背景画像

引越し業者を見つけよう
引越し業者を見つけよう

引越しを無料見積もりでお得に!信頼できる引越し業者に見積もりを依頼しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
110万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
325億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

目的から探す

どの地域でお探しですか?

引越し業者格安ランキング

1
ファミリー引越センター
東京都豊島区東池袋
参考価格20,500円〜
通常期
20,500
繁忙期
24,600
2
Manhattan Kiss
東京都渋谷区本町
参考価格29,100円〜
通常期
29,100
繁忙期
34,920
1
ファミリー引越センター
東京都豊島区東池袋
参考価格40,700円〜
通常期
40,700
繁忙期
52,910
2
Manhattan Kiss
東京都渋谷区本町
参考価格63,400円〜
通常期
63,400
繁忙期
82,420

「引越しはどんな業者に依頼するのが良いの?」

「引越しを依頼するときは何に気を付ければ良いの?」


入社や転勤、結婚など様々なライフイベントに引越しはつきものですよね。しかしいざ自分が引越しする段階になると、上記のような疑問を抱く方も多いのではないでしょうか?


ここでは初めての引越しでも困らないよう、引越し業者へ依頼するときの注意点やおすすめの引越し業者について紹介します。


  • 引越し業者を選ぶ時のチェックポイント
  • 引越し業者の見積もり金額を安く抑えるコツ
  • おすすめの引越し業者
  • 引越しによくあるトラブルと対処法
  • 引越しの流れを把握して早めの準備を

引越し業者を選ぶ時のチェックポイント

自分にあった引越し業者を探す際、「どういった判断基準で依頼する業者を選べば良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。


ここでは自分にあった引越し業者を選ぶ際に役立つ視点を紹介します。


✔️業者の口コミ・評判

業者の雰囲気や引越し時の対応について確認したいなら、口コミをチェックしましょう。業者のホームページを見るだけでは、実際に引越を依頼した時にどんな対応なのか、イメージを膨らませるのは難しいですよね。


その点、業者の口コミを見ると値引き交渉に対する態度や依頼主への対応など、引越しの現場に立ち会った人でないと分からないような情報が多く掲載されています。業者の「生」の対応を想像するのに口コミを活用し、自分にあった引越し業者選びに役立ててください。


✔️業者の用意しているプランやサービス

引越しに際して特別な要望があるなら、業者の用意しているプランやオプションサービスをチェックしてみることをおすすめします。


依頼主の要望に合ったプラン

例えば引越しに際して男性スタッフに囲まれるのは若干抵抗があるという方には、女性スタッフを担当につけてくれる「レディースパック」のようなプランがあると安心でしょう。また運ぶ荷物量が少ない単身の引越しであれば、お得に引越しができる「単身専用プラン」のようなパッケージがあると便利かもしれません。


ただお得なプランほど利用に際して色々な条件や制約がついていることも多いので、各プランにおける具体的な対応については業者によく確認しておきましょう。


オプションサービス

入社や転職など、何かと忙しくて引越しに時間をかけていられないという方は、オプションサービスの活用も検討してみると良いでしょう。忙しい方に便利なオプションサービスとしては、引越しに際して発生した不用品の回収や荷造り・荷解きの代行などが挙げられます。


ただし自分が依頼しようとしている引越し業者に、利用を想定していたオプションの用意がない場合もあるので注意が必要です。業者とのトラブルを予防するためにも、引越し業者がどのようなオプションを用意しているのかは事前に確認しておくようにしましょう。


またオプションサービスの利用には追加料金がかかることも多いので、何としてもお得に引越しを済ませたいという方にはあまりおすすめしません。サービス内容とそれにかかる追加料金をチェックした上で、本当にオプションサービスの利用が必要なのかどうか判断するようにしましょう。


