ミツモアメディア

メタルラックを処分するには?処分方法と業者の選び方を紹介

最終更新日: 2021年11月05日

引っ越しなどで古い家具を整理している際に、メタルラックの処分方法に頭を悩ませる方がいらっしゃるのではないでしょうか。ここではメタルラックの捨て方を紹介します。

メタルラックは何ゴミで出す?

タブレットを見る女性

メタルラックは金属製で大きいため、何のゴミとして出せばいいのか悩む人もいるでしょう。まずは何ゴミとして出せばいいのか、分類を紹介します。

基本的には粗大ゴミ

メタルラックは粗大ゴミとして処分する地域が大半です。自治体によっては、不燃ゴミや資源ゴミで処分できます。自分が住んでいる自治体のHPを、必ず確認しましょう。

細かく解体できれば不燃ゴミとして安く処分することが可能です。ただ、工具に慣れてない人は作業中にケガをする恐れがあります。解体に不慣れな方にはあまりおすすめできません。

自治体や購入店で処分する場合

不用品の処分

自治体や購入店でメタルラックを処分してもらう場合、どのような手順を踏むのか、手続きや流れを紹介します。

粗大ごみとして捨てる

自治体では主に粗大ゴミとして回収してもらうことができます。回収方法や費用は自治体によって多少異なりますが、多くの自治体は同じような手順で処分することができます。

自分が住んでいる地域の自治体がどういった回収方法なのか、HPなどでしっかりと確認しましょう。

処分の手順
電話かHPから粗大ゴミ受付センターへ申し込む。
ゴミを出す日時の予約や、いくら分の粗大ゴミ処理券が必要かの見積もりを出してもらう。

※サイズによって料金が変わるため、あらかじめ家具のサイズを計っておくと〇。

③スーパーやコンビニで指定された金額分の粗大ゴミ処理券を買う。
④購入した処理券に氏名などの必要事項を書く。
⑤粗大ゴミの回収日に、ラックに処理券を貼って、指定の場所までもっていく。

購入店で回収してもらう場合

一部の家具販売店では不要になった家具を引き取るサービスを行っています。

例えば、ニトリでは新しい家具が配送された際に、古い家具を引き取ってもらえます。ただし、新しい家具と同数量、または同容量の物限定です。金額は1回の配送につき、3,000~4,000円かかります。

新品の家具を自宅に届けてもらうタイミングで引き取ってもらえるため、自分で処分する手間が省けます。新しく購入した家具とは別で費用がかかる場合もあるので、しっかり確認しましょう。

買い取りを利用する場合

買い取り業者

買い取りはネットオークションとリサイクルショップの2種類の方法があります。メリット・デメリットを把握したうえで、メタルラックを処分する際に利用しましょう。

ネットオークションに出品する

フリマアプリやネットオークションに出品する方法があります。購入希望者が多い場合、思わぬ値が付くこともあるでしょう。スマホから気軽に出品できるのも便利です。

メタルラックの写真を撮ったら、説明文や販売価格、商品の状態、発送までの期間などの必要な項目を埋めて出品します。ほしがっている人がいれば売買が成立するでしょう。

ただしネットオークションでは、落札者とのやり取りでトラブルが発生する場合があります。また、取引に関する手続きや事務作業が面倒で、入金までに時間がかかるのがデメリットです。

リサイクルショップに買い取ってもらう

状態がよく売り物として価値があれば、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。

ただし壊れていたり、さびがひどいものだったりする場合は、買い取りを断られるケースも少なくありません。

中には、使えるパーツを回収してくれる業者もあります。判断がつかない場合や不明な点があるときは、業者に相談しましょう。

リサイクルショップで大型の家具や家電を買い取りしてもらいたいときは、出張買い取りが便利です。ショップによっては自宅まで引き取りに来てくれます。買い取り条件などは店舗によって変わるため、事前に問い合わせして見積もりを頼みましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品を運ぶトラック

回収業者は自宅まで不用品を取りに来てくれるため、非常に便利です。しかし中には悪徳な業者も存在します。しっかりと見極めて、業者に依頼しましょう。

不用品回収業者のメリット・デメリット

メリットは最短で即日に取りに来てくれることです。自治体では回収できないものを依頼できるのも魅力です。

デメリットは処分費用や処分手数料が高くなってしまうことです。

また、不用品を不法投棄される、見積もりと異なる金額を請求されるといった悪徳業者によるトラブルも後を絶ちません。

無許可の廃棄物回収業者に依頼すると法律に違反してしまう可能性があります。自治体のHPを見ると許可を得ている業者かどうか確認できます。不用品回収業者に依頼する際は、確認するようにしましょう。

