ミツモアロゴ

ハーフバースデーって何をするの?意味や内容全部教えます!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年05月13日

「最近SNSでよく見かけるハーフバースデーって、どんなイベント?」

「なんだか可愛い写真がいっぱいあるし、私も真似してみたい♪」

今回は、そんなみなさんが押さえておくべきハーフバースデーの準備の仕方や、お呼ばれしたときのおすすめプレゼントまでまとめてご紹介!

楽しく盛り上がるイベントにするためのポイントもあわせてご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ハーフバースデーとは?

そもそもハーフバースデーとは、生まれてちょうど6ヶ月の赤ちゃんをお祝いする記念日のことで、今若いママたちの間でとても話題になっているイベントなんです。

通常の誕生日は1年単位でやってくるものですが、それのちょうど半分(ハーフ)のタイミングでお祝いを行うことから、ハーフバースデーと呼ばれています。

ハーフバースデーをお祝いする意味

赤ちゃんの頃の数ヶ月は、大人になった私たちとは比べ物にならないくらい様々な変化や成長に富んでいるものです。

生後6ヶ月になると、ニコニコ笑顔がグンと増えたり、寝返りが打てるようになったり、ちょうどミルクから離乳食へと食事が切り替わる時期でもあります。

そんなひとつの節目に赤ちゃんの成長を喜ぶのはもちろん、赤ちゃんが生まれてからずっと育児を頑張ってきたママ・パパをねぎらう意味でも、みんなで当日を楽しく過ごすというのがハーフバースデーをお祝いする醍醐味なのです。

ハーフバースデーって何をするの?

ここで気になるのが「当日は具体的にどんなことをするの?」という疑問ですが、特にコレ!と決まったスタイルがあるわけではなく、その過ごし方はみなさん次第♪

よくあるハーフバースデーの楽しみ方を以下にピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

寝相アートで記念撮影

ハーフバースデーといえば、やっぱり記念撮影が欠かせない!

中でも、可愛くデコレーションしたベッドや床などに赤ちゃんを寝かせて撮影する「寝相アート」は、定番の撮影方法のひとつになっています。

ハーフを表す「1/2」の「1」の部分に赤ちゃんを寝かせ、周りをガーランドやバルーンで飾り付けると、ハーフバースデーらしい写真に仕上がってキュートですよ。

離乳食ケーキでお祝い

本物のケーキはまだ食べられないけど、気分だけでもバースデー感を演出したい♪

そんなときにおすすめなのが、赤ちゃんが普段食べているもので作る「離乳食ケーキ」です。

重ねて層を作るもよし、プレートにイラストを描くようにして盛り付けてみるもよし。

写真映えするので、ハーフバースデーらしさが一気に盛り上がること間違いなしですよ!

ハーフバースデーって誰を呼ぶの?

ハーフバースデーは、赤ちゃんとママ・パパの家族水入らずで過ごすのもおすすめですが、おじいちゃん・おばあちゃんなどの身近な親戚を招待したり、近いタイミングでハーフバースデーを迎える子どものいる友達と一緒にお祝いしたりするのも楽しいでしょう。

赤ちゃんに無理がかからない範囲で、アットホームに開催するのがおすすめです。

ハーフバースデーをしてみよう!何を準備すれば良い?

それではいよいよ、実際にハーフバースデーをお祝いするための準備について、具体的に見ていきましょう。

おしゃれに見える飾り付けは?離乳食ケーキの作り方は?気になるママの疑問にしっかりお答えしていきます!

可愛い飾り付けをしよう

ハーフバースデーを盛り上げる1番のポイントといっても過言ではないのが、部屋の飾り付けです。

「部屋全体を飾り付けるのは大変!」という場合、広いスペースの取れる壁に「HAPPY HALF BIRTHDAY」の文字を貼り付け、その周りをケーキのイラストのペーパーやリボンで飾り付けるだけでも一気に華やかな雰囲気に♪

全体的にパステルカラーでまとめると、赤ちゃんのイメージに合ったふんわり可愛い空気を演出することができますよ。

離乳食ケーキがテッパン

用意する食事のメインは、やっぱり離乳食ケーキ!

生後6ヶ月の場合お米はまだ10倍粥が一般的ですが、好きな形のクッキー型などに注いで冷凍することで、可愛い形をキープすることが可能です。

たとえばお花型の10倍粥とにんじんペーストを2段重ねにするだけでも、カラフルで可愛いケーキの土台になります。

もっと彩りがほしいときには、ほうれん草やカボチャのペーストを使うのもおすすめ♪

実際に食べるときにはレンジでチンして、赤ちゃんが食べやすい温かさにすればOKなので、「写真映えする可愛いフードを作ってみたい!」というみなさんはぜひ試してみてくださいね。

ハーフバースデー用の衣装はいかが?

記念撮影をするなら、衣装もとびきり可愛いものを♪

赤ちゃん用のドレスやタキシードで主役らしくキメるもよし、動物やキャラクターの着ぐるみでキュート路線を極めるもよし。

王冠や花冠などのアクセサリーもママたちの間で大人気です。

お呼ばれしたらハーフバースデーのプレゼントはどうする?

ここからは、身内や友人宅でのハーフバースデーにお呼ばれしたときのために、喜ばれるプレゼント選びのポイントもあわせてお伝えしていきます。

プレゼントの相場が知りたい!

まず気になるのが「ハーフバースデーのプレゼントって、いくらくらいのものを用意するのがちょうど良いんだろう?」という疑問ですが、これは主役の赤ちゃんとの関係性によっても少しずつ変わってきます。

たとえば赤ちゃんが自分の孫の場合、プレゼントの金額は3,000~5,000円やそれ以上でも問題ないケースが多いですが、友達の赤ちゃんのハーフバースデーにお呼ばれする場合は、あまり高い金額のものを選ぶと逆に気を遣わせてしまう可能性もあります。

本当に気持ち程度の1,000円~でも十分喜んでもらえるはずですので、これまでのプレゼントのやり取りも思い返しながら予算を決めていきましょう。

赤ちゃんが嬉しいプレゼント

生後6ヶ月の赤ちゃんは色々なものに興味が出てくる時期なので、手で触って色々な遊び方ができる積み木や、音の出るおもちゃなどを気に入ってくれる可能性が大♪

音の出るおもちゃなら、赤ちゃん用の小さなラッパや木琴などがおすすめです。

ママに喜ばれるプレゼント

ハーフバースデーはママ・パパをねぎらう意味も込められたイベントなので、ママが喜びそうなプレゼントをチョイスしてみるのも◎

  • 子ども用の食器
  • おしゃれなスタイ
  • 絵本

このあたりはすべて「いくつあっても困らない」「普段使いできる」ところがママに人気で、ちょうど離乳食が始まるハーフバースデーには食器のプレゼントが特に記念になりやすいので、困ったときにはぜひ選んでみてくださいね。

思い出に残るハーフバースデーの記念写真はミツモアで

ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアは日本最大級のカメラマン登録数を誇っています。それぞれの撮影に特化したカメラマンや地域でのご紹介が可能ですので、カメラマンの撮影はミツモアに依頼してみてください。

ハーフバースデーの思い出をプロのカメラマンに撮影を依頼してみませんか?

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数のカメラマンに無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりを参考に、より条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りのカメラマンがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

赤ちゃん・子供の写真撮影をプロのカメラマンに依頼するなら是非ミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアでカメラマンに赤ちゃん・子供の写真撮影の見積もりを依頼する >>