ミツモアメディア

屋根板金ってどこのこと?屋根板金の種類・修理の費用相場・依頼できる業種を解説

最終更新日: 2021年04月09日

屋根の一部が浮いていたり屋根板が割れていたりするのを放置すると、家の中は雨漏りで悩まされるでしょう。一般的に、屋根の修理は業者へ依頼しますが、屋根板金は瓦屋根と金属屋根によって得意分野が違うため、業者の選び方に注意が必要です。

まずは、屋根板金の種類や瓦屋根工事との違い、修理費用の相場、屋根板金はDIYできるのかについて、詳しく確認しておきましょう。

屋根板金ってどこのこと?

屋根板金ってどこのこと?
屋根板金ってどこのこと?

屋根板金とは、屋根板のつなぎ目から雨水や風、虫などが侵入しないように金属の平たい板で覆う部分(接合部)のことです。最近はガルバリウム鋼板を中心に使っていますが、ステンレスや銅製品、トタンなども屋根板金のひとつです。

屋根板金という言葉は、雨漏りや屋根板が浮いている状態を調べて知ったという人は多いでしょう。屋根板金の種類は大きく分けて3つあり、それぞれ特徴が異なります。

屋根板金の修理をする前に、自宅の形状はどの種類なのか確認しましょう。

棟板金

棟板金
棟板金

棟板金(むねばんきん)とは、屋根のてっぺんにある板金です。ストレートや金属屋根などに多く見られ、瓦屋根には使われません。築年数の古い住宅はトタンが使われているケースが多く、雨風を受けやすいことから錆が発生しやすいです。

ガルバリウム鋼板は錆に強いため、屋根板金の浮きはあまり目立ちませんが、突風や寒暖差などで劣化の可能性はあります。棟板金の下は、屋根材を抑える貫板があり、屋根板金の修理をせずに放置しておくと飛んで近隣に被害を与えてしまうので気をつけましょう。

関連記事:棟板金(むねばんきん)とは?「飛散した」「釘が抜けた」その原因と対処法、費用相場は【DIYで補修できる?】| ミツモア

谷樋板金

谷樋板金(たにといばんきん)とは、屋根の谷部分の接合部を覆う板金です。金属屋根のほか、瓦屋根にも使われており、もっとも屋根板金の修理が多い場所です。谷樋板金は2つの傾斜屋根を結ぶ箇所に設置するため、雨や雪の影響を受けやすく、屋根板のひび割れや錆が多く発生します。

屋根板金の中でも、谷樋板金は雨漏りの起こりやすい場所なので、屋根板金の浮きが目立っている時は早めに修理しましょう。

水切り板金

水切り板金(みずきりばんきん)とは、屋根と外壁の隙間から雨風を防ぐ板金です。胸板板金や谷樋板金と違い屋根の補助が目的のため、基本的に屋根材の端に設置されます。

例えば、屋根から壁を伝って水が流れないように軒先部分に壁止まり板金を設置したり、屋根の先端から雨水が下へ流れ落ちないようにはまどいへ流す水切り板を設置したりと、用途に合わせてさまざまあります。

屋根材に合わせて材質は異なるため、種類によって錆や浮きの劣化スピードは異なるので、雨漏りする際は屋根の状況をよく確認しましょう。

屋根板金の修理は板金屋さんの領域

屋根板金の修理は板金屋さんの領域
屋根板金の修理は板金屋さんの領域

屋根板金の修理は、屋根の工事に携わる業者であればどれも同じと思いませんか?

