ミツモアロゴ
ミツモアメディア

ROA(総資産利益率)とは?ROEとの違い、計算式、目安、改善策を解説

最終更新日: 2019年11月11日

「ROA」とは経営や株の世界でよく耳にする言葉ですが、ROAとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

今回はROAの数値が示すもの、ROAの計算式や目安、改善の方法などを徹底解説していきます。

これを読めばビジネスの世界がより面白く、理解できるようになるでしょう。

この記事の監修税理士

安田亮公認会計士・税理士事務所 - 兵庫県神戸市中央区

安田亮(公認会計士・税理士・CFP🄬) 1987年 香川県生まれ 2008年 公認会計士試験合格 2010年 京都大学経済学部経営学科卒業 大学在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人に勤務し、その後、東証一部上場企業に転職。連結決算・連結納税・税務調査対応等を経験し、2018年に神戸市中央区で独立開業。所得税・法人税だけでなく相続税申告もこなす。
ミツモアでプロを探す

ROAとは

ROAとは
ROAとは

まずROAの基本について理解しなくてはなりません。ROAの示す意味やビジネスの世界でどのように使われているのかをみていきましょう。ROAは会社がどれほど効率的な経営をしているかを示す指標の一つになる重要な数値です。

ROA=「総資産利益率」

ROAとは「総資産利益率」を示す言葉です。英語では「Return On Assets」の略語で、会社の総資産に対してどれほどの利益が生み出されたのかを示す数値です。純資産、負債を含めた全ての資本をどれほど効率的に運用しているのかを客観的に判断できるものです。

ROAが意味するもの

一般的にはROAの数値が高ければ高いほど、その会社が資産を効率的に運用できているということになります。しかし、会社の経営状態を把握するにはそのROAの数字の根拠をしっかりと考えることが必要です。

ROAの使い方

ROAはわかりやすく言うと、「自社の資産を使って、自社の資産の何%の利益を稼ぐことができたのか」を示す数値ですので、会社の経営者にとって根幹となる数字です。この数字を比較し、低くなっているようであればその理由を突き止め、改善しなければなりません。

また、株式投資やM&Aをしようと思う投資家はROAの数字を見て、安定した企業を探すのに役立てています。

ROAの計算式を解説!

ROAの計算式を解説!
ROAの計算式を解説!

ROAの数字を出すための計算式は非常にシンプルで、決算報告書から数字を拾って計算すれば誰でも数字を出すことができます。ここでは初心者にもわかるように用語の解説も行いながら、ROAの計算式を解説してみたいと思います。

ROA(%)=当期純利益 ÷ 総資産(期中平均)× 100

ROA(%)は「当期純利益÷総資産(期中平均)×100」という計算式で割り出される数値です。ROAを見ることで、その期の総資産利益率を誰でも客観的に理解することができます。

なお、BS項目である総資産は期中平均の数値を使います。具体的には自己資本の期首残高と期末残高の平均値を用います。

当期純利益と総資産

ROAを算出する際には「当期純利益」と「総資産」をみることが必要になります。それぞれの考え方と見方を解説していきます。

当期純利益は「最終利益」とも呼ばれるもので企業の「稼ぐ力」を示したものです。P/L(損益計算書)を見ればその企業の当期純利益の数字がわかります。

総資産は、負債を含む会社の資産を示すものです。B/S(貸借対照表)では左側に記載されている数字です。

計算式を分解することができる!

ROAの計算式は「売上高純利益率×総資産回転率」に分解することができます。企業がROAを上げようとする時にこのどちらかを向上させることでROAを高めることができるということをわかりやすく示しているものです。

ROEとROAの違い

ROEとROAの違い
ROEとROAの違い

ROAについてはある程度理解できたでしょうか。ROAについて知ろうとすると必ず「ROE」という言葉も登場します。似たような言葉ですが、会社の財務指標としてどちらも非常に重要な意味を持ちます。ここでは「ROAとROEの違い」について考えてみましょう。

ROEとは

ROEは英語の「Return on Equity」の略語であり、日本語では「自己資本利益率」を指す言葉です。ROEはROAと同様に会社の経営をする際の指標となる数字の1つです。

ROAとROEの違いとは

ROA「総資産利益率」とROE「自己資本利益率」の違いは次のようになります。

ROA=総資産を使ってどれだけ利益を生み出したかを表す数値
ROE=自己資本を使ってどれだけ利益を生み出したかを表す数値

ROAとROEの違いは「誰にとって重視される財務指標なのか」を考えていくとわかりやすいと思います。

ROAの分母になっている総資産には、株主だけでなく取引先などから調達した負債も含まれるため会社の資産全体の運用結果としての収益性を示すのがROAということになります。その数字を重視するのは会社の経営者ということになります。

これに対してROEは株主が自分の出資も含めた自己資本に対してその会社がどれだけ儲けたのかを示すものです。違う言葉で言い換えると投資家や株主にとっての「投資利回り」を示すものです。そのためROEは投資家や株主が重視する財務指標です。

ROAとROEは大事な指標!

