ミツモアメディア

草むしりを楽にする便利道具を厳選して紹介!作業を効率化するコツ

最終更新日: 2021年01月22日

面倒な草むしりを少しでも楽に行うには、便利な道具を活用するのがおすすめです。道具を使うことで作業が効率よく行えるので、時間や手間を削減でき、体への負担も軽減できることでしょう。おすすめの道具や、作業のポイントを解説します。

草むしりの目的

むしった草

草むしりにはどのようなメリットがあるのでしょうか?庭の雑草を取るのは何のためなのか、まずは改めて確認しましょう。

景観をきれいに保つため

雑草が生えた地面を放置していると、雑草が生い茂ってしまい、見た目が悪くなります。草むしりで雑草を除去し、自宅をきれいに見せることで、周囲からの印象もよくなるでしょう。

伸びっ放しの雑草は、隣家に侵入してしまうこともあります。雑草を放置してしまうと景観を悪くするだけでなく、隣家に迷惑をかけかねません。

また、草むしりは草刈りと違い、根っこから雑草を抜くのが基本です。根っこから抜くと後から生えにくくなるため、長期間きれな景観を保ちやすくなります。

空き巣など犯罪のリスクを減らすため

自宅周りの雑草を除去することは、防犯対策にもつながります。犯罪者が茂みに姿を隠したり、枯れ草に放火したりするリスクを減らせるでしょう。

庭の雑草が伸びっ放しで放置されている家は、「活発に動ける人がいない家」と思われかねません。隙が多い印象を与えてしまい、犯罪のターゲットになる恐れがあります。

「侵入しやすい家」と思われないために、定期的に草むしりをして建物の周りをきれいにしておきましょう。

草むしりに適したタイミング

草むしりをする女性

雑草を伸ばし過ぎないために、草むしりは定期的に行うのがポイントです。雨が降ったあとは作業しやすいことも覚えておきましょう。

理想は年に3回

草むしりのタイミングは年に3回が理想です。6~7月・9~10月・11~12月を目安とし、雑草の生育サイクルに合わせて行いましょう。

雨が多く温暖な6~7月は、草がより大きく伸びようとする時期です。成長が本格化する前に草むしりをしておけば、雑草が生い茂ってしまうのを抑えられます。

気温が下がり始める9~10月は、草の成長が鈍くなり始める時期です。草むしりをすることで、成長に必要なエネルギーを抑えられるでしょう。

寒さが本格化する11~12月の草むしりでは、枯れ草の除去を意識することが大切です。草の色が変わってくる時期に枯れ草を取り除けば、きれいな景観で年を越せます。

雨が降ったあとは作業しやすい

草むしりは、雨が降ったあとの作業がおすすめです。地面が水を含んでいると柔らかくなるので、根っこを引き抜きやすくなります。

そのため、草むしりの理想的な時期である6~7月・9~10月・11~12月のうち、雨が降ったあとに数日晴れが続いた頃に草むしりをするのがベストといえるでしょう。

しかし、雨が降っている最中や降った直後に作業すると、体が濡れたり足元が滑りやすくなったりもします。草に雨水が残っている状態では、草が重くなりやすいこともデメリットです。

これを解消するために、梅雨時期は気になる雑草だけ抜くようにし、梅雨が明けて晴れの日が数日続いたあと、一気に草むしりをするのも手です。

雑草が生えにくくなる草むしりのコツ

雑草の生えた駐車場

ただ草を取れば草むしりはOKというわけではありません。庭を長くきれいに保つためには、草むしりのやり方にコツがあります。ここからは、草むしりを行う時に気をつけたいポイントを見ていきましょう。

根っこから抜く

雑草の多くは、葉が枯れても根が残っていると再び成長する多年草です。種ができるまで成長すれば、自らが大きくなるだけでなく、雑草自体も増え続けてしまいます。

そのため、何度も同じ雑草の葉を除去する手間を省くために、根っこから抜くのがポイントです。雑草ができるだけ小さいうちに、根までしっかりと抜きましょう。

雑草の葉を持って抜こうとすると、葉だけがちぎれやすくなります。草むしりをするときは、できるだけ地面に近い部分を持ち、真上に抜くように引くのがコツです。

根っこが抜けにくい場合は、周りの土を草取りフォークでほぐせば抜けやすくなります。抜いた後に穴が開いてしまったら、スコップなどでならしておきましょう。

発見したら小まめに抜く

既述のとおり、草むしりには理想の時期があります。ただし、草が大きくなるほど根が張り、根っこから抜きにくくなるため、雑草を見つけたらできるだけ小まめに抜くとよいでしょう。

