ミツモアロゴ

年賀状に載せたくなる!おしゃれでユニークな家族の写真の撮り方

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年05月07日

「年賀状に家族写真や子供の写真を載せたいけど、せっかく撮るならおしゃれでユニークな家族写真を」という方も多いです。ちょっとしたアイデアで年賀状を受け取った人も幸せな気分になれる家族写真にしませんか?

家族写真を素敵に撮影するアイデアや家族写真を年賀状に載せる際の注意点、プロカメラマンに撮影を依頼する方法まで詳しく解説していきます。

年賀状に家族の写真を載せるのはアリ?

家族写真を年賀状に載せる
家族写真の年賀状

年賀状に家族写真や子供の写真を載せる方は多いのではないでしょうか。近況報告を伝える手段として写真付きの年賀状は良いですし、相手も喜ぶでしょう。

しかし、一方で家族写真や子供の写真を年賀状で載せるのは賛否両論あるので注意が必要です。

ほのぼのとした印象を与える家族写真

年賀状に写真を載せる場合、家族全員で撮った写真や子供の成長がわかる写真などほのぼのとした印象の写真がおすすめです。撮影するロケーションや構図などによってほのぼのとした家族写真を撮ることが可能です。

ほのぼのとした写真は受け取った方も見ているだけで幸せな気分になれるでしょう。

家族の写真を見たくない人も

家族の写真が載った年賀状をアリとしない方も中にはいます。未婚者や不妊で悩む方など様々な状況がありますので、家族写真を載せた年賀状を見るのは辛いという方や、あまり興味がないという方も中にはいます。

そういったことを考慮した上で、家族写真を載せた年賀状を送る際は気にしてみましょう。

相手によって使う写真やデザインを変えるのが吉

家族写真を載せた年賀状には賛否両論の意見があるため、年賀状を送る相手によって使う写真やデザインを変えてみるのも一つの方法です。

使う写真やデザインを変えるのは少々手間ですが、そういった配慮も必要でしょう。

家族写真のおすすめのロケーション4選

家族写真を撮影する時のロケーション
家族写真のロケーション

年賀状に載せるための家族写真は相手に近況報告をする、という意味もありますので、家族や子供の様子が伝わるような写真選びも重要です。家族写真を撮る際のおすすめのロケーションを4つご紹介しましょう。

①温かい感じが伝わる公園

自然な温かみのある写真を撮るなら公園がおすすめです。特に気候の良い季節やお天気のよい日に撮影すると良いでしょう。公園の木々の緑や空の青さの中の家族写真はより自然な雰囲気で見た目にも綺麗です。

お子さんと公園で遊びながら写真を撮ることで、写真がより自然体で、素敵な笑顔の写真が撮影できるでしょう。

②思い出たくさんの旅行

旅行好きの方には思い出の詰まった旅行の写真もおすすめです。非日常的な空間や場所で撮った写真での家族写真は思わぬ良さが出ることがあります。年賀状をもらった相手もその写真を見ることで想像力も膨らみ楽しめるでしょう。

③七五三や入学式などの節目

七五三や入学式などの節目
七五三写真の年賀状

お子さんの節目が重なる年の場合には、七五三や入学式などで撮った写真を年賀状に載せるのもおすすめです。節目の写真は特にお子さんの成長や健やかに育っていることを相手に伝えられるものです。

普段とは違う、少し緊張気味な写真も子供の写真ならではの可愛さが伝わります。

④日常を見せられる家

より自然体の写真を撮るなら、日常風景の写真もおすすめです。特に子供は自分の好きなことをしている時の表情がとても素敵なので、より自然体でリアリティーのある写真が撮れるでしょう。

