ミツモアロゴ

遺影の背景は「青」「モノトーン系」がおすすめ。選び方のポイントもご紹介

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月17日

遺影写真はいつ必要になるかということは誰にも予測することはできません。

突然葬儀の準備が必要になることで遺影写真の選び方について迷うという人は多いです。

生前によく写真を撮影していた人なら良いのですが、写真を撮影する機会がない人であった場合はなかなか良いとして適した写真を準備することは難しくなってきます。

最近では様々な方法で写真を加工することで遺影として適した写真を準備することができるようになってきました。

一見遺影写真として適してないのではないかと思うような写真であっても、うまく加工することで遺影として使用することはできるのです。

写真の中でも特に背景を遺影としての見栄えに関わる重要なものなので、今回の記事では遺影写真の背景について詳しく解説していきたいと思います。

遺影写真の背景は「故人らしさ」を引き出す

遺影写真の背景は「故人らしさ」を引き出す
遺影写真の背景は「故人らしさ」を引き出す

先ほども述べたように遺影写真の中でも背景は遺影の見栄えに関わる重要な部分です。

遺影写真の背景によって参列者たちに与える故人の印象は大きく変わってきます。

そのため遺影写真を見た人たちにどのような印象を与えたいのかによって適切な背景を選んでいくことが重要になります。

ここからはそもそも遺影写真がどのようなものであるかということについて解説していくとともに、どのような背景を選んでいくことが望ましいのかということについても、あわせて解説していきたいと思います。

