ミツモアロゴ

売れる!商品撮影3つのコツ~ライティング、背景、カメラ設定の極意

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年07月19日

商品写真、広告写真の撮影をメインに活動していますカメラマンのMphotoです。

今回は商品撮影のコツについて、ライティング、背景、カメラの設定を中心にわかりやすく解説させていただきます。

売れる商品写真には、プロのテクニックが凝縮されています。プロ並みの機材や撮影セットが使われているから?と、思われるかもしれませんが、自宅でも再現は可能です。

手軽にスマホでも商品撮影をするポイントや商品アイテム別のコツ、モデルと平置きの違いなど「売れる」商品撮影のコツを余すことなく伝授いたします!

商品撮影のコツ1)照明の当て方

商品撮影 セッティング
一番大きなライティングは太陽!

ここでのライティングはこの世界で一番大きな照明を使います。

それはずばり太陽です。

プロの商品撮影のライティングはストロボや定常光など、人工のライトを使って撮影しますが、それは細かい調整をするためです。

クライアントの要望に応えるためには必要な作業ですが、ここでは太陽光のみで撮りたいと思います。

コツを抑えておけば、雑貨やパッケージなど様々なものが太陽光で撮れます。

LEDのライト、例えばスタンドライトやシーリングライトまたはスポットライトなどで、太陽光と同じ色もしくは似たような色があれば使っても構いません。ただし、影が二つ出ないようにしましょう。

※光には色があり、違う色の光を混ぜるのは基本的にNGです。光の色を混ぜないことも、商品撮影のテクニックの一つです。

基本1.商品撮影のライティング「自然光の当て方」

商品撮影 照明の当て方
①前面から照明と内臓ストロボを当てた例  ②斜め後ろから自然光を当てた photo by Mphoto
① 悪い例 ② 良い例
  1. 照明を前からあてる
  2. スマホ内臓ストロボを当てる
  3. 色温度の違う光をミックスする
  1. 自然光は斜め後ろからあてる
  2. 写真全体が明るくなる
  3. 三面の明るさがすべて違う

基本的に商品撮影の照明「自然光」の当て方は前からではなく、斜め後ろくらいから当てましょう。

① 悪い例

①写真のように前から光を当てると、全体に光が均等にあたりフラットな印象になります。さらには前からの光は被写体の後ろに影を落とします。この影は内臓ストロボで撮っているように人工的で、まるで暗い場所で撮影しているような印象になります。

さらには①はiphoneのライトを使って色温度をミックスしています。

前からライトをあてると、フラットになっていて四角い形がよくわかりませんね。色温度も違う光をミックスしているので、光の色がバラバラになり色が安定していません。太陽光は白に対してiphoneのライトは黄色っぽいですね。

② 良い例

②の写真は太陽光一発で撮りました。。色が安定し形がよくわかります。影の流す方向は、被写体の後ろではなく、前斜めに流します。

後ろの方から光をあてることで写真全体が明るくなります。そして木箱の見えている三面がすべて違う明るさになっているのもポイントです。

上面が一番明るく、前面は二番目に明るく、側面が暗く落ちている。この明るさの違いが、見ただけで形を伝えるということです。

これが商品撮影の光の方向とあて方です。

基本2.商品撮影にかかせないディフューザーとレフ版の使い方

ディフューザーの役割
①ディフューザーなし 影が濃い  ②ディフューザーあり 影が柔らかくなる photo by Mphoto

①ディフューザー

続いてはディフューザーとレフ版です。ディフューザーとは、拡散版のことです。

ディフューザーは光の前にかざして光を均等に拡散させることで光を柔らかくします。光が柔らかいということは影も柔らかくなるということです。

今回の撮影セットで使うのは窓についたレースのカーテンです。

①はカーテンなしで撮影。影が濃く写ります。

②はレースのカーテンを閉めて撮影しました。カーテンは光を弱めてくれます。

ただ側面が暗すぎると感じた場合はレフ版などで抑えましょう。

※補助光として、白熱電球や白色蛍光灯の色が太陽光と似ている場合は使っても大丈夫です。その場合はトレーシングペーパーなどのディフューザーを使って光の固さを調整し、影が二つにならないようにしましょう。

