ミツモアロゴ

パスポート写真のサイズは運転免許証と同じ?失敗しない撮影方法とは

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年07月23日

パスポートの申請にあたって写真のサイズが気になったことはありませんか?

そもそも、用意が必要なのか。現地で撮影するのか。少し前に撮った証明写真をそのまま使って良いのか。などなど。。。この記事ではパスポートの写真のサイズを含めたパスポート申請時の規定や注意点、パスポート写真を撮影する際のポイントを解説します!

パスポート申請時に必要な写真のサイズは?

パスポート写真のサイズ
パスポート写真のサイズ

パスポート申請時には、外務省で定められたサイズのパスポート写真を用意しなければなりません。その写真は本人照合を主な目的に使用されます。サイズは「国際民間航空機関(ICAO)」から国際基準が定められています。

出入国審査にあたって非常に重要な物であるので規定が厳しく、それに則った写真を用意しなければなりません。

パスポートの写真のサイズは縦45mm×横35mm

縦45mm×横35mm、上余白は2mm~6mmと定められています。

また、頭の先からあごまでを指す顔の寸法は32mm~36mm、顔の中心部分から写真の両端までの余白も15mm~19mmと、細かく定められています。

外務省パスポート申請用写真の規格(平成28年4月20日更新)より

フチなしの証明写真で、サイズを満たしたもののみ提出し、申請できます。

6カ月以内に撮影されたものでなければならない

パスポート写真は、申請前の6カ月以内に撮影したものでなければ申請できません。家にある写真を使用する場合には注意が必要です。

本人照合のために使用すると考えるとできるだけ最新の写真を使用するのが合理的ということでしょう。

規格に反しているものは申請できない

パスポート写真には、サイズの他にも様々規格があるため、チェックしておきましょう。

手ぶれやぼやけているなど不鮮明であるものや、マスクやサングラスをしており顔や輪郭が分からないといった写真は申請できません。

パスポート写真では目の色も重要であり、カラーコンタクトレンズや、フラッシュで目が赤くなった写真も使用できません。

背景にも注意が必要です。椅子が写っている写真や、肌と衣服、背景が同じ色で輪郭がはっきりしない写真は申請できません。背景の色は白、オフホワイト、薄グレーが推奨されています。

光の反射があるものや眼鏡のフレームが目にかかったもの、前髪で目元が隠れている写真も不可となります。

パスポート写真でメガネをかけるか悩んでいる方は以下の記事を参考にしてみてください。

参考:パスポートの写真はメガネを外すべき?なしでもOK?

パスポートの写真はどこで撮る?

パスポート写真の撮影方法は主に、自分で撮影する、自動証明写真機を使用する、もしくはプロに依頼をする3種類があります。

プロに依頼すればスタジオなどで撮影でき、チェックや撮り直しも可能です。

自動写真機や、自分で撮影したデジタル写真の場合は、パスポート写真の規格に合わないことも多いため注意が必要です。

プロに依頼すれば規格にあわせた写真を撮影できる

スタジオ(写真館)でプロに依頼をすれば、プロ仕様の整備や機材を使用して撮影をしてもらえます。

綺麗な写真に仕上がり、満足のいくパスポート写真を撮影できるでしょう。

また、撮影の目的を伝えるだけで規格に合った写真を作成してもらうことができます。

パスポート写真の規格外による、申請不可や再撮影というリスクもありません。

表情、身だしなみをチェックしながら撮影できる

スタジオ撮影では、プロのアドバイスをもらったり、身だしなみの乱れを直しながらの撮影が可能です。

また、後日パスポート以外の目的で写真が必要な時には、焼増しも可能です。

1セットの内容はお店により異なり、費用は5,000円~20,000円と幅があります。

写真の枚数に合わせて予算を相談できる場合も多いため、事前に確認をしておきましょう。

メリット デメリット
アドバイスが受けられる 費用が高い
身だしなみをチェックしてもらえる 気疲れする
機械や設備が整っている
規格を気にせず撮影できる

写真機だと安価ですぐに撮影できる

自動写真機は、駅の近くやショッピングセンター、コンビニの入り口などに設置されています。

証明写真が必要な時、写真機の設置場所に行けば24時間いつでも気軽に撮影できることがメリットです。

また、写真5~6枚で1,000円未満であるため、非常に低価格なこともポイントであるといえます。

自動写真機は性能も上がり、画質も美しくなっているほか、美肌効果や美白効果をプラスできるものや、背景を変更できるものまであるのです。

しかし、自動写真機では、身だしなみのチェックなどは自身で行う必要があります。

また、取り直しの回数も限られているため、満足できる写真が撮影できないケースもあるでしょう。

メリット デメリット
24時間撮影可能 サイズを規格に合わせることが難しい
価格が安い 画質調整により肌が白くなりすぎることも
人と会わず、気軽に撮影できる 撮り直しの回数が限られている

パスポート写真はプロに依頼するのが安心!

パスポート写真には細かな規格があり、申請する際に規格通りでなければ申請することができません。

自分で撮影をする場合、余白を調整したり、ピントをあわせて鮮明に撮影することは難しいものです。

パスポート写真の撮り直しにならずスムーズに申請できるよう、自動写真機や自分でプリントするのではなく、撮影のプロに依頼をすることをおすすめします。

参考:プロフィール写真撮影のプロカメラマン25選!ビジネスからSNSまで

ミツモアでパスポート写真の撮影を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアは日本最大級のカメラマン登録数を誇るお仕事マッチングサイトです。それぞれの撮影に特化したプロを地域で絞ってマッチングすることが可能です。プロへの撮影依頼はミツモアで見積もり依頼してみましょう。

簡単!2分で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のプロから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、撮影の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

パスポート写真の撮影をプロのカメラマンに依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

パスポート写真のカメラマンを探す!