ミツモアロゴ

空撮ドローン、プロが勧める機種はこれ!プロカメラマンが徹底解説!

ぴったりのカメラマンをさがす
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットして依頼するプロを決めます。誰も選ばなくてもOKです。

ドローンの選び方をプロの視点でご紹介
ドローンの選び方をプロの視点でご紹介

ドローンによる空撮にトライしてみたいと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、ドローンと一言で言っても、いろいろな機体があります。価格も1万円台で手軽に手に入るものから数十万円、数百万円するハイスペック機種、最新機種まで多種多様。どのように選んだらいいのか迷いますね。

今回、お話を聞いたのはドローンの撮影を専門に手がける株式会社プロクルー(滋賀県長浜市)のプロカメラマンの一居さんです。

最新のドローンのおすすめ機種をチェックする前にドローンの全体像を知り、自分が望む空撮に適した、機種や撮影方法を確認してみましょう。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

空撮ドローン、最新機種はこんな機能がある!

セルフィー写真はドローン空撮、という時代がくるかも?

これまでの写真撮影とはまた一味違うドローンを使った空撮。ドローン本体にカメラが搭載されているものから、カメラをセットするものまで、さまざまな機体があります。

どんな機種や撮影方法が良いのか、目的から選ぶことが大切です。まず、ドローンのさまざまな機能を知ることから始めましょう。

顔認識や追尾機能でセルフィー撮影ができる

ドローンには、顔認識機能や追跡機能がついているタイプがあります。操作している人の顔を認識し、移動すれば自動的に追跡し後をついてきてくれるので、自撮りには適した機能と言えるでしょう。まるでカワイイペットの犬のようです。最新機種の中には、基点を中心に被写体の周りを自動で回転しつつ撮影する、といったことが可能な機種があります。

スマホをプロポ(送信機)にして操縦が可能

FPVというドローンの機能をご存じでしょうか。FPVは「First Person View」の略で、意味は「一人称の視点」ということ。搭載されているカメラから見える画像をリアルタイムで手元に転送し、スマートフォンやタブレット端末に映し出すことができるという機能です。

専用のアプリをスマホやタブレットにインストールすると、カメラから送られてきた手元の画像を見つつドローンを操作することができます。つまり、スマホがコントローラーのようにドローンのプロポ(送信機)として使えるのです。

4Kカメラ搭載機種もたくさん発売

ドローンに搭載するカメラの種類もいろいろあります。フルハイビジョン撮影、4Kの撮影とハイスペックカメラを搭載している機体もあり、各ニーズに対応した画質を選ぶことが可能です。

障害物回避機能、対地高度維持機能で安全性が高い機種も

ドローンには前方や左右のセンサーが障害物を検知して回避してくれる機能が付いている機種もあります。ドローンのまわりの状況を解析しながら飛行するので、障害物に近づいた時は警告とともに停止し、操縦者に知らせてくれるのです。

また、高度維持機能が付いていると、安定的にホバリングできます。慣れないうちはドローンを離陸させるだけでも難しいもの。思い通りに操作したい、イメージ通りの撮影をしてみたいという人は、高度保持機能が付いている機体を選択しましょう。

ボタン1つで戻ってくる機能もある

目視の範囲で飛ばすなど、ドローンにはさまざまな飛行ルールがあります。安全に飛行させるためには、GPS機能が付いた機種だと安心です。

GPS内蔵タイプであれば、今ドローンが飛んでいる位置を測定して記録し、リターンキーをプッシュすれば迷子にならず、元の位置へと戻ってきてくれます。初心者にとっては大きなメリットとなるでしょう。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

空撮用ドローンを選ぶ時の比較ポイント

長時間の空撮を予定しているならバッテリーサイズをチェック!
長時間の空撮を予定しているならバッテリーサイズをチェック!

あなたの希望する機種とはどれでしょうか? 求める空撮に適したドローンを選ぶにはどうしたらよいのでしょう?

ドローン選択のポイントは、「機能」だけに限りません。「操作性」や「電波法規制内の仕様かどうか」といった面も大切なポイントです。

ドローンのカメラの性能は1080pが目安

キレイな空撮画像を撮りたいのであれば、1080pフルハイビジョンカメラを内蔵したドローンを選ぶのが一つの目安です。今やフルハイビジョンの画質の動画撮影が2万円程度で購入できる時代になりました。

初心者はドローンの操作性が直感的に分かるものを選ぶ

ドローンを飛ばしたことがない人は、操縦を会得するのには少し時間がかかる、と考えておくとよいでしょう。飛行そのものは安定しているドローンですが、手元のレバーやボタンを操作する動きと、自分が思うような方向へと機体を飛ばす操縦を連動させるためには、練習が必要です。

