ミツモアロゴ
ミツモアメディア

個人事業主が口座開設するべき理由とおススメの銀行をご紹介!

最終更新日: 2019年12月17日

個人事業主は個人名義口座でも屋号付き口座でも取引を行うことが可能です。しかし、公私同一の個人名義通常口座を使い続けるか、屋号付き口座の開設をするか、お悩みの個人事業主の方も多いのではないでしょうか。この記事では、口座のプライベートとの使い分けや屋号付き口座にするメリット、手続きについてご説明しています。様々なメリットを受けられるので、この記事をお読みいただき、是非とも屋号付き口座の開設をご検討ください。

この記事を監修した税理士

アテンド会計事務所 - 神奈川県横浜市西区

 
ミツモアでプロを探す

個人事業主は業務用とプライベート用で使い分けるべき?

口座を使い分けるメリットは?

通帳について、個人事業主だからそこまで厳密に考えていなかったという方もいるかもしれません。しかし、業務用とプライベート用の口座を分けた方がメリットが多くあることをご存知でしょうか?例えば、もっとも大きなメリットは「確定申告が楽になる」ということです。ではなぜ確定申告が関係あるのか、ご説明していきます。

口座を使い分けると資金繰りがわかりやすくなる

まず挙げられるメリットは、業務用とプライベート用の口座を分けておくことで、その事業に関するお金の流れのみが業務用口座内に蓄積するというものです。これによって、あとで口座を見たときに資金繰りが非常にわかりやすくなります。

しかし、継続的に事業を行うにあたっては、もっと大きなメリットがありますので見ていきましょう。

帳簿作成の時間が短縮できる

確定申告における作業時間の短縮は大きなメリットです。確定申告では、事業で発生した収入や経費を申告します。

そのため、事業とプライベートをひとつの通帳で管理していると、確定申告のときにひとつずつ「これはプライベートの出費」「こっちは仕事の出費」といったように切り分けて行く必要が出てくるのです。

長期にわたって蓄積した情報をあとで見て、何の支払いだったかわからないことも出てくるでしょう。

しかし、業務用口座として別に開設しておけばどれが仕事用なのかが一目瞭然なので、確定申告のときの確認工数がグッと抑えられる上、間違いも少なくなるのです。

個人事業主が屋号付き銀行口座を開設する理由とは?

口座を分けるメリットは?
屋号付き銀行口座にするとどんなメリットが?

「屋号付き銀行口座」、意識したことがありますでしょうか。

業務用であれば個人名義の口座でも問題ないのでは?とお思いかもしれませんが、実は自分の会社名である「屋号」が入った口座を持っている方がメリットが多いのです。

この項目では、なぜ屋号付き銀行口座を開設した方良いのかということについて解説していきます。

取引先からの信用度が増す

顔見知りで特定の顧客とやり取りする場合は、さほど問題にはならないと思いますが事業をしていれば様々な顧客と仕事をしていくことになるでしょう。

そんなとき、入金口座として個人名の口座を指定された場合、不安に思う顧客も少なからず存在します。

しかし、屋号付き口座であれば、口座名に屋号(店の名前)が掲載されているため、安心感と信頼感を与えることができるのです。

顧客に不安を抱かせない

あなたがもし、ネットショップなどを経営しているといった場合、特定の得意先だけを相手にするわけではありません。得意先だけでなく、不特定多数の顧客から振込や入金があると思います。

このとき、振込先が個人名のみの口座だと顧客からすれば不安を抱いてしまいかねません。

そんな時、屋号付き口座を使っていると店舗名も載っていることから安心感を与えることができるのです。

事業別に分けることができる

もし複数の事業を行なっている場合でも、屋号付き口座を開設しておけば、事業ごとに口座を分けることも可能になってくるので、切り分けはさらに便利になってきます。

また「事業用の通帳」となると、通帳の保管が法律で義務付けられていますので意識も変わってくることでしょう。

屋号入り銀行口座を開設できるおすすめ銀行【8選】

譲渡所得のまとめを説明する女性
おすすめ銀行の比較をしよう!

