ミツモアロゴ
ミツモアメディア

融資・資金調達に強い税理士を見付ける5つのポイント

最終更新日: 2019年10月10日

今回は、税理士に資金調達の業務を依頼した場合の成功報酬の相場について具体的な金額を提示して紹介します。

さらに資金調達の業務を税理士に依頼した場合のメリットと資金調達を依頼する際の良い税理士の見極め方も考えてみたいと思います。

資金調達の種類【3種】

資金調達の種類
資金調達の種類

今は大きく成功している大企業でも企業の際にはその運転資金に困っていたという話はよくあります。まずは、資金調達というものがどういったものなのか、どんな種類があるのかを確認してみることにしましょう。起業の際にはその資金力の有無で最初の方向性が大きく変動します。正しい知識を得ることが重要です。

資金調達とは

一般的に資金調達とは起業する際に、その事業において必要となる資金を外部から調達することをいいます。資金調達には「補助金・助成金」「クラウドファンディングなどの出資・寄付」「銀行を利用する借入れ・融資」の3種類があり、返済の方法や考え方がそれぞれに異なります。1つ1つ詳しくみていきましょう。

原則返済不要の補助金・助成金

「補助金・助成金」には、経済産業省、厚生労働省、地方自治体、民間企業などの団体が行うも様々な種類のものがありますが基本的には返済不要(給付型)です。非常に魅力的な資金調達方法といえるでしょう。補助金と助成金にも違いがあります。この違いをしっかりと理解しましょう。

補助金… 審査を通過すれば受け取れる

助成金… 条件を満たせば申請した人が受け取ることができる

創業時に使える助成金は中書企業庁のウェブページに多く記載されているため、自身に当てはまるものを検索して探してみるのもいいでしょう。

クラウドファンディングなどの出資・寄付

最近、よく知られるようになった資金調達方法に「クラウドファンディング」がありますインターネットを通じて自分の活動に対して資金を募るものです。クラウドファンディングにも様々なものがあり、支援者に対して見返りを送るというものや、単純に支援者が寄付をするというものがあります。SNSなどで支援者を募ることもできますが、一般的にはクラウドファンディングの仲介業者を介して自身の活動をPRするということになるでしょう。

銀行を利用する借入れ・融資

この3種類の中で、最もよく知られているのが銀行に融資を受けるというものです。銀行の融資制度にも多くの種類がありますが、起業する際には「新創業融資制度」を検討してみるのがいいかもしれません。要件を満たせば最大3,000万円の融資を受けることが可能です。

資金調達における税理士の業務内容

資金調達における税理士の業務内容
資金調達における税理士の業務内容

銀行などで融資を受けようとする場合には、自社のプレゼンテーションを行う必要があります。不況の煽りを受け、出し渋りをする銀行に自社の将来性を訴えるには、しっかりとした書類準備とプレゼンの補佐が必でしょう。ここでは資金調達における税理士の業務について確認しましょう。

事業計画書の

融資を受けようとする際には、事業計画書が必要になります。事業計画書の中に損益計画書がまれるため、専門的な知識が必です。税理士にその成を依頼する場合には専門視点から自社の商品ビスの分をしてもらうことができます。その収益性や将来性をかりやすくられた書類は融資の成功となります。

資金

銀行が最も注目するのが資金です。この数字があまりに現実とかけ れていると銀行がその事業に不えてしまいます。税理士に資金計画成してもらうことで銀行に「融資しても大丈夫」という確ってもらうことができるでしょう。

融資との面談

融資を受ける際には必ず銀行にきプレゼンテーションを行う必要があります。しっかりとした事業の説明と間違いのない資金計画をする必要があります。税理士に行してもらうことで銀行の当者にも安心感 えることができ、自社のプレゼンも自って行うことができるでしょう。

資金調達における税理士報酬の金体

税理士の報酬
税理士の報酬は?

税理士とは国家専門家です。その報酬の支い方法はどのようなものがあるでしょうか。よく言われている「成功報酬」とはどういった支方法であるのか、また顧問契約をする場合にはどのような支になるのかを考えてみたいと思います。

一般的には着手成功報酬

「成功報酬」とは、融資に成功した場合にけその報酬にじた手数料 を支うことになります。融資を受けることができなかった場合には支う必要がありません。そのため、税理士も報酬を得るために力でサポートしてくれるでしょう。また、着手金として最初に一額を支うというものとみ合せる支い方が現在は一般的です。

顧問契約をすると成功報酬がくなる

基本的に税理士は顧問契約をして しいと考えています。毎月固定収 入があれば税理士としては安定するためです。そのために、創業融資と税務の顧問契約ットで 契約することでその成功報酬額をくすることが可能になるでしょう。

