ミツモアメディア

大阪市で冷蔵庫を処分したい。処分方法と回収業者に依頼する際の注意

最終更新日: 2022年01月25日

引っ越しの際や家電の買い替え時には、今ある家電を処分する必要があります。特に冷蔵庫は大型家電となり、燃えないごみの日に捨てるわけにもいきません。

この記事では大阪市で冷蔵庫を処分する方法や処分する際の注意点を紹介します。

冷蔵庫の処分方法とは?

冷蔵庫の処分方法

冷蔵庫を大阪市で処分する際、不燃ごみや粗大ごみで処分することはできません。では、どのように処分すればよいのでしょうか?正しい処分方法を紹介します。

粗大ごみに出すのはNG

大阪市では冷蔵庫は粗大ごみとして処分できません。なぜなら家電リサイクル法によって冷蔵庫などの一部家電は、リサイクルが義務づけられているからです。

家電リサイクル法は処分する家電の中に含まれている資材をリサイクルし、有効活用を促すために制定されました。冷蔵庫だけでなく、テレビやエアコンなども家電リサイクル法の対象品目です。

他にも洗濯機や衣類乾燥機なども粗大ごみではなく、家電リサイクル法に則って処分する必要があります。

いらなくなった冷蔵庫の回収は自治体がするのではなく、家電リサイクル法で定められた機関が実施することになっているのです。

参考:家電リサイクル法 (特定家庭用機器再商品化法)|METI/経済産業省

リサイクルに出す必要がある

家電リサイクル法で指定された家電は、リサイクルに出す必要があります。その場合、リサイクル料金と家電を回収・運搬する費用が発生するルールです。

冷蔵庫のリサイクル料金はメーカーや大きさによって料金が異なります。170Lが料金の変わる境目で、170L以下の冷蔵庫であれば3,700円程度です。それより大きくなると1,000円ほど加算されます。

家電の運搬料金は回収業者によって異なりますが、2,000~3,000円程見ておきましょう。

参考:家電4品目の「正しい処分」早わかり!|家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)|経済産業省

以下の記事では冷蔵庫の状態ごとに適した処分方法の解説や、それぞれにかかる費用の比較もしているので、参考にしてみてください。

関連記事:冷蔵庫の処分方法7つ:回収・家電量販店への持ち込みの費用はいくら?|ミツモア

大阪市で冷蔵庫を処分する方法

大阪府大阪市 地図

大阪市では不用になった冷蔵庫の収集や運搬はしていません。

家電リサイクル法に則った適切な手順で処分する必要があります。大阪市で冷蔵庫を処分する方法を紹介します。

冷蔵庫の処分方法①:家電量販店など購入先で処分してもらう

冷蔵庫を処分する主なタイミングといえば、多くの場合で買い替えが発生したときでしょう。家電量販店で新しい冷蔵庫を購入するなら、そのお店で古い冷蔵庫を引き取ってもらえます。

リサイクル料金と回収・運搬料金は必要になりますが、手軽に処分できる方法です。

また買い替えではなく単純に処分する際は、冷蔵庫を購入した販売店に引き取ってもらうとよいでしょう。

家電リサイクル法では、家電を販売した小売店はリサイクルの要求に応じる義務があると定めています。

参考:家電リサイクル法上の小売業者の義務等について|経済産業省商務情報政策局情報産業課環境リサイクル室
環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室 

冷蔵庫の処分方法②:指定取引場所に持ち込む

冷蔵庫を購入した店を覚えていない場合やその店が閉店してしまった場合などは、指定取引場所に持ち込みましょう。

リサイクル料金を支払う必要があるため、まずは処分する冷蔵庫のリサイクル料金を知る必要があります。料金が分からない場合は、家電リサイクル券センターに連絡し、料金を確認しましょう。

2019年10月1日時点の料金は以下の通りです。

  • 冷蔵庫・冷凍庫(170L以下) :3,740円
  • 冷蔵庫・冷凍庫(171L以上): 4,730円

費用を確認したら郵便局にある「家電リサイクル券」に必要事項を記入し、リサイクル料金を振り込みます。

最後は入手した家電リサイクル券と共に、指定された取引場所に持ち込めば処分完了です。

参考:家電リサイクル法対象品目の出し方|大阪市 

持ち込む場所は?

自身で持ち込む場合は、大阪市が指定した場所に運ぶ必要があります。大阪市では主に運輸業者の倉庫や事務所、流通センターが取引場所として指定されています。

あらかじめ家電リサイクル券センターのホームページから、指定取引場所を確認しておきましょう。なお、自分で持ち込む場合は運搬料金はかかりません。

▽ここから指定取引場所を検索することができます。

指定引取場所のご案内|一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

冷蔵庫の処分方法③:不用品回収業者に依頼する

大型の冷蔵庫を自力で回収場所まで持っていくのには労力が必要です。部屋から大きな荷物を運び出すのは、体力や時間もかかります。運搬には軽トラックが必要になる場合もあり、冷蔵庫をしっかり荷台に固定しなければなりません。