個人事業主が屋号入りの銀行口座を開設するにあたっておすすめの銀行を8つご紹介します。(※この情報は2019年11月現在のものです)

銀行名 持ち物 手数料 銀行の特徴
ゆうちょ銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類 

5万円未満203円/5万円以上417円 屋号のみで開設可能

唯一の振替口座

三井住友銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類

・同行:110円(同一支店は無料)

・他行:3万円未満275円/3万円以上220円

ネットバンキング可能

メガバンクの安心感

三菱東京UFJ銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類 

・同行:110円(同一支店は無料)

・他行:3万円未満275円/3万円以上440円

メガバンクの安心感
りそな銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類 

りそなグループ4銀行のATM手数料無料

(時間外110円)

メガバンクの安心感

同一名義で2つの口座を開設可能

ジャパンネット銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類 

・同行:55円

・他行:3万円未満176円/3万円以上275円

24時間取引可能

振込手数料が安い

楽天銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類 

・同行:52円

・他行:3万円未満168円/3万円以上262円

24時間取引可能

振込手数料が安い

GMOあおぞらネット銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類

・同行:無料

・他行:3万円未満166円/3万円以上61円

24時間取引可能

振込手数料が安い

住信SBI銀行 本人確認書類

事業実態の確認書類

・同行:50円

・他行:3万円未満160円/3万円以上250円

24時間取引可能

振込手数料が安い

屋号口座の開設に必要な書類は、主に4種類に分類されます。①本人確認書類、②個人事業主の確認書類、③屋号を使って営業していることが確認できる書類、④印鑑です。それぞれどのような書類が該当するか見ていきましょう。どの銀行でも必要になってくる本人確認書類には下記のようなものが挙げられます。

①本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真とQRコードの印字があるもの)
  • 印鑑証明書
  • 住民票の写し

上記のうちいずれか1点というところが多いので、確認して準備するようにしてください。

②個人事業主の確認書類

  • 個人事業の開業・廃業届(控えの原本かコピーかは銀行により異なるので注意)
  • 青色申告承認申請書
  • 確定申告書
  • 個人事業開始申告書
  • 国税・地方税の納税証明書 等

③屋号を使って営業していることが確認できる書類

  • 所得税や地方税の納税証明書または領収証
  • 事務所などの賃貸契約書
  • 水道代や電気代などの公共料金の領収書
  • 所得税や住民税の確定申告書控え 等

④印鑑

書類ではありませんが、口座開設の際にはほぼ間違いなく必要とされる持ち物が印鑑になります。シャチハタ不可の場合が多いので確認が必要です。

上記の必要書類でおおよそ開設可能ですが、各銀行で必要書類の詳細は異なりますので口座開設を行う銀行に事前に確認しましょう。

個人事業主の口座開設や節税対策は税理士に相談しよう!

自分に合う銀行を!

個人事業主が業務用口座を開設するのは、準備資料を見ても決して難しい話ではありません。しかし、銀行によっては開業届が必要であったり、確定申告書の控えが2年分必要であったりと面倒な部分も多々あります。事務仕事が苦手な人だと思った以上に時間を取られることになるでしょう。

そこで面倒な書類集めや口座開設を依頼したいときは税理士に相談しましょう!

口座開設はもちろん、確定申告などの税務処理、日々の節税対策まで税のプロにお任せするととても心強いですよ!

監修税理士からのコメント

アテンド会計事務所 - 神奈川県横浜市西区

最近では金融機関によって屋号付きの口座開設ができにくくなっていますが、個人名口座よりも屋号付き口座の方が圧倒的に取引先への信用度が高まります。 少しでもメリットを享受するためにも、是非屋号付きの口座開設にチャレンジください。
ミツモアでプロを探す

ミツモアで税理士を探そう!

ミツモアでプロを探してみよう!
ミツモアで税理士を探そう!

税理士とのお付き合いは、そのときだけのものではなく、長期間に渡るものです。だからこそ、費用だけでなく、相性や対応の誠実さも、事前に十分に確認しておきたいですね。

そんな税理士選びにおすすめなのが、全国の税理士が登録しているマッチングサイト「ミツモア」です。地域と依頼したい内容に応じて、まずは見積もりが確認できます。その後、メッセージでのやりとりで担当業務の範囲やオプションなどを確認できるので、面談するのと同じように、税理士の人柄が見えてきます。

簡単!2分で税理士を探せる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。

パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、税理士より最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった税理士を探してみましょう。税理士によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

依頼内容に合う税理士がみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

税理士に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで見積もってみる

この記事を監修した税理士

アテンド会計事務所 - 神奈川県横浜市西区

横浜駅徒歩2分に事務所を構える税理士の藤井光樹と申します。 主に会社設立される企業様やベンチャー企業様をワンストップで支援する会計事務所です。 決算業務のほか、会社設立登記や創業融資支援、管理業務フローの支援などお気軽にご相談ください。
ミツモアでプロを探す