✔️大手業者か、中小業者か


「CMでよくみる大手業者に引越しを依頼するのが良いんじゃないの?」とお考えの方が多いと思いますが、地域に密着した中小引越し業者に依頼した方が良い場合もあります。


中小業者に引越しを依頼するメリットの一つは価格の安さ。大手業者は広告宣伝費などに費用を投じている分、若干価格を高く設定する傾向にあります。また地域密着のサービスを提供している中小業者は、急な依頼主の事情の変更にも柔軟に対応できることが多いのも嬉しいポイントですね。


一方で遠距離の引越しや家族単位での引越しとなると、中小業者では対応が難しいor価格が高くなるケースもあるので注意が必要です。また充実した保証内容や安心感を得られるのも、大手業者ならではのメリットと言えるでしょう。


ここまで紹介したのはあくまで各特徴を踏まえた傾向の話であり、細かいサービス内容については規模を問わず業者によって様々です。実際に引越しを依頼する際には、相見積もりを取って各業者を比較することで、どの業者に頼むのが適切か判断するようにしましょう。

引越し業者の見積もり金額を安く抑えるコツ

引越しをするタイミングは結婚や子供の入学など、何かと出費が多い時期と被ることも珍しくないでしょう。そのため「なるべく引越しにかける費用は抑えたい」という方も多いのではないでしょうか。


ここでは引越し業者からの見積もり金額を安く抑えるコツについて紹介します。


✔️引越し業者に運んでもらう荷物量を減らす

引越し先で使わないような不用品があれば先に処分しておき、引越し業者に運んでもらう荷物量を減らしておくと、料金を抑えられることがあります。というのも運んでもらう荷物量によって、必要な人員数やトラックの大きさ・台数が変わってくるからです。


不用品の処分方法としては、無償で友人に譲る・リサイクルショップやオークションに出して売るなど様々。不用品の状態や周囲の要望に合わせて、なるべく引越しで運ばなければならない荷物量を減らしておきましょう。


また引越し業者に運んでもらう荷物量を制限して引越し料金を抑えるという観点からすると、積み切り契約や単身専用パックの活用も時には有効です。ただいずれも引越し業者が運びきれない量が想像以上に膨らむリスクがある点には注意が必要。特に自分で運ばなければならない荷物量が多くなると困るような遠距離の引越しの際には、慎重に利用の是非を検討するようにしてください。


✔️引越しする時期を調整する

引越しの日程を柔軟に調整できるなら、料金の高い時期を避けて依頼するのも良いでしょう。特に引越しの料金が高くなりやすいのは、引越しがしやすいorしなければならない時期です。


例えば3~4月は引越し業者の繁忙期となるので、料金が高くなる傾向にあります。というのも3~4月は入学や入社など新生活のスタートの時期と重なるので、引越しの依頼が多くなりやすいのです。コストを抑えたいなら、このように人の移動が激しい季節は避けて依頼することをおすすめします。


また一週間の中で比較すると、平日よりも休日、平日の前半よりも後半の方が料金が高くなる傾向があります。これらは引越し後の片付けの時間を休日に確保したいという理由から、引越しを希望する人が多くなる曜日なのです。もし休暇が取れるようであれば、平日の前半で引越しを依頼できると料金を安く抑えることができるでしょう。


その他大安など縁起の良い日や月末・月初などの賃貸契約の切れ目となる時期は、引越しの依頼が多く料金が高くなりやすい傾向があります。可能な限り引越し人気の高い時期を避けて依頼すると、引越しをお得にできる可能性が高いことは覚えておきましょう。


✔️時間帯を指定しない形で引越しを依頼する

どの時間帯でも引越し作業に対応可能な方は、時間帯を指定しない「フリープラン」だと格安で依頼できる可能性が高いです。一方で引越し当日の午後に片付けができる「午前便」は人気が高く、料金が高くなっています。


ただフリープランで依頼すると、引越し作業が深夜まで続く可能性がある点には注意が必要です。深夜の引越し作業が引越し先の周囲への方々の迷惑となる恐れがあるので、引越し早々トラブルを引き起こさないためにも十分に配慮して臨むようにしましょう。


