ミツモアロゴ
ミツモアメディア

節約したい人必見!!お安くマタニティフォトを撮る方法!

最終更新日: 2019年10月03日

記事作成協力カメラマン

最近では日本でも流行しているマタニティフォト。SNSなどでもよく見かけるようになりました。

今しかない素敵なマタニティ姿を記念に残したいけど、これからかかるお金のことを考えるとなるべく安く済ませておきたいところですよね。

今回は、費用は抑えつつ素敵なマタニティフォトを撮影できる方法をご紹介します!

少しでも安いマタニティフォトを撮るには

マタニティフォトをスタジオで撮影するとなると、一番気になるのは料金ではないでしょうか。

高額なイメージのあるフォトスタジオでの撮影ですが、実はお手頃なプランや、なんと無料で撮影してくれるスタジオもあるようです。

少しでも安く、でも素敵なマタニティフォトを撮りたい方必見です!

スタジオで撮る時の相場はいくら?無料で撮れるところあるの?

フォトスタジオで撮影をお願いする際の料金はプランやそのスタジオによって様々ですが、だいたい2~4万円が相場のようです。

衣装・ヘアメイク代が含まれているかいないかで料金も変わってくるので、そのプランがご自分の希望に合っているのかなどしっかりと確認しておくといいと思います。

また、スタジオによっては「撮影料無料」というところもあります。

とってもお得なのですが、データ代・プリント代は別途というところがほとんどなので、こちらも事前に確認しておきましょう。

おすすめのプラン

  • 全国にスタジオがある写真館のマタニティプラン

「スタジオアリス」や「たまひよ写真館」などの全国展開しているスタジオでは、マタニティプランやキャンペーンを利用すると比較的お安くマタニティフォトを撮ることができます。

また、衣装や小物も無料で貸し出しているのでお得ですね。もちろん、衣装の持ち込みもOKです。

ただ、希望によっては別途料金がかかることもあるので、確認が必要です。

  • プロカメラマンによる出張撮影

屋外や自然な雰囲気で撮影したい人に人気なのが出張撮影です。

出張撮影というと高いイメージですが、実はお手頃プランもあるのです。

時間制がほとんどですが、一番自然な表情を撮影できると思います。

好きな場所でプロに撮ってもらえるので、一番理想に近いマタニティフォトが出来るのではないでしょうか。

衣装は借りる?自分で買う?

スタジオが決まったら次は衣装選びです。衣装はレンタルするか、購入するか迷ってしまいますよね。

マタニティフォトの衣装と言えば、マタニティドレスやチューブトップタイプが思い浮かぶと思います。

妊婦さんの神秘的な雰囲気にぴったりな素敵な衣装ですが、買うとなるとちょっと悩んでしまいますよね。

こんなときはレンタルがオススメです。

お腹を出すことに抵抗がある方や、あえて普段の雰囲気を出したいときは私服もいいと思います。

また、ワンピースであればマタニティフォト後でも普段着として着ることが出来るので購入しても損はないかなと思います。

マタニティフォトの衣装って安い?高い?

マタニティフォトがメジャーになったことで、今は素敵なマタニティフォト用の衣装がたくさんあります。

価格も様々なので、どれにしたらいいのかお悩みの方も多いと思います。そんな方のために、衣装選びの際に知っておくと役に立つ情報をまとめてみました。

ぜひ参考にして、素敵な1着を見つけてください。

スタジオによって無料で借りられるところもある

実は多くのスタジオではマタニティフォト用の衣装を無料で貸してくれるサービスがあります。

無料レンタルできれば衣装代も節約できますし、わざわざ衣装を探す手間も省くことができますので、とても便利ですよね。

ただ、イメージに合わなかったり、自分好みの衣装がないという場合もあるので、心配であればスタジオを予約する前にホームページや問い合わせて確認するのもありだと思います。

自分で買うときに気を付けること!

