ミツモアメディア

断熱塗料キルコートの特徴とは?メリット・デメリットも紹介

最終更新日: 2021年04月26日

「キルコート」はハイブリッドかつ多機能な最新の断熱塗料です。家の外壁や屋根にキルコートを塗ると、暑い夏でも寒い冬でも快適に過ごしやすくなり、光熱費の削減にもつながります。キルコートの特徴やメリット・デメリットを詳しく紹介します。

キルコートとはどんな塗料?

外壁塗料

近年日本の気候は変動が激しく、かつてない高温を記録したり、寒暖差が激しくなったりします。そんな環境でも快適に過ごしやすくしてくれる「キルコート」について、基本情報を見てみましょう。

中空ビーズがブレンドされた水性塗料

キルコートは断熱効果を発揮し室温を快適な状態に保ってくれる「断熱塗料」のひとつです。環境に優しい水性塗料であり、空気層が内部に含まれる中空ビーズとよばれる小さな球体が、アクリルエマルジョンに混ぜ込まれています。

キルコートは遮熱効果が発揮できているか、激しい雨風にさらされても耐えられるかという性能チェックをクリアし「JIS」の認定を受けた高品質の塗料です。さらに環境保全に取り組んだ実績の証「ETV」も取得しています。

外壁塗装や屋根塗料として使われる

キルコートは断熱塗料であるため、主に住宅や建築物の外壁や屋根の塗料として使用されます。特徴のひとつとして塗布する前の下地処理がきちんとできていれば、塗装する対象を限定せず使用可能です。

そのため産業向けにも幅広く活用できます。ビルや倉庫、酪農や畜産を行う牛舎や鶏舎、穀物や飼料を貯蔵する倉庫など、あらゆる建物に対応できるのです。

キルコートの施工価格の目安

一般的に断熱塗料の単価は1㎡あたり3,500~4,500円です。キルコートの場合は1㎡あたり3,300~4,200円ほどとされています。機能性が高いため通常の塗料よりも費用がかかりますが、一度施すと15年は持つのでコスパは決して悪くありません。

ただしキルコートの施工には専門知識と技術が必要です。素人が行うのは困難なため、キルコートを塗装したい場合は外壁塗装のプロに依頼しましょう。

費用は塗料を含む材料費だけでなく、人件費や足場代などもかかります。利用する業者によって施工価格は異なるので、事前に見積もりを取って確認しましょう。

キルコートのメリット

青い外壁

キルコートを建物の外壁や屋根に塗装すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?キルコートが発揮する性能について紹介します。

遮熱・断熱性に優れている

キルコートを外壁や屋根など建物の外側に塗装すると、建物全体の遮熱性と断熱性が上がります。遮熱性は建物に射し込む太陽光を反射し室内の温度を上げないようにする性能で、断熱性は内側の熱を外へ逃さないようにする性能のことです。

遮熱と断熱のダブル効果によって、夏は外部からの熱を防ぎ、冬は室内から熱が外に出て行かないよう保温されます。この効果により冷暖房の消費を減らせるので、無理なく光熱費を削減することが可能です。

さらに外壁を外の空気から守って室内との寒暖差を小さくすることで、結露の防止もできます。

コストを削減できる高耐久性と伸縮性

キルコートの施工費用は、通常の塗料による外壁塗装と比べると割高です。しかし、持ち前の高い耐久性と伸縮性によって、長い目で見るとメンテナンスにかかるコストを削減できます。

接着剤に劣らない粘着力を持つキルコートは、一般的な塗料のおよそ3倍もの付着力があり、その性能はJIS規格公認です。一度塗装するとはがれにくく、15年は持つとされています。

また、200%以上の伸縮にも耐えられる性質により、外部からの衝撃や地震にも耐え抜くことができます。強い振動にも耐えられる伸縮性があるため、キルコートは動く部分の施工にも使用されているのです。

キルコートが破損や経年劣化から建物を守ることで、塗り替えやリフォームのサイクルが長くなり、結果としてそれらにかかるコストの削減につながります。

キルコートのデメリット

外壁塗料

多機能で大切な建物を守ってくれる優秀なキルコートですが、弱点はあるのでしょうか?ここでは、キルコートのデメリットを見てみましょう。

鏡面仕上げができない

キルコートを塗装した部分は、光沢のある仕上がりになりません。そのため、鏡面仕上げにしたい箇所には不向きです。

製造元が車の塗装に使えないか実験したところ、ボディの色合わせに苦戦し、つや出しができなかったという結果に終わりました。基本的には材質を選ばず塗装できる塗料であるため、鏡面仕上げができればさらに用途が広がりそうです。

カラーバリエーションが少ない

キルコートは遮熱性を第一に考えて製造されているため、他の塗料と比べてカラーバリエーションが少ないのもデメリットです。色によって日射の吸収率が変化するため、あえて最小限の色合いだけが製造されています。

ただし、顧客からの要望を受けて、メーカーが色の調合を行うことは可能です。着色によって、キルコートの遮熱性が落ちる心配はありません。

高い性質を持つキルコート

外壁を塗る道具

キルコートを自宅の外壁や屋根に塗布するだけで、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。理想的な生活環境を整えながら、冷暖房や建物のメンテナンスにかかる費用まで削減できる優れものです。

施工には費用がかかりますが、長い目で見ると費用対効果が非常に高いといえます。快適な暮らしのために、キルコートの塗装を検討してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで外壁塗装業者に見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロに外壁塗装の見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

外壁、屋根の塗装の見積を依頼する!