✔️自分でできる引越し準備は自分でやる

自分で引越し準備ができる余裕がある方であれば、引越し業者にお願いする範囲を限定することで費用を安く抑える方向を視野に入れてもいいかもしれません。例えば段ボールをはじめとする梱包材の調達や荷造り・荷解きは、時間があれば自分でやることができますよね。


そのため可能なら引越し業者のサービス内容を事前に確認し、追加料金がかかりそうなオプションについては「自分で作業できないか」検討してみると良いでしょう。


✔️混載便や帰り便を利用する

日程はいつでも良いから少しでも引越し料金を抑えたい方には、混載便や帰り便の活用もおすすめです。引越し業者側の人件費や燃費を節約できる分、引越し料金を抑えることができます。


ただし帰り便や混載便は引越し業者側の事情に左右される部分が大きい点には注意してください。というのも帰り便であれば引越し業者の帰路に自分の家が含まれるかどうか、混載便であればトラックの積荷に余裕があるかという点で利用の可否が決まります。


あくまで上手く引越し業者の都合と合えば利用できるプランとなっている混載便と帰り便。どうしてもこれらのプランを利用できる確率を上げたいなら、多くの引越し業者にコンタクトを取る必要があります。


✔️相見積もりをとって安く依頼できる業者を探す

引越しする日程や荷物量、引越し先が決まったら複数の業者に見積もりを取るようにしましょう。というのも同じ条件であっても、引越し業者によって一人あたりの人件費やトラックのチャーター料金は異なるもの。提示してくる見積もり価格にも業者によって自ずと差が出てきます。そのためお得な引越しを実現したいのであれば、各業者の見積もりを比較した上で安い業者に依頼する必要があるのです。


実際に相見積もりを取る段階になったら、まず下記2点を抑えておくと良いでしょう。


  • 見積もり段階で引越し業者から予算感を聞かれても答えない
→予算感を聞かれた場合には「他の業者と比較した上で依頼する業者を決める」旨を伝える。
  • 他の業者と比較する前に即決しない
→もし即決を迫られたら「自分一人で依頼する業者を決めることができない」ことを伝える。


その他、相見積もりの際に抑えておくべきポイントについては下記記事で詳しく解説しています。


関連記事:失敗しない引っ越し業者の選び方・相見積もりのポイント!安いかつ信頼できる業者を見つけよう

引越しによくあるトラブルと対処法

これから迎える新生活に胸を躍らせているところ、引越しのトラブルに足を引っ張られたくはないですよね。しかし引越しは大掛かりな作業になることが多いため、大なり小なりトラブルは発生してしまうことはあり得ます。


ここでは引越しにありがちなトラブル事例とその予防・対処法について紹介します。快適な新生活をスタートさせるためにも、引越しトラブルにおいて慌てずに対処できる予備知識を確認しておきましょう。


トラブル例①:引越しの荷物に傷がついていた

「ふと引越しで運んでもらった家具を見たら、引越し前になかった傷がついていた」


このような引越し荷物の破損や紛失に気がついたら、いち早く引越し業者に連絡しましょう。引越しにより発生した荷物の瑕疵については、引越しから3ヶ月以内であれば引越し業者に責任を問うことができます。


ただし業者の補償内容としては修理or代替品の提供or時価の補償となっており、中古品を新品に取り替えてくれることは基本的にないので注意してください。また引越しにより生じたものなのか不明なものは補償の対象外になるので、瑕疵に気付いたらすぐに業者へ連絡するようにしましょう。


その他には補償が効く範囲の広い保険に加入している事業者に依頼するのも一つの手です。具体的にどこまで引越し荷物の瑕疵が補償対象になるかは業者によって異なることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。


トラブル例①の予防法傷ついたら嫌な荷物は自分で運ぶ・保険に加入している事業者に依頼 
トラブル例①の対処法
引越し直後に荷物の状態が引越し前と変わりないか確認


トラブル例②:知らぬ間に追加料金が発生していた

「引越しを終えてみたら見積もり時より高い金額を請求された」と言うケースは少なくありません。その主な原因としては、見積もり時に描いていた引越し業者の想定より作業負荷が高い環境であるなど、見積もりの不正確さに端を発するものが多いです。