遺影写真は故人の姿を写すもの

そもそも遺影写真とは家族や親戚・参列者たちに故人を視覚的に思い浮かべながら最期を見送ってもらうために使用するアイテムです。

多くの人は遺影写真を葬儀に使用する仏具の一部であると認識しているようですが、それは間違いです。

遺影写真は必ずしも葬儀に準備しなければならないものではないのですが、故人の記憶をしっかりと心に刻んでもらうために、戦後から普及してきた風習なのです。

そもそも写真のなかった時代では遺影は使用されていなかったので、遺影を使用するようになったことは最近であると言えるでしょう。

「故人らしさ」が見える背景にすることが大切

遺影写真を作成する際に重要なのが背景です。

どのような背景を選択するのが望ましいのかということは、故人の人柄や写真を見た人に与えた印象によって変わってきます。

背景を選ぶ基準は人それぞれなのですが、背景を選ぶ上で一番大切にしておきたいことは「故人らしさ」が見える背景にすることです。

写真を一目見ただけで故人の人柄や雰囲気、 生前の印象が伝わってくるような背景を選んでいきましょう。

遺影の背景はそのままでも、修正しても良い

遺影の背景はそのままでも、修正しても良い
遺影の背景はそのままでも、修正しても良い

故人らしさが出るような背景が望ましいと言われても、どのような背景が最も故人らしさが出るのかということはなかなか想像することが難しいです。

事前に遺影写真として背景を選択したとしても、実際に写真を見てみると思っていた印象と違うということが発生してしまうこともあります。

そうなってしまうと葬儀の準備にかかる手間が増えてしまったり、最悪の場合は葬儀の日までに遺影写真の準備が間に合わないという事態も発生する可能性があるのです。

遺影写真として使用する背景は撮影する際に写る背景を使用する方法もあれば、既存の写真を加工することで背景を変更する方法もあります。

どちらの方法をとるにしても、事前に背景の色の決めておくのではなく、様々な背景を比較検討することで葬儀に間に合うように適切な遺影写真を仕上げていけば良いのです。

ここから遺影写真の背景をどのように準備していけば良いのかということについて詳しく解説していきたいと思います。

あなたに合った遺影写真の背景を選択できるようになることで、より良い遺影写真を作成できるようになるはずです。

一般的には、修正して背景を写真に合成することが多い

写真の背景の選択方法として最も一般的な方法は、既存の写真の背景を修正することで遺影写真を制作するという方法です。

最近では写真の加工・修正技術が高くなってきたため、集合写真や白黒写真であっても違和感なく遺影写真として用意することができるようになってきました。

写真加工や修正のアプリやソフトを利用することで、自宅で遺影写真を準備することも可能なので、より簡単に遺影作成が可能なのです。

しかし、写真を加工する際に不足した部分をつけ足したり、遺影として適した背景を選択しようと思うと、自宅での作業には限界があります。

また、 自分で遺影写真を準備しようとすると他の葬儀の準備が疎かになってしまい、葬儀の段取りがうまくいかなくなってしまうという事態にもなりかねません。

そのような場合は、葬儀場や写真館のスタッフに遺影作成を依頼することで、様々なパターンの背景を提示してもらうことができるのです。

提示された様々な種類の背景の中から最も遺影写真として適したものを選択すれば良いので、葬儀の準備にかかる手間も少なくて済むようになります。

もとの写真の背景をそのまま使う人も多い

遺影写真の背景の作成方法 として、写真を加工することが一般的であるということを説明しましたが、既存の写真の背景をそのまま使う人も多いです。

既存の背景を使用することで写真を加工したことによる違和感が出なくなりますし、背景を含めて故人との思い出を鮮明に心に刻むことができるという特徴もあります。

星空や綺麗な風景が背景の写真の場合は遺影としての見栄えも良いので、そのまま遺影として使う人も多いようです。

写真に写っている故人が横向きであったり帽子をかぶっていたりしても、故人らしさが出ていたり、故人との思い出がしっかりと蘇るような写真であれば遺影として使用しても全く問題ありません。

注意しておきたいのは、遺影写真に写っている不要な部分を加工や修正することで取り除いておくことが重要であるということです。

また、遺影写真の明るさやピントが合っているかどうかということによっても、参列者に与える印象は大きく変わってきますので、必要な場合は適切に加工してもらいましょう。

遺影写真の人気の背景色・デザイン

遺影写真の人気の背景色・デザイン
遺影写真の人気の背景色・デザイン

と言っても実際に遺影写真を作成する時には、写真を加工して背景を変更する人が多いというのが現状です。

実際に葬儀場で遺影を見た経験のある人なら分かるかもしれませんが、遺影写真には遺影写真独特の背景が使用されていることが一般的になっています。

また、背景の色のみでなくデザインにも様々な種類があり、遺影写真によって与えられる印象は大きく変わってくるので、遺影写真の背景の重要さがよく分かります。

ここからいる写真の背景の色やデザインによってどのような特徴があるのかということについて解説していきたいと思います。

ブルー系の色

遺影写真の背景として最も一般的に使用されているのがブルー系の色です。

ブルー系の色は故人の写真に爽やかで明るい印象を与えるため、写真を見ている人にとっても見ていて気分の良い写真になります。

また、遺影写真として使用する故人の服装は黒の喪服やスーツであることが多いです。

背景がブルー系の色であることで故人と背景とのコントラストがはっきりするので、故人がくっきりと浮かび上がったような印象を与えることができるようになります。

モノトーン系の色

遺影写真の背景としてモノトーン系の色もよく使用されます。

先ほどのブルー系の背景とは違い、モノトーン系の色は落ち着いた穏やかな印象を与えるため、遺影写真の背景として選ばれることが多いのです。

先ほども述べたように遺影写真として使用する故人の服装が、黒の喪服やスーツであることが多いことを考えると、モノトーン系の色を使用すると故人の顔だけくっきりと浮かび上がってしまうような写真に仕上がってしまう場合もあります。

