ミツモアロゴ

冷蔵庫の霜取りをしないと故障の原因に?霜取りの裏技・予防方法

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年02月06日

冷蔵庫に張り付いた大量の「霜」

霜ができている場合は、冷蔵庫の故障か使い方が間違っているのかもしれません。

霜を放置していると、電気代の増加や冷蔵庫の故障につながることも。

この記事では、霜を防ぐ冷蔵庫の正しい使い方や霜取りの方法を解説。

ドライヤーを使った裏技なども紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください!

冷蔵庫の霜取りが必要な理由

冷蔵庫 霜取り
冷蔵庫の霜は早めに掃除が吉

冷蔵庫はこまめな霜取りが必要です。

びっしりと張り付いた霜は収納スペースを圧縮し、使いがってを悪くします。

霜が大きくなると冷蔵庫の機能に悪影響を及ぼす可能性も…。

具体的にどのような不都合が起こるのか見ていきましょう。

霜は冷気を伝えにくい

霜は冷気を伝えにくい性質をもっています。

そのため、冷気の吹き出し口に霜ができると、庫内を冷却する力が弱まってしまいます。冷蔵庫が冷えにくいと中の食品類もすばやく保冷されません。

冷やすのに時間がかかるため、電気代も余分にかかります。

冷蔵庫が開かなくなる

霜は放置していると、氷が積み重なって鍾乳洞のようにどんどん大きくなっていきます。

あまりに霜が厚くなると、盛り上がった霜でドアが凍り付いて開かなくなることも考えらえれます。

とくに霜がつきやすい冷凍庫、製氷コーナーは要注意です。力ずくで開閉しようとすると、破損の原因になるので絶対に止めましょう。

参考:http://cs.sharp.co.jp/faq/qa?qid=126074

冷蔵庫の霜の原因

冷蔵庫 霜取り
冷蔵庫の霜の原因を知ろう!

冷蔵庫は密閉されている空間なのにどうして氷ができてしまうのでしょうか?霜ができてしまう原因には下記の要因があげられます。

水分が凍って霜を作っている

霜は冷蔵庫と外気の温度差により結露が発生し、その水滴が冷却機能により固まることで発生います。

とくにできやすいのが小型の冷蔵庫に多い「直接冷却方式」の冷蔵庫です。

直接冷却方式の冷蔵庫は、庫内を冷やすため「冷却パイプ」が庫内に密接するように作られています。冷風で冷やす方式の冷蔵庫に比べ食品が乾燥しにくいなどの特長がありますが、庫内に霜が付きやすいのが特徴。

梅雨などの湿気の多い季節は、庫内に水蒸気が入り込みやすく霜もできやすいため注意が必要です。

冷却機能の故障

普通に使っているのに霜が大量にできている場合、冷蔵庫の冷却機能が故障している可能性も考えられます。

冷却パイプに霜がつくことで庫内の熱を外に運び出す「熱交換機能」が低下し、冷蔵庫の温度調整をするコンプレッサーがうまく稼働できなくなってしまうのです。

とくに霜がついているのに冷凍食品は溶けているという場合は、冷却機能が故障している可能性が高いと考えられます。念のため一度メーカーさんに相談してみましょう。

冷蔵庫の霜取りをする方法

冷蔵庫 霜取り
冷蔵庫の霜取りの方法

霜は大きくなればなるほど取り除くのが大変になります。こまめに霜取りを行いましょう。

冷凍庫は霜の厚さが5㎜程度、製氷コーナーは2㎜程度になったときが目安です。

少量であれば電源を切ったり、冷凍室の温度をあげて溶かすだけでOK。霜が厚い場合は以下の方法で霜取りを行ってください。

用意するもの:タオルとクーラーボックス、木製のヘラなど

1.冷蔵庫の周りにタオルを敷く

溶けた霜で冷蔵庫の周りが濡れないように、タオルを敷いておきましょう。

2.冷蔵庫の中の食品を取り出す

作業しやすいよう庫内の食品を取り出し、クーラーボックスなどに入れておきます。

3.冷蔵庫の電源を切る

電源を切り、ドアを開けそのまま放置しましょう。庫内を常温にすることで霜を溶かします。

4.冷蔵庫の中をから拭きする

タオルで庫内の水をふき取ります。

霜が厚くて取れない部分があるときは、ヘラを溶けた氷の下に差し込むようにして霜をとりましょう。ヘラは木製やプラスチック製の柔らかい素材のものを使ってください。

参考:http://www.sharp.co.jp/support/refrigerator/doc/point_use2.html

冷蔵庫の霜と早く取り除く裏技

霜取りは常温で霜を溶かすため、時間がかかるのが難点。

少なくても1日はかかるので、霜取りをする時間がないというときもあるでしょう。

霜を無理やり取るのは故障の原因になるためおすすめしません。

霜は自然に溶かすのが理想ですが、どうしても短期間で取りたい場合は下記の方法を試してみてください。

ドライヤーの霜をまんべんなくあてる

ドライヤーの風を霜に直接当て溶かします。

熱風を当てると冷蔵庫が変形してしまう可能性もあるため、冷風や送風を使うのがコツです。代用品として扇風機を使ってもいいでしょう。

ドライヤーを1点集中であてる

氷がなかなか取れない場所は、ドライヤーを1か所に集中的に当てるようにする方法も。

一か所氷が溶ければそこから霜を剥がしやすくなります。

注意点!

