ミツモアメディア

自転車タイヤの寿命はどれくらい?長持ちさせるコツと交換料金も紹介

最終更新日: 2021年07月06日

自転車のタイヤは寿命になるとパンクしやすくなったり、走行中滑りやすくなったりします。身の安全のためにも古くなったタイヤは交換が必要です。自転車のタイヤが走れる期間はどのくらいなのか、またどのように交換するのかを紹介します。

自転車のタイヤの寿命について

青空と自転車

自転車の走行に欠かせない二輪のタイヤは、どのくらいの走行距離に耐えられるのでしょうか?寿命よりも長く使用した場合、どのようなリスクがあるかも解説します。

一般的な自転車タイヤの寿命と走行距離

自転車のタイヤの寿命は一般的に約3年といわれています。走行距離に換算すると約3,000kmです。走行距離が1,000kmを超えた時点でタイヤの走行性能は落ちるため、使用状況によって短くなる場合もあります。

タイヤの寿命を知るには、チューブを覆っている溝模様のゴムをチェックしましょう。ゴムがどのくらいすり減っているかが判断基準です。摩擦によってゴムにひび割れができると、内側のチューブの劣化を早めます。

タイヤはチューブが摩耗すると修理をしてもまた故障してしまうため、交換が必要です。チューブが劣化していなければもしパンクしてしまっても穴をふさげば修理できますが、劣化が進んでいると修理してもパンクしてしまうのを繰り返します。

古いタイヤを使い続けるのはリスク大

自転車のグリップ力はタイヤ表面の波模様をしたゴムによって生まれます。ゴムの溝がしっかり見える状態だと、地面をしっかりとつかんで滑りにくい乗り心地です。しかしゴム表面の凹凸が目立たなくなると、スリップしやすくなります。

滑りやすいタイヤでは雨の日でなくても転倒しやすくなり危険です。いざというときに急ブレーキをかけても、止まり切れない場合もあるかもしれません。ゴムの溝がほとんどなくなってしまった古いタイヤでは、運転者の身の安全が保障されないのです。

タイヤの寿命を延ばすポイントは

白壁と自転車

自転車のタイヤは使用状況によって寿命が変わってきます。できるだけ長くタイヤを使用するには、どのような点に気を付けるとよいのでしょうか?

適正な空気圧を保つ

タイヤの寿命を延ばすには空気圧をいつも適正な状態に保っておくのが大切です。空気は入れすぎても少なすぎてもパンクの原因になります。持っている自転車の空気圧がどのくらいなのか把握しておきましょう。

空気入れが面倒だからといって、頻度を減らすためにパンパンになるまでタイヤへ空気を入れてしまうと、内側のチューブが破裂していまいます。逆に空気が少ないと地面からタイヤへの衝撃が吸収できず、乗り心地が悪いだけでなくタイヤ自体が傷むのです。

タイヤの種類によって適した空気圧は違い、適正値はタイヤの側面に印字されています。その数値を元に1~2週間に1回は空気入れをしましょう。空気圧が保たれているタイヤはパンクが起きにくくなります。

できれば自転車を屋内で保管する

タイヤを傷める要因として地面との摩擦に注目がいきやすいですが、タイヤは紫外線の影響によっても劣化や硬化が進みます。そのためできれば、自転車は屋内で保管しましょう。

タイヤは紫外線を浴びると表面で化学反応が起こり、小さなひび割れが発生します。外気や太陽熱の影響も、タイヤを劣化させる原因です。自宅の中に保管すれば、劣化につながる外的な要因を軽減できます。

自宅内に自転車を持ち込むのが難しい場合は、乗らないときはタイヤだけ取り外して玄関やシュークローゼットに置いておく方法が有効です。市販の紫外線や雨避けの自転車カバーを使うのも効果があります。

優しい運転を心掛ける

自転車の乗り方も寿命を延ばす重要ポイントです。急発進や急ブレーキを繰り返すとタイヤへ負担がかかりやすく、平均よりも寿命が早まる場合もあるため、日々優しい運転を心掛けましょう。

乗り出しからの「加速」と止まりたいときの「減速」は、「だんだんと」していくのが正解です。急加速と急減速はタイヤだけでなく他のパーツにも負担がかかり自転車本体も傷めてしまいます。

段差を通過するときは車体にかかる衝撃を軽減できるよう、ゆっくり走行すよう心掛けましょう。受けるダメージが積もり積もると、やがて自転車本体が故障してしまうかもしれません。

古くなったタイヤの交換について

自転車の空気入れ

寿命を迎え古くなってしまったタイヤは新しいものに交換しなければなりません。どのように交換するのか紹介します。

前輪なら比較的簡単に交換は可能自転車のタイヤを交換するには10,000円程度の料金がかかります。前輪であれば比較的作業が簡単なためセルフで交換するのもよいでしょう。交換に必要な道具は「タイヤレバー」「スパナ」または「モンキーレンチ」「空気入れ」で、手順は以下の通りです。

  1. 自転車を倒し、交換したいタイヤの空気を抜く
  2. ハブダイナモ(車輪の中心部分にある発電機)の配線を、根元を持ちながら引き抜く
  3. ハブシャフト(ハブの中心部分)の保護カバーを外し中のナットを左右ゆるめる
  4. ナットをゆるめたらタイヤレバーで前輪を外し、タイヤ内側のチューブを外す
  5. 古いタイヤのバルブとナットを外す
  6. 新品のタイヤはチューブをはめ込み、リムにバルブを通す
  7. チューブが挟まれないようタイヤをはめ込む

時間はかかりますが、上記の流れで交換を行うと必要な工具をそろえる代金だけで済みます。ナット部分はパーツがいくつか付いていて複雑なため、順番を忘れないように写真を撮っておくと安心です。

後輪は難しいためプロに頼むのがベター

一方後輪は自力での交換はおすすめできません。後輪部分には変速機やブレーキユニットがあるため、交換時にはそこも分解したり調整したりする必要が出てきます。

さらに後輪はチェーンがつながれていて、うまく取り付けないと新品のタイヤに交換しても走行自体が不可能になる恐れがあるのです。自転車ごと交換しなければならない事態を避けるには、後輪の交換はプロに任せましょう。

自転車屋に頼んだ場合の相場は

タイヤの交換を自転車屋に頼んだ場合、前輪と後輪で工賃が変わります。お店によって工賃は変わりますが前輪は約1,200円、後輪は約1.800円が相場です。この費用に加えてタイヤ代やチューブ代が加算され、総合計を支払います。

タイヤとチューブも種類やメーカーによって代金が変わり、タイヤは1,000~4,000円前後、チューブは800~1,000円程度が相場です。タイヤよりもチューブの方が寿命は長いですが、かかる工賃や時間を考えると同時に行った方がよいでしょう。

安全のためにもタイヤは早めに交換しよう

海と自転車

自転車の乗り心地を快適にし、安全な走行を守るためにはタイヤのメンテナンスが重要です。劣化し表面が滑りやすくなったタイヤではスリップしやすく危険です。身の安全のためにも新しいタイヤに早めに交換しましょう。

自転車のタイヤは前輪が取り外しやすいものの後輪は難しいため、自力で行うと自転車に乗れなくなるかもしれません。費用はかかりますがプロに任せるのが確実です。タイヤの調子が悪いなと感じたら早めに自転車屋へ持って行きましょう。