発芽して間もない草なら、成長した状態の草に比べ、根っこから引き抜くのも容易です。時期によってはあっという間に大きくなるため、数日おきに確認するとよいでしょう。

小さな雑草の草むしりを習慣化することで、自宅回りを常にきれいな状態に保てるのもメリットです。

作業中の体調管理も忘れずに

草むしり

草むしりは体を動かす作業です。動きやすい服装で、体調管理に気をつけながら行いましょう。

ここからは草むしり中に気をつけたい、体調管理の注意点について解説します。

小まめな水分補給で熱中症や脱水対策を

夏の暑い時期に草むしりをする場合は、熱中症や脱水症状に気をつけましょう。真夏だけでなく、暑くなり始める時期や、暑さが落ち着いてくる時期も注意する必要があります。

屋外作業を続けていると、水分補給がおろそかになりがちです。水筒に飲み物を入れ、小まめな水分補給を意識しながら作業しましょう。

日差しが強い時間帯を避けて作業することも大事です。午後の時間帯に気温が上がりやすいため、早朝から午前中までの時間帯か夕方に作業するとよいでしょう。

長時間の作業も危険です。2時間程度を作業時間の目安とし、終わらない場合は時間帯や日を変えて作業すれば、熱中症や脱水症状のリスクを抑えられます。

虫刺されやアレルギーに注意しよう

雑草が生えている場所には、さまざまな虫がいる可能性があります。中には皮ふを刺してくる害虫もいるため、服装に気をつけるなどの対策が必要です。

雑草によるアレルギーにも注意しましょう。イネ科やキク科などの雑草には、花粉を飛ばしてスギ花粉症に似た症状を引き起こす種類の植物があります。

草むしり中にくしゃみや鼻水が出やすくなったら、アレルギーの原因となる雑草に接近している可能性があります。マスクをつけるなどして、花粉をガードする必要があるでしょう。

また、触るとかぶれてしまう植物もあるため、軍手をはめるなどして手を保護しておくことも大切です。

腰を痛めないように注意

草むしり中は無理な姿勢になりやすいため、長時間作業を続けていると腰を痛めてしまう恐れがあります。適度に休憩をはさみながら作業するようにしましょう。

同じ姿勢で作業し続けないことや、体の重心を左右のどちらか一方にかけすぎないことが大切です。

足元の草むしりをする際は上体を倒さず、膝をしっかりと曲げて作業すれば、腰に負担がかかりにくくなります。

どうしても体がきつい場合は、充電式の小型電動除草機を使うのもおすすめです。作業効率を高められるため、体にかかる負担を大幅に軽減できます。

草むしりの基本装備

虫刺され対策の服装 草むしり

体の保護や作業の効率化を図るために、服装や道具にも気を配りましょう。草むしりの基本的な準備について解説します。

作業に適した服装

草むしりをするときの服装は、長袖と長ズボンの着用が基本です。虫刺されや道具で皮ふを傷つけるリスクから、体を保護できます。

ケガ・汚れ・滑りを防ぐための滑り止め付き軍手や、汚れ・転倒を防ぐための長靴も、できるだけ着用しましょう。

また、暑い時期に草むしりをする場合は、麦わら帽子など帽子類の着用が必須です。汗拭き用のタオルを首に巻いておけば、日焼け予防にも役立ちます。

作業の状況によっては、草や小さな石が目に入るのを予防するゴーグルや、砂塵やホコリの吸い込みを予防するマスクの着用も検討しましょう。

備えておきたい道具

草むしりでむしった草を集める道具として、ほうき・熊手・ちり取り・バケツなどを用意しておきましょう。雑草が少量なら、むしった草をそのままゴミ袋に入れれば廃棄しやすくなります。