このような事態を予防するには、訪問見積もりを利用してブレのない正確な見積もりを取ることをお勧めします。それでも請求金額と見積もり金額に差がある場合には、金額の内訳を確認し妥当な請求なのか判断するようにしてください。


また見積もり時に無料と言われてもらった、梱包用の段ボールの返送費用を請求されると言うケースもあります。余計な費用の発生を予防するためにも、依頼する業者が決まっていない段階で、業者から段ボールを受け取ることは避けておくのが得策でしょう。


トラブル例②の予防法訪問見積もりで正確な見積もりを・見積もり段階で梱包材は受け取らない
トラブル例②の対処法
見積もり金額と請求金額を比較し、差があるなら内訳を確認


トラブル例③:時間通りに業者がこない

「前に入っている引越し作業が長引いている」、「交通渋滞により想定以上に移動時間がかかっている」ことが原因で、業者が予定通りの時刻に来てくれないこともあります。「引越し業者が遅れたことで何らかの損害を被った」、もしくは「連絡なしに引越し業者が遅刻した」場合は一定の補償を認められることも。ただ午後便やフリー便における引越し業者の遅刻自体は珍しいことではなく、補償内容も直接的な被害の範囲に限定されることが多い点には注意が必要です。


どうしても時間通りに業者が来てくれないと困るケースにおいては、前に作業が入る可能性の低い午前便の利用を検討しましょう。ただ午前便は若干料金が割高になるので、ご自分の引越し予算と相談しつつ依頼するプランを決めるようにしてください。


トラブル例③の対処法 ケースによっては補償の請求を検討しよう
トラブル例③の予防法
若干割高であるが、午前便の利用を検討する


ここまで紹介したトラブルは、基本的に引越し業者との話し合いで解決できるものですが、解決の糸口が見えない場合は公的機関に相談しましょう。代表的な相談先としては消費者ホットライン消費生活センター国民生活センターなどが挙げられます。これらの機関に相談すれば公正な立場から状況を判断し、適切なアドバイスをもらえるはずです。


またトラブルが発生してしまった場合に備えるためにも、「標準引越し運送約款」には目を通しておいた方が良いでしょう。標準引越し約款には料金や解約など、引越しトラブルと関連性の強い取り決めが多く掲載されています。


業者によっては独自の約款を用意していることもありますが、いずれにしても見積もり時に業者から何らかの約款を提示されるはずです。「すべて業者に任せておけばどうにかなるだろう」と油断せず、約款を受け取った際にちゃんと内容まで確認して、トラブルに遭遇しても落ち着いて対処できるようにしてください。

引越しの流れを把握して早めの準備を

引越しに伴って必要となる手続きは多く、初めての引越しをされる方にとってはなかなか大変に思われることも多いのではないでしょうか。


ここでは引越しに際して必要となる手続きをチェックリスト形式でまとめました。ご自分の引越しスケジュールを立てるのに役立ててください。


引越しを決めたらまずやるべきこと


チェックリスト 備考・注意点
✔️退去日・入居日を決める&賃貸物件なら解約の手続き
⚠️解約手続きが遅れると、余分に家賃を払わなければいけなくなる可能性があります。
✔️インターネットや固定電話の住所変更
引越しの1ヶ月半前を目安に手続きを進めておくと、滞りなく使用できる可能性が高いです。
✔️旧駐車場の解約と新規駐車場の契約を行う
⚠️解約の告知期限がいつなのかは、契約によって異なるのでチェックしておいてください。
✔️相見積もりを取って依頼する業者を決定
⚠️繁忙期の引越しは予約が取りにくいので、早めの行動をおすすめします。


関連記事一覧

インターネットの手続きについて詳しく:引っ越し時のネット回線手続きは?いつから始めて何をすべきか解説


引越し1ヶ月前〜二週間前までにやるべきこと


チェックリスト備考・注意点

✔️子供の転校手続き

特定の期限はありませんが、学校への手続きは早めに行うと親切でしょう。
✔️ガス・水道・電気など各種ライフラインの使用停止/開始手続き
⚠️手続きを怠ると、余分に旧居での利用料金が請求される可能性があります。
✔️(必要に応じて)印鑑登録の廃止手続き

