水道の元栓が固い!水が止まらない場合の対処法とは?

ぴったりの水漏れ修理業者をさがす
最終更新日: 2022年06月13日

しばらく使用していなかった水道の元栓は、ひねっても固くて回らないことがあります。

しかし慌てて自分で修理することは控えるべきです。

固くなる原因や修理してはいけない理由、困ったときの対処法について解説します。

水道の元栓が固くなってしまう主な原因

元栓はどこにあるのでしょうか。

戸建住宅の場合はたいてい玄関付近のメーターボックスの中、もしくは裏口や庭でみつけられます。

集合住宅では、玄関の横にある扉にメーターボックスが収納されているでしょう。

久しぶりに動かそうとする水道の元栓は、固くて回せない場合があります。なぜこのような不具合が生じるのでしょうか。

長年放置されたことに対する劣化

元栓の内側に備え付けられたゴムパッキンは、経年劣化で破損することがあります。

そうなると「スピンドル」という給水ハンドル回転させる部分に破片が混ざり、固くなってしまうのです。

ゴムパッキンは、平均して10年程で寿命を迎えるといわれています。定期的に交換するように心がけておきましょう。

それ以外にもナットの変形により、元栓が固まってしまう場合があります。長期間備え付けられていることで形が変わり、スムーズに回転しなくなってしまうのです。

さび・汚れの蓄積による固着

金属でできた元栓を覆う水気は、さびにつながります。内部にさびが生じることで、元栓の動きに不具合が起こってしまうことがあるのです。

元栓の各部に汚れや異物が入り込むこともあります。回転部分に混入することで固まってしまう場合もあるのです。

さびや汚れによるトラブルは、定期的に掃除をすることで防げます。こまめに手入れをしておくことが大切です。

水道の元栓は自分で修理NG?その理由とは

元栓が固くなってしまったからといって、自力で解決しようとすることは正しい対処法ではありません。

あなたが家主でも、自分で修理することは控えるべきです。

どうして自分で対処してはいけないのでしょうか。その理由を説明します。

所有者と管理者が違うため

浄水場で作られ、配水管によって届けられる上水は、配水管につなげた給水管を通して住宅に流れていきます。

そして元栓や水道メーターは、給水管に設置されているものです。

水道法によれば、「給水装置(配水管につながった部分から住宅の蛇口まで)」の所有者は、水道メーターを除いて、建物所有者になります。つまり元栓そのものは建物所有者のものです。

しかし同じく水道法によれば、元栓を管理する権限は、建物所有者にはありません。

管理者が異なり個人に権限がない以上、自分で元栓を勝手に修理したり手を加えたりすることは禁止されているのです。

参考:水道のしくみと管理区分|入間市公式ホームページ

<元栓と止水栓の違い>

「元栓」「止水栓」どちらも、水のトラブルが起きたときによく耳にする言葉です。両者はどう違うのでしょうか?

元栓は建物全体の水の流れを管理する栓で、止水栓はキッチンや洗面所、浴室、トイレなど各水回りの水の流れを管理する栓です。

建物全体の水を止めたいときには元栓を、一部だけ止めたいときは止めたい場所の止水栓を閉めます。

上水を広範囲に届けるために、地域の地下には配水管が設置されています。建物で水を利用するために、配水管から水を引く給水管に設置されているのが元栓です。

つまり元栓を閉めると、建物全ての蛇口から水が出なくなります。

元栓は水道の事業者が管理している

水道メーター以外の給水装置は建物所有者の所有物であり、そのため元栓も建物所有者のものですが、元栓を管理しているのは水道の事業者、つまり水道局になります。

元栓は建物全体への水の流れを、止水栓は建物各部での水の流れを、それぞれコントロールするものです。元栓は、止水栓よりもはるかに大量の水流に影響を与えます。

元栓は、素人が安易に操作すべきではないことから、公的機関が管理することとしているのです。

元栓より宅地側に異常があるときはプロに相談を

水回りを点検する業者

元栓のトラブルは勝手に対処できません。

しかしトラブルの場所が元栓より宅地側にあって、自分で修理してよい部分であっても、できるだけ専門業者に相談することをおすすめします。

知識と経験が豊富なプロに頼めば、確実な修理が期待でき、問題も解消するでしょう。

各部品の交換費用平均価格

止水栓のゴムパッキンをはじめとする各部品の交換費用は、9,000~10,000円程度が相場です。

スピンドルの交換はやや金額が上がり13,000円前後でしょう。

「できるだけ費用を抑えながら、安心して依頼したい」と考えるならば、ネットで優良業者が探せる「ミツモア」をおすすめします。

必要事項を2分ほど入力するだけで、希望する業者が簡単に見つかるプラットフォームです。

その魅力は最大5件の見積もりを一括で取り寄せられる点にあります。各社の工事内容や費用を比較しながら、しっかりと業者を選べるので安心です。

ミツモアで水漏れ修理を依頼する

工事費やサービスの内容をしっかりチェック

業者に修理を依頼する場合は、費用はもちろん、サービスなどについても十分に確認しておきましょう。そのためには、はやり見積もりを比較することが重要です。

場合によっては出張料を請求されることがありますが、近場の業者では無料の場合もあります。また使用する部品によって値段が異なるケースも考えられるのです。

満足のいく業者に依頼するためには、見積もりを細かくチェックすることが大切です。アフターフォローの有無なども忘れずに聞いておきましょう。

水道の元栓トラブルは相談先に注意

水道の点検をする業者

水回りのリフォームなどを行う場合、水の流れを止める必要があります。そのためには、元栓や止水栓を閉めて水が流れないようにします。

ただし元栓にトラブルが生じていたときは、安易に自分で対処してはいけません。管理者である水道局に一報をいれ、相談すべきであることを知っておきましょう。

一方で止水栓は各家庭で対処可能です。水回りの故障は水漏れなど大きな被害につながるおそれがあるため、専門業者に相談することが望ましいでしょう。

ミツモアで水漏れ修理の依頼をしよう

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアなら、水道の水漏れトラブルに強い専門業者を簡単に見つけることができますよ。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで水漏れ修理を依頼する