衣装を購入する場合ですが、まずはフォトスタジオが衣装の持ち込みがOKかどうか、またOKの場合は持ち込み料がかかるかどうかの確認を事前にしておきましょう。

ネット通販を利用する場合は、撮影日までに届くかどうかしっかり確認をしておくことが大事です。

また、マタニティフォトを撮影するのに最適な妊娠7ヵ月~9ヵ月は急激にお腹も大きくなる時期でもあるので、サイズが合わなかったというアクシデントにも対応できるように、少し早めに準備しておくと安心ですね。

マタフォトの3大衣装

・人気のチューブトップタイプ

マタニティフォトといえばコレ!ふっくらしたお腹をより強調できるチューブトップタイプは一番人気の衣装です。

中でも、神秘的に見えるシフォン系がとくに人気のようです。

・大人っぽいマタニティドレス

お腹を出すのに抵抗がある人でも、特別感のあるマタニティドレスなら気にせず着ることができますね。

・家族でお揃いも素敵!

夫婦や家族も一緒に撮影する場合は、あえてカジュアルに普段着で揃えるというのも素敵ですよね。

安さ追求派はセルフ撮り!

スタジオでの撮影だとお金もかかるし、マタニティフォトはちょっと恥ずかしいなと思っている方には、セルフ撮影をオススメします。

セルフ撮影の良いところは、費用をかけずに自分好みのマタニティフォトが撮れること。

また、自宅で好きなときに撮影できるのも妊婦さんにとってはメリットの一つです。

ここからはセルフフォトで素敵な1枚を撮るためのちょっとしたコツをご紹介します。

セルフで撮る時に必要な道具って?

セルフ撮影の際に一番必要のものはカメラですよね。

一眼レフやミラーレスカメラをお持ちであれば、プロ顔負けの素敵な写真を撮ることが可能です。

そんな立派なカメラは持っていないという方も大丈夫!

今は携帯電話のカメラも進化しているので十分キレイに撮ることができますよ。

カメラの次は衣装や小物を用意しましょう。

小物類は自分好みのものを作ってもいいですし、今は100均にもかわいいアイテムが揃ってるので、ぜひ活用してみてください。

どうやったらプロっぽく撮れるのか?

プロのように撮るには光を上手く使うとキレイに撮ることができます。

室内で撮る場合は、日の光が入る天気の良い日中がいいでしょう。

電気の明るさではなく自然光で撮影するほうが断然キレイに写ります。

また、レースのカーテンを背に逆光で撮るとプロのような幻想的な写真が簡単に撮ることができるのでおすすめです。

撮った写真は後で写真加工アプリで写真の色を補正したり、フィルターを変えたりするとより一層スタジオで撮った写真のような仕上がりになります。

背景、ポーズにもこだわろう!

セルフ撮影の場合、せっかく好きな場所で好きなように撮ることができるのですから、背景やポーズにはこだわって撮りたいですよね。

背景は屋内の場合、家具など生活感が出てしまうところは極力避け、白っぽい壁やレースカーテンの前で撮るのがオススメです。

ポーズのポイントですが、なるべく自然体で撮るのが今風です。

お腹の膨らみを強調するように手を添えてあげるのも素敵ですね。

どうしてもイメージが沸かないときは、ブログやSNSなどからヒントをもらってもいいと思います。

マタニティフォトの料金相場はいくら?

マタニティフォトの料金相場
マタニティフォトの料金相場

まず最初に気になるのはマタニティフォトの撮影料金ではないでしょうか。正直なところ、地域性やカメラマン、そのスタジオによって料金の相場は大きく変わってきます。オプションがつくかどうかでも変わりますよね。

ここではマタニティフォトの料金相場について詳しくチェックしていきましょう。

マタニティフォトの料金相場

maternity-photo-photographers

料金は何によって決まる?

さて、マタニティフォトの料金についてですが、何よって決まるのかご存知でしょうか?