ROAとROEはどちらかだけを見ておけば良いというものではありません。投資家はROEを見て投資効率の高い企業を探すかもしれませんが、その会社の総合的な経営効率を見るためにROAも同様に重要視する必要があります。

会社の財務指標数字を見る時に様々な視点で見るようにすると、投資判断の誤りがなくなるでしょう。

ROAの目安は?

ROAの目安は?
 ROAの目安は?

ここではROAの具体的な数値を見ていく事にしましょう。ここで注意しなければならないのは、事業を拡大し利益を増やすために借金をして先行投資をした会社のROAは一時的に悪化してしまう、ということです。そのため、一時的な数字なのかどうかを見極める必要があるのです。

日本の平均は約3%

2016年の日本企業の平均ROAは約3%でした。この数字は世界的に見ても優秀な数字です。海外投資家は度々「日本企業は欧米勢と比べてROEが低い」と提言しますが、ROAは優秀だということがわかります。

ROAが5%なら優良

ROAは5%以上の企業が優良とされています。しかしこの5%は企業全体の数値であり、業種別の数値ではありません。大規模な設備投資が必要な業種の場合には、総資産額が大きくなるために全体的にROAは低くなります。そのために、業種が違う会社でROAの数値を比較するのは誤った見方になってしまう危険性があります。

現実の会社でも高いROAを出していながら、借金返済に追われる自転車操業の会社も少なくありません。そういったケースの会社では、経営が火の車のため経費をギリギリまで削減した結果、高いROAになっている可能性もあります。そのため、ROAをみる際には流動比率や当座比率と共に分析するのが一般的です。

ROAを改善させる方法2選

ROAを改善させる方法2選
ROAを改善させる方法2選

では、ROAを改善させるためにはどのような取り組みの仕方が考えられるでしょうか。前述してきたようにROAの計算式には「売上高純利益率×資産回転率」という分解式があります。つまり「売上高純利益率」「資産回転率」のどちらかを改善できれば良いのです。

経常利益を増やす

やや漠然とした言い方になりますが、会社の当期純利益利益を増やすことができればROAが改善します。方法としては「売上高」「営業外収益」を伸ばすか、「売上原価」「販管費」「営業外費用」を減らすかというどちらかのやり方があります。これにより「売上高純利益率」を向上させることができ、ROAが改善します。

総資産を減らす

「資産回転率」を上げるために、総資産を減らす方法があります。これは単純に使っていない資産の処分をするということです。長年使っていない固定資産などの売却や整理をすることで資産の回転率を上げるのです。

ROAのまとめ

まとめ
まとめ

さて、今回はROAの目安となる数字の見方から、ROAを見ることで何がわかるのか、ROAを改善するためにはどんな施策があるのか具体的に見てきましたが、いかがだったでしょうか。最後にまとめてみたいと思います。

  • 「ROA(%)当期純利益÷総資産(期中平均)×100」で求めることができる
  • ROAの計算式を分解すると、「売上高利益率×資産回転率」となる
  • ROAは「総資産利益率」を示し、ROEは「自己資本利益率」を示す
  • 一般的にはROAが5%以上なら優良と見られる
  • ROAは業種などで大きく異なるため、比較する際には注意が必要
  • ROAを改善するためには「当期純利益を増やす」か「総資産を減らす」必要がある

ROAを知ることで客観的な数値で会社を知ることができるようになります。しかし、ROAが高ければ収益性が高い「良い会社」で、低ければ儲かっていない「悪い会社」と決めつけることはできないのです。ROAが高い・低い理由を知ることでその会社の現状を知ることができるのです。ROAを正しく使い、会社の経営状態を把握する指標としてください。

税理士コメント

安田亮公認会計士・税理士事務所 - 兵庫県神戸市中央区

ROAは会社の保有する資産全てを使って、どれだけの利益を生み出すことができたかを示 す指標です。近年、日本企業は経営の効率性を重視していますので、非常に重要な指標と言 えます。 指標を分解し、売上高純利益率と総資産回転率を上げるように努めましょう。
ミツモアでプロを探す

ミツモアで税理士を探そう!

ミツモアでプロを探してみよう!
ミツモアで税理士を探そう!

税理士とのお付き合いは、そのときだけのものではなく、長期間に渡るものです。だからこそ、費用だけでなく、相性や対応の誠実さも、事前に十分に確認しておきたいですね。

そんな税理士選びにおすすめなのが、全国の税理士が登録しているマッチングサイト「ミツモア」です。地域と依頼したい内容に応じて、まずは見積もりが確認できます。その後、メッセージでのやりとりで担当業務の範囲やオプションなどを確認できるので、面談するのと同じように、税理士の人柄が見えてきます。

簡単!2分で税理士を探せる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。

パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、税理士より最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった税理士を探してみましょう。税理士によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

依頼内容に合う税理士がみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

税理士に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで見積もってみる