屋根工事といっても、金属屋根と瓦屋根で修理方法は違うため、不得意な業者へ依頼すると「屋根板金の浮きが再発生」や「雨漏りが直らない」というトラブルが発生する可能性が高いのです。

そこで、屋根板金の修理をする前に、屋根や修理箇所別の業者の選び方を確認しましょう。

金属屋根の工事と瓦屋根の工事の違いとは

金属屋根の工事と瓦屋根の工事の違いとは
金属屋根の工事と瓦屋根の工事の違いとは

金属屋根と瓦屋根の見た目が違うように、建築や修理工事もまったく違います。金属屋根の工事業者は、材質が金属建材がメインのため、ハサミでカットしたり材質の特徴を生かして貼ったりするのが得意です。

瓦屋根の工事業者は、瓦のズレや漆喰の剥がれに気をつけながら、ハンマーやコテなどを使い材質の特徴を見極めながら作業するのが得意です。

同じ屋根工事ですが、2つの工事は特徴が異なるため、屋根板金の修理を依頼する際は、専門業者へ依頼すると失敗しません。

板金工事の作業範囲は?

板金工事の作業範囲は?
板金工事の作業範囲は?

屋根板金の工事は、金属製の板金を取り替えたり屋根材を固定する釘を打ち直したりを中心におこないます。基本的に金属屋根と瓦屋根の板金工事は専門業者が異なるため、修理する屋根に合わせて依頼します。

しかし、瓦屋根の工事業者の中には、金属屋根の工事に対応するケースもあります。専門外であるため、依頼を受けた後は板金工事の業者へお願いするため、費用が高く請求されるでしょう。

板金工事の作業範囲は業者によって異なるため、依頼する際は必ず屋根材に合わせて業者を選びましょう。

雨漏りは板金屋さんの領域

雨漏りは板金屋さんの領域
雨漏りは板金屋さんの領域

雨漏りに困った時は、板金屋さんに依頼すると早期解決できます!雨漏りの原因は屋根材の錆や隙間など、劣化がほとんどです。本来の屋根は金属の板金で家の中に雨や風が入り込まないように建築しています。板金屋は、金属の板金加工や修理、取り付けを専門とするため、屋根リフォーム業者に比べて屋根板金の特徴を知っています。

また、板金屋は雨漏りの修理を対応するケースが多いため、建物の基礎知識や防水、塗装の基礎知識、雨漏り診断の実務の試験合格をクリアした「雨漏り診断士」が在籍している会社が多いです。

有資格者が在籍している板金屋は、雨漏りとしっかり向き合い徹底的に解決してくれるでしょう。

雨樋

雨樋
雨樋

雨樋の雨水がいつもの場所とは違うところへ流れている、雨樋が途中で折れているなど工事が必要な時は「板金屋」の依頼がおすすめです。

雨樋の素材の種類は、塩化ビニルやガルバリウム鋼板、合成樹脂、銅、アルミ・ステンレス製とさまざまありますが、昔はブリキが主流でした。現在も雨樋は板金屋の製造や修理も多く、雨樋を止める金具など複雑な場所の設置もしっかり目視チェックをし、難なく修理してくれます。

庇(ひさし)

庇(ひさし)
庇(ひさし)

窓の上にある小さな屋根「庇(ひさし)」は、雨漏りや落雪により屋根材のひび割れが起こりやすい箇所です。庇の屋根部分は金属やアルミ製の板金なので、修理は板金屋へ依頼するといいでしょう。

庇は雨風の影響を受けやすいため、築年数が古くなると屋根板金の中にある木材が腐食します。屋根板金の劣化を放置すると周辺に屋根材が飛んだり、ホコリが舞ったりするので、早めに修理しましょう。

コロニアル屋根は取り扱える施工店が多い

コロニアル屋根は取り扱える施工店が多い
コロニアル屋根は取り扱える施工店が多い

ストレート材と呼ばれる屋根材である「コロニアル屋根」は、板金屋以外で修理できる施工店が多いです。また、コロニアル屋根は軽くて耐震性が高く、瓦屋根よりも安いことから人気の屋根です。

コロニアル屋根は、水切り板金を中心とした屋根板金が使われているので、雨漏りや浮きに気をつけなくてはいけません。雨漏りの原因の多くが、屋根板金の劣化なので、修理が必要な時は手遅れになる前に早めに相談しましょう。