回収までの流れ

不要になったメタルラックを処分したいと思ったら、まずは不用品回収業者のHPを確認します。見積もりは訪問か電話で行われるケースが大半です。

正確な料金を知りたい場合には、訪問見積もりを頼みましょう。見積もりはどの業者も無料で行っています。提示料金に納得ができない場合には断ることが重要です。

訪問見積もりの場合は、料金に納得がいけばその場ですぐに回収してもらえます。

電話見積もりの場合は、指定日に業者が回収しに来ます。

支払いにクレジットカードを利用できる業者とできない業者があるため、HPなどをよく確認しましょう。

回収業者の相場

回収業者に依頼した場合の料金は業者によって異なりますが、一般的には10,000円以内程度で回収してもらえることが多いようです。

メタルラックの大きさが大きいほど費用が高くなるのが一般的です。そのほかにも時期や地域、賃貸なら何階にあるかなどで、費用が変わる場合があります。

回収業者選びのポイント

回収業者を選ぶ際は「一般廃棄物集運搬業許可」を持っているかを確認しましょう。

これは自治体からの許可を得ている証です。この許可を取得せずに営業している業者は違法業者となります。取得している業者は、自治体のHPに取得済みと表示されています。

また優良業者は価格設定がわかりやすく表示されています。HPを見て料金体系が明示されていない、一見して料金がわかりにくい場合は、依頼を避けた方が賢明です。

相場より著しく異なる料金が設定されていないかも確認しましょう。高い場合も問題ですが、安すぎる場合も後で価格を上乗せされたり、不法投棄などを行っていたりする可能性があります。適切な料金設定が組まれているかは、業者を選ぶうえで非常に重要な項目になります。

参考:一般廃棄物収集運搬業許可業者一覧(渋谷区)

関連記事:優良な不用品回収業者の選び方|確認すべきポイントや悪徳業者の特徴|ミツモア

相見積もりはミツモアがおすすめ

悪徳業者を見抜き、よりお得なふ業者を選ぶには、複数の業者から見積もりを取るのが良いでしょう。業者同士の値段やサービスの内容を比較しながら、1番良い業者を選べます。

相見積もりを簡単に取れるサービスに「ミツモア」があります。登録している業者数も多く、自宅近くの業者から見積もりを取ることが可能です。

見積もりを取る際にも手間がかかりません。業者選びに迷っているなら、ミツモアのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで不用品回収業者を探す

メタルラックは適切に処分しよう

okのプラカードを持つ女性

メタルラックは基本的に粗大ゴミとして処分しましょう。粗大ゴミ受付センターに依頼すれば、解体せずにそのまま出すことができます。

回収業者に依頼すれば自宅に取りに来てくれるため、簡単に処分できます。その際、相見積もりを取って業者の料金やサービスを比較し、より良い業者を選ぶことで処分にかかる費用を安く抑えられるでしょう。

ミツモアで信頼できる不用品回収業者を見つけよう

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

信頼できる不用品回収業者を選ぶためには、営業許可や料金体系、評判などを確認し、複数の業者から見積もりをとることが大切であることを説明してきました。

とはいえ、居住地の周りで営業している業者を探して、1つ1つ検討するのはとても大変ですよね。

地域のお仕事の見積もりプラットフォーム「ミツモア」では、複数業者からの見積もりも、料金体系や評判の確認も一気にできちゃいます。ぜひ一度見積もってみてはいかがでしょうか?

無料で最大5件の見積もりが比較できる

複数の業者から見積もりを取ったほうが安心とはいえ、1件ずつ連絡をして同じ条件を伝えるのは大変な手間がかかりますよね。

ミツモアなら、1回サイト上で条件を入力して依頼を出すだけで、最大5件の不用品回収業者から見積もりが届きます

入力した条件に合う業者からピックアップされるので、効率的に業者を探すことができますよ。

業者と事前にチャットでやり取りできる

見積もりをもらった業者とは、ミツモア内のチャット機能を使ってやり取りができます。

条件入力では伝えきれなかった細かな要望を相談したり、見積もりの内訳で不明瞭な部分を質問したりできるので、認識違いによるトラブルを防げます。

事前のやり取りを通して、対応が丁寧かどうかもわかるので安心ですね。

口コミで評判が確認できる

不用品回収業者が過去にミツモアで引き受けた案件に対する口コミを確認することができます。

過去に対応した事例や、利用したお客様の満足度がわかるので、選ぶときの参考になるでしょう。

ミツモアで不用品回収業者を探す