根っこから引き抜きにくい草が多い場合は、鎌があると便利です。根の付近に鎌を入れることで土がほぐれ、根っこから抜きやすくなります。

しゃがむ姿勢がきつい人は、小さないすを使うのがおすすめです。農業用のいすとして、車輪や背もたれの付いた商品が販売されています。

草むしりを楽にする道具

草むしり

手間や時間がかかりやすい草むしりでは、道具を使うことで作業効率の向上や体への負担軽減を図れます。草むしりを楽にする代表的な道具をチェックしておきましょう。

立ったまま作業ができる「ねじり鎌」

長時間しゃがみ込んで作業するのがつらい人には、ねじり鎌と呼ばれる道具がおすすめです。立ったまま作業できるため、足腰に負担がかかりにくくなります。

ねじり鎌はその名のとおり、一般的な鎌の刃の付け根をねじったような形をした道具です。さまざまなタイプの商品が販売されており、柄の長いタイプなら立ったまま作業できます。

刃先を草の根元に差し込み、そのまま引き抜けば、草を根ごと取り除けます。柄の長さを調節できるタイプの商品なら、使う人や場所に合わせて長さを変えられるため便利です。

柄の短いタイプのねじり鎌も用意すれば、しゃがんで草むしりをする際にも重宝するでしょう。

根っこから取り除ける「フォーク」

草むしりの作業効率を上げられる道具のひとつとして、草取りフォークが挙げられます。飲食用フォークと同じような形をしている道具です。

テコの原理を利用して草を根っこから抜きやすくなるよう、形状に工夫が凝らされています。

草取りフォークを草の根元に差し込み、柄の部分を倒すだけで、根っこから草を取り除けられます。最小限の力で除草できるため、女性や年配者におすすめです。

もう片方の手に持ったゴミ袋へ、取った草をそのまま入れれば、ほとんど手を汚さずに作業できるでしょう。草むしりで手を汚したくない人にも向く道具です。

レンガの隙間に生えた雑草を取る「根さばき」

レンガやブロックの細い隙間から生えている雑草は、根っこから取るのに苦労するでしょう。このようなケースで重宝する道具が根さばきです。

きりの先端を曲げたような形をしており、レンガやブロックの隙間に差し込んで手前に引くだけで、簡単に根ごと除草できます。

レンガやブロックの細い隙間にびっしりと生えた小さな草を、一気に取れる道具として活用できるでしょう。

商品により爪の太さが違うため、草むしりをしたい環境に合わせて商品を選ぶことが重要です。

機械の力で簡単除草「電動式草刈機」

できるだけ楽をしたいなら、機械の力に頼るのもひとつの方法です。草むしりの作業効率を大幅にアップできる電動式草刈機を使えば、力を使わずに素早く作業できます。

草むしりに適した電動式草刈機は、草を根っこから取りやすいことが魅力です。人が草をむしる作業を、機械が代わりにしてくれます。

機械には持ち手が付いているため、むしる際に手が汚れることもありません。取った草をそのままゴミ袋に入れれば、ほとんど手を汚さずに作業することも可能です。

手作業での草むしりに比べコストはかかりますが、比較的安価な商品も販売されています。機械の力を借りて楽をしたい人におすすめです。

作業を楽にするおすすめ商品

ねじり鎌

手作業での草むしりを効率よく進められるおすすめ商品を紹介します。それぞれの特徴を確認し、自分に合いそうなものを選んでみましょう。

グリーンクロス「オールステン伸縮式レーキ 9本爪」

グリーンクロス「オールステン伸縮式レーキ 9本爪」

ハンドルの長さを自由に変えられるレーキです。ハンドルの長さを約700~1200㎜の間で伸縮できます。

レーキは熊手とも呼ばれ、抜いた後の草を集めるのに役立つ道具です。ハンドルを長く伸ばすことで、腰への負担を抑えて楽に作業できます。

ハンドルを短くすればコンパクトにまとまるため、場所をとらずに収納できるでしょう。刃はさびにくいステンレス製です。

清水製作所 モンブラン「スーパー草取りフォーク」

清水製作所 モンブラン「スーパー草取りフォーク」

雑草を根っこから抜くのに重宝する草取りフォークです。草の根元にフォークを刺し、てこの原理でグリップを動かすだけで、草をねごと取りやすくなります。

長めの刃先が地中深くまで入るため、深く根付いた雑草も掘り起こしやすいでしょう。フォークで取れないような小さい草は、手前の爪で引いて取れます。