きり・ナイフ・金属製のヘラ・ドライバーなど、先端が鋭利なもの叩いたり強くこすってしまうと、冷凍室に穴が開いてしまう危険性があります。

万が一、冷媒ガス(庫内を冷やすガス)を運ぶパイプに傷つけてしまうとガスが漏れる可能性も。修理には高額な修理代がかかるため絶対に避けましょう。

冷蔵庫の霜をつかないようにするには

冷蔵庫 霜取り
冷蔵庫の霜予防のポイント!

霜は厚くなると除去に手間と時間がかかるため、つなかいように予防することが大切です。

冷蔵庫を使う際に、日ごろから気を付けたいポイント紹介します。

ドアはしっかり閉める

食事したく中、食品の包装袋がはさまって冷蔵庫が半ドアになっていた!…なんて経験はありませんか?

バタバタしているとついやってしまいがちですが、ドアが開いたままだと外気が入り冷えが悪くなるのでしっかり閉めましょう。

経年などにより扉のパッキンが傷んでいる場合も半開きになってしまうことがあるため、普段からチェックしておきましょう。

パッキンが古くなった場合はパッキンのみ交換するか、メーカーに修理にだせば修理してもらえます。

開閉の回数を減らす

冷蔵庫の扉の開閉が多いと、冷気が逃げ出し冷えが悪くなってしまいます。

食事の支度をする際は、「使う食品を事前に決める」「使うものは取り出しやすい位置に配置しておく」など食品をすばやく取り出せるよう工夫しましょう。

ドアの開閉を少なくすると、冷蔵庫の霜を防ぐだけでなく電気代も節約できて一石二鳥!

冷蔵庫の開閉は半分に減らすことで約12%省エネになった事例もあるので、ぜひ普段から開け閉めを頻繁にしないよう意識してみてください。

参考:https://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/reizouko/knowledge4.html

詰めすぎない

食品をたくさん詰め込みすぎると、上の棚に当たってドアがきちんと閉まらない場合があります。

冷気が通り抜けにくくなり庫内を冷やす力が弱まってしまうため、食品は少し余裕をもって入れるようにしましょう。

食品は容量の約70%、庫内の奥の壁が見える程度の量だけ入れると冷気が循環しやすくなります。

ラップをする

水分の多い食品をラップなしで入れていると、食品に含まれている水分が蒸発して霜に変化してしまいます。野菜などの食材や調理品は隙間なくラップをし水分が逃げ出さないようにしましょう。

熱いものを入れない

温かい食品は冷ましてから冷蔵庫へ入れるのが鉄則。

少しさましたらラップで密閉するか、蓋つきの容器に入れて庫内の水分量を増やさないようにするのがポイントです。

ドアパッキンを掃除する

冷蔵庫のドアパッキンは汚れが溜まりやすいので、こまめにふき取るようにしましょう。

よごれが溜まっている場合は、綿棒や歯ブラシなどで掃除すると隙間まできれいに落とせますよ。

また、パッキンが傷んでいると隙間から外気が漏れてしまうのでついでに確認を。

ふき取る際にずり落ちたりするようなら取り替えどきです。

掃除をする!

冷風出口の付近ににゴミが詰まっていると、庫内が冷えにくくなり霜もつきやすい状態に。霜が大きくなり冷風出口をふさぐと故障の原因になってしまいます。

冷風出口の場所はメーカーによって変わりますが、冷凍庫では一般的に開閉扉の付近あるため、冷風出口を中心にこまめに掃除するようにしましょう。

冷蔵庫クリーニングを依頼する

自転車を不用品回収業者へ依頼する画像
クリーニング業者に依頼しよう!

冷蔵庫の霜取りには時間と手間がかかります。掃除する暇がない!というときにはクリーニング業者に依頼するのもひとつの方法です。

料金はかかりますが、時間と労力は大幅に削減できますしプロの手で作業をしてもらえるので故障の心配もありません。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼!

ミツモアは暮らしやビジネスなどさまざまなカテゴリから、自分にぴったりなお店を見つけられる便利なサービスです。

ご自宅の郵便番号や、希望するサービスなどをネット上の簡単な質問に答えるだけで、見積りが出せます。

最大5件の見積りが届く

ミツモアは、1度に5件まで見積りをお願いすることが可能です。

いろいろな見積もりを見比べることできるので、希望のお店を探しやすいのがメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

さらにチャットで金額の相談をすることもできます。

直接お店に出向くわけではないので、依頼をしなくて気まずい思いをする必要もありません!

「時間がない」「自分でやるのが不安…」というかたは、プロにおまかせしましょう!

プロの手ですばやく安全に作業してもらえるので安心ですし、引っ越し前なども代わりに霜取り作業を行ってもらえるので大変便利ですよ。業者探しは簡単で便利なミツモアで。

霜取り作業が必要な場合は、ぜひチェックしてみてください!