ミツモア
サイディング外壁塗装・張り替えもお任せ。あなたにぴったりのリフォーム業者を見つけましょう。

福島周辺に12人の外壁・屋根塗装業者がいます
福島周辺に12人の外壁・屋根塗装業者がいます

サイディング外壁塗装・張り替えもお任せ。あなたにぴったりのリフォーム業者を見つけましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

外壁塗装の相場

▼シリコン塗料での塗装を依頼した場合

戸建て(30坪 2階建て)60~100万円         

アパート(8世帯 2階建て)

190万円

マンション(20世帯 5階建て)

600万円

※屋根塗装を追加した場合、+20~40万円ほどかかります。


外壁塗装の料金は、おおきく分けて

塗装工事代 + 足場設置・高圧洗浄などの工事代 + その他箇所の塗装工事代

の合計で決まります。


使用する塗料のメーカーや機能、各工事の施工面積によっても費用は変わってくるため、あくまで一般的な価格としてご参考ください。

また地域によっては補助金・助成金が用意されている場合もあります。各自治体のサイトなどで確認しましょう。

外壁塗装の優良事業者の選び方

外壁塗装業者

無資格者でも開業できる塗装業界。悪徳事業者が入り込むことも多く、その中から優良事業者を見分けるのは難しいのではないでしょうか。

塗装業者選びで失敗をしないために、優良な塗装業者を見分けるポイントを3つ紹介します。


①資格・建設業許可を保有している

資格がなくとも開業できてしまう塗装会社だからこそ、資格・建設業許可をきちんととっているかどうかは優良業者の判断基準となります。特に以下2つは、信頼のおける業者である指標のひとつとして覚えておくとよいでしょう。

  • 1級塗装技能士:厚生労働省から認定された国家資格であり、原則実務経験7年以上で初めて取得できる資格
  • 建設業許可(塗装工事業許可):国土交通省が指定する一定の条件を満たした業者が得られる免許


その他、信頼ができる許可・資格は以下の通りです。

・2級塗装技能士

・雨漏り診断士

・外壁塗装マイスター

・外壁診断士/外壁劣化診断士

など


②見積書がわかりやすく、明確

費用の内訳が不透明になりやすい塗装業界では、見積書が詳しく、わかりやすく記載されているかどうかが大変重要です。

以下の5つのポイントには特に注意してみてください。


1)支払いタイミング

塗装工事の支払い完了のタイミングは、「工事完了後」か「契約時と工事完了後の2回払い」です。工事前に支払いを要求する会社には注意しましょう。


2)塗装箇所

塗る箇所の認識違いはトラブルの元です。軒や庇など、外壁以外の箇所について特に注意して、事前に業者とすり合わせましょう。


3)塗装以外の工事費用

塗装工事では塗料や人件費以外の費用もかかります。各工程の見積もりを書いてもらいましょう。以下を「一式」とだけ記載している事業者には注意です。

・足場費用

・ネット養生費用

・マスキング費用

・シーリング(コーキング)費用

・高圧洗浄費用


4)塗りの回数

外壁塗装は下塗り、中塗りと上塗りの3回塗りが基本です。塗る回数は明記してもらうようにしましょう。


5)保証の有無

保証の有無、内容や年数について書類上で確認しましょう。


③保証内容が明確/瑕疵(かし)保険へ加入している

何年もの耐久性が必要な外壁塗装。アフターフォローの内容は重要なポイントです。保証期間、定期点検の有無など、細かくチェックしてください。

また、リフォーム瑕疵保険に入っている事業者は優良である可能性が高いです。リフォーム瑕疵保険とは、施工後に第三者の検査員が施工品質をチェックしてくれる保険のこと。そのため手抜き工事の防止が期待できます。


上記では重要な3つのポイントをあげましたが、そのほか

・近隣挨拶を行ってくれる

・手抜き工事をしていない証拠として、工程報告を写真付きで行ってくれる

事業者も、トラブルが起こらないように努めている優良な業者と言えるでしょう。


実際に塗装業者を選ぶ際には、希望する塗装内容の相場を知るためにも相見積もりを取ることが重要です。

ミツモアでは上記の要素を総合的に考慮した、おすすめの塗装業者をご紹介します!

福島県で使える外壁塗装の補助金・助成金一覧

外壁塗装・屋根塗装で受けられる補助金や助成金は、地域や自治体によって変わってきます。

ここでは2022年現在、福島県で外壁塗装に活用できる補助金・助成金について一覧にまとめました。申請が通ればお得に外壁塗装ができますよ。ぜひ参考にし、活用してみてください。

※助成金額は個人の戸建て住宅に絞って掲載しています。

▼福島県で使える外壁・屋根塗装の補助金・助成金一覧
地域補助内容
南会津町

南会津町定住促進すまいる補助金

 申請期間:随時受付

対象工事:①空き家バンクに登録された建物の、工事費用50万円以上の改修工事・②三親等以内の直系尊属が現在または過去に居住していた住宅への居住を目的とする、工事費用50万円以上の増改築工事

助成金額:上限50万円(助成対象経費の2分の1)

柳津町

柳津町住まいづくり支援事業

申請期間:令和4年4月1日(金)~令和5年3月17日(金)※先着順

対象工事:令和4年4月以降に着工し令和5年3月31日までに完了する改修費用5万円以上の工事

助成金額:上限10万円(助成対象経費の2分の1)