②レフ版

さらに前面をレフ版で抑えると、前面が明るくなった。
③レフ版で抑えると、前面が明るくなった。

前面をレフ版で抑えると、前面が明るくなりました。

このようにして影の固さを調整することが大切です。

ちなみにレフ版はなんでもいいです。自分はハレパネを使って適当な大きさに切りました。それだけです。

上からレフ版を撮った写真。光を跳ね返し調節するための道具。
上からレフ版を撮った写真。光を跳ね返し調節するための道具。

自分はこのようにハレパネを切って、自立するようにしました。これはダンボールに紙を貼っても同じです。紙は白ければなんでもいいです。

コピー紙をダンボールに貼り付けてもいいし、紙ではなくアルミホイルでもOK。アルミホイルの場合はより固い光を反射させることができます。

また黒い紙を貼って、光を回らなくさせる(光を切る)こともできます。影を濃くして陰影を調整するのです。

レフ版を含めた詳しいセッティング方法については後述します。

基本3.商品撮影のライティングで反射を抑える方法

パッケージの反射を抑える撮影
①側面が反射している  ②側面の反射がない photo by Mphoto
パッケージの反射を抑えるポイント

  • 商品はラウンドしている部分が反射しやすいので、ラウンド面にあてない。
  • 商品はなるべく平らになるようにする。
  • 商品とカメラの位置を動かし、光の方向を変える。

続いては商品撮影のライティングで反射を抑える方法ですが、ここではパッケージの俯瞰撮影を想定します。

パッケージは大体クシャッとなっていて乱反射を起こしやすいものです。白い筋のような光がたくさん入っているとパッケージ写真として美しくないですよね。

それに大事なラベルの一部分が光ってしまって文字が読めないなんてこともあります。商品撮影の照明の当て方一つで、劇的に反射を抑えることができます。

 ①の写真のようにラウンド面にライティングを直接あてると、そのラウンド部分が光ってしまいます。ですのでラウンド面に直接あてずに上からあてます。

ここでは照明を動かすのではなく商品をくるくる回します。テカらないところを探しましょう。

②の写真はテカリが消えて商品の中身がみやすくなりました。

ディフューザーをつかい反射の強さを抑え、光をラウンドさせないことが反射を抑えるコツです。

さらに詳しくは、商品撮影のライティング記事でご紹介しています。

参考:【商品撮影のライティング】照明、レフ版、ディフューザーの当て方!

商品撮影のコツ2)背景の選択とセッティング方法

商品撮影 白バック
商品撮影の基本は白い背景

物撮りの基本の背景は白です。白は商品の色や形をわかりやすくみせてくれます。

ではその白をどのようにセットすればいいのか、お話しします。壁とテーブルを利用して、簡単にセットが作れますよ!

まず背景色についてです。

商品撮影の背景色は白、黒、グレーなどがありますが、基本は白にしましょう。白い背景で撮った商品撮影は基本であり、わかりやすいので。

次に素材を選びます。素材は紙、木目、布、アクリル版があります。一つづつ見ていきましょう。

背景の選択と素材

背景の素材
①紙(左上) ②木目(右上) ③布(左下) ④アクリル板(右下)
1.紙 100円ショップで売っている紙でOK 。
2.木目 白い木目調の背景素材。ホームセンターに壁紙として売っています。
3.布 布はドレープなどを入れると高級感を演出。ジュエリー向き。
4.アクリル板 鏡のように反射して、清涼感が出ます。

