ミツモアメディア

洗濯機を東京で処分する方法。家電リサイクル法の内容と注意点も

最終更新日: 2021年11月18日

洗濯機を捨てる必要が生じた場合、適切な方法を把握しておかなければなりません。

東京で洗濯機を処分する方法や家電リサイクル法の内容とともに、処分時の注意点について説明します。

関連記事:【洗濯機の処分方法7選】無料・有料それぞれの処分手順や費用を徹底解説!|ミツモア

洗濯機を買い替える場合の処分方法

洗濯機

実際に家電を引き取ってもらうにあたり、どのような流れで進めればよいのでしょうか。洗濯機を買い替える場合を例に処分方法を紹介します。

買い替えと同時に家電量販店に引き取ってもらう

洗濯機を買い替える場合は、「新しく洗濯機を購入する家電小売店」に引き取りをお願いしましょう。

状態によっては、店舗が実施する「下取りサービス」により、新しい洗濯機が値引きされることもあります。新品の配送と同時に洗濯機を処分できるため、自分で洗濯機を店舗に運ぶ手間も省けます。

洗濯機に下取り価格が付かない場合は、「リサイクル料金」と「運搬料」を店舗に支払い、家電リサイクル法に基づいた「有料回収」をしてもらう必要があります。

洗濯機のリサイクル料金の目安は2,530円~で、メーカーによって異なります。運搬料は引き取り店舗から指定収集所までの運搬料のため、店舗に自分で洗濯機を持ち込んだ場合でも支払う必要があります。詳細は各店舗に確認しましょう。

買い替えしない場合の処分方法3選

洗濯機のパネルを上げた状態

買い替えをしない処分方法には「購入した家電量販店に依頼する」「不用品回収業者に依頼する」「自治体の指定取引場所に持ち込む」の3つが挙げられます。

購入した店に引き取り依頼を出す

洗濯機の購入先が明らかな場合は、「商品を購入した家電量販店」に引き取り依頼ができます。店舗で購入した洗濯機はもちろん、ネット通販やテレビショッピングで購入したものも対象です。

買い替えなしで処分をする場合は、店舗で「リサイクル料金」と「運搬料」を支払い、「有料回収」をしてもらう流れになります。

最寄りの店舗に自分で持ち込みをしなければならないため、手間と労力がかかるのがデメリットでしょう。

仮に購入した場所が不明な場合は、引き取り義務のある小売業者がない状態になります。地域の自治体の案内に従って処分しましょう。

不用品回収業者に引き取り依頼を出す

洗濯機の購入先が不明な場合は「不用品回収業者」に引き取りを依頼する手もあります。

業者は、一般家庭から出る廃棄物であれば市町村長からの許可、法人から出る産業廃棄物は都道府県知事等からの許可を得る必要があります。

さらに、収集と運搬を受託する業者は、荷物を積む地域と降ろす地域の両方において許可を得ていなければなりません。

無許可の回収業者を利用した場合、法に基づいた適切な処理ができない可能性があります。不法投棄・不正処理が行われれば、業者を利用した消費者にもその責任が問われる点に注意しましょう。

業者に依頼する際には、自治体からごみ回収の許可を得ているか確認したうえで依頼するようにしましょう。

参考:優良な不用品回収業者の選び方|確認すべきポイントや悪徳業者の特徴|ミツモア

自治体の指定取引場所まで持ち込む

産廃業者に収集と積み降ろしをしてもらうのではなく、自治体の「指定取引場所」に自力で運ぶ方法もあります。時間と労力はかかりますが、「運搬料金」はかかりません。

「洗濯機が運搬できる自家用車がある人」や「できるだけ費用をかけたくない」という人に最適な方法です。

持ち込みの前に郵便局でリサイクル料の払い込みを済ませ、「家電リサイクル券」を入手します。家電リサイクル券を貼り付けた洗濯機を指定取引場所に運び、処分を依頼しましょう。

なお、自治体によっては、指定取引場所のほかに「家電リサイクル協定店」に持ち込みができるところもあります。

東京での処分方法の事例

立ち並ぶビル

東京で洗濯機を処分したい場合、どんな方法があるのでしょうか?4つの地域の例をご紹介します。

おもに「購入した店舗での引取りサービスを利用する」「家電リサイクル受付センターに回収を申し込む」「東京の不用品回収業者に回収を依頼する」といった方法で処分できます。