おしゃれでユニークな家族写真のアイデア9つ

おしゃれでユニークな家族写真のアイデア9つ
おしゃれでユニークな家族写真のアイデア9つ

家族写真はおしゃれでユニークな写真の方が受け取った方も楽しい気分になれます。家族写真を撮る際のアイデアを9つご紹介しましょう。

①チームワークばっちりのペアルック

家族写真は家族全員でペアルックを着て撮れば、チームワークもバッチリで写真全体に統一感も出ます。洋服を完全に合わせる必要はなく、色や柄を揃えるだけでもよいでしょう。

例えば、白Tシャツにデニムの組み合わせやボーダーTシャツなどは気軽に揃えられるものなので人気です。

②家族みんなで同じポーズ

家族みんなで同じポーズの写真も楽しく撮れるでしょう。指で年号の数字を作ったり、手でハート型を作ったりするだけの簡単なポーズが良いでしょう。同じポーズをすることで、写真全体に統一感も出ますし、見ているだけでも楽しさが伝わります。

③背の順で並ぶのもアリ

家族写真は並び方も工夫してみましょう。身長の差がそれぞれある場合には、背の順で並ぶのもアリでしょう。横に並んで(小→大に)右上がりにした写真は縁起も良さそう。縦に並べば遠近感も出て新鮮な配置が楽しいでしょう。

④干支の仮装をしてみる

干支の仮装でユニークな家族写真
干支の仮装でユニークな家族写真

年賀状の写真に使うなら、その年の干支の仮装をした家族写真もユニークです。手作り感のあるお面や干支に合わせたメイクなどすることで、その年らしい年賀状の写真が撮れるでしょう。

⑤円陣で一体感をアピール

家族で円陣を組んで下からのアングルで撮った写真もおすすめです。あまりない構図ですし、家族の仲の良さも伝わるユニークなものが撮れるでしょう。

⑥同時にジャンプしてみよう

家族みんなでジャンプした写真もおすすめ
家族みんなでジャンプ

家族全員で同時にジャンプして、宙に浮いた写真もユニークです。楽しい掛け声でみんな一斉にジャンプすれば、自然と笑顔も出て素敵な写真になることでしょう。

⑦人文字で年号を作ってみる

人数によっては家族みんなで人文字で年号を作ってみるのも良いでしょう。家族の仲の良さも伝わりますし、チームワーク良い家族写真が見ていても楽しいです。

⑧紙に文字を書いて持つ

画用紙に新年の抱負や思い、メッセージなどを書いて持った写真もおすすめです。写真付き年賀状は手書きする部分が少ないため、写真上でその思いを表現しても良いです。家族一人一人の思いが伝わる良い写真になることでしょう。

⑨遠近法を使ってみよう

遠近法を使った家族写真もユニークなものが撮れるでしょう。例えば、お子さんを前方に、大人は後方に配置し、お子さんの広げた手に大人が乗るような遠近法の写真も面白いですね。

お子さんの写真がメインだけど、家族全員の様子を伝えられるユニークな写真になることでしょう。

家族写真を上手に撮るコツ

家族写真を上手に撮るコツ
家族写真を上手に撮るコツを紹介します!

家族写真を撮る際に気をつけることで、セルフ撮影でも上手に写真を撮ることは可能です。写真を上手に撮るためのコツをご紹介しましょう。

カメラを目線に合わせよう

家族写真を上手に撮るコツ
家族写真を上手に撮るコツ

家族写真を撮る際にはカメラを目線に合わせましょう。特に小さいお子さんがいる場合、全員の目線が同じ部分を向いている写真を撮るのは難しいです。カメラに何か集中して見れるような人形や飾りなどをつけておくことで、目線は集中しやすくなります。

明るい写真を撮ろう

家族写真は影になってしまったり、顔が暗く写ってしまうことは避けましょう。自然光を利用したり、温かみのある光の下で顔が明るく写る場所を選んで撮りましょう。

間接照明や暗い場所での撮影にはフラッシュやストロボを使って顔の表情が明るく写るようにしましょう。

セルフタイマーを使って最高の表情で写ろう

カメラのセルフタイマー機能を使えば、みんなでタイマーに合わせて数を数えたり、同じポーズをとることで自然と家族みんなの最高の表情が作れることでしょう。あまりに秒数を長くしてしまうとタイミングが合わず、目つぶりや目線が外れてしまうこともあるので、10秒以内がおすすめです。

