ミツモアロゴ

写真写りで勝つ!男前を作る表情、髪型、ポーズを自撮りで徹底研究!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月04日

こんにちは。カメラマンの岩崎隼人です。最近はインターネットのマッチングサイトで写真撮影の依頼をたくさんお受けするようになりました。男性からのプロフィール写真やポートレート撮影の依頼もたくさん寄せられています。

そんな中、伺うことの多い悩みは、「写真を撮られることに慣れていない。どうすればいいのでしょう?」「どのような表情をすれば写真写りがよくなるのか?男前になるのか?わからない・・・」といったものです。

この記事では、そんな男性のプロフィール写真や旅行写真の撮られ方、写り方のコツについて解説を行っています。「撮る側」も「撮られる側」もぜひご一読くださいませ。

写真写りが悪くなる男性の三大原因

写真写りが悪くなる三大原因
写真写りが悪くなる三大原因

多くの男性は、自分の写真写りがあまりよくないものと考えているようです。少なくとも、過去私に依頼をされた男性のお客様のほとんどはそのように考えていました。

実を言うと、写真写りが悪くなってしまう原因のほとんどは行動的および経験的なものが多く、なおかつ自身で改善できるのです。

1.写真に慣れていない

男性の写真写りが悪くなってしまう理由としてもっとも大きなものがこれでしょう。ほとんどの男性は、写真に対して慣れていないのです。

いかんせん、女性と比較すると男性というのは「撮られる機会」か少ないものです。成人式の前撮りも女性からの依頼数が多く、Instagramに投稿されているポートレートモデルも女性が目立ちます。

このような状況から、世の中の男性の多くは「撮られること」と自分が無縁だという認識があり、それゆえいざその立場に立ってしまうとうまく対応できないのてしょう。

2.表情の作り方

写真に慣れていないという大きな原因は、ほかの小さな要因ともつながっています。男性の場合、撮られるための表情を作るということが苦手な方も多いです。

とくに男性の場合、生活環境などもあってかふだんから表情を作るということをあまり経験されていない方も少なくありません。

プロフィール写真を依頼される男性の多くはそれを自覚しているようで、「どうすれば自然な笑顔を作れるか」と相談を受けることもしばしばです。

3.姿勢

これは女性であってもできていないことが多いですが、モデル経験のない方の多くはうまく「写真に映える姿勢」を作り出すことができません。

どことなく猫背になっていたり首周りにシワができていたり、あるいは緊張して「カタい」姿勢になっていることがよくあるのです。

これは写真への不慣れに加え、ふだんあまり姿勢というものをチェックしていないというのが原因でしょう。自分の姿勢を把握しコントロールするというのは、意外と意識しづらいものてす。

まず、写真に慣れよう

写真と友達になる
まず、写真に慣れよう

先の項目で述べた写真写りが悪い原因のどれかが当てはまっているという方、かなり多いのではないでしょうか。ある意味、男性共通の悩みとも言えるかもしれません。

写真に慣れ、写りを改善していくためにまず行うべきこととして私がおすすめする方法を、この項目で紹介させていただきます。これからプロフィール写真や婚活写真を撮ってもらうという方はぜひ実践してください。

自撮りからスタート

ほとんどの男性にとっては今まで無縁であったかもしれませんが、「自撮り」こそが写真慣れするもっとも有効な方法です。

自撮りであれば特殊な機材を買わなくとも今すぐスマホでできるのでお手軽ですし、他人に見られることもないため恥ずかしさを感じず遠慮なく何枚も練習できます。

もちろん最初のうちは抵抗があるかもしれません。でも、騙されたと思ってやってみましょう。きっとそのうち楽しくなってくるはずですから。

自分の得意な角度を見つける

写真写りがよく角度
写真写りがよく角度

そうしていろいろな場面、さまざまな場所で自撮りを行っていると自身の「得意角度」を発見できるでしょう。特定の角度から撮影することによってイケメンになるという不思議な現象です。

プロモデルというのはこの得意角度をしっかり把握しており、そのポイントが最大限に活かされるようなポーズを撮ります。経験豊富なカメラマンをもそれを理解し、シャッターを切るのです。

この得意角度が発見できれば、大きなブレイクスルーを巻き起こせます。その瞬間、自分が今までの倍魅力的になったとすら思えるかもしれません。

様々な表情のバリエーションを試す

表情のバリエーション
表情のバリエーション

得意角度をひとつ発見したのであれば占めたものです。さまざまな表情や構図にチャレンジし、試行錯誤を繰り返しましょう。

得意角度はひとつとは限りません。また別の魅力を引き出せる表情や構図が隠されている可能性も十分にあります。それを積極的に掘り出していきましょう。

こうしたプロセスを一定期間続けていれば、撮られることに対する不慣れさは大きく改善され、プロフィール写真撮影にも大きな自信が湧いてくるはずです。

自撮りアプリは有効か?