参考:東京の不用品回収業者おすすめ12選【口コミ・費用で比較】|ミツモア

品川区の場合

品川区在住の場合には、家電の処分方法は主に4パターンあります。まずは購入した小売業者に引き取ってもらう方法です。リサイクルにかかる料金を支払えば回収してもらえます。

または家電リサイクル受付センターに申し込みます。これは家電を購入した小売業者が遠方にある場合や、どこで購入したか分からない場合に利用しましょう。電話やインターネットで申し込めるため、日中は時間がない人でも申請できます。

自力で運べるなら指定取引場所に持ち込む手段もあります。あらかじめ郵便局やゆうちょ銀行で家電リサイクル券を入手します。指定場所は営業時間の変更などの可能性があるため、事前に連絡して確認しましょう。

時間の調整がきかない方や、引っ越しなどで大量に処分したい家具・家電がある方は、品川区で営業する不用品回収業者に依頼するのが一番ラクで手っ取り早い方法です。

参考:品川区の不用品回収業者おすすめ12選【口コミ・費用で比較】|ミツモア

大田区の場合

大田区に住んでいる場合も、基本的に廃棄方法は品川区と同様です。家電を購入した小売業者や、買い替えの場合は購入する小売業者に処分してもらいます。

小売業者に任せられない場合は、家電リサイクル受付センターと指定場所への持ち込みが推奨されています。家電リサイクル受付センターを利用するならば、リサイクル料金と収集運搬料金が必要です。

リサイクル料金の目安はエアコンが990円以上、テレビが1,320円以上とされています。冷蔵庫が3,740円以上、洗濯機が2,530円以上です。

これらはあくまでも目安であり金額も変動するため、家電リサイクルセンターなどに直接確認しましょう。収集運搬料金は2,600~4,000円程度です。

今すぐかんたんに処分したいという方は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。業者を探すときは以下のページも参考にしてみてください。

参考:大田区の不用品回収業者おすすめ12選【口コミ・費用で比較】|ミツモア

江戸川区の場合

江戸川区は中間集積所を設けているのが特徴です。指定場所への持ち込みと同じく自分で持ち込む必要はあるものの、中間集積所はリサイクル料金だけでなく運搬料金がかかります。

指定場所は一般的に平日と土曜日しか受け付けていませんが、中間集積所は日曜日や祝日でも持ち込みが可能です。

時間がない人は中間集積所と指定場所の両方を検討してみるとよいでしょう。自分で持ち込むのが困難な場合は、家電受付センターを利用してください。

詳細な情報を知りたい場合は、江戸川区の公式ホームページを確認しましょう。チャットボットも付いているため、積極的に利用すると情報を集めやすくなります。

自力で持ち込むのが難しい、急いで処分したいという方は江戸川区の不用品回収業者に依頼してみましょう。

参考:江戸川区の不用品回収業者おすすめ12選【口コミ・費用で比較】|ミツモア

立川市の場合

登録されている収集運搬業者の数が多いのが立川市です。小売業者を利用できない場合は郵便局であらかじめ家電リサイクル券を購入し、運搬業者に処分を依頼します。それ以外は決められた場所に家電を自力で持ち込み、リサイクル券を渡しましょう。

リサイクル券の購入は自分で郵便局に行って用紙の記入や振込をする必要があり面倒です。不用品回収業者に依頼すれば、家まで回収に来てもらえて面倒な手続きもありません。ラクに処分したい方は、立川市で活躍する不用品回収業者を探してみると良いでしょう。

参考:立川市の不用品回収業者おすすめ12選【口コミ・費用で比較】|ミツモア

家電リサイクル法とは

リサイクルマーク

店舗で下取りができない洗濯機や故障した洗濯機は「家電リサイクル法」に基づいて正しく処分する必要があります。「リサイクル料」が発生する家電の種類や消費者の義務について確認しましょう。

