ミツモアロゴ

結婚式のカメラマンは持ち込み?式場専属?後悔しないカメラマン選び

結婚式のプロカメラマンを探す
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年09月17日
結婚式の持ち込みカメラマンの画像
一生に一度の結婚式、最高の写真を残したい! Photo by 高木 慎平

結婚式のスナップ撮影は本番勝負! 式場カメラマンか外注カメラマンかはよく考えて決定を!

「この表情!今までの人生で一番きれいに撮れてるなあ。ホント、持ち込みカメラマンにして大満足」と、結婚式の写真を眺めながら改めて思う沙良(仮名)さん。

沙良さんの場合、結婚式の式場選びやドレス選び、引き出物まではトントン拍子に決まったのに、結婚式のカメラマン選びで彼と大げんか。

新郎は、式場カメラマンでいいのでは?と譲らない。

理由は、式場側から「カメラマンは、当会場の専属カメラマンをおすすめします。現場に慣れていますし、お式の写真もベストなポジションから撮影しますよ。それに、もし持ち込みカメラマンの場合、持ち込み料が発生します」と、やんわりと“持ち込みカメラマン禁止”を言われたからだ。

それでも、沙良(仮名)さんは持ち込みカメラマンを希望。なぜかと言うと、次のような友人の言葉がひっかかったから。

「結婚式自体はとってもよかったのよ。でもね撮影写真は、はっきり言って後悔の一言よ。写真撮影は、持ち込みカメラマンが禁止だということで、深く考えもしないで式場カメラマンにお願いしたんだけど、出来あがりは“この人、本当にプロなの?”というショットばかり。お客さまの表情はさえないものばかりだし、新郎新婦の写真でさえ、ベストショットと呼べるものは少なかったのよね。やり直しができない結婚式だから、もっと時間をかけて、カメラマンを選ぶべきだったと後悔しているわ」

たとえ式場側に嫌な顔をされても、結婚式は自分たちのため。「式場専属のカメラマンの方々のスナップ写真のアルバムを見せてもらったんだけど、ほとんどの人の写真が古臭くてまったく気に入りませんでした。

しかも、どのカメラマンになるか、直前になるまで分からないと言われたんです。

だから、持ち込み料がかかっても、一生に一度の特別な日の2人の姿を残しておくために、おしゃれで明るい写真を撮れるカメラマンを選びたいと思ったんです」と沙良(仮名)さん。

持ち込みカメラマンと式場カメラマン。料金、撮影場所、撮影枚数で比べてみると…

結婚式の持ち込み撮影カメラマン
一生に一度の結婚式、とびっきりの笑顔を残せるかはカメラマンの腕次第! Photo by 瀬谷忠宏

では、持ち込みカメラマンと式場カメラマンとでは何が違うのか?メリット、デメリットは何なのか?

その違いを比べてみた。

①撮影料金

■式場カメラマン~相場20万円~50万円

■持ち込みカメラマン~相場5万円~20万円

式場カメラマンはとにかく撮影料金が高いのだ。なぜか?それは、結婚式場は、撮影業者に撮影を委託することで撮影業者から30%~50%もの高額なマージン料金を得ているから。たとえばある式場の場合、写真撮影(800カット)とアルバム(80カット)のセットで約30万円。一方、持ち込みカメラマンで同じようなセットを頼む場合、会社によって多少違いはあるものの10万円も出せば可能だ。つまり、写真撮影代金やアルバム代金に中間マージン料を上乗せするため撮影料金は予想以上に高額になってしまうということ。前述の沙良(仮名)さんの場合も、この話しに納得ができなかったことが、持ち込みカメラマンを検討するきっかけとなった。

さらに、「写真の出来のわりに、値段が高くて!!え~あの値段で、この程度のレベルなの??」と友人はショックと不満たらたらの様子。式場カメラマンは値段が高い分、期待してしまいがちだが、委託業者に在籍しているカメラマンの中からスケジュールで選ばれることが多いため、当たり外れがあるのは仕方ないこと。トップシーズンなどは、運が悪ければ撮影する当日が初仕事…なんていうカメラマンもいるかも。持ち込みカメラマンなら、カメラマン本人と入念な打ち合わせができるので、当日も安心。自分たちでも「おッ!」というようなベストショットをとらえてくれるかもしれない!

②撮影できる場所

■式場カメラマン~制限なし

■持ち込みカメラマン~挙式中は席からのみ。祭壇に入っての撮影禁止。立ち回りの禁止。メイク室の撮影禁止。三脚の使用禁止など制限あり

結婚式場のカメラマンなら制限なく動き回れるので、確かに持ち込みのカメラマンよりも記録を残すという意味ではメリットがあるのは確か。しかし、制限があってもなくても、写真の良さはカメラマンの腕次第ということをお忘れなく!もし、式場カメラマンのポートフォリオ(過去に撮影した写真のこと)を見せてもらって、写真が気に入って、その人を指名できるのであれば、全く問題はない。でも、ポートフォリオが気に入らない、指名ができない、などの場合は、撮影場所の制限があっても持ち込みカメラマンを検討すべきた。

③撮影枚数

■式場カメラマン~枚数制限あり。プランに沿った動きとなる。

■持ち込みカメラマン~枚数制限なし。ベストショットのためフットワークよく動ける。

結婚式場カメラマンの場合、プランによって枚数が決まっているのが普通でショットも定型通りで古臭いという声がある。持ち込みカメラマンの場合、撮影枚数に融通がきくのがメリット。ポイントは、事前の打ち合わせで希望にあった撮影プランをしっかり決めておくといい。

