ミツモアメディア

シロアリ駆除の保証はどのようなもの?アフターサービスの期間と内容

最終更新日: 2022年07月23日

シロアリ駆除を業者に依頼するなら、保証を受けられる業者を選ぶのがおすすめです。アフターサービスが充実していれば、安心して作業を依頼できるでしょう。シロアリ駆除保証の一般的な期間や内容、業者選びのポイントについて解説します。

シロアリ駆除の保証とは

流しの下に薬を噴霧する害虫駆除の作業員

シロアリ駆除の保証には主に2つの種類があります。まずは代表的な保証と、それぞれの内容を理解しましょう。

再施工保証

シロアリ被害が保証期間中に再発した場合に、無料または安価で再度駆除施工をしてもらえる保証が、「再施工保証」です。多くのシロアリ駆除業者がサービスとして付けている、基本的な保証です。

日本で主流のシロアリは、被害が進行すると個体数が数万にも及ぶため、一度に全てを駆除できない可能性があります。被害再発時にも対応してもらえる再施工保証が付いていれば、安心です。

業者によっては工事後に施工不良が発覚したケースで、再施工保証により再工事をしてもらえる場合もあります。再施工保証を適用する場合は、保証を受けている業者に、調査してもらわなければなりません。

被害再発時の建物修復費用の補償

再施工保証を付けている業者によっては、保証期間内のシロアリ被害で、建物がダメージを受けた場合に、建物の修復費用を補償してもらえるケースもあります。

保証がある全ての業者が対応しているわけではありません。補償額の上限も業者ごとに異なり、最大1000万円まで補償可能としている業者もあります。

シロアリ被害が心配な場合は、建物修復費用の補償を付けていると、安心できるでしょう。シロアリ被害に手厚く備えたい人におすすめです。

保証期間はどのくらい?

カレンダー

シロアリ駆除の保証期間について解説します。選択する工法により、期間が違うことを押さえておきましょう。

5年間が一般的

シロアリ駆除の一般的な保証期間は、最大5年間です。駆除に使われる一般的な薬剤の効力が約5年間なので、保証を付けているほとんどの業者が、保証期間を5年間としています。

かつては多くの業者が10年保証をうたっていました。しかし現在は環境や健康面への配慮から、効力が10年間持続する薬剤は、使わないのが基本です。

工事の内容や使用する薬剤の種類によっては、効力の持続期間が5年持たないケースもあります。駆除を依頼する際は、保証期間が何年なのかきちんと確認しましょう。

工法により期間が異なる

シロアリ駆除の施工方法には、「バリア工法(薬剤散布法)」と「ベイト工法(毒エサ設置法)」の2種類があります。

バリア工法は床下に薬剤を散布する駆除方法です。即効性が高い上に、比較的安価なため、基本的にはバリア工法で駆除します。保証期間は最大5年間です。

シロアリに毒エサを持ち帰らせ、巣ごと死滅させる方法がベイト工法です。薬剤を散布しないため、ペットや子どもがいる家庭でも、安心して利用できます。ベイト剤は定期的に補充しなければならないことから、保証期間は1~5年と幅があります。

シロアリ駆除の保証を受けにくいケース

シロアリ 家

保証が付いている業者を選んだからといって、どのような状況でも保証が適用されるとは限りません。保証を受けられなくなる主なケースを紹介します。

被害再発の原因を放置した

日本で被害を及ぼす代表的なシロアリは、湿った木材に集まってきます。シロアリが好む環境を作ってしまい、何の対策も講じていなければ、保証は受けられないでしょう。

例えば建物内に雨漏り・漏水・床下浸水が発生し、そのまま放置してシロアリが発生した場合、ほとんどのケースで保証対象外となります。

木材が湿る原因が発生したら、長期間放置せず早めに対処しましょう。雨漏りや水漏れを、定期的にチェックしてくれる業者を選ぶのもおすすめです。

業者に無断で家の増改築を行った

業者に何の連絡も入れずに、建物の増改築を行った場合も、シロアリ駆除の保証は受けられないでしょう。増改築により、消毒されていない部分が生まれるためです。

シロアリ駆除の保証は、基本的に業者が施工した部分で、被害が発生した場合のみ、適用されます。施工していない部分にシロアリが被害を及ぼしても、保証されません。

増改築を予定している場合は、事前に業者へ連絡を入れましょう。増改築する前の段階で業者に相談すれば、増改築後に保証が継続されるケースもあります。

保証対象外のシロアリ被害に遭った

日本で建物に被害を及ぼすシロアリの種類は、「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」です。ほとんどの業者がこの2種類を保証の対象としています。