屋根の板金の劣化症状

屋根の板金の劣化症状
屋根の板金の劣化症状

屋根板金は、雨や風、虫などを室内へ侵入させない大切な役割があります。普段、地上から見えにくい場所のため、定期的に確認しておくと安心です。

多くの人は、雨漏りや屋根の板金が浮いているなどで気づきますが、修理が必要な劣化状況を把握しておくと症状の悪化を防げます。

釘が抜けてしまう

釘が抜けてしまう
釘が抜けてしまう

屋根板金で多い劣化が「棟板金の釘が抜ける」です。棟板金は屋根のてっぺんに固定するのですが、屋根材と板金を固定するために、いくつかの釘を横から打ちます。釘は日光によって熱膨張するため、屋根を設置してから年数とともに少しずつ抜けてきます。

とくに、棟板金の端を固定する釘が完全に抜けてしまうと、台風が来た時に板金がめくれてしまい、周囲に飛んで近隣住宅や道を歩いている人に被害を与える可能性があるでしょう。一部でも釘が抜けている時は、早期修理が必要です。

板金内部の木材の腐食

板金内部の木材の腐食
板金内部の木材の腐食

屋根板金の劣化を放置していると、雨水が鈑金の下にある貫板(木材)に入り腐ります。貫板は棟板金の下にある板で、木造住宅にとって屋根と板金をつなげる重要な役割があるのです。

貫板が腐ってしまうと釘で屋根板金を固定するのは難しく、劣化状況により葺き替え工事や屋根材の下にある防水シートの交換工事が必要です。大掛かりな修理は費用も高くなるので、貫板の劣化は早めの交換しましょう。

サビてしまう

サビてしまう
サビてしまう

屋根板金の材質によって錆の進行は異なりますが、古い住宅に多いトタン製の板金はガルバリウム鋼板に比べて錆やすいです。棟板金の錆は上部から進行するため、屋根に登って確認しないとわからない可能性が高いです。

屋根板金の側面が錆びている場合は、上部部分はボロボロで棟板金の交換が必要でしょう。錆を放置していると貫板を腐らせてしまうので、屋根板金の塗装が剥げていたり色が違って見えたりする時は、早めに修理しましょう。

落ち葉などのゴミがつまる

落ち葉などのゴミがつまる
落ち葉などのゴミがつまる

隣り合う傾斜屋根をつなぐ谷樋板金は、ゴミや落ち葉の溜まりやすい形状をしています。谷樋板金は雨水や雪を地上へ流す役割があるため、ゴミが溜まり詰まってしまうと雨漏りします。

季節の中でも秋は落ち葉や鳥の巣の破片が谷樋板金に集まりやすいので、周囲に大きな木のある家や鳥が周囲を飛んでいる住宅は気をつけましょう。

屋根板金の修理はDIYできるの?

屋根板金の修理はDIYできるの?
屋根板金の修理はDIYできるの?

屋根板金の工事を見ると、「自分でもできそう!」と思う人が多いでしょう。屋根は高所作業であり、しっかり安全対策をしなければ転落の恐れがあります。屋根板金のDIY中に死亡事故も起きています。

また、知識や技術のない人が屋根板金を修理すると、雨漏りや本来は必要のない箇所まで工事しなくてはならず、費用がかかってしまう可能性があるでしょう。

屋根板金は雨や風が住宅内に侵入しないように設計されているので、修理が必要な時は必ず専門業者へ依頼してください。

屋根板金修理の費用相場

屋根板金修理の費用相場
屋根板金修理の費用相場

屋根板金の修理を業者へ依頼した場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。板金工事は修理範囲によって、費用面が大きく違います。屋根板金を依頼する際は「どこの板金工事が必要なのか」をしっかり確認しておくと、おおよその費用がわかります。

