ミツモアメディア

アクリル樹脂の特性・性質を理解しよう!主な用途や長所・短所も解説

最終更新日: 2021年04月26日

アクリル樹脂は日用品・工業製品をはじめ、さまざまな分野で活用される樹脂素材です。安全に利用するためにも、どのような特性があるのか事前にしっかりと把握しておきましょう。

アクリル樹脂の特徴・利用場面・メリット・デメリットを解説していきます。

アクリル樹脂って何?

外壁塗料

アクリル樹脂とは具体的にどのようなものを指すのでしょうか。アクリル樹脂を安心・安全に利用するためにも、まずは基本的な知識についてくわしく解説します。

耐久性や透明性に優れた樹脂素材

「アクリル樹脂」はアクリル酸・メタクリル酸とそれらの誘導体が結合することでつくられる合成樹脂素材です。

耐久性・透明性などに優れており、無機ガラスの代わりとして、照明器具・光学機器・眼鏡のレンズなどにも広く使用されています。

そもそも「樹脂」とは?

本来の「樹脂」は植物が分泌する物質を指す言葉で、大きく「天然樹脂」と「合成樹脂」の2種類に分類できます。

「天然樹脂」とは松脂・漆・柿渋などに代表される、天然の樹木から採取される素材のことです。対して「合成樹脂」は科学的に合成された人工的な素材を指します。

天然樹脂の性質に似せてつくられているため、天然樹脂と同じような用途で利用されるケースも少なくありません。例えばプラスチックも人工的につくられた合成樹脂のひとつです。

アクリル樹脂もまたプラスチックの、ひいては合成樹脂の一種といえます。

アクリル樹脂の特性・性質

アクリル樹脂のスプーン

アクリル樹脂に備わっている代表的な特性・性質は「耐候性・衝撃への強さ・加工しやすさ」の3つです。以下でそれぞれの特性・性質について掘り下げて解説します。

耐候性に優れている

アクリル樹脂は太陽光・紫外線・雨風・雪といった気候の影響を受けにくい「耐候性」に優れた樹脂素材です。

屋外での長期間の設置にも十分に耐えうるため、看板・建築材料などへの使用にも適しています。

衝撃に強い

アクリル樹脂は衝撃にも強く、耐衝撃性はガラスの10〜16倍ほどです。また仮に割れた場合にも、ガラスのように破片が飛散することはないため、安全性に優れた素材といえるでしょう。

高い水圧にも十分に耐えることができるので、水族館の水槽などに利用されるケースもあります。

加工しやすい

アクリル樹脂は適度な硬度を持ちながらも、かなり自由に加工することが可能です。接着剤を用いて貼り合わせたり、切断したり穴をあけたりといったこともできる上に、加熱すれば腕の力だけで簡単に曲げられます。

素人であってもかなり扱いやすい素材といえるため、日曜大工などに利用する場合にもぴったりでしょう。

アクリル樹脂の用途

ライト

アクリル樹脂にはどのような用途があるのでしょうか。ここからはアクリル樹脂の具体的な用途について、くわしく解説します。

さまざまな分野で活用されている

アクリル樹脂はその優れた性質から、前述の通り照明器具・光学機器・眼鏡のレンズ・看板・建築材料・水族館の水槽のほかにも、さまざまな分野で活用されています。

航空機・船舶・自動車といった乗り物の窓、時計・計器カバー・アクセサリー・携帯電話の表示窓といった用途もその一例です。また昨今は液晶パネルのバックライトなど、IT機器の領域で利用されるケースも少なくありません。

かなり汎用性が高い便利な素材といえるでしょう。

アクリル樹脂の長所と短所

メガネ

アクリル樹脂にはメリット・デメリットがそれぞれに存在します。素材に対する理解を深めるために、どちらも正しく把握しておきましょう。

アクリル樹脂のメリット

アクリル樹脂の代表的なメリットとしては、先述したように透明性・耐久性・耐候性に優れている点、加工しやすい点などが挙げられます。

光の透過性は94%と一般的なガラスよりも高く、また酸・アルカリなどにも耐性があります。ほかの素材と比べて重量が軽く、扱いやすいのもうれしいポイントといえるでしょう。

さらにこれだけの高性能でありながら、コストパフォーマンスもかなり優秀です。

アクリル樹脂のデメリット

アクリル樹脂のデメリットとしてまず挙げられるのは、耐熱性が低いことです。加工はしやすいものの、連続耐熱温度が60〜95℃に達すると溶け出してしまうため注意しましょう。

また耐久性はあるものの表面が傷つきやすく、ひっかき傷などの痕が比較的簡単に残ってしまうのも難点のひとつです。さらに有機溶剤にも弱く、誤って付着してしまうと溶解の危険があります。

アクリル樹脂を利用する際には上記のようなデメリットを十分に考慮した上で、適切な使い方を心がけるようにしましょう。

アクリル樹脂は多くの分野で利用されている素材

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂は性能とコストパフォーマンスに優れ、多くの分野で活用される樹脂素材です。透明性・耐久性をはじめとするさまざまなメリットがあり、素人でも加工がしやすいため、日曜大工などにも適した素材といえます。

その一方で耐熱性が低いなどのデメリットも存在するため、扱いには十分な注意が必要です。

安心・安全に利用して、アクリル樹脂の長所を最大限に活かすためにも、利用する前にしっかりと特性・性質に対する理解を深めましょう。

ミツモアで外壁塗装業者に見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロに外壁塗装の見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

外壁、屋根の塗装の見積を依頼する!