ここまでは一般的な式場カメラマン・持ち込みカメラマンの相場をお伝えしたが、「結婚式の写真撮影ぺージ」はミツモア内のカメラマンに関する情報を掲載している。

カメラマンが実際撮影した写真が見られる他、個々のカメラマンの撮影料金、結婚式写真は何にいくらかかるのか等が詳しくチェックでき、持ち込みカメラマンを検討している方が知りたい情報が網羅されている。

また、費用について詳しく知りたい方は結婚式のカメラマンの相場を知ろう!予算オーバーしないポイントの記事もおすすめである。

どんな部分で料金がプラスされてしまうかや、気を付けるポイントなどにフォーカスしている記事になっている。

結婚式の撮影に慣れているカメラマンってどうやって探すの?

結婚式の持ち込みカメラマンの撮影した画像
結婚式撮影に慣れた持ち込みカメラマンであれば、感動の一瞬を永遠に残すことができる Photo by cloud9foto

 知り合いや友人の結婚式でいいなと思ったカメラマンに頼む、という方もいるようだか、掲示板やウエディングサイトなど、ネットで探す方がイマドキ。

また、写真撮影は知人や友人に頼んで撮影代金を節約するカップルもいるが、後で後悔することにならないように。

なぜなら結婚式の写真は以下のように特別な環境での撮影になり、スナップ写真などとは大きく違うからだ。

  • 会場が暗めでブレやすい。
  • 結婚式の進行を理解していないとタイミングで撮り漏れる。
  • 撮る相手は撮られると思っていないので声掛けなどのテクが必要
  • ウエディングの装いが特殊

ぜひ、ウエディングの撮影を数多く経験しているカメラマンを選ぼう。重要なのは、そのカメラマンの撮った過去の写真(ポートフォリオという)を必ずチェックすること。自分の好みの写真を撮るカメラマンかどうか、自分の目で確かめるのがポイントだ。どこをチェックするかわからない人は、以下のポイントを見て!

  • 寄りのカットや引きのカットなどバリエーションが豊富
  • ポーズや表情が自然
  • このショット好きだなと、自分の好みと合う

多くのカメラマンの写真を見比べて、どんな写真が撮れるのかをキチンと確認したい。

そんな方には『結婚式の持ち込みカメラマン、渾身のおすすめ63選。相場もご紹介!』の記事もおすすめである。

地域ごとにカメラマンが写真と共に紹介されており、撮影料金・口コミも確認できる。

簡単にどんなカメラマンがいるか知りたい、自分の住んでいる所に対応してくれるカメラマンがいるか見たいという方は、ぜひ参考にしてみて欲しい。

気になるカメラマンの持ち込み料はいくらぐらいかかる?

持ち込みカメラマンを嫌がる式場は少なくない。マージンが入らないのだから当然だが、しかし持ち込みカメラマンを規制するのは違法。そのためにお客さんが離れてしまっては元も子もないので「持ち込み料」を払えば、持ち込みカメラマンを認める式場も多い。中には持ち込み料なしで、差別化を図っている会場もある。さて、持ち込み料の相場は、どのぐらいなのか?はっきりいって式場や会場によってまったく違う。良心的な式場では、持ち込み料がかからないところも多くある。あえて相場を言うなら東京都内では3万円程度。ただし有名式場なら10万円や40万円という所も。あまりにも高額な持ち込み料を要求される式場の場合は、そもそも持ち込みカメラマンはお断りと言っていると考えたほうがいい。

もし高額な持ち込み料を持ちかけられた場合は、式場との交渉に慣れている外部のカメラマンに聞いてみよう。持ち込み料を避けるための相談にのってくれる方もいるはずだ。

持ち込みカメラマンの料金の相場ってどれぐらい?

結婚式のビデオ撮影 カメラマン

結婚式というのは、意外と時間がかかる。そのため撮影する時間によって費用が変わってくる。また、地域や撮影するカメラマンの経験値によっても料金は変わる。スナップ写真撮影のみの場合は、以下がだいたいの相場だ。

  • メイクシーンから披露宴まで6時間程: 6~12万円前後
  • 挙式から披露宴まで4~5時間: 5~10万円前後
  • 挙式のみ、披露宴のみ: 3~5万円前後

カメラマンによっては割引サービスを設けていたりさまざま。ビデオ撮影やエンドロール作成などのオプションについても、対応してくれる方もいる。いずれにしても、カメラマンを選んだら、自分の残したい写真はどんなものかをじっくりと考えた上で納得のいくまで相談するのが大切だ。

さて、沙良(仮名)さんは、これらのメリット、デメリットを理解した上で、新郎を説得。持ち込みカメラマンに依頼した結果は…、友達にも家族にも「最高にきれいに撮れてる!」と大好評。本人も、「人生で最高の日に、最高の写真が撮れました」と大満足の結果となった。

ミツモアを使えば、質問への答えをクリックするだけであなたにぴったりのカメラマンやスタジオ、最大5社から見積もりが届きます。実績や口コミを比較することもでき安心です。無料で使えますので、希望通りの業者をミツモアで探して見てはいかがでしょうか

ミツモアで無料で見積もってみる