正式名称は特定家庭用機器再商品化法

家電リサイクル法の正式名称は「特定家庭用機器再商品化法」です。不要になった家庭用機器廃棄物(家電4品目)のリサイクルを推進する目的で制定されました。

家電リサイクル法の基本の考え方は、自治体でリサイクルが困難な「家庭用機器廃棄物」の処理について、消費者・家電小売業者・家電製造業者が費用面での負担をしなければならないというものです。

対象となる廃棄物(家電4品)は以下です。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

特定家電4品目を処分する際にはリサイクル料金がかかる点に気を付けておきましょう。

家電リサイクル券が必要

家電リサイクル法を円滑に推進するため、「一般財団法人家電製品協会」は家電リサイクル券を発行しています。

家電を廃棄する消費者がリサイクル料金を支払い、メーカーに還元される仕組みです。消費者には家電を円滑に廃棄できるメリットがあり、メーカー側にはリサイクル料金を受け取れるというメリットがあります。

リサイクル料金の支払い方法は、家電量販店に料金を支払う「料金販売店回収方法」と、 郵便局の「家電リサイクル券 払込票」で払い込みを行う「料金郵便局振込方式」の2種類です。

「自分で指定取引場所に洗濯機を持ち込む場合」は料金郵便局振込方式を使用するのが一般的です。

参考:RKC 一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

洗濯機を処分する際のポイント

ポイント

家電を処分する際は選ぶ業者によって運搬料金などが異なります。業者選びのポイントを紹介しましょう。

運搬料金は自治体や業者によって異なる

家電を処分する際に必要となる運搬料金は、行政が金額を指定しているものではありません。運搬業者がそれぞれ設定した運搬料金を支払う必要があります。

例えば大手家電量販店の運搬料金を見てみましょう。ビックカメラは1,650円程度で、ヨドバシカメラは550円、ケースデンキは1,000円からとされています。

リサイクル料金は各家電メーカーにより設定されているため、どこの業者に依頼してもそれほど変わることはないでしょう。なるべく処分にかかる費用を抑えたい場合は、運搬料金が安い業者を選ぶのが有効です。

無許可の業者に依頼しない

行政から許可を得ていない業者を利用すると、場合によっては低価格で処分してくれるかもしれません。

しかし無許可の業者は不適切に処分する可能性があるため、環境破壊につながる恐れがあります。不法投棄やずさんな管理により大火災につながる可能性もあるのです。

無許可の業者に任せるということは、こうした事態を助長することでもあるので注意しましょう。

さらには事前の説明と異なる金額を請求されたり、出張費や積み込み費といった名目で高額な費用を請求されたりするリスクもあります。

業者選びはミツモアが便利

業者を選ぶ際は相見積もりを取ることで、業者を比較検討しやすくなります。高額な請求をする業者も一目で分かり、選択する可能性を回避できるでしょう。

見積もりを取得する際は、普通は1社ごとに依頼する必要があります。時間や手間がかかり、業者を比較検討するまでの苦労が大きいでしょう。

見積もり一括サービスのミツモアを利用すれば、簡単に複数社からの見積もりを集められます。ミツモアでは簡単な質問に答えるだけで、最大5社から見積もりが送られてくるのです。

業者選定の手間や時間を削減できるため、積極的に活用してみましょう。

洗濯機の処分は家電リサイクル法に従って

辞書を開く人

洗濯機を処分する際は、家電リサイクル法があることを念頭に行動しましょう。買い替えであれば購入する小売業者に処分を依頼できます。廃棄のみの場合はその洗濯機を購入した小売業者に処分を依頼しましょう。

小売業者に依頼できない場合の処分方法は、住んでいる地域によって異なります。市区町村で指定された施設や、指定業者に依頼して処分してください。

業者に依頼する際はリサイクル料金と運搬料金が必要です。後者は業者によって異なるため、相見積もりを取って比較検討するとよいでしょう。

洗濯機の処分は家電リサイクル法にのっとって、適切に実施してください。

不用品回収業者はミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

不用品回収業者に洗濯機の回収を依頼する際は、まずミツモアで、見積もり比較することをお勧めします。安心な不用品回収業者の中から、回収費用を無料で比較することができます。

簡単!2分で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件の業者から無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、不用品回収業者より最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった業者を探してみましょう。業者によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りの業者がみつかったら、撮影の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

洗濯機の回収をプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収業者を比較する!