ミツモアロゴ

ツイッターのプロフィールでフォロワーが増える?魅力的なプロフィールとは

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2018年11月06日

ツイッター(Twitter)のフォロワーを増やしたい!そう思っている方、プロフィールの重要性にはお気づきでしょうか。

自分のツイートを世間にむけて発信したい、いろいろな人に読んでもらいたいと思う場合、フォロワーを増やすためにプロフィールの充実は重要です。

限られた文字数に情報を入れ込むことは難しいですが、いくつかのポイントを押さえるだけで、注目度の高いプロフィールを作ることが可能です!

この記事では、ツイッターのプロフィールを作成する際のコツをご紹介していきます。

ツイッターのプロフィールって?書き方は?

ツイッターのプロフィールには、写真が円形に加工される、文字数の制限がある、という特徴があります。この特徴を把握したうえで、プロフィールの内容を検討する必要があります。

文章は160文字と制限がある

ツイッターのプロフィールは160文字の制限があります。そのため、履歴書に記載するような詳細なプロフィールを入力することは難しいでしょう。いかに簡潔に、自分のことをアピールするか、伝えたいことをまとめるのかが重要です。

プロフィール画像は丸形

プロフィール画像は丸形になりますが、丸形の写真を用意する必要はありません。アップロードした写真を、ツイッターのツール内で加工することになります。ヘッダーも、プロフィール写真同様に重要なアピールポイントです。ヘッダーは写真をアップロードしたあと、ツイッターのツールで横長に加工します。

160文字+画像でのアカウントへの入り口

160文字と聞くと、少ないと感じる人の方が多いのではないでしょうか。しかし、プロフィール写真を合わせることで、自身を売り込む十分な広告になるのです。プロフィールの内容と写真がアカウントへの入り口であることを意識してアピールできるプロフィールに仕上げましょう。

ツイッターのプロフィールは単なる「自己紹介」ではない!

ツイッターのプロフィールを単なる自己紹介にとどめておくのはもったいないことです。文章と画像を十分に活用して自分を宣伝し、読み手を集めましょう。この項目では、ツイッターのプロフィールが十分な広告になる理由と、具体的な書き方のポイントを見ていきましょう。

プロフィールの文章は簡単に検索される

ツイッターのプロフィールは、通常は160文字で書かれています。

その他に2000文字まで入れることが可能な、内容の深いプロフィールや、フォローを許された人だけが見れるフォロワー限定のプロフィールなどを設定することが可能です。そしてそプロフィールの文章は、検索することが可能です

ツイッターを使っている人が自分の興味・関心に基づきフォローする人を増やしたい場合、検索機能を使って自分の好みにあった人を探している場合があります。

検索手段としては、ツイッターのプロフィール検索ツイッター内で検索するケースに加えて、「ツイプロ」と呼ばれるサイトを利用するケースがあります。ツイプロとは、ツイッターユーザーのプロフィールを検索することに特化したサービスです。ツイプロのサービス内では、ツイッターアカウントを検索できるだけでなく、様々な条件をつけて検索をすることができる機能が付いており、気に入った人のアカウントをそのままフォローすることができます。

プロフィールの文章が検索結果に影響する

検索結果に表示され、フォローしてもらうためには、画像と発信する内容をプロフィールにキーワードで盛り込み、検索した未来の読者の注意をひいて興味を持ってもらえるようプロフィールを充実させることが大切です。

伝えたいこと、検索されたいことを考える

プロフィールを書く際に考えたい5つのステップを紹介します。

1つ目:自分が何者なのかを考えましょう。

2つ目:どのターゲットに向かって発信しているのか、はっきり具体的に考えましょう。

3つ目:自分の経歴を盛り込むか考えましょう。盛り込む際には時系列が矛盾しないように揃えることが大切です。

4つ目:自分のプライベートや人柄が出るような要素を考えましょう。

5つ目:アカウントが何を発信したいのか考えましょう。  

最も大切なポイントは最初に自分のことを明らかにすることです。何をしてるのかわからない人では、誰も興味を持ちません。そのうえでアカウントがどういうことを発信するのかにつながるようなプロフィールにすることが大切です。

ターゲットを明確に意識する!

