ミツモアメディア

トイレが詰まったときにスッポンがない場合。代用できる対処法を紹介

最終更新日: 2021年07月02日

トイレが詰まっていると水の流れが悪くなったり、異音が聞こえたりします。日常生活に支障がない程度には流れますが、そのまま放置しておくと症状が悪化するため早めの対処が必要です。

家にスッポンがなくても詰まりが解消できる方法を紹介します。

こんな状態はトイレ詰まりの可能性大

水洗トイレ

トイレが詰まってしまうと、水洗や便器内にどのような変化が見られるのでしょうか?トイレ詰まりで起こる症状を三つ紹介します。サインに気づいたら早めに対処しましょう。

水の流れが悪い

水洗レバーやボタンを押して水を流したときに、勢いがなく流れが悪い場合はまずトイレタンク内の水位を確認します。十分に水が入っているなら、異物によって流れが妨げられている可能性が高いでしょう。

異物が流れ込むと便器内よりも奥の排管にとどまります。そのままでも水は日常生活において不便がない程度には流れるため放置されがちですが、状態が悪化するケースが多く速やかな対処が必要です。

便器の水位が高いままになっている

便器内の水の量は一定になっており、掃除をさぼってしまうとリング状の黒ずみができる位置に水面があるのが基本です。しかしいつもの場所より高い位置で水がとどまっている場合、トイレに詰まりが起きている可能性があります。

奥の排管に異物が入り込んでいるところに水を流すと、流れきらなかった水がまた便器へ戻ってくるのが原因です。詰まりを解消せずに何度も水洗を繰り返していると、どんどん便器内の水位が上がって水があふれ出してくる恐れがあります。

流したときに異音がする

水洗したときに便器の奥から、いつも聞かないような音が聞こえてくるのはトイレ詰まりが原因かもしれません。通常は便器内を水洗すると水は排管を通って下水へと流れますが、異物が入り込み配管をふさいでいるとうまく流れず異音が発生します。

異物が詰まっている場所がタンクや温水洗浄の部分であれば、素人でも状態の確認は可能です。しかし床下の排水管や便器の奥だと、業者の手を借りなければなりません。排水管が詰まると状況によっては家全体に影響を及ぼします。

スッポンがないときの対処法

掃除道具

トイレの異物を取り出すときは、棒の先におわん型のゴム素材を取り付けた「スッポン」が活躍します。「ラバーカップ」とも呼ばれ専門業者も使うものです。スッポンがない場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

ペットボトルで詰まりを吸い上げる

ラバーカップの代用品として使えるアイテムの一つが、ペットボトルです。他にゴム手袋とペットボトルをカットするハサミやカッターを用意し、以下の手順で掃除を進めましょう。

  1. ペットボトルの底部分をハサミまたはカッターで切り取る
  2. ゴム手袋を装着し、底をカットしたペットボトルを便器内へ入れ込む
  3. ペットボトルの口部分を指でふさぎながら押し引きを繰り返す

空気が逃げないよう口部分を密閉しながらペットボトルを押し引きすると、徐々に異物が引き上げられてくるはずです。作業中は便器内の水が跳ね上がる可能性があるため、顔や服にかからないよう注意しましょう。

針金ハンガーで異物を細かくする

便器の奥にある詰まりを解消するときには、針金ハンガーが役立ちます。パイプを傷つけてしまわないように、できるだけ細くやわらかいハンガーを用意しましょう。ハンガーを変形するためのペンチも用意して、次の手順で詰まりに対処していきます。

  1. 針金ハンガーの取っ手付近をペンチで切る
  2. リング状にしたハンガーの先端を便器の排水口へ差し込む
  3. さらに奥へ差し込んで詰まりに当たったら、小刻みに動かして異物を細かくする
  4. 水の流れがよくなってきたら、バケツで少しずつ水を流し入れる

水の流れが元通りになれば作業完了です。詰まりの原因が水に溶けない固形物の場合は、奥に押し込むのではなく手前に引っ張り出すように動かします。

ただし奥の方へハンガーを差し込みすぎると抜けにくくなったり、針金によってパイプを傷つけたりする恐れがあるため細心の注意を払いましょう。

重曹とクエン酸で溶かす

物理的に異物を取る方法も効果的ですが、重曹とクエン酸を使えば化学反応で発生する泡の効果で、トイレの詰まりを解消できます。重曹もクエン酸も食品として使える素材のため、薬剤に不安がある人にも安心です。以下の手順で掃除をしていきましょう。

  1. 便器内の水が減るようバケツにくみ出し、重曹150gを排水口に投入する
  2. 100mlのクエン酸(またはお酢)を排水口へ投入する
  3. シュワシュワと音を立て、炭酸ガスが発生しているのを確認する
  4. 約45℃のお湯をバケツに入れて、高い位置から排水口めがけて少しずつ流し入れる
  5. 30分~1時間程度放置する
  6. 再度バケツのお湯を便器内に流して、詰まりが解消したかを確認する