基本的には

  • 撮影時間
  • データ(枚数)
  • 撮影場所
  • 衣装、ヘアメイク、背景などの追加プラン

上記4つが判断基準となってきます。

そしてそれにプラスでオプション(アルバム、カレンダー、キーホルダー等)がつくことで料金が増えていく仕組みとなっています。

近年ではデータのみ納品という形が増えており、昔に比べると撮影料金自体も非常にリーズナブルとなっています。

また予め撮影内容を決めておけば30分程度の短時間撮影も可能であり、1万円台での撮影も可能となってきています。スタジオだけではなくご自宅や思い出のある場所での出張撮影が主流になってきたことも1つの起因なのかもしれません。

また、平日か土日祝かの日程によっても金額が変わってくるところが多いようです。

費用等の負担が気になる方は日付、曜日もしっかりチェックして依頼するようにしましょう。

スタジオと出張撮影どっちにする?メリット・デメリット

スタジオとロケーション撮影
スタジオとロケーション撮影

マタニティフォトを撮る際、スタジオ撮影・出張撮影(ロケーション撮影)どちらにするか、もポイントです。

どこで撮りたいのか、どんなお写真が撮りたいのか、内容を明確にして自分にはどんな撮影プランが合うのか考えてみましょう。

ある程度こんな撮影がしたい!という要望が決まればカメラマンやフォトスタジオに相談してみましょう。

ここでは、出張撮影プランやその料金に対する相場について確認していきましょう。

出張撮影の相場

出張撮影はスタジオ撮影より撮影料は高くなる傾向にあります。

どこで撮るかにもよるのですが、県外やロケーション先によっては場所代(使用料)を支払わなければいけないところもある為です。

もちろん交通費もかかってきますのでその分どうしても料金はUPしてしまいます。また、別途交通費が必要になる場合もあります。

カメラマンによりますが、撮影時間で撮影料が決まるところが多いようです。

基本的に、撮影時間は1時間。お客様の撮りたいポーズの数や撮りたい構図・場所によっては2時間や3時間とかかる場合もあります。

主に出張撮影で必要な料金は下記のようになっていますのでご覧ください。

「出張撮影費+交通費+出張費(県外等)+使用料(ロケ先に支払う料金)」

出張撮影のメリット

海をバックに出張撮影
メリット デメリット
  • 慣れている場所だと表情が柔らかくなる
  • 近場を選べば、妊婦さんの負担が減る
  • 自然な明るさ
  • 天候に左右される

出張撮影のメリットとしては自分の好きな場所で撮影ができ、満足度が高くなることです。

また、好きな場所で撮れるので自然と表情も柔らかくなるようです。

リラックスしてより自然体に撮影することができるのが大きなメリットですね。

また外での撮影なので四季折々の風景を写真に残せるのはいいものです。

春は桜、夏はヒマワリというように、季節ごとの草木が写真に映り込んでいるのは非常に心に残る素敵なお写真になることでしょう。

出張撮影のデメリット

逆にデメリットとしては外での撮影がメインとなる為、天候に左右されたり、暑すぎたり、寒すぎたりすると妊婦さんへの負担がかかる可能性が非常に高いというところです。

撮影において妊婦さんは疲れやすく体調面において負担がかかりやすいということは十分に注意しておかなければいけないでしょう。

スタジオ撮影のメリット・デメリット

マタニティフォトスタジオ
安心してお腹を出せるスタジオ撮影
メリット デメリット
  • お腹を出した衣装を着れる
  • 外ではできないスタジオセット
  • 温度調節ができる
  • スタジオまでの移動
  • 背景が限られる

せっかくのマタニティフォト、スタジオであればお腹を出しやすいというのがメリットです。

公園での撮影だと周りの目が気になってお腹を出すのに抵抗がある方も安心です。

また衣装にこだわりたい場合、スタジオであればゆったりと着替えることができるので安心できますね。

デメリットとしては、背景が限られることがあげられます。

夫婦の思い出の場所で撮りたい。四季を残したいという方は野外をオススメします。

ひっそりブームの創り込み撮影プランとは?