そのため、写真に写っている故人の服装や顔の明るさによってモノトーン系の色が適しているかどうかを考えながら選んでいくようにしましょう。

花や景色などのデザイン

遺影写真の背景としてブルー系の色やモノトーン系の色が選ばれることが一般的なのですが、単色の色よりも花や景色などのデザインを入れるという人もいます。

写真にデザインを加えることで遺影に奥行きを持たせたり、華々しい印象を 持たせたりすることができるようになるのです。

故人が好んでいたデザインやマーク・景色などがあればそれらを遺影写真に取り込むことで、より故人らしさの出る写真になるでしょう。

生前に遺影写真を撮影して用意するという選択肢も

生前に遺影写真を撮影して用意するという選択肢も
生前に遺影写真を撮影して用意するという選択肢も

ここまでは遺影写真の背景を加工や修正といった技術を使って作成するという方法について解説してきました。

これらの技術を使わずに既存の背景を使用して遺影写真として使用するという人もいるので、遺影写真を準備する家族や故人の好みによって様々なパターンから適切な遺影写真を準備していきたいものですね。

既存の写真を加工・修正する以外に適切な遺影写真を準備するための方法として、生前に遺影写真を撮影して用意するという方法があります。

遺影写真を生前に準備しておくことには様々なメリットがあるので、ここから詳しく解説していきたいと思います。

生前に撮影し前もって用意する人が増えています

「終活」という言葉が普及してきたように、生前の元気なうちから遺影写真を準備しておこうという人が増えてきています。

事前に葬儀の準備を進めておくことで、突然葬儀を行うような事態になったとしても家族や親戚たちが困らないようにすることができるのです。

もちろん遺影写真だけではなく、棺桶や祭壇の飾り付けまでも生前に選ぶことができるようになっているので、スムーズに最期を迎えるためにもできる準備は生前のうちにやっておきたいという考え方をするのも理解できます。

自分で納得の1枚を選ぶことができる

生前に遺影写真を準備しておくことのメリットとして、自分で納得いく写真を選ぶことができるということがあります。

生前に遺影写真をしていなければ、遺影用ではない集合写真やスナップ写真を加工しなければなりません。

そうなってしまうと不本意な遺影写真を祭壇に飾られてしまうことになるので、それは納得いかないという人もいるでしょう。

遺影写真は葬儀の際に故人の顔や思い出を記憶に残してもらうための大切な一枚です。

生前に写真撮影をしてもらうことで、髪型や化粧、服装や趣味のアイテムといった要素を好きなように取り入れることができます。

そのため、あなたの納得いく一枚を用意してもらうためには、生前に写真撮影をしてもらうメリットは大きいです。

親族が故人を落ち着いて偲ぶことが出来る

突然葬儀を行うことになり遺影写真を準備しなければならなくなった親族は、葬儀の準備のために大慌てになるでしょう。

葬儀場との連絡調整であったり、関係各所への連絡など、大切な人を失ったという失望感の中で様々な仕事を進めていかなければなりません。

このような忙しい状況の中ではとても落ち着いて故人を偲ぶことはできないでしょう。

生前に遺影写真を準備しておくなど、事前にできる準備を進めておくことで、親族が落ち着いて忍ぶことができるようになるのです。

最期のお別れをより良いものにするためには、このような準備が不可欠になってきます。

納得の遺影写真を用意するためには

納得の遺影写真を用意するためには
納得の遺影写真を用意するためには

ここまでは葬儀で遺影を使用する際にどのような背景が適しているのかということについて解説してきました。

遺影は祭壇に使用するのみでなく焼香台や仏壇にも使用するため、多くの参列者に遺影写真を見てもらう機会があることを考えると、やはり適切な背景を選んでおきたいものです。