屋根板金でよくある修理箇所と費用相場を見てみましょう。

種類ごとの費用相場

修理の種類 費用相場
棟板金の釘打ちコーキング 2万円~
谷樋板金の掃除 1万円~
棟板金の交換 7,000円~/m
貫板の交換 6,000円/m
板金錆止め塗装 5万円~

屋根板金は熱膨張により釘が時間とともに抜けるため、修理をする際は釘打ちとコーキング工事をします。コーキングは釘が抜けにくくなるほか、雨が棟板金の中へ侵入するのを防ぐのに効果的です。

錆や木材の腐食が目立つと、棟板金や貫板の交換が必要です。費用は長さで変わってくるので、事前に見積もりしておくと安心ですよ。

雨漏り調査の費用相場

雨漏り調査方法 費用相場
目視確認 無料
発光液調査 5万円
散水調査 10万円~
赤外線サーモグラフィー調査 10万円~

雨漏り調査の費用相場は、無料と有料の場合があります。屋根板金の修理をするなら、一緒に雨漏り調査をしておくと再工事の必要がありません!

雨漏り調査は目視なら無料ですが、特殊な機械や道具を使って徹底的に調べる時は費用が発生します。有料の雨漏り調査は目視では確認できない細かい部分までわかるので、何度も雨漏りに悩まされる心配はないでしょう。

屋根をリフォームする場合の費用相場

リフォームの種類 費用相場(30坪程度)
屋根塗装 40万円~
屋根葺き替え 60万円~
重ね葺き(カバー工法) 80万円~

屋根板金が錆でボロボロだったり、貫板や土台となる屋根材が腐食していると、大規模なリフォーム工事が必要です。

新しい屋根へすべて取り替える葺き替えより、既存の屋根に新しい屋根を取り付ける重ね葺きの方が、リフォーム費用が高いです。工事によって必要な重機や道具など変わってくるので、リフォームする際は費用面もしっかり比較しましょう。

工費以外の費用

種類 費用相場(30坪程度)
仮設足場 10万円~
ケレン 5.5万円~
高圧洗浄 2.5万円~
漆喰 8万円~
コンパネ(合板) 7.5万円~
防水シート 8万円~
屋根材の撤去 20万円~
屋根材の処分 1万円~/m3

2階建て以上の屋根板金の修理は、仮設足場の設置が必要です。平屋の場合も住宅や業者によって足場を組むケースがあります。仮設足場は専門業者が対応するため、屋根板金とは別請求が一般的です。

また、屋根材の撤去や処分が必要になるので、料金を別途請求するケースもあるでしょう。業者によって料金は異なるとはいえ、屋根板金の修理はまとまったお金が必要になるため、事前に見積もり確認をしておくと安心です。

屋根は保証書の内容をきちんと抑える

屋根は保証書の内容をきちんと抑える
屋根は保証書の内容をきちんと抑える

よく、屋根板金の工事で見かける「○年間の保証」という言葉、一見お得なサービスに見えますが、内容をよく見ると損する可能性があるのをご存じですか?

例えば、屋根板金に多い雨漏り保証10年間。

業者が用意する雨漏り保証は、あくまで屋根板金した部分が原因となった場合です。屋根板金の修理といえば費用面ばかり確認しがちですが、保証は万が一のことがあっても安心とは限りません!

