ミツモアメディア

【簡単】玄関掃除を効率的にできる方法・コツ!水を使わずタイルを綺麗にする手順も解説

最終更新日: 2021年09月15日

「玄関掃除ってどうやるんだろう?簡単かつ効率的に掃除して、綺麗に保ちたい」。このような方に、玄関掃除のやり方を解説していきます。

メインとなる玄関床(タイル)を中心に、そろえておくと便利な道具や汚れを綺麗に落とすためのコツを紹介

すぐに終わる簡単な方法から、水を使って徹底的に汚れを落とす方法・逆に水を使わない方法まであるので参考にしてみてください。

そもそも玄関が汚れる原因は何?

玄関にそろえられた靴

玄関が汚れる原因は、主に以下の3つです。

  • 土や砂
  • 手垢
  • 花粉や排気ガス

上の中でも一番の原因は土や砂。玄関が砂っぽくなってしまうのは、靴で土を玄関に持ち込んでしまうからです。そのため玄関掃除を数日怠ってしまうと、ジャリジャリと砂の感触が分かるほどに汚れてしまいます。

手垢や花粉といった汚れはすぐにたまるものではないので、日数が空いても気になりにくいでしょう。しかし床のタイルについた土や砂の汚れは、放っておくと汚れがすぐに目立ちます。土や砂が部屋のほこりを巻き込むとさらにゴミを増やしてしまうので、玄関の床だけでもこまめに掃除したいですね。

玄関掃除のメイン「床」の掃除方法!手順やコツを解説

ほうきとチリトリ

まずは玄関掃除のメインである床の掃除方法です。

必要な道具は以下の通り。

必要な道具 役割
ほうき ゴミを掃く
ちりとり 掃いたゴミを取る
雑巾(もしくはウエス) 床の拭き掃除に使う
デッキブラシ ザラザラの床のしつこい汚れに使う
メラミンスポンジ ツルツルの床のしつこい汚れに使う
中性洗剤 水だけでは落ちない時に使う

最低限必要なのは「ほうき」と「ちりとり」です。ほうきと、ちりとりがあれば毎日の掃き掃除ができるので、ぜひそろえておきたいですね。

「①毎日できる簡単な方法」「②徹底的に綺麗にする方法」に分けてやり方を解説します。

①玄関のタイルも毎日3分で掃除が完了!簡単な掃除方法とコツ

玄関タイルの簡単な掃除方法は、土や砂をほうきで掃くことです。掃くだけなら3分で掃除が終わりますよ。

必要な道具 役割
ほうき ゴミを掃く
ちりとり 掃いたゴミを取る
  1. 玄関に置いてある靴や傘立てを、掃除の邪魔にならない場所へ移動させる
  2. 玄関の奥からドアへ向かって土や砂を掃き出す
  3. タイルの目地に入り込んだほこりは、ほうきを縦方向に使ってかき出す
  4. ゴミをちりとりで集めて完了

「掃除」と構えるとつい面倒になってしまいますね。しかし「子どもを見送ったついでに」「ゴミ出しのついでに」と玄関に行ったタイミングで行えば負担も軽くなります。また汚れがひどくならないうちに綺麗にしておくと、普段の掃除も楽ですね。雨の日などの泥汚れは早めに拭き取っておきましょう。

ほうきの代わりに掃除機でもOK!細かい汚れも落とせて便利

「ほうきがないけれど今すぐに掃除をしたい」という時には、掃除機をかける方法があります。

しかし部屋に使っている掃除機をそのまま使うのは抵抗がありますよね。そういった問題は玄関専用のノズルを用意すれば解決できます。

掃除機のノズルは100均でも売られていますが、家にあるトイレットペーパーの芯でも代用可能。トイレットペーパーの芯を斜めにカットすれば、ノズルのように使うことができますよ。

トイレットペーパーの芯をノズルにした掃除機

使用後は簡単に処分できるので、衛生面が気になる人にもおすすめです。掃除機の口とトイレットペーパーの芯を密着させるため、テープのようなもので固定しましょう。

掃除機を使った掃除方法は、ほうきでは取りきれなかった細かい砂などを綺麗にする時にも使えます。床の隅や目地に入り込んだ細かい砂を取り除くのにも、有効な手段ですよ。

②タイルをピカピカにする水拭き掃除の手順とコツ

玄関タイルをピカピカにしたいのであれば、以下のような手順で水拭きをしましょう。

必要な道具 役割
雑巾(もしくはウエス) 床の拭き掃除に使う
ウエットタイプのフローリングシート 水を使わず拭き掃除をしたい時に使う
  1. 掃き掃除をする
  2. 水で湿らせて固く絞った雑巾で床を拭く
  3. 乾いた雑巾で床を拭き、水分をしっかり取り除く
  4. 玄関を開けるなどして乾かして完了

