ミツモアロゴ

【ブラウン管テレビ処分方法】テレビモニターの買取料金も解説!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2018年11月28日

「ブラウン管のモニターを処分したくても方法が分からない。」あなたはこんな風に悩んでいませんか?ブラウン管が用いられテレビやパソコンモニターの処分方法は、法律によって定められてるので適当に捨てることができません。そこで今回はブラウン管の処分方法を紹介します。あなたに適切な処分方法を見つけると良いでしょう。

ブラウン管処分方法比較!

ブラウン管は「ブラウン管テレビ」と「ブラウン管パソコンモニター」の2つに分類されます。それぞれ処分方法が異なるので間違えないように注意しましょう。今回は「ブラウン管テレビ」と「ブラウン管パソコンモニター」のそれぞれの処分方法を表にまとめました。各処分方法については以降の章で詳細を解説致します。どちらもまとめて処理したい場合は不用品回収業者にお願いすることとなります。

ブラウン管テレビの処分方法比較表

 料金相場目安こんな人におすすめ
指定引き取り場所へ持ち込む2000
~4000円
購入したメーカーが分かる人
家電量販店に回収を依頼する 2000
~5000円
すでに倒産したメーカーで購入した人
必要としている所へ寄付する2000
~5000円
必要としてる人に使って欲しいと思う人
不用品回収業者へ依頼する分量によって変動する自宅まで引き取りに来て欲しい人

ブラウン管パソコンモニターの処分方法比較表

 料金相場目安こんな人におすすめ
メーカーに処分依頼する4000円メーカーが近くにある人
パソコン3R推進協会へ回収してもらう4000円倒産したメーカーのブラウン管を処分する人
不用品回収業者へ依頼する分量により変動ブラウン管以外にも不用品を処分したい人

処分方法解説前に!ブラウン管テレビは家電リサイクル法の対象

ブラウン管テレビの処分方法
ブラウン管テレビは家電リサイクル法の対象

ブラウン管テレビとパソコンは処分方法が異なるので、まずはブラウン管テレビの処分方法を解説していきます。時代遅れと言われてしまうブラウン管テレビですが、部品として使われているガラスやプラスチック、金属などには価値があり、リサイクルして再利用が可能です。以前は粗大ゴミとして処分できていたテレビですが、2001年に家電リサイクル法が導入されたことから、粗大ゴミとして出すことができなくなりました。ブラウン管テレビも家電リサイクル法の対象品目となっているので、正しく処分する必要があります。

リサイクル費用は家電リサイクル券で支払う

ブラウン管テレビを処分する際には、どのような処分方法の場合でも、家電リサイクル券を利用し家電リサイクル料金を支払わなくてはいけません。家電リサイクル料金の支払い方法は下記の二通りです。

料金販売店回収方式

「ブラウン管テレビを購入したお店に処分をお願いしたい」「新しいテレビを購入したお店で処分してもらいたい」という場合には、料金販売店回収方式を利用します。料金販売店回収方式は、購入店で手持ちのテレビを処分したい旨を伝え家電リサイクル券へ必要事項を記入して料金を支払うシステムです。

料金郵便局振込方式

「市町村の指定取引場所に持ち込んで自分で直接処分したい」という場合には、料金郵便局振込方式を利用します。料金郵便局振込方式は郵便局の貯金窓口へ行き、家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)に必要事項を記入し、リサイクル料金を支払うシステムです。

料金支払い後に受け取る排出者控えは大切に保管しておく

料金販売店回収方式、料金郵便局振込方式のどちらを選んでも構いませんが、必ず料金支払い後に受け取る「排出者控え」を保管しておきましょう。「排出者控え」は、リサイクル料金を支払った証明となり、ブラウン管テレビの処分状況を確認する際にも必要になります。

ブラウン管テレビ処分方法1:指定引き取り場所へ持ち込む

ブラウン管を指定引き取り場所へ持ち込む人
指定引き取り場所へ持ち込む

ブラウン管テレビの処分方法一つ目は指定引き取り場所へ持ち込むという方法です。

自分で運搬する必要がある

指定引き取り場所でブラウン管テレビを処分する際には、そこまで自分で持ち込みをしなくてはいけません。自家用車などを利用して運搬する必要がありますが、指定引き取り場所は、自家用車だけでなく大型トラックなどの出入りも多いので危険を伴います。必ず誘導員や係員の指示に従いましょう。

「搬送手段がない」という場合には、市町村が指定している収集運搬許可業者に運搬を依頼することができます。収集運搬許可業者は、市町村のホームページで確認しましょう。依頼の際には、リサイクル料金とは別に収集運搬料金がかかるので、利用する収集運搬許可業者に費用を確認ください。

指定引き取り場所での処分にかかる費用

指定引き取り場所でブラウン管テレビを処分する際の費用は、15型以下のテレビであれば2,000円から3,000円程度、16型以上であれば3,000円から4,000円程度が相場のようです。処分料金はメーカーや型番などによって異なります。料金について詳しく知りたい場合は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクルセンター(RKC)へ問い合わせてみましょう。