さらに詳しい解説は物撮り背景の記事でご紹介しています。

参考:物撮り背景は白がいい?紙、布、100均シートで作る撮影セッティング

背景のセッティング方法

簡単セット風景。
簡単セット風景。

さて、背景の素材を選んだら次はセッティング方法です。ここでは紙を選択しました。

まず窓からの大きな光が半逆光になるような位置にセットします。

ポイントは白壁でなるべく囲むことです。右壁と背景壁も白ですので光が回って全体が明るくなります。

窓はディフューザーになるカーテンをかけて光を柔らかくしています。

紙はセットペーパーを使いました。

紙を持ち上げて壁に貼り、アールをつくる。
紙を持ち上げて壁に貼り、アールをつくる。

このセットペーパーはロール状になっていてとても長いです。その紙を持ち上げてカーブを作り、壁に白いテープで貼り付ければアールの背景の出来上がりです。

高さがなければアールにする必要はありませんが、後ろの壁は被写体に色を被せてきます。木箱の上面に特に影響があるので、念のためアールにしておきました。

※バッグなど高さがある商品はアールにしたほうがよいかもしれません。

そしてレフ版を置きます。これで光の調整も可能です。

レフ版は、木箱の前面を調整するために置いた。
レフ版は、木箱の前面を調整するために置いた。

商品撮影に重要なアングル(角度)

アングルを決めたら三脚で狙う。
アングルを決めたら三脚で狙う。
アングルのポイント

  • 斜俯瞰が人の目線の角度
  • 歪みをなくすためにズームで撮影
  • 三脚を使う

商品撮影のセットが完了したらアングルを決めましょう。アングルの基本は斜俯瞰です。人が物を見るときの一般的な角度といえると思います。

アングルが決まったら、三脚を立てて安定した撮影をしましょう。

商品を大きく見せたい場合はローアングルで撮影してもいいかもしれません。ただこの木箱の場合はローアングルだと上面が見えなくなります。やはり箱ものは三面が見えた方がいいので斜俯瞰で撮りました。

そして自然光の商品撮影は光量が弱い場合があります。しかし光量が弱く暗いからといってF値を下げるのではなく、F値は大きくして(F11〜F16くらい)絞り込み、シャッタースピードで光量を取り込んで明るさを調整します。仮にシャッタースピードが2分の1くらいになってしまうと、ブレずに手持ちの撮影は厳しいので三脚が必須なのです。

商品の歪みをなくすため、ズームで撮影するのが基本ですが、ズームで撮影するとフォーカスを合わせた部分以外のボカしが強くなります。そのため、F値が開放(2.8や4などレンズの最小F値のことを開放といいます)に近くなればなるほど、さらにボケが激しくなり商品に隈なくピントがきていない状態になります。

従って商品に隈なくピントがきている状態にするためには、F値を11〜16まで絞り込む必要があります。

絞りの説明(補足)

F値の数値を大きくすることを絞り込むといいます。レンズ自体を前からのぞいてみると、F値が大きい時は、レンズ羽根の穴が小さくなっているはずです。その絞り込んだ状態の時は、ピントが手前から奥まできます。それをパンフォーカスといいます。

やはり商品はパンフォーカス、つまり手前から奥までピントがきている状態が基本です。

ですので、ズームでF値を11〜16くらいにしてシャッタースピードもしくはISOで明るさを調節しましょう。

商品画像の背景の作り方はこちらの記事から

参考:売れる商品画像の作り方・白い背景とシンプルなデザインがいい理由

商品撮影のコツ3)カメラの選択と設定方法

iphoneとコンデジ(canon.S120)
iphoneとコンデジ(canon.S120)

カメラはiphone?コンデジ?一眼レフ?あなたはどれをお使いになりますか。

それぞれに異なる注意点やメリットがあります。設定方法や仕組みを理解することも撮影には大切なことです。

【スマホ・コンデジ・一眼レフの設定】

スマホ コンデジ 一眼レフ
F値 オート  11or16
露出補正 オート
(タッチパネルをスライド)
プラス0.3 マニュアル
ISO感度 オート 100 100
ホワイトバランス オート 太陽、またはオート 太陽、またはオート
シャッタースピード オート スロー(1/2等) スロー(1秒等)

自分にとって最適なカメラを選びましょう。

ここからはカメラごとに見ていきます。まずはスマホから!