マタニティフォトオプション
オプションで背景と衣装を豪華に

最近ではいろんな個性的なプランが登場しています。その中でも私への依頼の中でも実績が出ているのが「創り込み撮影プラン」です。

自分だけの完全オリジナル写真を創りたいという方がよく選ばれます。創り込みはブースなどをオリジナルで制作して撮影する内容になりますので通常撮影料よりも若干割高になる傾向にあります。

ですが、一人一人、専用に作ってブースで撮影するのはとても感動します。世界に一枚しかないお写真を手に入れる事ができるのですからこれ以上に嬉しい事はありませんよね。

創りこみ撮影にご興味がある方は是非一度カメラマンさんに対応しているかどうか問い合わせしてみるのもいいかもしれないですね。

あとは衣装を貸出してくれるプランを持っているスタジオもありますので、衣装等気になる方は事前に確認しておいてもいいでしょう。

マタニティフォトのオプションと料金

マタニティフォト オプション
オプションで小物を追加

次に気になるのはオプションの事です。どんなオプションがあるか等、ある程度お分かりいただけたかと思います。

ですが、肝心の知りたい内容は未だ知らない人がほとんどでしょう。それはオプションの料金です。オプション自体は問題なく一緒にお願いしたいけど料金が分からないから依頼しようか悩んでいるという方も多い事でしょう。

今回はこのマタニティフォトにつけられるオプションの事について確認していきましょう。

どんなオプションがあるの?

オプションはカメラマンやスタジオによって実にいろんな種類があります。

例を挙げると

  • 台紙
  • フォトアルバム
  • ポスター
  • キーホルダー
  • マグネット
  • カレンダー
  • 撮影時の小物

スタジオによって異なりますが、上記の通り様々なオプションがあります。

写真をキーホルダーにしたり、カレンダーにすることもできます。

当然アルバムにもできますし、定規などの文房具にすることも可能です。

また大きなポスターサイズに引き伸ばして額に入れて飾れるようにすることもできます。

これらは印刷業者さんと提携しているスタジオやカメラマンであればほとんどのカメラマンができるでしょう。

■オプション撮影の注意点

近年ではスタジオを持たないフリーのカメラマンが多数いますので、全てのカメラマンが上記のようなオプション対応をしているとは限りません。

こういったオプションが「必ず欲しい」という方は依頼する前にどんなオプションができるのかしっかりと確認しておくようにしましょう。

お腹にペイント??ベリーぺイントって?

ベリーポイント
腹部に描かれたオリジナル・ベリーペイント

ベリーぺイントってご存知ですか? Instagramなどで見たことある!という方もいるかと思います。写真をみた通り、お腹(英語でベリー)にペイントをすることです。

一般的にベリーペイントに使われる絵具は、人の肌に使用しても問題の無い、水性絵具を使用します。

肌に悪そうじゃない?と思う方にも安心して利用できますね。相場は1-2万円となっています。

妊娠期間は大切な時間。終わってみるとあっという間だそうです。大切な思い出として、特別な写真を残してみてはいかがでしょうか?

体調が不安。気になるキャンセル料は?

妊婦さんの体調不良。これはよくある事で前日まではよかったが当日になると体調が好ましくない…という事も十分にあり得ます。

そこで気になるのがキャンセル料です。基本的にお客様都合であればキャンセル料が発生してしまうところがほとんどです。とは言うものの、妊婦さんの体調管理については非常にシビアなので難しいところ。

ですから安心してもらいたいのがマタニティフォトについては基本キャンセル料等かからないところが多いです。または事前に説明しているのですが、私のところですと延期であればキャンセル料はかかりませんという風にしています。

事前に確認することをオススメします。

キャンセル料を気にされる方もいますので良ければ参考にしてみてくださいね。

ミツモアでカメラマンの撮影を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアは日本最大級のカメラマン登録数を誇るお仕事マッチングサイトです。それぞれの撮影に特化したカメラマンを地域で絞ってマッチングすることが可能です。カメラマンの撮影依頼はミツモアで見積もり依頼してみましょう。

簡単!2分で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のカメラマンから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのカメラマンがみつかったら、撮影の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

マタニティフォトの撮影をプロのカメラマンに依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

マタニティフォトのカメラマンを探す!