葬儀の準備は遺影のみではないので、穏やかに人生を締めくくるためにも、できる準備は事前にしておくに越したことはありません。

そのようなことを考えると、遺影の撮影をプロカメラマンに依頼しておくと良いです。

遺影の撮影用プロカメラマンに依頼すると様々なメリットがあるので、 ここから解説していきたいと思います。

プロのカメラマンに撮影をお願いすることがおすすめ

遺影はデジカメやスマホで撮影した写真からも準備できるので、わざわざプロに依頼しなくても良いのではないかと考える人もいると思います。

しかし、プロのカメラマンに遺影を撮影してもらうことのメリットは大きいです。

ここからは遺影撮影をプロカメラマンに撮影依頼した方が良い理由を見ていきましょう。

急に遺影が必要な状況になったとしても落ち着いて準備できる

遺影をプロカメラマンに依頼したほうがいい1つ目の理由は、急に遺影が必要な状況になったとしても落ち着いて準備できるということです。

このメリットは、生前に遺影写真を準備することのメリットでも解説してきたのですが、プロのカメラマンに撮影を依頼する時にも同様のことが言えます。

やはり遺影が必要になる場面がいつ訪れるのかということは誰にも予想することができません。

突然遺影が必要となってしまった場合に、急いで写真を準備しなければならないとなってしまうと、残された家族や親戚は葬儀の準備や遺品整理のために大慌てになってしまいます。

葬儀の準備は遺影のみではありませんから、少しでもスムーズに葬儀を準備することができるように、できることを生前から準備しておきたいものです。

納得いく写真を撮影してもらうことができる

遺影をプロカメラマンに依頼したほうがいい2つ目の理由は、納得いく写真を撮影してもらうことができるということです。

こちらも事前に遺影写真を準備するメリットと同様のことが言えます。

亡くなった後なので遺影としてどのような写真が使われるのかということは事前に準備をしていなければ把握することはできません。

葬儀で使用される写真があなたの望んでいないような写真だったら来客や親戚に見せたくないと思うのではないでしょうか。

生前に遺影を撮影しておくことで、葬儀で使用する写真をあなたの納得のいくものにすることが可能なのです。

プロにメイクやヘアメイクしてもらえる

遺影をプロカメラマンに依頼したほうがいい3つ目の理由は、プロにメイクやヘアメイクしてもらえるということです。

生前に撮影した写真は遺影を目的とした写真でないことが多いので、メイクやヘアメイクが遺影としてあまり適していないということもあります。

プロのカメラマンに撮影を依頼することで、オプションとしてプロのメイクやヘアメイクをしてもらうことができるというところもあるのです。

そのため、より遺影として良い雰囲気が出るようなメイクやヘアメイクをしてもらうことで、納得いく写真を準備することができるようになります。

衣装を自分で準備しなくて良い

遺影をプロカメラマンに依頼したほうがいい4つ目の理由は、衣装を自分で準備しなくて良いということです。

プロカメラマンに写真を撮影してもらう時に、撮影するスタジオによっては衣装も用意してあることが多いので、わざわざ自分で準備しなくても遺影に適した服装をその場で決めることが可能になります。

わざわざ遺影のために適した服装を準備するというのはもったいないです。

撮影スタジオに準備してある服装は写真を撮影してもらう料金に含まれる場合が多いですので、衣装が置いてあるスタジオであるかということを確認してから利用するようにしましょう。

プロのアドバイスがもらえる

遺影をプロカメラマンに依頼したほうがいい5つ目の理由は、プロのアドバイスがもらえるということです。

遺影用の写真を自分で撮影して準備するということも可能なのですが、遺影用の写真を撮影する機会というのはあまり多くありません。

そのため、どのような服装やメイクであったり、髪型や表情が適しているのかということが分からないという人が多いです。

そのような場合は遺影の撮影に慣れたプロのカメラマンにアドバイスを求めることで、適切な写真を撮影することができるようになります。

ミツモアでカメラマンの撮影を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは日本最大級のカメラマン登録数を誇っています。それぞれの撮影に特化したカメラマンや地域でのご紹介が可能ですので、カメラマンの撮影はミツモアに依頼してみてください。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数のカメラマンに無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりを参考に、より条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りのカメラマンがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

遺影写真の撮影をプロのカメラマンに依頼するなら是非ミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアでカメラマンに遺影写真撮影の見積もりを依頼する >>