自治体によっては転出届の提出のタイミングで、登録を削除してくれる場合もあります。

✔️勤務先への住所変更を届け出る
税金納付や手当の受給を適切に行うのに必要な手続きです。
✔️不用品・粗大ゴミの処分をしておく
⚠️繁忙期は不用品回収の予約が埋まりやすいので注意しましょう。
✔️梱包資材を調達し、荷造りができる状態を整えておく
引越し業者から無料で梱包資材がもらえる場合もあります。
✔️新居で新たに必要となる家具を購入する
新生活をスタートするにあたって優先順位の高いものから購入しましょう。


関連記事一覧

梱包資材の調達について詳しく:引っ越し用ダンボールはどこで手に入る?無料でもらえる場所と注意点

印鑑登録の変更について詳しく引っ越しをしたら印鑑登録も住所変更を!詳しい方法を知っておこう

不用品の処分について詳しく:引っ越しで不要な家具を処分する方法は?依頼できる業者やポイントも

電気に関する手続きについて詳しく:引っ越し前に電気の解約と契約を!当日つかない場合の対処法も紹介

水道に関する手続きについて詳しく:引っ越し時の水道手続きはどうする?解約と契約方法、注意点を解説

ガスに関する手続きについて詳しく:引っ越し時にガスの手続きはどうする?気になる疑問の答えを解説


引越し二週間前〜一週間前までにやるべきこと


チェックリスト 備考・注意点
✔️転出する市区町村での手続き
⚠️転出届の提出は転出日の14日前から可能になります。
✔️郵便物の転送手続き
⚠️転送が機能するまで時間がかかる場合もあるので、早めに手続きをしておくと安心です。
✔️各種サービスに登録している住所の変更手続き
Ex. NHK、携帯電話、通販、新聞の配達先
✔️普段使わないものから荷造りを始めておく
生活用品のストックやシーズンオフの衣服など、引越しまでに使う見込みのないものを優先的に荷造りしましょう。
✔️引越し葉書を用意する
突然の来訪に備えるためにも早めに準備しておくのをおすすめします。
✔️余裕があれば、新居の間取りを作成
新居での生活に何が必要で何が不要なのか、判断するのに役立ちます。


関連記事一覧

転出する市区町村の手続きについて詳しく:引っ越しするなら転出届の手続きを!具体的な流れや持ち物をチェック

住所変更の手続きについて詳しく:引っ越しで住所変更するものを総まとめ!手続き方法もチェック

郵便物の転送手続きについて詳しく:引っ越したら郵便物の転送手続きが必要!方法と注意点を解説

引越しはがきについて詳しく:引っ越しハガキの書き方は?マナーや例文、無料テンプレートも紹介


引越し一週間前〜前日までにやるべきこと


チェックリスト備考・注意点
✔️引越し挨拶品の用意・旧居での引越し挨拶
引越しの直前はバタバタするので、消耗品や日持ちをするお菓子などを予め用意しておきましょう。
✔️可能なら荷物の搬入前に新居の状態の確認&掃除を
荷物が入ると元の状態を確認しにくくなるので、前もって下見しておくと安心です。
✔️万が一に備えて電子データのバックアップを取っておく
⚠️電子データは引越し業者の補償の対象外であることが多いので、バックアップは忘れずに取っておきましょう。


関連記事一覧

データのバックアップについて詳しく:パソコンの引っ越し方法とは?安全に運ぶための梱包方法・データのバックアップなど解説

挨拶品の用意について詳しく:引っ越しの挨拶品で渡すお菓子は、どうやって選ぶ?渡し方のマナーや、定番のお菓子を紹介


引越し前日にやるべきこと


チェックリスト備考・注意点
✔️前日まで使っていたものの荷造りもここで済ませる
いざ荷造りを終えてしまったものが必要になった時に取り出しやすいよう、搬出前まで封をしないでおくのも一つの手です。
✔️引越しの段取りを確認する
引越し当日の動きを具体的にシミュレーションしておくと、当日慌てずにすみます。
✔️冷蔵庫や洗濯機、テレビなどを運搬できる状態にしておく
冷蔵庫や洗濯機は運搬してもらう前に、水抜きをしておく必要があります。