事前に水をくみ出すのは、重曹とクエン酸が詰まり部分までしっかり届くようにするためです。このやり方で流れの悪さが解決しなければ、何らかの拍子で水に溶けない固形物がトイレの中に入り込んでしまったと考えられます。

重曹とクエン酸がなければ洗剤で代用

重曹とクエン酸が手元にない場合は、食器用洗剤として使用されるアルカリ性の洗剤や、漂白に使用する塩素系洗剤でも代用可能です。

アルカリ性洗剤はタンパク質を溶かすのに有効で、流れきれずに詰まってしまった大便に対して大きな効果があります。

重曹とクエン酸を使って掃除するときと同様に、投入前は便器内の水量を減らすようくみ出しておくと詰まりの原因まで洗剤が届きやすくなります。洗剤は多めに入れた方が効果を得やすくなるため、たっぷり使いましょう。

トイレの詰まりにNGな対処とは?

トイレ掃除

トイレの詰まりを解決しようとして試した対処法が、便器を傷めたり人体に被害を及ぼしたりする場合もあります。気を付けたいNG行動を知っておけば、より安全な掃除が可能です。押さえておきたいポイントを二つ紹介します。

流すときに熱湯を使う

詰まりを流すときにお湯を使用しますが、このとき熱湯を使用するのは避けましょう。高い温度の方がトイレットペーパーやタンパク質の詰まりがよく流れると思う人もいるかもしれませんが、便器の素材を傷めてしまいます。

トイレの便器は多くが陶器で作られていて、熱湯を流すと急な温度変化によってヒビが入る恐れがあるのです。便器ごと交換しなければならない事態を回避するためにも、流すときのお湯は約45℃まで冷ましたものを使いましょう。

強い薬剤を使用する

強力な薬剤は詰まっているものをよく溶かすという印象を持たれがちですが、トイレ詰まりの対処にはおすすめできません。

水に溶けない固形物が原因の詰まりには全く効き目がない上に、万が一皮ふに付いたり目に入ったりすると非常に危険です。

また強すぎる薬剤は便器にとっても刺激が強く、傷みの原因になります。詰まりの原因が何であるかが明確で、強い薬剤を使えば効果が出ると分かっている場合にのみ選択肢に入れましょう。

自力で直せなければ業者に頼もう

訪問する業者

まだ水が流せるからといって詰まりを放置すると、手が付けられなくなる恐れがあります。手入れを怠りすぎて自力で作業をしても直せなかった場合は、水回りのトラブルを専門とするプロの手を借りましょう。

トイレ詰まり除去にかかる費用相場

トイレの詰まりを解決するのにかかる費用は、トラブルの状態や業者によって変わります。おおよその目安は以下の通りです。

  • トイレの詰まり解消:10,000~20,000円程度
  • 排水管の詰まりと洗浄:15,000~20,000円程度
  • 薬剤使用による洗浄:4,000円程度

依頼してから追加費用がかさむ事態を防ぐには、あらかじめ詰まりの状態のチェックを頼んでから最終的な金額を提示してもらいましょう。

業者探しには一括見積もりがおすすめ

業者によってトイレクリーニングの料金や、応対品質は変わります。業者を初めから一つに絞るのではなく、いくつか候補を挙げておきましょう。

比較検討には各業者から見積もりを取って相場を確認した上で、過去に利用した人の口コミもチェックします。

自力で業者を探して見積もりを取るのは、手間がかかって大変な作業です。水回りのプロ業者から一括見積もりを取得できるミツモアを利用すると、1社ずつ見積もり依頼をする手間が省けて効率的に業者を探せます。

トイレ詰まりは焦らず冷静に対処しよう

清潔なトイレ

支障がない程度に水が流れてはいても、トイレの詰まりを放置すると症状を悪化させてしまいます。流れ方がいつもと違うと感じたり、流すときに異音が聞こえたりしたら早めの対処が必要です。

スッポンがなくても焦らず身近なアイテムを使って対処すれば、詰まりにアプローチできます。紹介した方法を参考に、まずは自力で解消できるか試してみましょう。

しかし対処しても解消しない・手が届かない部分に詰まりが発生しているという場合は、水回りの業者へ依頼するのが得策です。トイレの詰まりは状況に合った方法で対処して、快適な生活を送りましょう。

トイレの詰まり修理は業者に見積もりを依頼しよう

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアなら、地域のプロが探せます。ミツモアでトイレのつまり修理のプロに見積もり依頼をしてみましょう。

ミツモアで水道のつまり修理(トイレ・キッチン・お風呂・洗面所・シャワー)