし指を立てる作業服姿の男性

赤帽の引越しを利用する際、特に注意すべき点を解説します。事前に見積もりを取っておくのに加えて、以下の点をしっかりと確認しておきましょう。

赤帽の場合は公式サイトから、無料で見積もりの取得が可能ですが、依頼する事業主が決まっているならば、直接電話やメールで問い合わせて、作業内容を聞いてみるといいでしょう。

利用者の手伝いが必要な場合がある

単身引越しサービスの場合は、必要最低限の作業となるので、依頼者自身の手伝いが必要なケースが出てきます。業者側から依頼されなかったとしても、作業員は基本的に一人なので、早く終わらせたいならば、積極的に手伝った方がいいでしょう。

業者によっては、利用者の手伝いを前提に引き受けているケースもあるので、事前に手伝いが必要かどうか、確認しておく必要があります。特に作業員が一人で運べないような大型家具や、運搬に注意を要する物品などに関しては、利用者の手伝いが求められます。

家財道具は事前の梱包が必要

一般の引越し業者の場合、家財道具の梱包に使う段ボールや、ガムテームといった資材が、無料で提供されることも多くあります。

しかし赤帽の場合は、必要最低限の作業でコストを抑えているので、梱包に関する資材の提供は、基本的にありません。段ボールが必要な場合は、有料での提供となります。

また基本的に軽トラックの荷台に積める分だけの量となるので、荷物が多すぎる場合は、対応できない可能性があるので注意しましょう。荷台に載り切らない荷物に関しては、利用者が自ら運搬するか、別の運送業者を利用する必要があります。

小物に関しては宅配便を依頼し、大型のものや特殊な家財道具などを、優先して赤帽のトラックに載せるといった工夫が求められます。

家族の引越しの場合は割高になる可能性がある

家族で引越しをする場合は単身者とは違い、一台の軽トラックでは足りず、複数の車両を用意しなければいけません。すると一般的な引越し業者に依頼するよりも、赤帽の方が割高になってしまう可能性があるので、注意が必要です

事業主によっては複数のトラックを用意できないこともあるので、依頼を断られてしまう場合もあります。家財道具が多い場合は、上記のように一部を宅配便で輸送するようにするか、一般の引越し業者に依頼しましょう。

なお引越し業者を選ぶ際には、一括で見積もり依頼ができる「ミツモア」の利用がおすすめです。自分の居住地域に応じて業者を選択でき、業者の評判も確認できます。

ミツモアで引越しを依頼する

赤帽の引越しを利用してみよう

運転席でほほ笑む作業服姿の男性

赤帽の概要と引越しサービスについて解説しました。赤帽は農家や漁師と同様に、個人事業主でつくる事業協同組合です。引越しサービスは運送業の一種で、チャーター便という扱いになり、専用の軽トラックを貸し切りで利用できるのが特徴です。

荷台に全ての家財道具を積載できる単身者の引越しにおすすめで、一般の引越し業者に依頼するよりも、かなり料金を安く抑えられます。ただし具体的なプランは、事業主によって変わるので、事前に料金を含めて、しっかりと確認しておきましょう。

ミツモアで引越しを依頼する