ヤマトシロアリとイエシロアリ以外のシロアリが発生した場合、保証は受けられないでしょう。保証対象外となる代表的なシロアリが、「アメリカカンザイシロアリ」です。

アメリカカンザイシロアリは乾燥した木材にも、食害を与えます。地面から侵入する一般的なシロアリと違い、飛来するため床下のみの防除では、対応できない点も特徴です。

関連記事:アメリカカンザイシロアリから自宅を守る。特徴や防除方法を知ろう|ミツモア

自己判断で薬剤を散布した

自分で購入した薬剤を散布したり、保証を受けている業者とは別の業者に駆除を依頼したりした場合、保証の対象外になるでしょう。

シロアリ駆除の保証を受けられるのは、あくまでも保証を受けている業者が施工した範囲に限ります。自己判断で薬剤を使ったり、他社に頼んだりすると、業者は結果に対して責任を取れません。

保証付きの業者を選んで、シロアリを駆除してもらった後は、保証期間中もその業者に頼る必要があります。被害の発生が心配なら、業者に頼んで点検してもらいましょう。

シロアリ駆除業者を保証面で選ぶポイント

タブレットを手にして悩む女性

業者選びの際に気を付けたいポイントを紹介します。保証ばかりこだわるのではなく、総合的な観点から選ぶとよいでしょう。

業者専門の保険に加入しているか

シロアリ駆除業者だけが加入できる、「シロアリ賠償責任保険」に加入している業者なら、被害再発時に生じた建物被害も補償してもらえます。

そもそも火災保険や住宅総合保険では、シロアリ被害に備えることは困難です。例えば火災保険は、突発的な自然災害による損害に適用されますが、時間をかけて建物をむしばむシロアリ被害は、突発的な災害とはみなされません。

シロアリ被害に対応できる、個人向けの保険はないと考えてよいでしょう。建物被害に備えたいなら、業者向けの保険に加入している業者を、選ぶ必要があります。

保証の期間や内容が適切か

シロアリ駆除の保証期間や保証内容は、業者ごとに違うため、きちんと比較して選びましょう。そもそも保証がない業者も存在します。

再施工保証を受けるためには、シロアリの発生を見つけなければなりませんが、素人がシロアリの再発生を発見するのは困難です。施工後に定期的な無料点検をしてくれる業者を、選ぶとよいでしょう。

関連記事:シロアリ駆除業者の失敗しない選び方!注意点や費用、予防法も解説|ミツモア

駆除費用と併せて検討することが大切

業者を選ぶ際は保証ばかり気にするのではなく、本来の目的である、駆除の費用や内容もあわせて確認することが大切です。

関連記事:シロアリ駆除の費用相場はいくら?施工法・業者・状況の要因で把握できる!|ミツモア

費用をチェックする際は、複数の業者から相見積もりを取りましょう。見積もりの内訳や金額を比較すれば、相場とかけ離れた金額を提示する業者を排除できるため、適切な費用で工事してくれる業者を、見つけやすくなります。

複数の業者から相見積もりを取るなら、一括見積もりサービス「ミツモア」を利用しましょう。簡単な入力作業だけで、最大5件の業者から見積もりを集められます。作業内容や見積もり金額について、チャットで業者と直接相談できることも魅力です。

ミツモアでシロアリ駆除を依頼する

きちんと保証を受けられる業者を選ぼう

害虫駆除業者

シロアリ駆除保証を受けられる業者に工事を頼めば、最大5年間の保証期間中に、無料または割安価格で再度駆除施行をしてもらえます。建物の修復費用を補償してもらえるケースもあります。

シロアリ駆除業者を選ぶ際は保証面だけでなく、施工内容や費用を総合的に考慮することも大切です。保証と防除の双方で、満足できる業者を探しましょう。

ミツモアでシロアリ駆除のプロを探そう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアならパソコンやスマートフォンを使って、簡単な質問に答えていくだけで最大5件の無料見積もりが届きます。シロアリ駆除をプロに依頼するなら、ミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間は必要ありません。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積もり内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアでシロアリ駆除を依頼する