ミツモアメディア

お別れ会とは?葬儀・告別式との違いと開催のポイントを解説

最終更新日: 2022年09月15日

近年では著名人に限らず一般の人が亡くなった際も、お別れ会を開催するケースが多く見受けられます。しかし頻繁にある出来事ではなく、最初は必要な準備が分からないものです。お別れ会を開催するまでの準備や当日の流れ、抑えるべきポイントを解説します。

お別れ会とは

花が多く置かれている祭壇

近年よく耳にするようになった「お別れ会」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。まずはお別れ会の概要、および葬儀・告別式との違いを解説します。

故人に別れを告げる場

お別れ会は葬儀の後に、故人の知人・友人、関係者が集まって別れを告げる場です。家族葬や密葬では、参列者が一部の人に限られるため、故人にゆかりのある人が別れを告げる場が、葬儀とは別に用意されるわけです。故人を偲ぶことから「偲ぶ会」とも呼ばれます。

お別れ会を開催するに当たっては、特に宗教的な縛りはありません。型にはまらず自由な形で故人を見送れるため、参加者は心の区切りを付けやすい点がメリットです。故人の人柄や、性格に合ったお別れ会を開催するとよいでしょう。

葬儀・告別式との違い

お別れ会は葬儀・告別式とは異なります。葬儀は故人の冥福を祈るための儀式です。宗教別に形式は異なり、例えば仏式葬儀では僧侶がお経を読み上げます。

告別式は葬儀と同じ日に執り行われるのが一般的で、参列者が故人に別れを告げる場です。葬儀と告別式は連続して行われるため、実際には区別が付けにくいかもしれません。

葬儀・告別式とお別れ会の最大の違いは自由度にあります。葬儀・告別式は宗教的な意味合いを持つ一方で、お別れ会は社会的な意味合いを持ちます。

お別れ会は故人の関係者に対して、別れの場を設けるのを目的としていて、宗教的な儀礼に囚われず、自由な形とタイミングで開催することが可能です

お別れ会の種類

喪服姿で数珠を持った女性

お別れ会は自由な形で開催可能ですが、主にセレモニー形式と会食パーティー形式に二分されます。それぞれの形式の特徴を紹介します。

セレモニー形式

セレモニー形式は比較的フォーマルなお別れ会の形です。セレモニー形式では会場の前方に、生花祭壇と故人の遺影があり、参列者は祭壇に向き合う形で、並べられた椅子に座る形が基本です。

セレモニー形式は葬儀の直後に行われる告別式と大きな差がなく、司会の進行に従って故人の紹介や親族による挨拶、弔辞の挨拶が行われます。会の最後には参列者が焼香と献花を順番にしていくのが一般的です。

会食パーティー形式

会食パーティー形式はセレモニー形式よりもカジュアルです。会食パーティー形式でも、祭壇と遺影が設置されますが、祭壇の作りはセレモニー形式と比べて簡素です。

弔辞の挨拶だけでなく最初に献花も行われ、その後は食事に移って、自由気ままに故人との思い出話に花を咲かせます。

献花だけあるいは会食だけなど、途中参加および途中退場が自由にできるため、予定が合わず十分な時間を確保できなくても参加しやすいです。

会食パーティー形式のお別れ会は、ホテルの宴会場で催されるケースが多く、遺骨の持ち込みや焼香は、できない場合もあります。

お別れ会は誰が主催する?

棺に花を手向ける人

お別れ会を開催したいけれど、自分が主催できるのか分からず、足踏みしてしまうこともあるでしょう。主催者の決め方や司会の決め方について詳しく解説します。

遺族や親交の深い知人

お別れ会は喪主や遺族だけが開催できると考える人も、多いのではないでしょうか。

しかしお別れ会の主催者に、特別な制限はありません。故人の遺族や親族に限らず、友人や同僚がお別れ会を主催することも可能です

お別れ会は葬儀の場に、参列できなかった人のために開催される会です。実際には遺族や親族が主催するケースよりも、葬儀に参列できなかった、故人の知人・友人が主催するケースの方が多く見られます。

主催者が司会を担う必要はない

喪主や遺族がお別れ会を主催する場合は、遺族や親族の誰かが司会を務めるのが一般的です。知人・友人が主催するお別れ会の場合は、故人と親しかった人が司会を務めるケースもあります。喪主が主催したお別れ会でも、故人の友人に司会を依頼可能です。

お別れ会の司会は必ずしも主催者が務めるわけではありません。関係者の誰かが務める必要もなく、専門の司会者に依頼する選択肢も考えられます。規模が大きかったり、格式の高さを求められたりするなら、司会を専門としている人に任せるのがよいでしょう。