スマホ撮影の設定と注意点

【スマホ撮影のポイント】

  • フラッシュは発光禁止
  • グリッド表示させておく
  • セルフタイマーを使ってブレを防ぐ
  • 色調フィルターはなし
  • 三脚を使って固定する
  • HDRも切る

スマホはマニュアルで操作はできません。タッチパネルで操作します。

タッチパネルを押した箇所が適度な明るさになるように露出補正してくれますので、アングル等が決まって三脚で固定したら、露出を決めましょう。機種によっては、タッチパネルをスライドで露出の調整ができます。試してみましょう。

グリッドを出して置くと水平が撮りやすいです。

iphone7スマホ画面のスクリーンショット。タッチパネルを長押しして露出がロックされた状態。
iphone7スマホ画面のスクリーンショット。タッチパネルを長押しして露出がロックされた状態。

商品が正方形で撮れる場合は、スクエアモードで撮ることをおすすめします。

色調フィルターは「なし」をおすすめします。それは色のコントラストを抑え、後から加工がしやすい色調を確保しておくためです。

コンデジ撮影の設定と注意点

かなり使い込んだcanon.S120。
かなり使い込んだcanon.S120。

canonのs120を例にあげてみます。

【コンデジの撮影のポイント】

  • なるべくズームで撮る。コンデジの場合あまりズームしすぎると画質が落ちるので適度に。
  • イメージセンサーが小さいので、余白は多めに作らない。(あとからトリミングしても画質が落ちるだけ)
  • オートではなくマニュアルで撮る。どうしてもオートの場合は露出補正は+にする。
  • 三脚を据えてスローシャッターで撮る。
  • セルフタイマーを使ってブレを防ぐ。
  • フラッシュは発光禁止
  • ホワイトバランスはオートか太陽光
  • ISO感度100

 コンデジはイメージセンサーが小さいです。となるとISOを上げてもすぐにノイズが出てしまいます。ですので感度は100でスローシャッターを使いましょう。

その時セルフタイマーを使うと、ブレを防ぐことができます。意外とシャッターを押した衝撃でブレてしまうことがあるので注意が必要です。

コンデジでもきっちり撮れば綺麗に仕上げることができます。

広角で近づいて撮影すると商品が遠近法でゆがむので、なるべく離れてズームで撮りましょう

一眼カメラの設定と注意点

やはり安定の一眼レフ。
やはり安定の一眼レフ。
【一眼レフ撮影のポイント】

  • なるべくズームで撮る。一眼レフの場合は画像サイズが大きいので、あとからトリミングも可能。
  • イメージセンサーが大きいので、ISOもある程度あげて大丈夫
  • オートではなくマニュアルで撮る。どうしてもオートの場合は露出補正は+にする。
  • 三脚を据えてスローシャッターで撮る。
  • セルフタイマーを使ってブレを防ぐ。
  • ホワイトバランスはオートか太陽光
  • F11〜16くらいまで絞り込む。

基本的な考え方はコンデジと同じですが、やはり画像に余裕があるので安心感があります。F値も16くらいまで絞れば、パンフォーカスで撮ることができます。

商品撮影は光の反射や角度が、少しズレただけで全く違う印象になります。商品撮影の機材の準備として三脚はもちろんのこと、ブロアーや白いテープなどを用意しておきましょう。

 三脚は必須アイテム。
 三脚は必須アイテム。

商品別の撮影テクニック【服、小物、アクセサリー】

それでは商品ごとのコツをみていきましょう。

ここからは応用編です。

基本は白バックですが、ここでは白に限らず商品イメージが伝わりやすいような背景を取り入れました。

洋服、小物、アクセサリーなど使用イメージが伝わるような写真にしていきましょう。

ポイントごとに紹介していきますね。

洋服

イメージは海。あえて影を濃く。着用感を出した服のラインがポイント。バックはレンガ風の壁紙にした。
イメージは海。あえて影を濃く。着用感を出した服のラインがポイント。バックはレンガ風の壁紙にした。
【洋服の商品撮影のポイント】

