ミツモアメディア

東京で石油ファンヒーターを処分するには。自治体以外の方法も紹介

最終更新日: 2022年07月13日

石油ファンヒーターを東京で処分する場合、どのような方法があるのでしょうか。まずは粗大ごみとしての出し方や、注意点を紹介します。加えてフリマアプリやリサイクルショップなどで売る方法や、不用品回収業者に依頼する方法も、チェックしましょう。

東京都で石油ファンヒーターを処分する方法

石油ファンヒーター

東京都で石油ファンヒーターを処分する際は、粗大ごみの回収を申し込むのが一般的です。粗大ごみとして出す場合には、どのような手順で手続きするのでしょうか。

一般的には粗大ごみとして処分

自治体(区)によってサイズに違いはありますが、東京都では一辺の長さが「30cm」以上のものを捨てる場合、粗大ごみとして出さなければいけません。石油ファンヒーターの多くは30cm以上あるため、粗大ごみに該当します

処分にかかる費用も以下の通り、自治体ごとにさまざまです。

  • 墨田区:800円
  • 新宿区:10kg以下400円・10kg超800円
  • 目黒区:600円

また一度に処分できる粗大ごみの量に、制限を設けている自治体もあるため、複数の不用品とまとめて処分を検討している場合には、注意が必要です。あらかじめ自治体ホームページなどで確認しておくと、スムーズに処分できます。

粗大ごみの出し方

粗大ごみを出す手順は、どの自治体でもほぼ同じで以下の通りです。

  1. 電話やインターネットで申し込む
  2. 粗大ごみシールの購入
  3. 粗大ごみシールを石油ファンヒーターに貼る
  4. 指定の日時に回収場所へ出す

回収場所へ出すに当たり、高齢者や体が不自由な人で、粗大ごみの運び出しが難しい場合は、運び出しを依頼できる自治体もあります。

また自治体によっては、粗大ごみを自分でごみ処理施設に持ち込むことも可能です。中には持ち込むと処分にかかる費用が、安くなる自治体もあるため、費用を安く抑えたい場合に検討するとよいでしょう。

石油ファンヒーターを処分する際の注意点

石油ファンヒーター

石油ファンヒーターの燃料は灯油です。そのため使い切れなかった灯油が、タンク内に残っているケースもあるでしょう。安全に処分するには、灯油タンクを空にしなければいけません。また乾電池も抜いて別々に処分します。

灯油が残ったまま処分をしない

灯油がタンクの中に残ったままの石油ファンヒーターは、指定された日に粗大ごみとして出しても回収されません。タンク内に灯油が残っているなら、あらかじめ空にしておきます

まだ新しく劣化していない灯油であれば、石油ファンヒーターをつけて使い切ってもよいでしょう。劣化している灯油の場合には、異常燃焼や一酸化炭素発生の可能性があるため、使わずに処分しなければいけません。

灯油を処分する方法

使い切れなかった灯油は、ごく少量であれば紙で吸い取り、可燃ごみとして捨てられる自治体もあります。

量が多い場合は、ガソリンスタンドに回収を依頼するとよいでしょう。料金が必要なケースもあるため、事前に確認しておくと安心です。

また灯油を川や土壌などに流す方法は、法律で禁止されています。適切な方法で処分しましょう。

関連記事:その捨て方は危険かも?灯油の正しい処分方法!|ミツモア

乾電池を抜いておく

石油ファンヒーターに入っている乾電池も、抜いておかなければいけません。入ったままになっていると、誤作動で石油ファンヒーターが作動する恐れがあるためです。

使い切っている乾電池なら、自治体が指定する方法で処分すればOKです。自治体が設置している回収ボックスに入れておけば、回収してくれる自治体が多いでしょう。

回収ボックスへ入れる際には、セロハンテープやビニールテープなどを両極に貼り、電流が流れない状態にします。

石油ファンヒーターの自治体以外の処分方法

石油ファンヒーター

自治体の粗大ごみとして出す以外にも、石油ファンヒーターの処分方法はさまざまです。新しい機種なら売れる可能性があり、買い替えなら下取りに出せることもあります。他に不用品回収業者を利用する方法もあります。