お別れ会の準備ポイント

手を合わせる喪服姿の女性

初めてのお別れ会でも、トラブルなく開催するためには、会の当日までに十分な準備をしておくことが大切です。準備のスケジュールと注意するポイントを解説します。

1カ月前に準備を始める

お別れ会の準備は、開催予定日の1カ月前から始めます。まずは招待する人数や会場の規模、費用の負担方法を決めます。大枠が決まったら、早い段階で案内状を送付するのがポイントです。案内状の送付が遅れると日程調整がうまくいかず、参列者が集まれなくなる恐れがあります。

3週間前には案内状の返事が届き始めます。会場のレイアウトや料理、当日の式次第を確認するのはもちろん、弔辞を読んでもらう人を決めて、お願いすることも必要です。

2週間前には当日に使用する遺影やBGMなど、細かいところまで詰めていきます。この頃までに式次第やメニュー表などの印刷物が届くようにしておきます。届いたら誤植がないか、入念にチェックしましょう。

1週間前には人数を確定させて、最終的な料理の数や席数、会費の金額を把握します。そして当日は早く会場に到着しておき、レイアウトや流れに問題ないか、チェックしておくことが大切です。

お別れ会の種類別に適した会場

お別れ会は葬儀・告別式のように、葬儀場や寺院で行う必要はありません。特に会場の決まりはなく、お別れ会の規模や交通の利便性を考慮して、決めるとよいでしょう

お別れ会に適した会場はタイプ別に異なります。セレモニー形式の場合は、葬儀・告別式と同様に、宗教的な儀式も行うケースが多いほか、規模が大きいため、葬儀場やセレモニーホールで開催されるのが一般的です。

会食パーティー形式では、会場にホテルの宴会場やレストラン、貸会議室が選ばれるケースも珍しくありません。

遺骨を持ち込んで焼香をあげたり、僧侶に読経してもらったりする場合は、ホテルやレストランに断られる可能性があります。あらかじめ宗教的な儀式が可能かどうか確認を取り、場合によっては2つの会場を用意する対応も必要です。

お別れ会の開催に適切なタイミング

お別れ会は葬儀後すぐに開催されることはあまりなく、早くても葬儀の2週間後に開催されます。特に四十九日の法要の頃に開催されるのが一般的です

葬儀のタイミング以外にも、一周忌や三回忌などの法要のタイミングに合わせて行われるケースもあります。故人が亡くなってから、5年や10年など分かりやすい節目のタイミングで催すのもよいでしょう。

お別れ会当日の流れ

受付をする風景

最後にお別れ会当日の流れを確認します。当日の流れを一つひとつ確かめて、起こりうるトラブルを想定しておくと、スムーズに会を進行できます。

受付で会費を集める

お別れ会の開催に必要な費用の多くは、主催者が負担するケースが多いようです。しかし故人の知人・友人が主催する場合や、会食パーティー形式のときは、会費制にして参列者から費用を集める場合もあります

会費制での一人当たりの費用は、料理のグレードや、会場の広さなどによって変動しますが、基本的には10,000~20,000円に収めます。会費の有無は案内状に記載しておき、参列者が会場に着いてから、困らないように配慮しましょう。

一般的な式次第

まずは開会の辞として開催に至るまでの経緯を、主催者が説明します。開会の辞に続いて故人への黙祷が捧げられ、故人の略歴紹介に移ります。

そして弔辞の挨拶や献花、焼香が終わったら、次はいよいよ会食です。故人の好きだった料理を出すと、参列者の間で思い出話に花が咲くでしょう。

閉会の挨拶をしたら、参列者で集まって写真撮影をします。参列者が会場を後にするタイミングで、一人一人に挨拶をして粗供養品を渡すところまでが、基本の流れです。

お別れ会は故人を偲ぶ大切な場

色とりどりの花

お別れ会は喪主や遺族・親族のほかにも、故人の知人・友人でも開催できます。お別れ会のタイプによって、必要な準備や適切な会場の選び方も異なるので、主催する場合は注意が必要です。

お別れ会は故人を偲び、感謝の気持ちを伝えて別れを告げる大切な場です。失敗を避けたい場合は、プロの葬儀業者に開催の準備をお願いするとよいでしょう。

ミツモアなら簡単な質問にいくつか答えるだけで、複数業者の相見積もりができます。自分に合った葬儀業者を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

ミツモアで葬儀・お葬式を依頼する