拭き掃除のポイントは水の使い方。バシャバシャと床に水をまくのはNGです。

傾斜に水がたまると乾くのに時間がかかり、タイルのカビや変色の原因になります。そのためなるべく水が飛び散らないようにしましょう。水を床にまくのではなく、雑巾を濡らして使うのがおすすめです。また玄関掃除に水を使った場合は、乾いた雑巾でしっかり水分を拭き取ることが大切です。

水を使わないで拭き掃除をしたい時は掃除グッズを活用しよう

雑巾は水で濡らす・ゆすぐといった手間がかかるため、面倒だと感じることもありますよね。そのような場合には水を使わないで拭き掃除ができる掃除グッズを活用しましょう。

おすすめはウエットタイプのフローリングシート。

これなら拭いた後はシートを処分するだけです。厚手のウエットシートを使えば玄関のタイルもしっかり拭けます。またワイパーにつけて拭けるタイプであれば、腰をかがめる必要もありません。

③水拭きでは落ちない玄関床の汚れを徹底的に落としたい場合の掃除方法

必要な道具 役割
雑巾(もしくはウエス) 床の拭き掃除に使う
デッキブラシ ザラザラの床のしつこい汚れを落とす
メラミンスポンジ ツルツルの床のしつこい汚れを落とす
中性洗剤 水だけでは落ちない時に使う

雑巾では落ちない汚れをしっかり落としたい場合は、デッキブラシやメラミンスポンジを使います。これらの道具はタイルの素材や質感によって使い分ける必要があります。

【表面がザラザラしている素材(テラコッタ、磁器タイル)のケース】

表面がザラザラしているタイルには、柄のついたデッキブラシがおすすめです。

  1. ②の掃き掃除をする
  2. 玄関に少量の水をまいてデッキブラシでこする
  3. 雑巾で拭き上げる
  4. 水分が残っている場合は乾いた雑巾で拭き、乾燥させて完了

しっかり汚れに当たるよう「縦・横・斜め」とブラシをかける方向を変えて、汚れをかき出すようにこすりましょう。

【表面がツルツルしている素材(磁器タイル)のケース】

表面がツルツルしているタイルには、目の細かいメラミンスポンジがおすすめです。

  1. 掃き掃除をする
  2. メラミンスポンジに水を含ませタイルをこする
  3. 乾いた雑巾で拭き上げ、乾燥させて完了

水を含ませたメラミンスポンジで、タイルをクルクルとなぞるようにこすりましょう。

水でこするだけでは汚れが落ちない、という場合には表面の質感にかかわらず、中性洗剤を薄めた水を使いましょう。洗剤が残らないように、水拭き後は乾拭きしてくださいね。

天然石などのデリケートな素材は注意が必要

大理石や御影石といった天然石は柔らかく傷のつきやすい素材です。そのため柔らかい布などでの乾拭きが適しています。

天然石の床をさらに綺麗にしたい時は、ハウスクリーニングの専門業者に依頼をすると安心です。専門業者にお願いすればシミや傷がつくようなこともありません。

「ハウスクリーニングをできる限り安く頼みたい」という方は、ぜひミツモアを利用してみてください。ミツモアはあなたの地域や求める条件などを入力するだけで、複数のハウスクリーニング業者からおおまかな見積もりがもらえるサービスです。

無料で各社の金額や口コミを比較できるので、より安く信頼できるところに依頼できますよ。

玄関・ポーチ・エントランスクリーニングの見積もりを依頼する!

玄関の「靴箱」「ドア」「壁」の掃除方法!手順やコツを解説

玄関の靴箱

床掃除が終わったら、それ以外のところも綺麗にしていきましょう。

以下のような道具をそろえておくと便利です。

道具 役割
卓上ほうき 靴箱の中のゴミを掃くのに使う
卓上ちりとり 掃いたゴミを取るのに使う
雑巾(ウエスかウエットシートでも可) 靴箱の棚板やドアの拭き掃除に使う
消毒用エタノール 靴箱の棚板の消毒に使う
柄が伸びるハンディモップ ドアや壁の上の方を拭くのに使う
木製品用ワックス 木製ドアの保護、つや出しに使う
セスキ炭酸ソーダ水 手垢などの汚れを落とすのに使う

靴箱の掃除の手順

  1. 靴箱に入っている靴などをすべて出す
  2. 卓上ほうきと、ちりとりを使って土や砂を掃き出す
  3. 雑巾を使って水拭きする
  4. 消毒用エタノールを含ませた布で靴箱の中を拭く
  5. 乾拭きする
  6. 靴箱の扉を1~2時間開けて、中をよく乾かして完了

靴箱の掃除のポイントは消毒用エタノールを使う点です。消毒用エタノールはドラッグストアでも手に入る消毒薬。拭くだけで雑菌を消毒できるので、靴箱に使うと臭いの原因を元から取り除けます。