  • アイロンをかけて折りジワをなくす。
  • 服のラインを作り、着ている時をイメージさせる。
  • 小物を入れて商品のイメージを伝える。
  • いいシワを入れる。シワの影は濃くしてのっぺりさせない。
  • 実はフェルトをいれて洋服に膨らみを出している
  • 平置きは全体的にピントがいきやすいので、開放気味に撮っても大丈夫。

さらに詳しい洋服撮影のコツはこちらの記事でどうぞ

参考:アパレルの撮影で商品を魅力的に撮るコツ!モデルと平置きで解説!
参考:フリマ映え!洋服の写真のおしゃれな撮り方・スマホアプリの加工方法

アクセサリー

白い布で撮影。高級感を演出した。
白い布で撮影。高級感を演出した。
【アクセサリー撮影のポイント】

  • 布にドレープをつけて撮影。
  • ホワイトワックスで指輪を立てる
  • 焦点距離120mm+クロップで撮影。写り込み防止と、パンフォーカスで撮るため。
  • レフ版の代わりに鏡を使い、リングと宝石部分にテカリを入れた。
アクセサリー撮影のもっと詳しい解説はこちらから

時計

本当は10時12分32秒で撮るのがベストだが、電波時計のため諦めた。。。
本当は10時12分32秒で撮るのがベストだが、電波時計のため諦めた。。。
【時計撮影のポイント】

  • 針金を丸めて腕時計の中に仕込む。丸みをだすため。
  • なるべく白で囲み。余計な写り込みを消す。
  • 文字盤は反射するので注意が必要。あえて丸く切ったグレー紙を写り込ませた
  • 針は重ならないように撮る。

腕時計の写真撮影のコツはこちらの記事から

参考:カッコよく撮る!腕時計写真の撮り方~スマホでインスタ映えのコツ

化粧品

化粧品は明るく清潔感のあるイメージで。
【化粧品撮影のポイント】

  • 化粧品は写り込む素材を使っていることが多いので、なるべく白で囲む
  • 半透明のボトルの場合は背景が白が基本
  • アクリル板などに写り込ませると、化粧品のイメージがでやすい

化粧品撮影のコツはこちらの記事から

参考:化粧品の写真の撮り方をプロが伝授!インスタ映えの3法則小物

小物

めがねのイメージ。
【小物撮影のポイント】

  • 小物は使用するシーンを想起させるようなイメージで作りこむ。
  • 基本的なライティングの考え方は同じです。
  • 白バックでわかりやすく商品を撮るのか、木目や小物をいれて演出するのかは色々試してみてくださいね。

化粧品撮影のコツはこちらの記事から

参考:小物を可愛くオシャレに撮影するコツ3つ!小道具&背景で決める!

モデル、トルソー、平置き撮影の見せ方の違い

洋服の商品撮影はバリエーションがあります。それがモデル、トルソー、平置きです。

どれも洋服の良さを伝えるための写真ですが、見せ方に違いがあります。その違いを理解しておくと、商品をどのように撮ればいいのかが決まってきます。

モデル

スーツのモデル写真。
スーツのモデル写真。
【洋服の商品撮影のポイント】

  • モデル写真は使用シーンを想定しやすい。
  • 憧れや理想をイメージできる。
  • モデルの雰囲気に左右されることがある。
  • ターゲットや商品に合っているモデルを選ぶ必要がある。
トルソー
スーツのトルソー写真。
スーツのトルソー写真。
【トルソー撮影のポイント】