また屋外では想像しなかった突然の天候変化や強風等、あるいはセンサーの異常、故障した時など、自律的飛行によるリターンも不可能になります。当然ですが、操縦して元の位置まで戻さねばなりません。落下の危険性もあります。操縦に慣れていないと思わぬ事故につながる可能性があります。

ですので初心者はできるだけ、直感的に操作しやすいドローンを選びましょう。低価格でシンプルな「ミニホビー」「ホビードローン」と呼ばれる小型サイズであれば、扱い易く室内でも気軽に飛ばすことができて、練習するにはもってこいです。ぶつかったりしても壊れにくいようにローターガードが付いている機体も初心者にはおすすめです。

練習場所としては室内がよいでしょう。屋外は、場所によって航空法の規制対象となります。自宅内だけでなく、飛行許可のある体育館等広い屋内ででフライト練習することをオススメします。

撮影のブレを防ぐジンバルは必須

ドローンによる空撮は、機体のブレが生じるため、ジンバルが重要な機能となります。ジンバルとは、カメラの映像がブレないよう衝撃を吸収する装置のことです。コンピュータ制御によって機体を水平に維持したり、振動を吸収してくれたりすると同時に、カメラを遠隔から操作し角度やズームを変えたりする機能も担います。商業用などクオリティの高い画像にする時にはジンバルは必須機能です。

FPVに対応していると、狙った撮影が可能に

ドローンにFPVの機能があれば、飛行中のカメラ目線で操縦することが可能となります。撮りたい動画、狙い通りの映像を撮影することができます。FPV機能は標準装備ではないので、ドローンを購入する際は、確認しましょう。

飛行距離はどれくらい?遠くまで持ち運ぶかどうか

ドローンのバッテリーがどれくらいもつのか、どんなバッテリーが搭載されているのかも大切なポイントです。バッテリーによって、飛行時間が決まるからです。また、1本あたりの飛行時間が短くても複数搭載できるタイプもあります。

ドローンを他の場所へ持ち運ぶ場合は、バッテリーの重量もチェックポイント。大きすぎると運搬が大変になります。飛行距離や移動距離を考え合わせて、最適なタイプを選びましょう。

電波法をクリアしている機体を使おう

ドローンの操縦に際して、先述した航空法以外に、無線で電波を送受信するため電波法が関係してきます。日本国内で販売されているドローンの大半は、メーカーあるいは輸入代理店が無線免許(許可)を取得しているので心配しなくていいでしょう。

中には直輸入ドローンを、価格が安いという理由で購入する人もいると思いますが、電波法規制内の仕様ではない場合がありますので、「技適マーク」(技術基準適合証明、技術基準適合認定)の認証表示するマークがついているかどうかを確認しましょう。

今、世界的に圧倒的なシェアを誇るドローンのメーカーは、DJI社(中国)です。その他に3D Robotics(アメリカ)、Parrot社(フランス)が3大メーカーと言われています。こうした購入しやすいドローンは無線局免許がなくても使用できる「2.4GHz帯」を使っているため、知らないうちに法律違反、という心配はありません。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

空撮用ドローンの選び方

初心者は子どもでも使える操作性の機種がおすすめ
初心者は子どもでも使える操作性の機種がおすすめ

空撮に使うドローンをどのように選べばよいでしょうか。操縦のしやすさ、飛行時間、予算など、撮影目的に応じてさまざまな視点から選択していきます。

操縦技術で選ぶ

ドローンの操縦は、初心者なら値段が安く小型の「ホビードローン」などから始めるとよいでしょう。操縦技術を獲得したら徐々に本格的なハイスペックの上位機種へと移行するとスムーズです。

飛行時間の長さで選ぶ

ドローンの飛行時間で選ぶのも一つの方法です。小型のドローンは、当然ながら機体が小さいのでバッテリーも軽いものしか搭載できません。そのため飛行時間も短くなります。しかし機体が軽いので、バッテリー容量の割に高性能ドローンより飛行時間が長くなる、というケースもあります。値段や性能が高いと飛行時間が長い、ということにはなりません。消費する電力、積載するカメラの重さの関係から、飛行時間が決まります。

できるだけ長く飛ばして空撮をしたいという人は、DJIのPhantom2などがオススメ。30分程度は飛行できます。手軽に操縦を楽しみたいだけなら、リーズナブルな価格の小型ドローンで事足ります。

目的にあった空撮でドローンの機能を選ぶ

高性能高品質の撮影をのぞむ場合は、カメラの性能を重視して選択しましょう。

ドローンはカメラが標準搭載されているタイプと、後付けでカメラを付けるタイプの2つに分けることができます。カメラが付いているタイプは、セッティングが簡単ですぐに飛ばせることがメリット。ただし、低価格だとカメラそのもののスペックも低い場合があり、思うような画質で撮影できないこともあります。