関連記事一覧

引越し前日の動きについて詳しく:引っ越し前日に済ませたい作業とは?確認したい事項と過ごし方も紹介


引越し当日に旧居でやるべきこと


チェックリスト備考・注意点
✔️(必要に応じて)ガス栓を閉めるのに立ち会う
基本は立ち会い不要ですが、旧居の構造によっては立ち会いがが必要になるケースがあるので確認しましょう。
✔️引越し作業員との打ち合わせ、作業確認
引越し業者へ特に気をつけて欲しいことなど、トラブルにならないよう細かい要望を伝えておくことをおすすめします。
✔️旧居退去時の掃除・忘れ物チェック
旧居退去時の掃除を丁寧にやれば、敷金が多く返ってくるかもしれません。
✔️エアコン、照明器具の取り外し作業立ち会い
エアコンや照明器具を取り外した後に出た、細かいパーツを無くさないように管理しましょう。


関連記事一覧

旧居退去時の掃除について詳しく:引っ越し時に払う退去費用とは?負担する範囲や減額のコツを解説


引越し当日に新居でやるべきこと


チェックリスト備考・注意点
✔️ガス・水道・電気が使用できるか確認
ガスの開栓には立ち会う必要があります。(電気・水道は立ち会い不要)
✔️引越し業者に料金の支払い
料金を支払う前に、引越しの荷物の状態を確認しておくと後々の面倒なトラブルを予防できます。
✔️新居のご近所さんへ挨拶回り
一軒家であれば両隣と向かいの3軒に、集合住宅の場合は上下階と両隣の住人に挨拶するのが一般的です。


関連記事一覧

近所への挨拶回りについて詳しく:引っ越しの挨拶・マナー!訪問タイミングや範囲・挨拶の言い方・手土産の渡し方【例文あり】


引越し翌日以降にやるべきこと


チェックリスト備考・注意点
✔️転入する市区町村での手続き
⚠️引越し後14日以内が手続きの期限となっています。
✔️子供の学校の転入手続き
エリアや通う学校の種別によって必要な手続きは異なるので、事前に確認しておきましょう。
✔️金融機関の登録情報やマイナンバーカードの住所変更
⚠️マイナンバーカードは転入届提出後90日以内に変更しないと失効します。
✔️自動車やバイクに関連する登録内容変更手続き
⚠️特に運転免許の住所変更は忘れると、身分証明書として使えなくなることがあるので注意しましょう。
✔️各種手当・保険・国民年金の住所変更及び申請
⚠️引越しに伴う国民健康保険の手続きが可能な期間は、引越し14日前から引越し後14日以内と限定されています。
✔️印鑑の登録申請
転入届の提出と一緒に行えば、役所に行く手間を減らすことができるのでおすすめです。
✔️ペットの登録変更手続き
⚠️手続き期限は引越し日から30日以内となっています。
✔️荷解き、使用済み段ボールの処分
引越し業者に段ボールを回収してもらう場合は、引取日時に間に合うように荷ほどきを済ませておきましょう。
✔️(必要に応じて)パスポートに関する手続き
⚠️本籍地や名前が変わるときには、一定の手続きが必要です。


関連記事一覧

マイナンバーカードの手続きについて詳しく:引っ越したらマイナンバーカードの住所変更を!通知カードの場合は?徹底解説!

保険の手続きについて詳しく:引っ越したら保険証の住所変更が必要?手続き方法を詳しく解説

転入する市区町村での手続きについて詳しく:引っ越したら住民票をすぐに移そう!手続きの方法と重要性を解説

車関連の手続きについて詳しく:引っ越したら必要な車の手続き手順まとめ!期限を過ぎたらどうなる?