指定引き取り場所へ持ち込む場合の申し込み手順

指定引き取り場所へ持ち込む場合の申し込み方法はとても簡単です。ブラウン管テレビを指定引き取り場所へ処分したことがない人でも安心ですよ。

手順1:指定引き取り場所の確認

まずは、お住まいの近隣にある指定引き取り場所を確認しましょう。指定引き取り場所の確認は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクルセンター(RKC)のホームページやお住まいの市区町村のホームページで調べることができます。

手順2:「メーカー名」と「画面サイズ」を事前確認

指定引き取り場所へ持ち込みをする前に料金郵便局振込方式を利用し、家電リサイクル料を支払う必要があります。郵便局へ行く前に「ブラウン管テレビのメーカー名」「画面のサイズ」をメモしておくと便利でしょう。

手順3:郵便局の窓口でリサイクル料金を振り込む

郵便局の窓口で郵便局券を受け取りリサイクル料金を振込みます。リサイクル料を窓口で支払った場合は、郵便局券に付いていた「振替払込受付証明書」に日付印を押印してもらいます。ATMを利用して料金を支払った場合は、「ご利用明細票の写し」を振替払込受付証明書となるので「ご利用明細票の写し」は失くさないように気をつけましょう。

手順4:ブラウン管テレビを指定引き取り場所へ持っていく

「振替払込受付証明書」もしくは「ご利用明細票の写し」は郵便局券の貼付シール面に貼付しブラウン管テレビと一緒に指定引き取り場所へ持っていく必要があります。家電リサイクル券をブラウン管テレビの右側面上部に貼付しましょう。家電リサイクル券の貼付場所がわからない場合には、貼付せず指定引き取り場所の担当者への手渡しでも構いません。

ブラウン管テレビ処分方法2:家電量販店に回収を依頼する

ブラウン管テレビを家電量販店へ処分する画像
家電量販店に回収を依頼する

続きまして、家電量販店にブラウン管テレビの回収を依頼する場合の詳細をみていきましょう。

家電リサイクル券取扱優良店でも回収可能

一般財団法人家電製品協会家電リサイクルセンター(RKC)では、「家電リサイクル券取扱優良店」での回収を推奨しています。「家電リサイクル券取扱優良店」に認定されている販売店なら、他店で購入したブラウン管テレビの回収依頼が可能なのでぜひ利用しましょう。

自治体で回収先を案内してもらえる

「家電リサイクル券取扱優良店はどこ?」「近くの家電リサイクル券取扱優良店が知りたい」という場合には、お住まいの市区町村のホームページをチェックするか、担当部署へ問い合わせてみましょう。お近くの回収先を案内してくれるはずです。

ブラウン管テレビ処分方法3:必要としている所へ寄付する

ミツモアでブラウン管を処分する画像
日本では「時代遅れ」「使い道がない」とされるブラウン管テレビですが、発展途上国などの海外ではまだまだ需要が多くあります。物資支援をしている団体を通じて寄付するという方法もあります。寄付の方法は利用する団体によって異なるので、事前に確認してみましょう。ブラウン管テレビを団体へ配送する費用は、自己負担となることがほとんどのようですが、処分するブラウン管テレビのサイズによっては、リサイクル券を利用するよりも安く処分できることもあるようです。

ブラウン管パソコンモニターは資源有効利用促進法に従って処分

ブラウン管パソコンモニターは資源有効利用促進法に従って処分

同じ「ブラウン管」ですが、テレビとパソコンモニターとでは処分方法が違います。ブラウン管パソコンモニターは、資源有効利用促進法による回収方法に従って処分しなければなりません。「資源有効利用促進法」とは、循環型社会を形成していくために必要な3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みを総合的に推進するための法律として定められているものです。それでは資源有効利用促進法に従ってブラウン管パソコンモニターを処分する手順をみていきましょう。

PCリサイクルマークが貼ってあれば無料で回収してくれる

「PCリサイクルマーク」とは、2003年10月以降に販売された家庭向けパソコンに貼付されており、このマークがついていればパソコン本体はもちろんブラウン管パソコンモニターなどを処分する際に料金を負担することなく無料で回収してもらえます。「PCリサイクルマーク」の貼付は、下記の3パターンがあるので確認してみましょう。紛失してしまった場合は再発行できないので注意が必要です。

①パソコンの裏側に印字やシールがあるケース

②説明書にシールが同封されているケース

③シールの貼付はないがメーカーに連絡をすれば送ってもらえるケース

PCリサイクルマークが貼られてないと有料

2003年10月以前に購入したパソコンには「PCリサイクルマーク」の貼付はありません。「PCリサイクルマーク」の貼付がないパソコンの処分は有料になります。パソコンの処分にかかる費用はリサイクル法で定められているのでメーカーによって変わることはなく、ブラウン管パソコンモニター1台あたり4,320円かかります。(ディスプレイ一体型のブラウン管パソコンモニターも同額です。)同時にデスクトップ本体の処分を行なう場合には別途料金がかかります。