いわき市

令和4年度いわき市個人住宅優良ストック形成支援事業

申請期間:令和4年6月27日(月)~令和4年8月31日(水)※先着順

対象工事:市内施工業者が行う、工事費用が10万円以上の改修工事

助成金額:上限15万円(助成対象経費の10%)

三島町

三島町空き家・住宅改修費等補助金

申請期間:随時受付

対象工事:・①新たな世帯員の増加を伴い、かつ改修後5年以上定住するための、町内に存する住宅の増築を伴う改修工事・②移住・定住または地域活動促進を目的とする空き家の改修工事

助成金額:上限100万円(助成対象経費の3分の2)     

空き家改修は上限100~150万円(助成対象経費の3分の2)

昭和村

住宅改修援助金制度

申請期間:記載なし

対象工事:記載なし

助成金額:上限150万円(助成対象経費の3分の2)

富岡町

富岡町定住化促進対策住宅助成事業

申請期間:随時受付

対象工事:富岡町に住所を有する、または住所を有しようとする者のリフォーム工事

助成金額:上限300万円(助成対象経費の15%)

浅川町浅川町生活環境改善サポート事業
申請期間:令和4年5月10日(火)午前9時~令和5年1月31日(火)午後5時
※募集件数25戸に到達次第終了
対象工事:工事費20万円以上の町内施工業者による改修工事
助成金額:上限20万円(工事費の50%)

※税抜き金額か税込み金額かは自治体によって変わります。


また、空き家に住み始める際の改修に対する補助金も多くの地域で用意しています。

各自治体で条件が異なるため、自治体HPでの確認や担当課に直接聞き、申請前に条件と照らし合わせておくと良いでしょう。

 

▼福島県で空き家改修に利用できる補助金・助成金一覧

地域制度名
福島県
「住んでふくしま」空き家対策総合支援事業
会津若山市
空家等改修支援事業
白河市
空き家改修等支援事業
喜多方市
空き家改修支援事業補助金
二本松市
空き家改修助成金支給事業
大玉村
空き家改修等支援事業補助金
棚倉町
定住促進空き家改修補助事業
飯舘村
住宅修繕等補助金


また以下の補助金は外壁塗装に適用できません。

塙町塙町多世代同居・近居支援事業補助金


「外壁塗装の補助金・助成金がない地域」でも、耐震やバリアフリー、塗装以外の省エネに関する改修工事などに補助制度が用意されていることがあります。

塗装工事以外にもリフォームを考えている方は、一度自治体のHPを確認してみてください。


【関連記事】福島県で外壁塗装の助成金がもらえるのはどこ?金額や条件を解説

外壁塗装の基礎知識

<外壁塗装をなぜおこなうのか>

外壁塗装により、「建物の美観を保つ」「建物をまもる」という効果が得られます。塗料の膜で外壁を覆うことで、建物を保護し劣化しにくい状態を維持。綺麗な見た目を保つ上、耐久性が向上して建物寿命が延びるのです。

カレンダー

<外壁塗装にかかる期間>

外壁塗装は壁をペンキで塗って終わりではありません。近隣への挨拶から始まり、足場の設置、高圧洗浄、養生など様々な作業があります最低でも2週間程度見積もっておくとよいでしょう。天候によって期間に変動も。外壁塗装工事にかかる期間と全工程を具体的に紹介します。

<外壁塗装に適した時期>

外壁塗装に適した気候は「晴れ、または曇り」「気温が5℃以上」「湿度85%以下」です。一般的に湿度や気温の安定している春や秋ごろが良いと言われていますが、地域差もありますので各事業者に確認してみましょう。

白い粉がついた指

<自分でできる劣化チェック>

外壁塗装は経年や雨風の影響で劣化するものです。①塗装面の色褪せや変色②壁面を手のひらでなぞったときに白い粉が付く(チョーキング)③ひび割れ④カビやサビ、が見られたら劣化の合図。外壁の劣化を発見した際の対応方法も確認しておくとよいですね。

塗料の入ったバケツ

<知っておくべき塗料の種類>

塗料の耐久性や価格は、基本材料である「樹脂」に左右されます。また油性塗料か水性塗料かによっても、耐久性は変わるのです。外壁塗装の際は目的にあわせて塗料を選択する必要があります。塗装の目的に応じたおすすめの塗料や種類について解説します。

色見本表

<どんな色を選べばいい?>

家の色はシンプルでおしゃれかつ安心感のあるベージュ、グレー、ホワイトが人気です。色を選ぶ際には周りの家のデザインも考慮できるとよいですね。実際の色の確認にはコツもあります。外壁の色選びで注意するポイントを押さえて理想の色をかなえましょう。

外壁塗装の見積書

<見積書を見るときの注意点>

優良な業者を見極めるために重要な見積書。必要な項目がそろっているか、各工事の費用は相場からずれていないかなど確認すべき点は多岐にわたります。外壁塗装の見積書の見方とNG例をまとめたので、チェックする際に活用ください。

お金

<外壁塗装で使える補助金・助成金>

リフォーム工事の補助制度は自治体で用意されていることが殆ど。そのため外壁塗装で使える補助金・助成金を受け取る条件や、申請方法は自治体によって変わります。外壁・屋根塗装工事は決して安くないため、補助制度を上手に活用したいですね。

住宅街

<近隣トラブルを避けるためには?>

工事前に挨拶や事前の説明を行うべきです。着工中は騒音やにおいが発生する可能性がある旨を伝えておきましょう。また近接した住宅には塗料が飛散する危険もあるため、養生を施してもよいか確認しておくとなおよいです。外壁塗装で隣家とのトラブルを防ぐ方法を解説します。