・修理した屋根の雨漏りは原因がさまざま

・雨漏りの原因は修理箇所とは別の可能性もある

・状況によっては保証の条件に適用されない

業者にとって屋根保証は「対象外の逃げ道を作りやすい」部分でもあるので、保証書の内容はどこまで適用か、納得できるまでしっかり確認しましょう。

屋根工事の資格があるかをチェックしよう

屋根工事の資格があるかをチェックしよう
屋根工事の資格があるかをチェックしよう

屋根の修理費用は数十万円の請求も珍しくなく、資格や実績がないのに手抜き工事をする業者も中にはいるでしょう。悪徳業者に引っかからないために、次の項目をチェックしてください。

・屋根工事の建設許可を得ている(建設業許可、道路使用許可)

・瓦屋根工事技士の資格がある(瓦屋根の工事の場合)

・足場架設は「足場の組立て等作業主任者(指揮監督者)」の有資格者が在籍

・数々の実績があり説明がわかりやすい

・地元で長年開業する地域密着の業者

全国にある国土交通省の認可申請を受けた屋根工事の業者は約4万社。板金屋根は少しの修理ならdiyでもできることから、経験と知識から無資格で工事する業者も存在します。

悪徳業者に騙されないように、屋根板金を依頼する際は「建設許可と有資格者が在籍している業者」や「実績があり親身になって相談できる頼れる業者」を求めましょう。

屋根のよくあるQ&A

屋根のよくあるQ&A
屋根のよくあるQ&A

初めて屋根板金の工事を依頼する時、さまざまな疑問が浮かびませんか?よくある屋根板金の悩みを、いくつか紹介します。

雨が降ったら工事期間は延びるの?

雨が降ったら工事期間は延びるの?
雨が降ったら工事期間は延びるの?

屋根板金の工事は雨が降ると、急いで屋根に保護シートを被せて作業を一時中断します。雨が貫板や屋根下地の合板である野地板に浸透すると、腐食やカビが発生します。屋根板金の工事は事前に納期を定めていますが、雨降りは工事期間が伸びるので計画通りとは限りません。

中には、雨でも工事をストップすると業者は利益が減ってしまうため、屋根の劣化や仕上がりを気にせず作業をし続ける業者が存在します。本来であれば雨降りで一時工事が中断しても追加費用はありませんが、業者によって工期が伸びると費用を請求するケースもあるので気をつけましょう。

工事の時に音はでる?近所の方への対処法は?

工事の時に音はでる?近所の方への対処法は?
工事の時に音はでる?近所の方への対処法は?

屋根板金は金属板を設置したり釘を打ったりと、さまざまな金属音が聞こえます。できるだけ業者も騒音対策をしていますが、少なからず音の影響は近隣住宅に影響するでしょう。

騒音でトラブルにならないために、業者は次のような対処をしています。

・工事前に業者が近隣へ挨拶周りをする

・工事は明るい時間帯におこなう(9時~17時あたりまで)

・音に最善の注意を払って作業を進める

優良業者は工夫をしながら音への配慮をしていますが、利益重視の業者は工期を早めるために夜遅くまで作業をするケースもあります。遅い時間帯まで工事をするのは近隣に迷惑がかかるため、騒音への配慮や工事の時間帯を事前に確認しておくと安心です。

業者の車を止める場所はどこ?

業者の車を止める場所はどこ?
業者の車を止める場所はどこ?

屋根板金の業者はハイエースやトラックなどを使うため、駐車場の確保が必要です。住宅地内に駐車スペースがあれば借りて車を止めますが、車が止められない場合は近くのコインパーキングを利用します。

コインパーキングの料金は、屋根板金の請求額に含まれる場合と含まず業者負担で対応します。自宅に駐車スペースがない時は、コインパーキングの料金について事前に確認しましょう。

業者の方にトイレを貸すことはある?

業者の方にトイレを貸すことはある?
業者の方にトイレを貸すことはある?

業者にトイレを貸す必要はありません。作業中は休憩が定期的にあるので、用を足したい時は別の場所でトイレを利用します。トイレの貸し借りは依頼主とトラブルの原因になりかねず、中には前もってトイレを借りることを断る業者もいます。

屋根のプロ探しはミツモアがおすすめ

地域のプロを探す際はミツモアの一括無料見積もりをご利用いただくと手間なくご自身の希望通りの業者を見つけることが可能です。

ぜひミツモアを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで無料で見積もってみる