引越しの見積もりはいつ依頼すべき?

引越しの見積もりは、引越し日から逆算して3カ月前から依頼できます。見積書の有効期限も、3カ月が一般的。慌てて引越し直前にならないよう、できるだけ余裕をもたせたスケジュールを組んでおきましょう。


目安は引越し希望日の1カ月前まで

引越しの見積もり自体は、3カ月前~前日までのあいだであれば可能です。しかし後回しにしていると希望日に引越しができなくなってしまうリスクがあります。


すでに引越し希望日の予約が埋まっていたり、1日に運べる荷物の限度を超えてしまったりする可能性があるからです。


目安として、引越し希望日の1カ月前~2週間前までには見積もりを依頼しましょう。その間なら、希望日の引越しができる可能性が高いです。


繁忙期の引越しの場合は、決まり次第すぐ

引越しの繁忙期は、3~4月頃です。4月は新生活がスタートするタイミングなので、引越し希望日の予約を取りにくくなります。


見積もりにかんしても、1月頃から急激に依頼件数が増え始めてくるのが特徴です。引越しの1カ月前でも希望日の予約が取れないケースは十分にありえます。


この時期に引越しをするなら、引越しが決まったタイミングですぐに見積もりを依頼しましょう。最低でも2カ月前には見積もりを取っておくのがオススメです。

見積もり時期によって費用は変わる?

引越しの見積もりを検討する前に、引越し費用の変動について知っておきましょう。繁忙期は料金が高く、閑散期は料金が安くなるのが一般的です。


繁忙期・縁起の良い日は料金が高くなる

引越し業者にとって繁忙期となる3~4月は、費用相場が40,000~50,000円ほどです。(単身で引っ越す場合)


5月~翌年2月であれば約30,000~40,000円程度なので、1万円以上の差が出ることになります。2人以上の家族で引っ越すなら、3万円以上の差が出ることも。


また「大安(たいあん)」や「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」といった縁起が良い日も人気で、予約の取りにくさから価格が上がることがあります。


見積もりをもらう前に、自分が引越しする時期・日付をしっかり検討しましょう。


関連記事:【2021年~2022年】引越しに縁起の良い日付は? | ミツモア


閑散期・平日は費用が安くなる

繁忙期以外の5月~翌年2月のあいだは費用が安くなります。単身の見積もり額は30,000~40,000円前後、2人以上の家族なら60,000~90,000円前後ほど。


とくに安い時期は、「7月」です。1年のちょうど半ばなので、引っ越す人が少なくなります。次いで「1月」「6月」などの中途半端な時期も、引越し費用が安くなります。


また曜日もチェックしておきましょう。引越し希望日を平日に、とくに週半ばである「水曜日」にして見積もりをもらえば、通常よりも若干安くなる可能性が高いです。

見積もりを取る2つの方法と、引っ越しまでの流れ

すでに業者を決めているなら、直接その業者に見積もりをも依頼しましょう。ただし費用や対応を比較して業者を決めたいなら、概算見積もりを複数社からもらって「相見積もり」をするのがオススメです。


相見積もりをオススメする理由

すでに業者を決めているなら、直接連絡を取って見積もりを依頼しましょう。ただしとくに業者を決めておらず、料金を安く済ませたい場合は相見積もりがオススメです。


相見積もりとは、複数の業者から一気に見積もりをもらう方法。3社以上から見積もりをもらうことで、適正価格かどうかをフラットに判断できます。


自分で複数業者に連絡するのは面倒なので、ミツモアの「一括見積もりサービス」がオススメです。条件を入力すれば、サービスに登録している複数の業者から見積もりをもらうことができます。料金だけでなく、口コミや実績も確認できるので、ぜひお試しください。

どの地域でお探しですか?