資金調達の税理士報酬の相場

資金調達の税理士報酬の相場
資金調達の税理士報酬の相場

ここでになるのは、税理士に支う具体的な金額です。金額はその契約方で変動しますが、その3つのターンについて具体的な金額を見ながらが違うのかをおえしたいと思います。

資金調達の行を依頼する場合

資金調達の行を税理士に依頼する場合には、おおよその相場はの通りです。行ではての業務を税理士に丸投げすることが出来ます。

補助金や助成金 新創業融資制度 銀行など
着手金 2万~5万 3万~5万円 25
成功報酬 調達できた額の15~25% 調達できた額の2%~5% 調達できた額の2%~5%

スポットで資金調達の一部の業務を依頼する場合

資金調達の業務を税理士に一部依頼する場合には、おおよその相場はの通りです。成功報酬ではないので、必ず支う必要があります。業務計画書、書類の成、書類成の、融資の際に必要な面談練習スポットで頼ことが可能です。

書類の作成 アドバイス・相談
報酬 3万~5万円 1万円/1時間

顧問税理士においする場合

前述したように税理士に毎月顧問料 を支い、資金調達も依頼する場合には着手金は基本的に必要ありません。成功報酬は調達できた額の2~4%程です。基本的にはく済むケとんどです。顧問税理士がいる場合には、普段からやり取りをする関係上 り正確なを受けることができるでしょう。

資金調達を税理士に依頼するメリット

資金調達を税理士に依頼するメリット
資金調達を税理士に依頼するメリット

税理士に依頼するメリットをここでまとめてみましょう。結論からうと、税理士に依頼する最も大きいメリットは資金調達を成功させる可能性がくなることです。その門家んで取り組むことでれない資金調達を安心して臨むことができるでしょう

【メリット】成功する可能性がまる

融資制度や銀行などから融資を受けようとする場合には、創業計画書、事業計画書、決算書などの書類を正確に成することが必ですが、税理士に成を依頼することで重要なミスらし、得力のある書類を成することができるでしょう。

【メリット】面談行できる

融資を受けるプレゼンテーションに税理士が行してくれるというのは非常に心強いでしょう。その書類が示す根拠や返済 計画みなく正確にプレゼンをするための補佐いてくれるのは大きなメリットです。模擬面接なども 実施することができるため、当ってプレゼンに臨むことが可能です。

【メリット】書類成のを受けられる

税理士は税務のペシトであり、専門家です。その書類に対しての頼性は非常にく、その書類の頼度をめることができるでしょう。

結論】税理士と契約する用対効果は大きい

資金調達を行うのは一生のう度もあるものではありません。そのため、もが不 じるのも当のことです。しかし税理士にとって資金調達というのはい専門領域です。そのため、資金調達のために税理士と契約するメリットは極めて大きいといえるでしょう。

調達する用が大きければ税理士に対しての支い額が大きなものになりますが資金調達の成功上げるためにはその用対効果は非常に大きいとえるでしょう。

資金調達を依頼する税理士の選

資金調達を依頼する税理士の選び方
資金調達を依頼する税理士の選び方

資金調達というのはその社のタートのる重要な業務です。最に、どんな税理士と契約をすればいいのかを考えてみることにしましょう。税理士は社にとって重要なジネスパートーです。以下に考して税理士を選ましょう。

の知識や、調達の成功経がある人

やはり、最も重要なのは税理にしての い知識があり、資金調達の成功経がある税理士は非常に頼りになります。税務関係のことを安心してせられる人資金調達で成功した税理士とは顧問契約結びたいと考える経者も多いでしょう。そうした場合には毎月の経理ェックや税金対などに力的な税理士にせたいものです。

コミュニケーションがしっかりとできる人

「相性の合う」税理士と事をするということは非常に重要です。知識けでなく、人としてのコミュニケーション能力や対力のスピードなどをった税理士を選ことで 長期な付き合いができるでしょう。

ミツモアで税理士を探そう!

ミツモアでプロを探してみよう!
ミツモアで税理士を探そう!

税理士とのお付き合いは、そのときだけのものではなく、長期間に渡るものです。だからこそ、費用だけでなく、相性や対応の誠実さも、事前に十分に確認しておきたいですね。

そんな税理士選びにおすすめなのが、全国の税理士が登録しているマッチングサイト「ミツモア」です。地域と依頼したい内容に応じて、まずは見積もりが確認できます。その後、メッセージでのやりとりで担当業務の範囲やオプションなどを確認できるので、面談するのと同じように、税理士の人柄が見えてきます。

簡単!2分で税理士を探せる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。

パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、税理士より最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった税理士を探してみましょう。税理士によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

依頼内容に合う税理士がみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

税理士に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで見積もってみる