ブラウン管パソコンモニターの処分にはデータの管理に注意

ブラウン管パソコンモニターだけを処分する際には問題ありませんが、モニター一体型のブラウン管パソコンを処分する際にはデータの管理に注意が必要です。個人情報などの漏洩を防ぐためにもパソコン内のデータの消去は確実に行いましょう。

パソコンのデータは「ゴミ箱を空にする」だけでは完全に消えず、簡単に復元することができます。おすすめはデータ消去用のソフトを使うかハードディスクの破壊です。パソコン専門店などでも低価格でデータの消去やハードディスクの破壊をしてくれます。

ブラウン管パソコンモニター処分方法1:メーカーに処分依頼する

ブラウン管をメーカーで処分する画像
メーカーに処分依頼する

「PCリサイクルマーク」の貼付の有無に関わらずブラウン管パソコンモニターの処分はメーカーに依頼できます。電話またはホームページの問い合わせフォームを利用して申し込みをしましょう。その際に「パソコンの型番」や「PCリサイクルマーク」の有無を聞かれるので事前にメモをしておくと便利です。料金は、PCリサイクルマークが貼られてない場合と同じで、ブラウン管パソコンモニター1台あたり4,320円かかります。メーカーに処理を依頼する際には、マウスやキーボード、スピーカーやケーブルといった標準添付品も一緒に処分してくれるケースもあるので確認してみましょう。

ブラウン管パソコンモニターをメーカーへ回収の流れ

メーカーに回収を依頼した流れをみていきましょう。回収依頼をするとメーカーから「エコゆうパック伝票」が届きます。ブラウン管パソコンモニターなどを梱包し伝票を貼付しましょう。郵便局に持ち込むか集荷依頼をしてメーカーへ返送すれば完了です。

「PCリサイクルマーク」が無いパソコンの場合には、メーカーから支払用紙が送付されてくるので、お近くの郵便局またはコンビニエンスストアで処分料金を支払いましょう。メーカーへ処分を申し込んだ際にクレジットカード決済ができるケースもあります。

ブラウン管パソコンモニターを梱包する方法

ブラウン管パソコンモニターはダンボール箱を利用したり厚手のナイロン袋を数枚重ねて梱包しましょう。その際、配送の途中で破けないよう工夫をしてください。複数台のパソコンを同時に処分する際には、それぞれに「エコゆうパック伝票」を貼付しなければなりませんが、マウスやキーボード、スピーカーやケーブルといった標準添付品は処分するブラウン管パソコンモニターやデスクトップ本体と一緒に梱包が可能です。

精密機械であるパソコンを配送するとなると、「緩衝材が必要?」と思われるかもしれませんが、処分の際には保護する必要ありません。処分するパソコンの重量が30キロを超過したり、梱包の大きさの縦、横、高さの合計が1.7メートル以上になる場合は郵便局に出すことができないのでメーカーへ相談しましょう。

ブラウン管パソコンモニター処分方法2:パソコン3R推進協会に回収してもらう

パソコン3R推進協会にブラウン管パソコンモニターを回収してもらう画像
パソコン3R推進協会に回収してもらう

自分で組み立てたパソコンや事業撤退や倒産などが理由でメーカーに「回収してもらえない」というケースもあります。そのような場合には、パソコン3R推進協会を利用しましょう。パソコン3R推進協会には多くのパソコンメーカーが参加しており、資源有効利用促進法に基づく3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進することを目的に回収やリサイクルを行なってくれます。

パソコン3R推進協会への申し込み方法

パソコン3R推進協会のホームページまたは、専用の申込書の郵送やFAXから申し込みができます。電話での申し込みはできないのでご注意ください。受付後に「回収再資源化料金」の支払に必要な払込取扱票が郵送されてくるので、郵便振込みで支払を済ませます。「回収再資源化料金」の支払が確認されると「エコゆうパック伝票」が届くので、梱包しパソコン3R推進協会へ送付しましょう。

パソコン3R推進協会に依頼する場合の料金

パソコン3R推進協会に依頼する場合は「回収再資源化料金」がかかり、ブラウン管パソコンモニターの処分は1台5,400円となっています。他にパソコン本体を処分する場合には別途料金(4,320円)を支払う必要があります。

ブラウン管処分の不用品回収業者依頼はミツモアで可能

ブラウン管の処分はミツモアで可能画像
ブラウン管処分の不用品回収業者依頼はミツモアで可能

「ブラウン管テレビやブラウン管パソコンモニターと一緒に家の中の不用品をすっきり片付けたい」という場合には、不用品回収業者の利用が便利なこともあります。特に、自宅まで引き取りに来て欲しい人におすすめです。「不用品回収業者や買取業者を利用してみようかな」「どこに依頼をすればいいのだろう」と思われたら、たった2分で複数のプロから見積りが届くミツモアにお任せください。ミツモアなら実績と経験豊富なプロと出会えます。