ミツモアメディア

スマートキーの電池が切れた!エンジンのかけ方と電池の交換方法

最終更新日: 2021年05月22日

外出先でスマートキーの電池が切れて反応しなくなってしまった・・・そんな経験はないでしょうか。

スマートキーは鍵をポケットやバッグに入れたままでも鍵の施錠・解錠やエンジンの起動ができる便利なアイテムで、近年軽自動車などでも標準装備されるようになっています。

その一方で、「突然反応しなくなってしまった」など、物理キーにはなかったトラブルが起きることも少なくありません。

そこで本記事では、スマートキーの急なトラブルに対処できる内蔵キー(メカニカルキー)の使い方と、電池交換の方法を詳しく解説します。

スマートキーの電池切れはこう対処する!

スマートキーの電池切れ
スマートキーの電池切れにはメカニカルキーを使用します

スマートキーは電池によって動くため、電池が切れてしまうと当然ですがいつも通り施錠・解錠やエンジンの起動ができません。

しかし、電池切れはスマートキーによくあるトラブルであり、替えの電池がなくても別の方法で鍵を開けたりエンジンをかけたりできるような仕組みになっています。

内蔵キー(メカニカルキー)の取り出し方

メカニカルキーとは

メカニカルキーとはスマートキーが電池切れになった場合、緊急時に使える物理キーのことです。

スマートキーの本体カバーの中に内蔵されていますが、普段はトラブルが起きない限り使うことがないため、知らない方も多いかもしれません。通常は以下の手順で取り出すことができます。

  1. 解除ボタンを押す
  2. 矢印の方向に抜く

メカニカルキーの取り出し方や使い方は取扱説明書にも記載されているので、トラブルが起きていない場合でも前もって確認しておくと良いでしょう。

ドアの開け方

自動車のドア

取り出したメカニカルキーを運転席側のドアノブにある鍵穴に差し込み、反時計回りで回せばドアを開けることができます。

近年はデザイン性を重視してドアノブの見える位置に鍵穴が設置されていない車も多いですが、どんな車にも緊急対応を想定してどこかに必ず鍵穴があります。表に見えていなくても、ドアノブを引いた部分に隠れていることが多いようです。

トラブルに備えて、あらかじめ鍵穴の位置を確認しておくと安心でしょう。

警報が鳴ったときは・・・

メカニカルキーを使ってドアを開けた場合、セキュリティが解除されないため車のセキュリティアラームが鳴ることがあります。

これは元々車上荒らしなどを追い払うための機能で、通常のスマートキーによる解錠以外の方法でドアを開けると発動してしまうのです。エンジンを起動すれば鳴り止みますので、心配する必要はありません。

エンジンのかけ方

車のパワースイッチ

スマートキーに内蔵されたメカニカルキーを使って、ドアを開けて車内に入るところまではたどり着いたかと思います。

ただエンジン起動がプッシュボタン式の場合、ここからどうやってエンジンをかければ良いのか戸惑ってしまうかもしれません。

トヨタ車のケースを例に上げ、エンジンのかけ方を解説します。

  1. シフトポジションが「P」になっていることを確認し、ブレーキペダルを踏む
  2. スマートキーのメーカーマークがついた面をパワースイッチに接触させ、ブザーが「ピピッ」と鳴るまで待つ
  3. スイッチ・インジケーターランプが点滅していることを確認する
  4. 10秒以内にもう一度ブレーキペダルを踏んだ状態でパワースイッチを押す

細かな操作はメーカーや車種によって異なる可能性があるため、あくまで一般的な方法として覚えておきましょう。

1~2年に1回の電池交換がおすすめ!手順を解説

自分で行う電池交換の手順
スマートキーの電池交換は意外と簡単

メカニカルキーはあくまで緊急時の対処法です。スマートキーが反応しなくなった場合は早めに電池交換をすることをおすすめします。

電池交換は特に難しい操作はなく、車に詳しい必要もありません。誰でも簡単に行える仕組みです。ただしスマートキーの電池交換がはじめての方にとっては、戸惑うこともあるでしょう。

そこで本項ではスマートキーの寿命と電池交換の手順を詳しく解説します。

キーによって電池タイプが違うので注意!

どのメーカーでも似たつくりをしているスマートキーですが、実はメーカーごとに適合するボタン電池が異なります。

取扱説明書や、スマートキーに入っているボタン電池を確認し、品番を把握しておきましょう。

品番にもよりますが、基本的に電池はコンビニやホームセンターといった身近な場所で入手することができます。

電池交換の手順

新しい電池を用意したら、早速スマートキーを分解して電池を交換しましょう。電池を取り出すときや、カバーを開けるときにはマイナスドライバーがあると便利です。

メーカーによって細かい仕様は異なりますが、大まかな手順は以下の通りです。

  1. スマートキーについているレバーを押し、内蔵されているメカニカルキーを取り出す
  2. 重なり合っている本体ケースの溝にメカニカルキーやマイナスドライバーを合わせてカバーを開ける
  3. マイナスドライバー等で古いボタン電池を取り出し、新しい電池を+極を上にして入れる
  4. 電池を交換したら、スマートキー本体のケースをもとに戻す

