ミツモア

データベースで使われるテーブルとは?初心者にも分かりやすく解説

ぴったりのデータベースをさがす
最終更新日: 2022年10月28日

企業の業務データ管理に使われているリレーショナル型データベースを理解する上で、テーブルの概念は必ず押さえておかなければいけません。

テーブルの基本知識やSQLについて解説するとともに、一緒に知っておくべきデータベース関連用語を解説します。

テーブルとは何を指すのか?

パソコンを操作する人

テーブルとは、簡単に言えば、データベース内にデータを保存しておくための表のことです。特定のデータの集合を「行と列」の形式で構成したもので、基本的にリレーショナルデータベース(RDB)で用いられます。

RDBとは?

RDBとは、企業の業務データの管理に利用されているデータベースの一種で、データを複数のテーブルで管理するのが特徴です。テーブル同士を関連付けることによって、複雑な構造のデータでも問題なく管理でき、スムーズに検索・利用できることから、さまざまな場面で活用されています。

RDBの制御にはリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)が利用されており、SQLと呼ばれる言語を使って操作します。

テーブルはデータの格納領域

RDBにおけるテーブルは各種データの格納領域であり、データベース内に複数あるのが一般的です。Excelで言えば、シートに当たるのがテーブルです。

例えば、企業のECサイトの場合、ユーザーの会員情報を管理するものと、商品情報を保存しておくためのものなど、複数のテーブルがデータベースに格納されています。テーブル同士を関連付けることで、必要なデータを素早く検索できるのが特徴です。

ぴったりのデータベースを無料で診断する

データベースとテーブルとの違い

パソコンを見る人

ここでデータベースとテーブルの違いを、もう少し掘り下げて説明しておきます。両者を混同して使っている人も多いので、違いをしっかりと覚えておきましょう。

テーブルを管理するのがデータベース

データベースとは、一定の目的のために集めたデータを、後からユーザーが使いやすいように整理した情報の集合です。一般的にはコンピューター上に格納された電子データの集まりを指しますが、電話帳などもデータベースの一種とみなすことができます。

そしてデータベース内で、実際にデータを格納する「箱」のようなものがテーブルです。データベースという倉庫の中に、大量の箱が収まっている様子をイメージすると分かりやすいでしょう。

さらにデータベースでは、テーブルに格納されているデータを検索したり、追加・削除したりするための管理システムが稼働しています。特にRDBの分野では、情報を格納する倉庫と管理システムをまとめてデータベースと呼ぶことが多いです。

SQLによるデータ制御

RDBの管理システムを操作するための言語がSQL(Structured Query Language)です。ユーザーはSQLを用いてデータベース管理システムに命令を出し、必要なデータを検索・抽出したり、追加・削除したりできます。たとえ数万件にも上る膨大なデータであっても、SQLを使えば必要なデータをすぐに見つけ出すことが可能です。

近年、プログラミングに関する知識がなくても、データベースを制御できる管理システムが登場していますが、データベースの構築に携わりたいのであれば、SQLの習得は必須です。

ぴったりのデータベースを無料で診断する

他のデータベース関連用語

パソコン画面

では、テーブルと一緒に知っておくべきデータベース関連用語を紹介します。いずれも重要な用語なので、必ず押さえておきましょう。

カラム

カラムとはテーブルの「列」に該当するもので、テーブルに格納されたデータの属性を表します。

例えば、商品情報を保存しているテーブルで、商品名や商品IDなどの項目がある場合、それぞれの商品の名前やID番号などが各カラムに保存されます。カラムには数字や文字列など、格納できるデータ型が決まっているのが特徴です。

レコード

レコードはテーブルにおける「行」のことです。レコード部分に注目すれば、テーブル内の情報を意味のあるまとまりとして認識できます。

格納されたデータの属性を表すカラムに対して、レコードは格納されるデータそのものを指します。英語で「行」を意味する「ロウ」と呼ばれることもあるので覚えておきましょう。

フィールド

フィールドとは、レコード内の具体的な入力項目です。データベースに格納される文字列や数字など、具体的なデータを入れる最小単位の箱とみなすことができます。フィールドが集まったものがカラムあるいはレコードであり、Excelで言えば一つひとつのセルに相当します。

データベースとテーブルの関係を理解する

3画面を見る人

RDBで使われるテーブルについて解説しました。テーブルとはデータベース内に保存する各種データを格納する領域です。

データベースには複数のテーブルが存在しており、テーブルの属性を「カラム」、行に当たるデータそのものを「レコード」と言います。データベースの基本中の基本とも言える要素なので、データベースを扱う人は、必ず覚えておきましょう。

ミツモアで最適なデータベースを探してみよう!

ミツモアロゴ

ミツモアはソフトウェアの比較ができるプラットフォームです。豊富なソフトウェアサービスの中から口コミや料金、機能などの項目で比較検討ができます。

膨大な量の会社に資料を請求し、比較していた生活とはもうお別れ。ぜひミツモアのサービスをご利用ください。

ぴったりのデータベースを無料で診断する

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。