カメラを後付けするタイプのドローンには、GoProなどのアクションカメラを搭載する人も多いようです。画質が良く4Kにも対応しますが、その分コストが膨らむことも。どんな空撮をしたいのか、目的にあわせて最適なカメラを選ぶことが大切です。

予算で選ぶ

1万円以下でも空撮を楽しめるドローンの種類も増えています。前述したように、小型のホビードローンなら1万円前後の低価格で気軽に遊ぶことができますし、上限は数百万円までと、高画質・性能を追求すればするほど価格は高くなっていきます。

目的にあった空撮ができるよう、機能・スペックを確認しましょう。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

プロカメラマンも推薦!アマチュアにおすすめのドローン

アマチュアにおすすめのドローンPhantom4 Pro
アマチュアにおすすめのドローンPhantom4 Pro

ミツモアで人気の、ドローン空撮の専門会社「株式会社プロクルー」の一居カメラマンに、おすすめのドローンのランキングを教えていただきました! 中でもアマチュア向け、プロ向けにイチオシのドローンをご紹介します。

プロのカメラマンが推薦する、アマチュアにおすすめのドローンのランキング1位は「Phantom4 Pro」です。

● カメラ性能
小さいボディながらカメラ性能が高く、1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載しており、4K動画を60fpsで撮影できる点が推薦する理由です。

●安全性
前方、後方、左右、下部の全5方向に障害物センサーがついていて安全な飛行が可能です。

●自動航行
後ろに障害物センサーを搭載し、操縦者と対面した状態でドローンが自動的に離れていく機能(タップフライ 後方)を備えています。これによって、魅力的な自撮り動画が撮影可能です。

「Phantom4 Pro」はDJIのドローンの中では一番たくさんのセンサーを搭載していますので安全性も期待できます。多くの自動航行が可能で、初心者・操縦技術が低い人でもスムーズに美しい映像を撮影することができ、アマチュア向けのドローンと言えるでしょう。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

プロカメラマンも推薦!プロにおすすめのドローン

プロにおすすめのドローンInspire2
プロにおすすめのドローンInspire2

目も覚めるような美しい動画、一度見たら忘れられない景色を記録しておきたい方。プロカメラマンもオススメのドローンのランキング1位機種をご紹介します。

おすすめ機種は「Inspire2」

●カメラ性能
シーンに合わせてカメラを取り替えることが可能。4K撮影が可能なカメラから6K撮影が可能なカメラまで、拡張性が高い点がオススメポイントです。

●安全性
前方と上方に障害物センサーを搭載しています。機体前方のセンサーは最大30m先までの障害物を検知します。また、上部の赤外線センサーは上方5mまでの障害物を検知するため、狭い空間における安全性が高いと言えます。

●自動航行
スポットライトプロモードを搭載しています。Inspire2のカメラは360度横方向に回転するため機体の動きとは別に、独立したカメラ操作が可能です。さらに、優れた被写体追尾機能を備えており、被写体を一度捉えてロックすれば飛行中にInspire 2がどの方向を向いて飛行していても、カメラが自動的に動いて被写体を捉え続けることが可能です。

ただし、「Inspire2」は機体が大きくセンサー数が少ないため、ある程度の操縦技術が必要になります。

スポットライトプロモードを搭載しているので、マニュアル操作+自動カメラ操作を目的としているドローンと言えるでしょう。カメラ操作を意識せずにドローンを自由自在に操りたい、というユーザー向けの機種です。

株式会社プロクルー - 滋賀県長浜市田村町

関東、近畿一円を中心に、数多くのドローン撮影実績がある会社です。ドローンの販売や操縦法の講習も行っており、ドローンを知り尽くしたプロが揃っています!
このプロに相談する

まとめ ドローン撮影を専門にしている会社があります!

プロにドローン空撮を依頼するのもおすすめ
プロにドローン空撮を依頼するのもおすすめ

あなたの望む空撮に適したドローンの目星はついたでしょうか。

自分で空撮してみたいけれど準備や練習に手間がかかりそう、画質に差が出るのであればプロカメラマンに依頼してもいいかもしれない、と思っている方。複数の業者やカメラマンに見積もりを出してもらい比較してみたいという気持ちになった方はぜひ、ミツモアで見積もり依頼をしてみましょう。

どんな空撮が得意か?使う機体は?オプション料金は? ミツモアを使えば、質問への答えをクリックするだけで最大5か所から見積もりが届きます!会社・カメラマンのプロフィール・クチコミも見ることができて安心です。

無料で使えて予算や希望通りの業者・カメラマンを見つけられるミツモアを、この機会にぜひ使ってみませんか。

ミツモアについて

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットして依頼するプロを決めます。誰も選ばなくてもOKです。

ドローン空撮・測量のプロをさがす