良いプロフィールを書く場合にはターゲットを明確に絞り込むことが大切です。

多くの人に見てもらおうとターゲットを広げてしまうと、目的がぶれてしまい、曖昧な興味を持ちにくいプロフィールになります。

まずはターゲットを絞り、プロフィールを書き、発信する。その後、波及効果でターゲット周囲の人も巻き込んでいくような流れで読み手は増えていきます。

画像の印象も重要

ツイッターのプロフィール画像は、印象に残りやすいものを選びましょう。

この時にも同様にターゲットを意識することが大切です。どういう人に見てほしいのか、その人に響く画像はどういうものなのか。アカウントの趣旨と画像がずれすぎていないかを確認しましょう。

印象の良いプロフィール画像とは?

インパクトがあり、興味を持ってもらえるプロフィール画像とはどのようなものなのでしょうか。

画像の種類と、用意するのにおすすめの方法を紹介します。

自分の写真を設定する

ビジネス目的で運用しているアカウントの場合は、実名を出したうえで自分の写真を設定するのがおすすめです。

特に、個人名でお仕事をしている方の場合、自分の顔と名前を多くの人に知ってもらうことは事業を拡大するうえで重要ですよね。

また、そのような場合はプロのカメラマンに撮影してもらうとより一層信頼性が高まるでしょう。

自分で撮影するよりよりもあなたの良い表情を引き出してくれる上に、プロ仕様の機材を使用してライティングなどを調整してくれるため、完成度の高い写真になります。

ビジネス向けのプロフィール写真が必要な方は、「ビジネスのプロフィール写真は信頼を撮る!全国のスタジオ25選と料金相場」の記事もおすすめです。また、ミツモア(近くのプロを探せるサービス)では、プロフィール写真を撮影できるプロカメラマンを無料で探すことができます。

好きなものの画像を撮るという手も

プライベート目的や、実名を出さないで運用するアカウントの場合は、好きなものの画像を使用するという方法もあるでしょう。食べ物や風景、動物など、好きなものの画像を使うことで、あなたの好みに興味を持ってくれるフォロワーが増える可能性があります。

ネット上の画像を使う場合には要注意

自分の写真や、自分が所有しているものや創造したものを撮影した画像を使う分には、問題はありません。

しかし、他人の写真や他人が創造したものの写真、インターネット検索で保存した写真を使用する際には注意が必要です。

肖像権や著作権があるものは使用せず、インターネット上の画像を使用する際にはフリー画像から選びましょう。

いいプロフィール、悪いプロフィール

いいプロフィールは、肩書きや背景、趣味やアピールポイントなどを簡潔に書いたうえで、関連するプロフィール画像を設定しているものです。時系列に沿って物語様になっているものも良いでしょう。

反対に悪いプロフィールには、好きなものを箇条書きにしていたり、160文字に抑えることを意識しすぎるあまり、句読点がなく読みにくいといったものになります。

プロフィールの内容とは関連性のない没個性的な画像を設定しているケースも多いです。内容と関係がない画像でも個性的なものを選ぶようにしましょう。

個性的な文章と画像でツイッターのプロフィールを充実させよう

文章を工夫することも大切ですが、1度閲覧した人から覚えてもらえるようなプロフィール写真を設定することも重要です。この画像といえばこの人という印象は以後発信していく際に大きな武器になるでしょう。プロフィールの文章と写真はセットで考え、人を集める広告として充実させましょう。

プロフィールの画像の撮影をプロに依頼するのも良いでしょう。

ミツモア」ならプロのカメラマン最大5名から相見積もりを取ることもでき、気になる費用面も納得の上で依頼することができるので安心です。

ぜひみなさんも、この機会にミツモアで自分にあったカメラマンを探してみてください。