フリマアプリやオークションサイトに出品

「フリマアプリ」や「オークションサイト」に出品すると、工夫次第では希望価格で売れる可能性があります。写真や文章を工夫し、石油ファンヒーターの状態を正確に伝えると、買い手がつきやすいでしょう。

本体の状態はもちろん、説明書などの付属品の有無も含めて記載するのが、ポイントです。

高く売れやすい方法ですが、その分買い手とのやり取り・梱包・発送などを、全て自分でやる必要があり、手間がかかります。

リサイクルショップに持ち込む

手軽に売るなら「リサイクルショップ」の買い取りを利用してもよいでしょう。

ただし買い取りの対象となるのは、製造年が新しく、状態が良好なものに限られます。長年使った石油ファンヒーターは、買い取りの対象外です。

また石油ファンヒーターは季節商品のため、需要の高まる冬が来る前に持ち込むと、高く売れやすい傾向があります

関連記事:石油ファンヒーターの処分方法は?5つの方法と注意点を紹介|買取価格を上げるには|ミツモア

家電量販店で下取りをしてもらう

買い替えで石油ファンヒーターを処分するなら、「家電量販店」の下取りも検討するとよいでしょう。下取りに出せば、新しい石油ファンヒーターが届けられるタイミングで、古い石油ファンヒーターを引き渡せます

また下取り料金は対象商品の購入により、無料になる場合もあれば、数千円が必要なケースもあります。家電量販店ごとに異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

不用品回収業者に依頼をする

不用品回収業者に依頼する方法もあります。他の方法と比べ料金は高額になりますが、土日祝日に依頼できる業者も多くあります。灯油の処分も同時におこなってくれる不用品回収業者もあるので、手間が省けて便利です。

また即日対応可能な業者もあるため、すぐに処分したいと考えている場合にも向いています。石油ファンヒーター以外の不用品が多くある場合は、まとめて回収を依頼できるのもメリットです。

関連記事:東京の不用品回収業者おすすめ12選【口コミ・費用で比較】|ミツモア

不用品回収業者に依頼するには

不用品回収業者

信頼できる不用品回収業者に依頼するためには、相見積もりを取り複数の業者を比較するとよいでしょう。料金はもちろん、対応の丁寧さについても比べ、納得のいく業者に依頼するのがポイントです。

複数の業者を比較しよう

不用品回収業者の中には高額請求をしたり、回収した不用品を不法投棄したりする、悪徳業者もいます。そのような業者を見分け、信頼できる業者に依頼するには、複数業者の比較が欠かせません。

関連記事:優良な不用品回収業者の選び方|確認すべきポイントや悪徳業者の特徴|ミツモア

料金や対応を比べるには見積もりを取得し、比較するとよいでしょう。分かりやすい見積もりを発行し、内容について説明がある業者なら、安心して任せられます。

ミツモアを使うと簡単な質問に答えるだけで、最大5件の見積もりを取得可能です。チャットのやり取りで対応についても確認できるため、効率的に不用品回収業者を探せます。

ミツモアで不用品回収業者に依頼する

正しいルールで石油ファンヒーターを処分

石油ファンヒーター

東京都で石油ファンヒーターを処分するには、粗大ごみとして出すのが一般的です。電話やインターネットで申し込み、粗大ごみシールを購入して貼ったら、指定の日時に回収場所へ出します。

このとき灯油を空にし、乾電池を抜いてから出さなければ、回収されない点に要注意です。また比較的新しい石油ファンヒーターなら、フリマアプリやリサイクルショップで売れるかもしれません。

買い替えのタイミングで処分するなら、新しい石油ファンヒーターを購入する家電量販店の、下取りサービスを利用するのも一つの方法です。不用品回収業者に依頼してもよいでしょう。

ミツモアで不用品回収業者に依頼しよう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアは地域のプロを探せる一括見積もり依頼サービスです。お近くの不用品回収業者をミツモアで探してみませんか?

簡単!2分でプロを探せる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。

パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積もりが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

不用品回収業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収業者に依頼する