グリップがループ状に設計されているため、女性や年配者など力の弱い人でも楽に扱えるでしょう。球根を埋めたり掘り起こしたりするときにも使用可能です。

コモライフ「テコ式の草抜きフォーク」

コモライフ「テコ式の草抜きフォーク」

硬い地面にも刺さりやすいV字型のフォークが付いた草取りフォークです。雑草の根元にフォークを刺し込み、凸部を支点にしてハンドルを下げることで、草を根っこから抜けます。

軽い力でも根元からごっそりと抜きやすいため、手作業に比べ手間や時間を大幅に短縮できるでしょう。

全長は約29㎝と長く、グリップも握りやすいように設計されています。ガーデニングや家庭菜園など、さまざまな場面で活用できることも魅力です。

富田刃物 仁作「ステンレス製 ねじり鎌 焼木柄 No.921」

富田刃物 仁作「ステンレス製 ねじり鎌 焼木柄 No.921」

柄の短いタイプのねじり鎌です。しゃがみながら草むしりをする際、草を根ごと取り除くためのサポート用道具として活用できます。

ステンレス製の刃部全てに焼き入れ加工が施されているため、とても頑強です。切れ味が悪くなっても、研ぎ直すことで長く使い続けられます。

柄部の材質には、焼木仕上げが施された「たも材」が使われています。優れた品質が備わった、安心して使用できるねじり鎌です。

清水製作所 モンブラン「長柄らくらく草取りヅメ 100×1060mm」

清水製作所 モンブラン「長柄らくらく草取りヅメ 100×1060mm」

柄の長さが約1060㎜あるため、体に負担をかけずに作業できる道具です。軽量で持ちやすく、長時間使用しても疲れにくいでしょう。

ギザ刃でフック型の形状に設計された刃は土に入りやすいため、強い力を入れなくても雑草を根元から抜けます。刃先がコンパクトであることから、狭い場所での草取りにも便利です。

刃と柄の接合部に樹脂とリベットを使用しているため、ガタつきにくいことも特徴です。右利きと左利きのどちらでも使用できます。

家庭で使いやすい小型電動タイプ

庭の手入れをする男性

草むしりで楽をしたい人は、小型電動機械の使用を検討してみましょう。家庭でも使用可能なおすすめ商品を紹介します。

ムサシ「充電式除草バイブレーター」

ムサシ「充電式除草バイブレーター」

バイブレーターにより生み出される震動を利用して除草する機械です。草の根元に刺し込んだブレードが震動することにより、根っこから草を抜きやすくなります。

根が抜けにくい場合に鎌を使うと根が途中で切れやすく、地中に残った根から再び草が生えてしまうでしょう。

しかし、充電式除草バイブレーターを使うと、根に付いた土が震動で取れるため、地中に根を残さずに除草できます。

除草剤や鋭い刃物を使うことなく、安全に作業できることも魅力です。充電式のコードレスタイプでどこにでも持ち運べるため、気になる場所で手軽に使用できます。

ITK 回転式電動草取機 「抜けるンですBit」

ITK 回転式電動草取機 「抜けるンですBit」

手持ちの電動ドライバーに取り付けて使用するタイプの草取機です。DIY用の工具を草むしりの道具として活用できます。

ドライバーに取り付けた草取機を草の根元に差し込み、ドライバーのスイッチを入れると、草取機が回転して絡め取るように根っこから草を取れます。

草取機をスライドすれば取った草を簡単にドライバーから外せるため、手が汚れにくいことも魅力です。

取付用のジョイント金具と六角レンチが付属しています。手持ちの電動ドライバーがある人におすすめです。

草むしりをしたくない人におすすめの方法

除草剤使用

草むしりには時間や手間がかかるため、面倒に感じる人はほかの方法を検討するのもよいでしょう。除草剤・防草シート・砂利を使った除草のやり方を紹介します。

手軽な「除草剤」

除草にかかる時間や手間をできるだけ省きたいなら、手軽に使える除草剤がおすすめです。除草したい場所に散布するだけで、薬剤に応じた除草効果を発揮させられます。

除草剤の主な種類は、粒剤と液剤の2つです。粒剤は水で地面に浸透させるタイプで、主に草の根まで枯らすために使用します。液剤は草の葉に散布するタイプで、主に葉や茎のみを枯らす効果があります。