定期的に電池残量のチェックを

スマートキーの電池交換の目安は1~2年と言われています。「寿命が短い」と思った方もいるかもしれませんが、スマートキーは微弱な電波を常に出しているため、どうしても電池が消耗しやすいのが特徴です。

以下のような兆候が見られたら、完全に切れてしまう前に早めに電池を交換しましょう。

  • 通常よりもドアに近づいてからでないと反応しない
  • キーが作動した時にLEDランプが点灯しない(ランプのつくキーの場合)

電池交換を依頼することもできる

電池交換の依頼
自分で電池交換をする自信がなければ依頼しよう!

スマートキーの電池は自分で交換することはできますが、面倒な場合や自力での交換に不安を感じる場合は外に依頼することも可能です。

電池交換を依頼できる場所4つとそれぞれの電池交換の料金目安を紹介します。

ディーラー

まずはディーラーに依頼するのが一番安心です。特に購入先のディーラーに依頼すれば、過去にやり取りした履歴が登録されているので、対応がスムーズでしょう。

鍵の反応が悪くなったのは、もしかすると電池切れ以外の可能性もあります。ディーラーであればトラブルの原因が解決するまで詳しく点検してくれます。

しかしディーラーは任せて安心な反面、電池交換の値段は高くなりがちです。もしも電池交換にお金をかけたくない方は他の方法を検討しましょう。

自動車修理店

  • 500円程度(店舗による)

オートバックスやコバックなどの自動車修理店でも電池交換の依頼ができます。自動車修理店に依頼するメリットは、なんといっても値段の安さです。

依頼しつつ値段も抑えたい方には、自動車修理店での交換がおすすめです。

お店によって値段は変わってくるので、事前にホームページで確認するのがよいでしょう。

ガソリンスタンド

  • 500円~1,000円程度

ガソリンスタンドでも電池交換をしてもらえるので、給油ついでにお願いするという手もあります。

遠出した際に急にスマートキーの電池が切れてしまっても、ガソリンスタンドは比較的どの地域にも点在しており、頼りやすいでしょう。

セルフスタンドはスタッフが少なく、対応してもらえない可能性がありますので、フルサービスのスタンドに依頼するのが確実です。

ホームセンター

  • 500円~1,000円程度

ホームセンターでは電池のみ購入もできますが、サービスカウンターなどで交換を受け付けていることが多いです。

いずれにしてもスマートキーの電池を入手できる先、電池交換を依頼できる場所を知っておくことで、慌てず対応することができるでしょう。

電池を交換しても反応しない場合・・・

スマートキーのトラブル対応
スマートキーのトラブルには落ちついて対応しよう!

スマートキーは鍵をポケットに入れてドアの開閉やエンジンをかけることができる便利なものである反面、トラブルが増加していることも事実です。

もしも旅先で鍵が反応しなくなったら「どうしよう」とパニックになりますよね。

そこで本項ではスマートキーが突然反応しなくなったときに覚えておきたい3つのことを解説します。

取扱説明書をしっかり確認しよう

鍵の解錠・施錠は特に難しい手順はありませんが、エンジン始動だけは車種ごとに操作方法が微妙に違っているので迷うことがあるかもしれません。

ぜひ取扱説明書を確認して、操作手順を覚えてください。取扱説明書を車に常備していれば安心ですが、自宅に保管している方は事前に目を通しておきましょう。

スマートキーの故障を疑おう

電池を交換しても反応しない場合は、スマートキー自体が故障している可能性があります。この場合はディーラーや鍵業者に相談して修理または交換してもらう必要があります。

故障を防ぐためにも、普段から以下のような扱いをしないように心がけましょう。

  • テレビや電子レンジ、電磁調理器などの磁気を帯びた家電製品、パソコンのそばに置く
  • 落としたり曲げたりして、本体に強い力をかける
  • 高温な環境に長時間放置する

電池交換をしても作動しない場合はディーラーに相談しよう

状況によっては鍵の電池交換をしても作動しないこともあるでしょう。そのような時は、速やかにディーラーに相談するのがおすすめです。

メーカーの高い技術力で安心して車のメンテナンスを依頼することができます。ディーラーには専門の整備士が常駐しています。詳しい知識に精通したエキスパートに相談すれば全体的なアドバイスをもらえるでしょう。

自分一人で解決する必要はありません。近年スマートキーのトラブルの相談は増えていますので、気軽に問い合わせしてみることが大切です。

鍵業者に依頼するならミツモアで見積もりを取ろう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

スマートキーの電池交換は上記の方法に加え、鍵業者でも可能です。場合によってはディーラーより安価で依頼できるでしょう。

地域の鍵交換、電池交換を依頼できる鍵業者を探す際は、ミツモアの一括無料見積もりで簡単に見つけることができます。

是非利用してみてはいかがでしょうか?

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間は必要ありません。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで鍵業者に依頼する