  • トルソーは無機質だからこそ、実際の形や柄に焦点をあてて表現できる。
  • モデルの雰囲気に左右されないのもメリット。
  • トルソーは演出しづらい。背景は白かグレーか黒かといったシンプルなものが合う。
  • シチュエーションはイメージしづらい。

平置き

平置き写真。
平置き写真。
【平置き撮影のポイント】

  • 平置きは演出しやすい。小物や小道具を入れることができる。
  • 魅力ある「物」としての購買意欲を誘いやすい
  • 実際に着ているときの形がわかりづらい。

 このようにそれぞれにメリットとデメリットがありますので、商品やターゲットにあった撮影を選択する必要があります。

洋服、アパレル関係の記事はこちらから

参考:アパレルの撮影で商品を魅力的に撮るコツ!モデルと平置きで解説! >>

参考:【置き画】撮り方3つのコツ!背景とスタイリング、光で決めよう! >>

商品撮影の料金相場

商品撮影の料金相場は?
商品撮影の料金相場は?

商品撮影の料金相場は、どこにどのように頼むかで大きく変わります。

撮影の代行業者に委託するのか、写真スタジオに持ち込むのか、商品撮影のカメラマンに頼むのかで変わってきます。

当然カメラマンの拘束時間やカット数、データで受け渡すのかプリントして受け渡すのかによっても変わってきます。

商品撮影・物撮りの価格分布

32,400

標準

21,100

リーズナブル

55,200

プレミアム

大まかな価格変動の要素の例↓

  • キリヌキ撮影なのかイメージ撮影なのか
  • 小道具はレンタルなのかどうか
  • アパレル撮影などでスタイリストはつけるのかどうか
  • 完全にお任せにする
  • その場で自分も確認したい
  • 出張しにきてほしい
  • スタジオに自分が行きたい
  • 外スタジオをレンタルするのかどうか

など、様々なケースがあると思います。

商品撮影を代行業者に委託する

商品を送って撮影をしてもらうのが代行業者です。商品1点の撮影価格が抑えられて、低価格でスピーディーな撮影をしてもらうことが可能です。

撮影に立ち会えないことが多いので、商品のイメージが正確に伝わるか、撮影者との綿密なコミュニケーションが必要となります。商品を送付しただけで、撮影をお任せしてしまうとイメージから離れて仕上がってしまうことがあります。

写真スタジオに持ち込んで商品撮影

物撮り専門の写真スタジオも多く存在します。

そこでは1カットでいくらといった計算方法もありますが、1時間いくらといった料金プランもあります。

実際に商品を持ち込んで撮影してもらえば、その場で商品イメージの確認もできますし、カメラマンと話しながら進めることも可能です。

イメージにこだわりがある方には、直にやりとり出来るほうがいいかもしれませんね。

商品撮影のプロカメラマンを探す

スタジオで探すのではなくカメラマンを探す方法もあります。

カメラマンによってはスタジオを持っていたり、ロケーションでの撮影が得意だったり、自然光撮影やストロボ撮影など、

様々な得意分野があります。

自分の商品イメージを伝えて、密にやりとりができるのも特徴かもしれません。

商品撮影を専門とするカメラマンを探すならこちらから

参考:商品撮影おすすめカメラマン50選!料金相場も一挙ご紹介!

ミツモアでカメラマンの撮影を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアは日本最大級のカメラマン登録数を誇るお仕事マッチングサイトです。それぞれの撮影に特化したカメラマンを地域で絞ってマッチングすることが可能です。カメラマンの撮影依頼はミツモアで見積もり依頼してみましょう。

簡単!2分で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数のカメラマンから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのカメラマンがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

商品撮影のプロカメラマンに依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

この記事を執筆いただいたカメラマン

Mphoto - 東京都武蔵野市吉祥寺本町

商品撮影をメインとして、広告写真を撮っています。 ポスター、カタログ、パンフレット、webなど媒体は様々ですが、最近は自然光の料理撮影が多いです。 よろしくお願いします。
ミツモアでプロを探す