玄関ドアの掃除の手順

ドアは外側と内側に分けて掃除します。掃除の順番は内側→外側です。比較的綺麗な内側から掃除を始めて、外側を後からすれば汚れを広げる心配もありません。

  1. 柄が伸びるハンディモップを使って、上から下へ向かってほこりを払うように拭く
  2. 水を含ませ固く絞った雑巾で拭く
  3. 乾いた雑巾で乾拭きして水分を拭き取る
  4. 鍵穴のほこりを掃除機で吸い取る

水拭きで落とし切れなかった汚れは、中性洗剤を使って落とします。多めの水に中性洗剤を少し溶かしたものを、布やスポンジに含ませて汚れをこすりながら落としましょう。強くこすると塗装がはがれることがあるので、やさしく行います。

中性洗剤を使っても落ちないような手垢は「セスキ炭酸ソーダ水」などで拭くのもおすすめです。セスキ炭酸ソーダ水はアルカリ性の電解水で、手垢や油汚れなどを落とすのに効果的。ホームセンターやドラッグストアでも簡単に購入できますよ。

玄関ドアの掃除で扉やドアノブ以外についているものといえば、鍵穴です。鍵穴はとてもデリケートな部品。細かいほこりがたまると鍵が回らない・抜けないといったトラブルを引き起こすことがあります。ドアの掃除の時には、掃除機のノズルを鍵穴に当ててほこりを吸い取るようにしましょう。

木製ドアは水拭き厳禁

木製のドアは水拭きをせずに乾拭きだけで済ませましょう。水拭きをすると水分が木の奥に入り込んで、カビや腐食の恐れがあります。年に一度は木製品専用のワックスをかけて、水分や汚れから保護することも大切です。

玄関周りの壁の掃除方法

  1. 柄が伸びるハンディモップを使って、ほこりや花粉を払うように拭く
  2. 水を含ませ固く絞った雑巾で拭く
  3. 乾いた雑巾で乾拭きして水分を拭き取る

玄関の壁もドアと同じような手順で掃除をします。人の目線より上の部分にはほこりが多くたまるため、乾拭きを重視しましょう。目線より下であれば手垢がつきやすいので、水拭きに重点を置くと綺麗になりますよ。

水拭きで落とし切れなかった汚れは、中性洗剤かセスキ炭酸ソーダ水を使って拭き取ります。壁紙の種類によってはシミになってしまうこともあるので、初めて洗剤を使う際は目立たないところで試してから使ってくださいね。

クモの巣がひどい時にはどうしたらよい?

玄関の隅っこや靴箱などにクモの巣がついていることもありますよね。そんな時はほうきやハンディモップにちょっとした工夫をすれば、手を汚さず簡単に取ることができます。

ストッキングや水切りネットなどをほうき(ハンディモップ)の先端にかぶせ、そのままクモの巣を巻き取るように掃除しましょう。取れた後は先端にかぶせたネットを捨てるだけ。ほうきや手を汚さずにクモの巣掃除ができますよ。

玄関掃除はどれくらいの頻度で行うのがいいの?

家の模型とカレンダー

できれば以下のような頻度で掃除をするのがおすすめです。

玄関掃除の場所 頻度
床のタイル部分 簡単な掃き掃除:毎日~週に2回

拭き掃除:週に1回~月に1回

靴箱 月に1回~半年に1回
ドア 週に1回~月に1回
週に1回~月に1回

玄関の床部分は上述した通り、土や砂が靴と一緒に入ってくるため毎日掃除するのが望ましいでしょう。毎日が難しければ週に2~3回できるといいですね。「仕事から疲れて帰ってくるのに週に何度も掃除するのは大変」と思われるのであれば、簡単な掃き掃除だけでも大丈夫です。

掃除の時間がどうしても取れない場合は、数カ月に一度ハウスクリーニングで徹底的に綺麗にしてもらうという方法もあります。

ミツモアでは各社の見積もりを比較して、より安く依頼できます。見積もり比較は無料なので一度使ってみてください。

玄関・ポーチ・エントランスクリーニングの見積もりを依頼する!

玄関に汚れをためないようにするにはどうすればよい?

雪国の玄関

普段の玄関掃除を楽にするためには、土や砂の侵入を防ぐことが大切です。

  • 玄関の外側に玄関マットを敷き、靴底の汚れを落としてから玄関に入る
  • 汚れを玄関に落とさないよう、靴は靴箱にしまう

といったことができるといいですね。

汚れを中に入れないようにしながら、毎日簡単でも掃き掃除ができれば常にピカピカの玄関で過ごせますよ。

ミツモアで玄関・ポーチ・エントランスクリーニング業者に見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロに玄関・ポーチ・エントランスクリーニングの見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

玄関・ポーチ・エントランスクリーニングの見積もりを依頼する!