最近は自撮りアプリというものが登場しており、それを使えばAIによる加工で写り映えがよくなると言われています。

確かにこうしたアプリも場合によっては有効かもしれませんが、必ずしもよい画にしてくれるというわけではありません。アプリの加工はあくまでも機械的に行われるため、時折まるで人形の顔のように異常な表情になってしまうこともあるのです。

よりクオリティが高くなおかつ自然な写真を撮りたいのであれば、自分の撮影テクニックを磨いていくことを心がけ、アプリの方は時折遊び的に使用するといったやり方がよいのではないでしょうか。

写真を撮る時の表情

いい表情で撮ろう
写真を撮る時の表情

プロフィール写真やポートレートを撮影するにあたって、「表情をどうするか」という事柄はとても大事です。

とくに男性の場合、バリエーション豊かな表情になれていない、あるいは目が小さくなって写真写りが悪いといった悩みを抱えていることも少なくありません。

そんな悩みを持つ方々のため、この項目では男性写真における表情の作り方について解説いたします。

写真で目が小さくなる人のための表情の作り方

「写真に撮られた自分は思った以上に目が小さく、性格が悪く見える」と悩まれている方はとくに男性に多いです。

これには「前髪が目に入る」「日光がまぶしい」などさまざまな理由がありますが、無理に笑顔を作ろうとしていわゆる「半目」のような状態になっているという点にとくに注意した方がよいでしょう。

男性の場合、表情づくりへの不慣れからとくに半目ができやすいように感じられます。ですので、目が小さく見えることで悩まれている方は、無理のない表情づくりを心がけてみるとよいでしょう。状況が許すのであれば、ややサイズが大きめのメガネをかけてごまかすのもアリです。

ささやかな笑顔・すまし顔・目線外し

無理のない表情というのはどういったものなのか?たとえばほんのちょっとだけ唇に力を込めるような「ささやかな笑顔」です。力強さはありませんが、とても自然で違和感のないポジティブな表情となります。

また、無表情の状態から目線をやや上目遣いにする、カメラのレンズを見ず遠くの風景などの「すまし顔」「目線外し」なども有効でしょう。

表情づくりに慣れていない男性の場合、モデルのようにあえてはっきりとした顔作りではなく、ほんのちょっとの動作で作れるナチュラルな表情にすることがおすすめです。

敢えて変顔にチャレンジ

これは少々からめ手的な方法ではありますが、あえてふだんは絶対しないようなユニークな表情、いわゆる「変顔」を狙ってみるのも面白いかもしれません。

写真に撮られ慣れていない人の場合、なまじちゃんと表情を作ろうとするとぎこちなくなり、「かたい」「怖い」といったイメージを見る人に与える可能性もあります。

それよりは、テレビに出ているコメディアンやYoutuberのように、あえてオーバーな表情やポーズをしてみると「面白そうな人」「愉快な人」というイメージを与えられることもあります。

自然な笑顔のための表情筋トレーニング方法

表情というのはトレーニングによって柔らかくすることが可能です。一線で活躍しているモデルの多くも、日々そうした訓練を欠かしていません。

1日数分でできる簡単なものとしては、「あ、い、う、え、お」と目と口を大きく開き、はっきり発音すること。これを毎日数回繰り返すことで、顔の筋肉はだいぶほぐれます。

そのほかにも、鏡に向かってかなりオーバー気味に「びっくりした表情」や「爆笑する表情」を作ってみるという運動を毎日続けることで、柔軟な表情を作りやすくなるでしょう。

写真写りを良くするには姿勢も重要!猫背男子注意

姿勢のゆがみは画のゆがみ
写真写りを良くするには姿勢も重要!猫背男子注意

旅行写真や自撮り写真を撮影する際は表情にばかり気を取られがちですが、注意すべき点はそれだけではありません。

たとえば、姿勢です。とくに昨今のパソコン全盛時代、かがむような猫背の姿勢になってしまっている方はかなりたくさんおられるので、とくに気をつけるべきです。

猫背以外にもこんな姿勢がダメ!

猫背にならないためにはピンと胸を張るべきですが、張りすぎるのも問題です。不必要にのけぞった姿勢は異常に不自然なだけでなく「なんだかえらそう」「尊大」といったネガティブなイメージを与えます。

また、体の向きを傾け格好のよいポーズをすること自体は別によいのですが、そのために首にシワができて見苦しくなっているということもしばしばです。

そのほか、アゴを引きすぎて睨み付けているような顔になっていたり、力が入りすぎて怒り肩になっていたりなど、写真に慣れていない人は知らず知らずのうちによろしくない姿勢をとっているということがよくあります。

撮影前にイメージトレーニングも

とは言え、いざカメラを前にポーズを撮れと言われても、大半の人は緊張感が勝り、ぎこちない姿勢になってしまうでしょう。

そんなときは、自宅やトイレの鏡を使って「どういった感じでポーズをとるか」といったようなイメージトレーニングを事前に行っておくことをおすすめします。

イメージトレーニングを繰り返えせば撮影に対する心構えもでき、よりリラックスした状態で写真撮影に臨むことができるでしょう。また、姿勢の歪みをはじめとした問題点を事前に見つけ、対策を行うこともできます。

髪型や服装も写真写りに影響する!

