ミツモアメディア

ダンベルの正しい処分方法とは?捨て方や売り方、注意点も解説

最終更新日: 2021年08月31日

自宅で行う「筋トレ」がブームとなり、トレーニング器具を買いそろえる人が増えています。

そこで気になるのが、器具の一つであるダンベルの処分方法です。今回は腕を鍛えるダンベルの捨て方や売り方について紹介します。

ダンベルをごみとして処分する方法

ダンベル

もう使わなくなったダンベルをごみとして出す場合、どのように出すとよいのでしょうか?ダンベルの処分法や引き取ってもらう方法を紹介します。

可燃ごみ、不燃ごみとして処分する

不要なダンベルを処分する際は、ごみとして処分することが可能です。作られた素材や大きさによって出し方が変わります。

ダンベルは鉄製のものもあれば、プラスチックやゴム素材で作られているものもあります。鉄製のダンベルは小さいものであれば「不燃ごみ」です。プラスチック製のものは「可燃ごみ」や「プラスチックごみ」として捨てるのが一般的です。

住んでいる地域によってごみの分別や出し方は変わりますので、ごみとして出す前に自治体のホームページで確認しておきましょう。

粗大ごみとして回収してもらう

一般的に「一辺の長さが30cm以上」だと「粗大ごみ」となります。該当するサイズのダンベルはプラスチック製やゴム製であっても、粗大ごみとして出さなければなりません。

サイズが30cmより小さくても、素材に鉄が含まれている場合も粗大ごみ扱いになることがほとんどです。地域によっては規定の重さを越えると粗大ごみに該当する場合もあります。

クリーンセンターに直接持ち込む

自宅近くのごみ集積所ではなく、自治体のクリーンセンターに直接持ち込む方法もあります。ごみに出しても出し方が適切でないと回収されないことがありますが、持ち込めば確実に処分できるはずです。

粗大ごみとして出す場合は処理券の購入が必要ですが、自治体によっては無料で回収を行ってくれるところもあります。事前に持ち込みのスケジュール予約が必要な地域もあるため、確認しておくと安心です。

不用品回収業者に依頼する

使わなくなったダンベルは「不用品回収」に出すのも一つの手です。不用品回収を請け負う業者はたくさんあります。

業者によって回収の仕方が宅配であったり、直接自宅へ引き取りに来てくれたりとさまざまです。中には悪徳な業者もあるため、依頼する前にホームページや口コミを確認しておきましょう。

ダンベルを売って処分する方法

筋トレする女性

処分したいダンベルの状態が良い場合は売ってしまう方法がおすすめです。ダンベルを売却できる方法を紹介します。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップは不用品の買い取りを行い、中古品として販売しています。状態が悪過ぎると引き取ってもらえませんが、保存状態が良い場合はリサイクルショップに持ち込んで査定してもらいましょう。

きれいな状態であれば思ったよりも高値で売れるかもしれません。他にも「どこのブランド製か」「重さはどのくらいか」によっても売値は変わります。郵送での買い取りを行っているショップを選ぶと、重たいダンベルを運ぶ手間が省け便利です。

フリマアプリに出品する

近年利用者が増えている「フリマアプリ」を活用するのも便利です。自宅にいながら不要になったダンベルを売ることができます。

ただし必ずしも売れるわけではありません。フリマアプリでは出品時にアイテムの写真を撮り載せますが、写真映りが悪いと美品であっても魅力が半減してしまいます。またアイテムの説明文も重要で、適当な内容ではユーザーからの信頼が得られません。

処分する際の注意点は?

筋トレする男性

ダンベルを処分する際、回収専門業者に依頼をするのも一つの手です。しかし業者を介して処分すると損することがあります。処分依頼をするときはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

無料回収業者は避ける

「無料で不用品を回収する」と自宅周辺をトラックで周って宣伝をしたり、チラシを入れたりしている業者の利用はおすすめできません。無料回収業者は市区町村の許可なく違法に不用品を回収しているのです。

不法な業者に回収を依頼すると、不要になったダンベルは不法投棄されたり不適正に処理されます。適切に処分されないと最悪の場合火災を引き起こすこともあり危険です。また高額な処理料金を請求される場合もあります。

複数の業者を比較する

ダンベルの回収を業者に依頼する場合は最初から一つに絞るのではなく複数候補を挙げ、各社から見積もりを取得しましょう。だいたいの費用相場が把握でき、どのような対応をしてくれるのかが確認できます。

複数の業者を比較する際は「ミツモア」を利用すると便利です。最大5社までの見積もりが無料で取得でき相見積もりが簡単に出せます。事前にチャットで業者とやり取りができ、希望に合った業者が探しやすくなるでしょう。

正しい知識を持ってダンベルを処分しよう!

ダンベル

不要になったものを処分するには、ごみに出したり買い取りしてくれる店へ持ち込んだりとさまざまな手段があります。ごみとして処分する場合は地域のルールに沿って正しく出さなければなりません。

業者へ回収を依頼する場合は、きちんと許可を取得している業者であるかをチェックしておきましょう。処分には正しい知識が必要です。

不用品回収業者を探すならミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアでは豊富な経験と知識を持った不用品回収業者に見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで不用品回収業者を依頼する