除草剤の細かい効果は、商品によりさまざまです。即効性があるタイプや効果が長期間持続するタイプ、地中の種にも効くタイプなどがあります。除草する場所の状況や除草目的などに合わせて、適切な商品を選ぶことが大事です。

かぶせるだけでOK「防草シート」

植物にとって光は必要不可欠なものであり、光が当たらなければ植物は枯れていきます。この特性を利用して除草する道具が防草シートです。

除草したい場所に防草シートを敷き、太陽の光をさえぎることで、防草シートの下にある雑草を枯らせられます。シートをかぶせるだけで除草できるため、草むしりより楽に作業できるでしょう。除草剤と比べコストも抑えられます。

外部から雑草の種が飛んできても、防草シートにさえぎられるため根付くことはありません。シートの上に人工芝を敷けば、景観をよくしたりシートの上で活動したりすることも可能です。

美観を保ち雑草を防ぐ「砂利」

太陽の光をさえぎって除草する方法としては、砂利を敷き詰める方法も挙げられます。美観を保ちながら雑草を防げることが魅力的な対策です。

砂利で防草する際は、砂利の隙間から光が入り込まないようにすることがポイントです。隙間から雑草が生えてくると見苦しくなり、除草の余計な手間もかかるでしょう。

砂利に隙間を作らないためには、砂利を敷く前に地面をしっかりと固めることが重要です。地面が固まることで砂利が沈まなくなり、隙間もできにくくなります。砂利を分厚く敷き詰めることも大切です。

草むしりが大変ならプロに依頼

草むしりする男性

自宅の庭をきれいにしたくても、時間がなかったり体の調子が悪かったりすると、丁寧に草むしりをすることも難しいでしょう。

草むしりが大変なら、さまざまな業務を代行してくれる「プロ」に依頼するのがおすすめです。プロの手により、庭の状態を一新できます。

手間なく効果的な除草が可能

プロに除草を依頼すると、さまざまな方法で手間をかけずに効果的な除草をしてもらえます。

草刈り機で表面をきれいにするだけでなく、草の根元近くまで刈り取ったり、除草剤で草の根や種まで枯らしたりできる場合もあるでしょう。

知識や経験が豊富なプロならではの提案を受けられるため、どこまで処置してもらうかを予算に合わせて決められるのもメリットです。

草の処分も任せられる

草むしりでよく問題になるのが、取ったあとの草の処分です。そのまま放置しておくと、再び根付いてしまう恐れがあります。

しばらく放置して枯らした後に燃えるごみとして捨てたり、たい肥として再利用したりする方法もありますが、いずれにしても自分で処理するのには手間がかかります。

しかし、プロに除草を依頼すれば、刈り取ったあとの草も処理してもらうことが可能です。草の後始末に不安がある人でも、プロに依頼することで問題を解決できます。

プロに依頼する相場は?

プロに除草を依頼する場合、職人1人が作業するなら、費用の相場は1日あたり約1万円が目安です。

面積で計算する業者の場合、1平方mあたり500~2,000円と費用相場に幅があります。機械を使うと安くなったり、草丈で費用が変動したりするケースもあるでしょう。

しっかりと予算を組みたい場合は、見積を出してくれる業者へ相談するのがおすすめです。複数の業者から相見積をとれば、相場に比べ高すぎる業者を選んでしまう失敗を回避できます。

草むしりのプロ探しはミツモアがおすすめ

地域のプロを探す際はミツモアの一括無料見積もりをご利用いただくと手間なくご自身の希望通りの業者を見つけることが可能です。

ぜひミツモアを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで無料で見積もってみる

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで雑草の駆除を依頼する