見落とし注意な服装と髪型
髪型や服装も写真写りに影響する!

男性の写真写りに関して注意を払うべきポイントはまだまだたくさんあります。たとえば、髪型や服装といった身だしなみに関連する事柄です。

ふだんそうした点に気をつけていても、自分ではよいと思っているスタイルが写真写りがよくないといったことが少なからずあるのです。

こんな髪型がおすすめ

写真映えを意識しヘアスタイルを選ぶとすれば「前髪が眉毛にかからない」「清潔感と明るさを感じさせる」ということが重要なポイントとなってくるでしょう。

おすすめの髪型としては、20代のみならず30代でもよく似合うツーブロックのショート、あるいはショートヘアにソフトなパーマをかけてみるといったものが挙げられます。

髪型を変えれば印象はとても大きく変わります。美容室へ赴くだけでなく、ドライヤーやワックスを使って自分なりのイメチェンにチャレンジしてみましょう。

意外と見落としがちな髪の落とし穴

ただし、髪型あるいは髪そのものに問題があった場合、写真に少なからぬ影響を与えてしまいます。髪の小さな問題というのは自分でも気づかないことが多く、撮った後で他人の指摘を受け「しまった!」となることもしばしばです。

もっともありがちなのがフケの蓄積。ふだん髪をいじっていない人はフケ対策も苦手な場合が多いです。そのため、撮影した写真をよくよく見てみると、髪のところどころに白いものが見える・・・といった失敗もよく起こります。

また、ワックスのつけすぎで変にテカテカになってしまったり、固めすぎてカチカチの髪になってしまったというのもよくありません。写真撮影前には適度なヘアセットを行うようにしましょう。

かっこよく写る服装

服装に関しては「これを着るべし!」といったような定番的なものはないと言ってもよいです。大事なのは「写真を見る相手にどのようなイメージを与えるか」ということで、そのイメージに合った服が求められます。

たとえば、やり手ビジネスマンという印象を与えたいのであればスタイリッシュなスーツを着ればいいですし、アクティブでチャレンジ精神が旺盛というイメージを持ってほしいのであれば、明るい色のポロシャツやジーンズがよいでしょう。

カッコいい、神秘的だと思ってほしいのであれば、黒基調の服であってもかまいません。時間と費用に余裕があるのならさまざまな服装を試し、どのイメージがきっちりハマるかを比較してみることをおすすめします。

プロフィール写真もプロに撮ってもらおう

プロだから安心できる
プロフィール写真もプロに撮ってもらおう

スマートフォンで自撮りしたようなお手軽なものでなく、より高いクオリティの写真を求めるのであれば、プロに撮影依頼を行うというのもひとつの方法です。

プロに頼むのは少々抵抗があるかと思われますが、実はさまざまなメリットがあり、お金を払う価値は十分にあると言えます。

プロフィール写真撮影専門カメラマンがいます

「わざわざ自分の写真を撮ってもらうためだけにプロを雇うの?」とびっくりされる方もおられるかもしれませんが、実はそれほどおかしいことではないのです。

最近はカメラマンマッチングサイトの登場によって、ポートレートやプロフィール写真、婚活写真の撮影を専門としたカメラマンもたくさんいます。

そのクオリティは素人と比較すると一目瞭然であり、なおかつお値段も1時間あたり1万円~2万円前後と比較的リーズナブルとなっています。

プロに頼むメリット

プロに撮影依頼をする一番のメリットは、なんといっても品質のよい写真を入手できるということ。人物写真、とくに男性写真は撮影にコツが必要ではありますが、プロなら照明や機材を有効活用し、ベストな写りのものを作り上げてくれます。

また、自撮りでは撮影しづらい角度、たとえば身体全体が入った構図やある程度の距離をおいた斜めからの構図で撮影をしてもらえるのもポイントで、よりバリエーションに富んだ画が期待できます。

それに加え、撮影してもらった高品質な写真は名刺やSNS、婚活などさまざまなことに利用できるので、考えようによってはかなりリーズナブルとも言えます。

プロフィール写真をプロに依頼しよう >>

ミツモアでカメラマンの撮影を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは日本最大級のカメラマン登録数を誇っています。それぞれの撮影に特化したカメラマンや地域でのご紹介が可能ですので、カメラマンの撮影はミツモアに依頼してみてください。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数のカメラマンに無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりを参考に、より条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りのカメラマンがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

プロフィール撮影をプロのカメラマンに依頼するなら是非ミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアでカメラマンにプロフィール写真の見積もりを依頼する >>

岩崎 隼人 - 大阪府大阪市北区

関西にてカメラマンとして主にポートレート等人物撮影案件に携わっています。 私自身はじめたてのころはいろいろと苦労させられましたので、これからカメラを使うという方にはしっかりわかりやすく、難しいことばをできる限り使わず解説を行わせていただきます。
ミツモアでプロを探す