ミツモアロゴ

超絶おススメ★ニューボーンフォトの可愛いポーズTOP6!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年08月27日

赤ちゃんの1ヶ月検診までに撮影する写真として人気なのがニューボーンフォト。

お母さんのおなかの中にいたときの同じような表情やポーズを写真に残せて、新生児ならではの小ささがたまらないと話題沸騰中なのです!

このページでは、ニューボーンフォトを撮るときに参考にしたい、可愛いポーズのアイディアをご紹介しますよ!

★ニューボーンフォトの可愛いポーズTOP6★

ニューボーンフォトを撮影するときの赤ちゃんのポーズ、人気の6選をご紹介!

どれも関節が柔らかい新生児の時にしかできない、この時期ならではのポーズです。

寝顔バッチリな仰向け

おくるみからちょっとだけ見えている手足が可愛らしい1枚。

赤ちゃんも固定されて安心するので、可愛い寝顔がバッチリ撮れます!

みのむし巻き

伸縮性のあるおくるみや柔らかい素材のニットなどでくるむのが定番で、赤ちゃんの小ささが際立つ1枚。

コロンとしたシルエットがたまりません!

ちょっとオジサンぽい!?お昼寝ポーズ

あえてのオジサンのお昼寝ポーズで、新生児時期とのギャップが可愛いショット。

遊び心がキラリと光ります。

うつぶせ

ニューボーンフォトではうつ伏せポーズも人気です。

しかし、自分でまだ寝返りができない赤ちゃんを長時間うつ伏せにすると窒息などの危険もあるので、うつ伏せで撮影するときには赤ちゃんの状態に十分注意する必要があります。

頬杖ポーズ

うたた寝をしているように見える頬杖のポーズ。

小さい手と、生まれたてならではのふわふわの顔を一枚に収めることができますが合成で作るのでこのポーズで撮る際はカメラマンにオーダーしましょう。

お腹の中にいるみたいな丸い姿をそのまま撮る

手足をたたんで丸まるようなこのポーズは、赤ちゃんがお腹にいた頃を彷彿とさせる自然なポーズ。

せっかくなのでおくるみに包まないこの姿もぜひ撮ってみてください、きっと記念になりますよ!

家族も一緒のニューボーンフォトは幸せ倍増♡

ニューボーンフォトは家族も一緒に撮ることで、より幸せ度MAXに進化します!

赤ちゃんとご家族が一緒にできるポーズを見てみましょう!

お母さんも一緒に撮ってみよう

せっかくニューボーンフォトを撮るのですから、お母さんも赤ちゃんと一緒に写りませんか?

何度見返しても嬉しくなっちゃう写真になること請け合いです!

パパママと結婚指輪と…

赤ちゃんの足の指に指輪を掛け、パパとママの手と一緒に写るこのポーズ。

2人の愛の結晶として生まれてきた子というメッセージが伝わってきます。

兄弟で大きさ比べ

もし上の子がいる時は、ぜひ赤ちゃんと一緒にポーズをキメちゃいましょう!

家族の思い出の1枚ですね。

ニューボーンフォトを安全に撮影するための5ヵ条!

かわいいニューボーンフォトですがそれが赤ちゃんの負担になることや、ちょっとしたことが事故につながってしまうことも忘れてはいけません。

ここでは事故につながらないために、知っておくべきポイントを3つご紹介します。

その1 頬杖ポーズは合成で作るもの!

赤ちゃんの頬杖ポーズはとてもかわいいですが、このポーズはカメラマンが合成して作った写真なので実際に赤ちゃんが頬杖をしているわけではありません。

首が座ってない赤ちゃんが頬杖ポーズをすることはできないので撮影しないように気をつけましょう。

その2 ポーズをとるのは赤ちゃんが寝てから!

ここで撮るときのポイントですが、赤ちゃんが寝てから撮影するのがおすすめです。

起きているうちは動いてしまう上に、写真もブレてしまうので撮るのは寝てからにしましょう。

その3 自分で安易にポーズをとらないこと!

インスタグラムなどのSNSに投稿されているニューボーンフォトを見ると、「こんな風におしゃれな写真を撮りたい!」と思うことも多いと思います。

ですがカメラマンが後から合成してポーズを作っているケースも多いので、自分でポーズをマネするのはなるべく避けましょう。

その4 フラッシュ撮影はダメ!

赤ちゃんへのフラッシュ撮影は無理のない範囲であれば問題ないとされていますが、フラッシュ撮影が原因で充血や目やにが出てしまうこともあります。

できるだけフラッシュ撮影は避けて、自然光で撮影するのがおすすめです。

その5 カメラマンに新生児の知識があるかどうかを確認する!

生後1カ月までは外出を控えるのが一般的なので、ニューボーンフォトの撮影はプロのカメラマンに自宅に撮影に来てもらうことが多くなります。

新生児の撮影には専門的な知識が必要となるので、赤ちゃんに負担がかからないように撮影してもらえるカメラマンであるかは事前に確認しておきましょう。

ニューボーンフォトのプロを探してみませんか?

生後間もない赤ちゃんはデリケートなのでセルフでの撮影よりも、新生児の撮影に慣れているプロのカメラマンに依頼するほうが危険なく、きれいな写真を撮ることができます。

ニューボーンフォトをカメラマン依頼した際の見積り相場

出張撮影でアルバムなしの場合の相場は13,000円から18,000円。出張撮影でアルバムありの場合は30,000円から50,000円で、スタジオ撮影の場合は20,000円から30,000円が相場となります。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアでは、「撮影に参加する人」、「撮影場所」、「希望カット数」などの質問に答えるだけで簡単に見積を依頼することができます。

見積もりは最大5件届くので、比較してカメラマンを選ぶことができますよ。

チャットで見積り内容の相談ができる

見積の内容に疑問があるときや質問がるときにはチャットで相談することができます。電話が苦手な人もチャットなら気軽に質問することができますね。最終的に依頼するカメラマンは実績や評価を確認してから選べます。

ニューボーンフォトカメラマンを探す