見積もり依頼から引越し当日までの流れ

引越しの見積もりには「概算見積もり」と「正式見積もり(訪問見積もり)」の2種類があります。


電話やインターネットで必要な情報を伝えて算出するのが「概算見積もり」。その後、実際に家を訪問して誤差を調整するのが「正式見積もり」です。

  1. 引越し日を決める
  2. 複数業者に連絡して、概算見積もりをもらう
  3. 日時をすり合わせて、訪問見積もりを行う
  4. 退去手続き
  5. 引越し

見積もりから引越し当日までは、上記のようなスケジュールで進んでいきます。


引越しの希望日は、訪問見積もりまでに決めておきましょう。曜日や日付によって料金が変動することもあるので、正確に見積もるためには希望日が必須です。


また訪問見積もりは、基本的に無料です。ただし離島や山間部など、移動手段が特殊になるケースでは交通費を請求されることもあるので注意しましょう。


見積もりの内容に納得し、引越し日を決めたら、退去手続きを済ませて引越し当日を待ちます。

引越しの見積もりを取る際に必要な情報

概算見積もりや訪問見積もりのとき、業者側にいくつかの情報を提供する必要があります。これから紹介する4つのポイントをあらかじめ整理して、すぐに伝えられるように準備しておきましょう。


引越し先

引越し費用は、移動距離によって変わります。引越し先の住所を正確に伝えられるよう、スマホのメモ帳などに残しておきましょう。


引越し希望日

何月何日に引越しを希望するのか、正確に伝えましょう。基本的には、訪問見積もりの時までに決定していればOKです。「午前中」や「午後」など、希望する時間帯も決めておくと担当の方も困らずにすみます。


荷物の内容

家具や家電などの内容や荷物量を伝えます。ピアノや骨董品、ペットのように、運搬の際に特別な配慮が必要なものの有無も伝えましょう。


引越し作業の内容・範囲

梱包や荷解きを業者に依頼するか、エアコンの着脱作業を希望するかといった点を伝えます。また、エントランスや玄関、エレベーターに乗らない大きさの荷物がある場合は吊り下ろし作業が必要なため、引越し先の搬入ルートも確認しておきましょう。

引越しの見積もりを安く抑える方法は?

引越しにかかる費用は、予約する日時や荷物の数、運び方によって大幅に変動します。少しでも安く引越しするために、これから紹介する3つの方法を検討してみてください。


要らないものを処分して、運搬する量を減らす

荷物の量が多いほど料金は上がり、特にトラックの台数が増えると料金が跳ね上がります。不要なものは事前に処分して、荷物の量をなるべく減らしましょう。


混載便(こんさいびん)を利用する

引越し予定日に同じ方面に引越しをする人がいる場合、その人と同じトラックで一緒に荷物を運んでもらう「混載便(こんさいびん)」を利用できることがあります。


引越し完了までに時間がかかりがちなのが難点ですが、大幅な節約を見込めるため、利用できるかどうか一度確認してみましょう。


梱包資材を自分で用意する

ハンガー付きの梱包資材や食器用の梱包資材などは、オプションで別料金になる場合があります。この場合、梱包資材を自分で用意したほうが安くなるケースもあるので、チェックしてみましょう。

引越しの見積もりを取る際の注意点

ここでは見積もりを取る前後に知っておくべき注意点を紹介します。思わぬトラブルを防止するためにも、以下の2点には要注意です。


年末年始は休業の引越し業者が多い

年末年始は、引越し業者も休業しています。引越しを行うことも、見積もりを依頼することも難しいので注意しましょう。


もし依頼できたとしても割増料金がかかる可能性が高いため、可能な限り年末年始の引越しは避けましょう。


訪問見積もり後にキャンセルする場合は、すみやかに連絡する

契約した後にキャンセルする場合、引越しの2日前まではキャンセル料がかかりません。


しかしキャンセルの連絡をせずに引越し前日になってしまった場合、キャンセル料がかかってしまいます。「引越し日程の延期」も同様の扱いです。


キャンセル料金は「前日なら引越し料金の10%以内」「当日なら20%以内」ほどです。キャンセルする場合は必ず2日前までに連絡し、無駄な費用の発生を防ぎましょう。


ちなみに見積もりの段階では正式な契約は結んでいないので、キャンセル料金も発生しません。

どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?