これらの作業を自力でできない場合は、不用品回収に必要な営業許可を取得している業者に回収を依頼するのがおすすめです。運び出しから行ってくれるので、自分で運搬する必要がなくラクですよ。

大阪市の「一般廃棄物(ごみ)収集運搬業許可」を取得している指定業者に運搬を依頼する場合は、処分するためのリサイクル料金と運搬料金が必要です。リユース前提で不用品を回収してくれる「古物商許可」を取った業者の場合は、業者側の営業に必要な経費などを踏まえて各自設定された回収料金を支払います。

業者を選定する際は、相見積もりが有効です。見積書の金額とサービス内容を比較し、検討しましょう。

ミツモアの一括見積依頼サービスを利用すれば、一度の見積依頼で複数社から見積書を取得できます。相見積もりの手間を省くためにも、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事:大阪市の不用品回収業者おすすめ12選【口コミ・費用で 比較】

ミツモアで不用品回収を依頼する

まだ使える冷蔵庫なら売却も検討しよう

まだ使える冷蔵庫は処分するだけでなく、売却して手放す方法もあります。リサイクル処理以外の処分方法を紹介します。

冷蔵庫の売却方法①:リサイクルショップに持ち込む

まだ利用できる冷蔵庫は、リサイクルショップに買い取ってもらえる場合があります。

そのまま処分するとリサイクル料金等が発生しますが、買い取ってもらえれば処分料金がかからないだけでなく、プラスでお金を受け取れるのが魅力です。

リサイクルショップによっては、冷蔵庫を自宅まで回収しに来てくれます。しかし自分でショップに持ち込まないといけない店もあるため、事前に確認しましょう。

いくらで買い取ってくれるのかは、冷蔵庫のメーカーや型番などが分かれば電話でおおよその料金を教えてくれるショップもあります。

その際は、型番などが分かる書類(取扱説明書など)を準備しておくとスムーズです。

また、冷蔵庫の故障や傷の有無などが聞かれることも多いでしょう。

冷蔵庫の売却方法②:フリマアプリなどで売却

リサイクルショップだけでなく、フリマアプリを活用するのも1つの手段です。

サイトに支払う手数料などが発生しますが、売れればリサイクル料金を支払わずに処分できます。

また有名なフリマアプリは閲覧者数も多いためたくさんの人の目にとまり、取引が成立する可能性が高くなります。

地元に強い広告掲示板などを利用すれば、金額を安くする代わりに、自宅まで引き取りにきてもらうなどの交渉も可能です。

冷蔵庫の写真を撮ったり紹介文を書いたりする手間はかかりますが、自宅で手軽にできる処分方法といえます。

不用品回収業者に依頼する場合の注意点

注意するポイント

不用品回収業者に依頼する場合、一なるべく条件のよいところに依頼したいものです。しかし中には魅力的な言葉を並べて冷蔵庫を回収しようとする悪徳業者もいるため、注意しましょう。

回収業者に依頼する際の注意点を紹介します。

無許可の回収業者は選ばない

回収業者の中には、無許可で回収を実施しているところもあります。違法に回収する業者は、不法投棄や不適切な処理をする可能性が高いものです。

これらの行為は環境破壊につながり、誤って依頼するとその片棒を担いでしまうことになりかねません。場合によっては高額な請求をされたり、追加で料金を支払うよう迫られたりするおそれもあります

町内を大音量で巡回する業者や、チラシを配布する業者には気をつけましょう。空き地で許可なく回収する業者も要注意です。

参考:廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください!|環境省

「無料」という広告には要注意

冷蔵庫の無料回収を掲げた業者には依頼しないようにしましょう。

回収は無料であっても、高額な運搬費や別項目の料金などを請求される可能性があるからです。

このような悪徳業者は、他の業者に比べ数倍の値段で運搬費を請求してきます。

また無料で回収する代わりに、冷蔵庫から有用な部品だけを抜き取り他は不法投棄するおそれもあります。

家電リサイクル法は、家電を処分する際は責任を持ってリサイクルすることを義務づけた法律です。無料という言葉につられて、安易に回収を任せないようにしましょう。

冷蔵庫は処分方法を確認して捨てよう

冷蔵庫の処分

大阪市で冷蔵庫を処分する際は、粗大ごみに出すことはできません。家電リサイクル法により、リサイクル処理が必要になるからです。

リサイクルする際は郵便局で家電リサイクル券を購入し、指定の取引場所に持って行きます。運搬が難しい場合は、指定業者に依頼しましょう。

リサイクル料金はメーカーによって異なります。あらかじめ家電リサイクル券センターのホームページで金額を確認するとよいでしょう。

業者に回収を依頼する際は、悪徳業者に依頼しないよう注意します。適切な業者に任せ、しっかりリサイクルしましょう。

ミツモアで不用品回収業者に依頼しよう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアでプロを探してみよう!

ミツモアは地域のプロを探せるお仕事マッチングサイトです!

お近くの不用品回収のプロをミツモアで探してみませんか?

簡単!2分でプロを探せる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。

パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積もりが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

不用品回収をプロに依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収を依頼する