年賀状の家族写真の注意点

年賀状の家族写真の注意点
年賀状の注意点

年賀状の家族写真を選ぶ際に気をつけたいこともあります。家族や子供の近況を伝える手段として、年賀状の家族写真に適したものを選びましょう。また、写真だけではなく手書きで一筆書くことで印象も変わります。

赤ちゃんであっても裸はNG

赤ちゃんの裸の写真はピュアでとても可愛いものです。しかし、年賀状に載せるのはNGです。相手を不快にさせてしまう場合もありますし、相手に届くまでに不特定多数の人の目に触れることもあります。

個人情報の流出や悪用されないためにも、年賀状の写真には赤ちゃんであっても裸の写真を選ぶのは避けましょう。

近況を気遣う手書きメッセージを添えると◎

家族写真の載った年賀状はそのまま出すよりも、受け取る相手によって近況を気遣う手書きメッセージを入れてあげた方が好感を持てるでしょう。手間はかかりますが、一言でも入れることで相手が持つ印象にも変化があります。

子供の写真はいつまで使っていい?

子供が成長するにあたり、徐々に家族写真を年賀状に載せることも少なくはなってきます。いつまで使っていいかなどの制限はありませんが、お子さんが嫌がらなければ大丈夫です。

人によってはお子さんの成長を年賀状で近況を見るのを毎年楽しみにしている方もいるので、年賀状に家族写真を載せるのは、できる限り続けていくことも良いでしょう。

家族写真をプロカメラマンに依頼

年賀状の家族写真をプロのカメラマンに依頼
プロのカメラマンに家族写真の撮影をお願いしてみる

年賀状に載せる写真をセルフで撮るのも良いですが、プロカメラマンに依頼して撮影してもらうのも良いでしょう。

デジカメやスマホで気軽に写真を撮れる時代ではありますが、セルフ写真には構図やアイデアなども限度が有りますし、プロカメラマンに撮ってもらうことでよりクオリティの高い素敵な家族写真が残せるでしょう。

家族写真をプロカメラマンに依頼したほうがいい理由

家族写真をプロカメラマンに依頼すれば、様々な構図やパターン、表情豊かな素敵な写真を残すことが可能です。プロカメラマンは自然な笑顔を引き出してくれて、撮影が進むにつれて家族のリラックス度も増し、より素敵な写真が撮れるでしょう。

また、セルフ撮影ですとどうしても撮影者が必要だったり、三脚を立ててセルフタイマー機能を使っての写真しか撮れないなどのデメリットもありますが、プロカメラマンに依頼することで解消でき、『記念』に残る写真になることでしょう。

プロカメラマンに撮影依頼した場合の価格相場

家族写真をプロカメラマンに依頼する場合の価格相場は気になりますよね。専門のスタジオで撮影するのか、出張撮影にするのかによっても料金は異なります。

また、写真カット数や撮影データの納品方法などによっても多少前後しますが、¥20,000~¥50,000が相場です。

出張撮影による交通費、写真のレタッチの有無によって費用が加算される場合もありますので、依頼する際に細かいところまで見積もりを提示してもらうようにしましょう。

ミツモアでカメラマンの撮影を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは日本最大級のカメラマン登録数を誇っています。それぞれの撮影に特化したカメラマンや地域でのご紹介が可能ですので、カメラマンの撮影はミツモアに依頼してみてください。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数のカメラマンに無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりを参考に、より条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りのカメラマンがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

年賀状の家族写真の撮影をプロのカメラマンに依頼するなら是非ミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアでカメラマンに年賀状の家族写真の見積もりを依頼する >>