ミツモアメディア

棺に入れるものはどう選ぶべき?入れてはいけないものもチェック

最終更新日: 2022年09月15日

遺体と一緒に棺へ入れる副葬品について、選び方の基準をご存じでしょうか?副葬品を選ぶのは誰か、入れていけないものはあるか、といった知識を持っておくことは大切です。副葬品の概要と一緒に、考え方なども学んでいきましょう。

副葬品とは

棺に敷き詰められた花

副葬品として入れていいものには、どのようなものがあるのでしょうか。事前に申し出が必要となるケースもありますので、事前にチェックしておきましょう。

棺に入れる物品のこと

旅立つ故人へ送る手向けの品として、遺体と一緒に棺へ入れる物品を副葬品といいます。土葬の場合は土の中へと埋めることになりますが、火葬する場合は土の中ではなく、棺の中に入れるのが普通です。

日本以外でも副葬品という風習は存在しており、有名なものでいえばエジプトにあるピラミッドなどは、副葬品が多く埋められている場所です。

故人が生前好きだったものや愛用していたもの、縁のあるものが副葬品として、よく選ばれます。

事前の申し出が必要なケースも

遺体の体には医療行為の一環として、ペースメーカーが埋め込まれている場合があります。その際は火葬の前に、申し出をしなければいけません

地域によって申し出の細かい中身は違いますが、いずれにせよ申し出は義務づけられたものです。理由としては爆発など、不慮の事故を防ぐためとなっています。

ペースメーカー以外には、骨接ぎのためなどに入れられる金属プレートや義肢といったものも、申し出の対象となる点に注意しましょう。

棺に入れられるもの

棺には入れてよい副葬品と、そうでないものがあります。まず基本となる考え方から、どういったものを入れるといよいかを確認しましょう。

基本の考え方

副葬品として棺に入れるものは、燃えやすいものであるかどうかを基準に考えれば、失敗しにくいでしょう。基本的には故人が好きなもの、故人の人柄が表れるものを選ぶのが定番となっています。

遺族側の目線で副葬品を考えることもあります。たとえば故人が何かのコレクターであった場合は、収集物や関連する物品を副葬品として、棺に入れるケースは多いようです。

入れてあげたいものの例

よく選ばれるものとしては、嗜好品が多く挙げられます。故人の愛用品や好物、たとえば生前気に入っていた絵や、人形・食べ物などです

故人が喜びそうなものとしては他にも、お花や衣類もよいでしょう。これらは副葬品の定番といえる物品です。

また手紙も副葬品として多く選ばれています。故人が生前保管していたもの、あるいは残された側が、故人宛に書いた手紙などです。

棺に入れてはいけないもの

黒いリボンで束ねられた大量のノート

反対に棺に入れることがNGとされている副葬品とは、何でしょうか。例を挙げながら説明していきます。

基本の考え方

安全面や環境面を顧慮して、棺に入れてはいけないものがあります。金属類・ガラス類などは特に燃えにくく、溶けきらないまま、遺骨に傷をつけてしまうかもしれません

かつては土葬が多かったため、燃える燃えないはあまり重要視されていませんでした。しかし現代では火葬が主なため、燃えやすさが大事だといえます。

火葬炉の故障を招いたり、爆発や有毒なガスを発生させてしまったりする恐れもあります。そのような危険性を排除するためにも、事前に安全な副葬品かの確認は大事です。

入れてはいけないものの例

副葬品として本を入れたい場合、厚めの本は入れてはいけません。紙なので燃えるものと思われがちですが、厚さがあると燃えにくいからです。

またメガネや入れ歯なども、金属類であるため入れることができません。メガネのレンズは溶けたとしても、溶け残りのレンズが火葬炉に付着する恐れがあります。

革製品についても副葬品にしない方が無難でしょう。革を燃やすと有害物質が発生するケースがあり、副葬品として受け付けてもらえないことが、ほとんどです。

事前準備について

スーツ姿で白い手袋をしている男性

副葬品は事前に準備しておくと葬儀の進行がスムーズになります。誰がどのように準備し、いつ棺へ納めるのか、事前準備についてまとめました。

主に準備するのは遺族

副葬品の準備は基本的に遺族が行います。明確な決まりがあるわけではないため、友人や知人に、協力してもらうことも可能です。

副葬品として手紙を入れる場合、個別ではなく寄せ書きという形にするのも一つの手です。

手紙以外の副葬品でも、人手は多い方が準備にかかる時間が減って効率的になります。葬儀関係はただでさえやることが多く忙しくなりがちなため、協力してもらえる部分は協力してもらいましょう。

棺に納めるタイミング

副葬品を入れるタイミングに関しては、特に決まりがありません。出棺までの間にであればいつでも大丈夫です。

一般的には納棺の儀が行われている間か、あるいは出棺前のお花入れと併せて、副葬品を納めるケースが多く見られます

地域によっては棺のフタが閉められてから、釘打ちをすることもあるようですので、事前にタイミングを確認してから副葬品を入れましょう。

故人が好きだったものを入れてあげよう

百合越しに手を合わせる喪服姿の女性

副葬品は遺体と一緒に棺へ納める、大切なものです。故人の思い出が込められているものや、故人が好きだったものを選ぶことで、旅立ちの手向けとなります

入れてよいもの・入れてはいけないものをしっかり把握し、火葬の際にトラブルとならないように注意しましょう。

副葬品については、葬儀社に相談すると安心でしょう。一括見積もりサービスミツモアを利用すれば、信頼できる葬儀社を探すことができます。気になる葬儀社にはチャットで質問することができるため、親身に相談に乗ってくれる葬儀社に、葬儀を依頼することができるでしょう。

ミツモアで葬儀・お葬式を依頼する