ミツモアロゴ

ドローン測量カンタン解説!ソフトの内容、価格、必要資格は?

近くのドローンカメラマンを探す
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットして依頼するプロを決めます。誰も選ばなくてもOKです。

ドローンでの測量方法
ドローン測量が注目されている

ドローンが普及するにつれ、建築分野で目覚ましい活躍を見せています。
ドローンの測量が飛躍的に進化しており、人が立ち入りづらい場所での撮影や、航空写真よりも鮮明な画像を求められる際に重宝されています。

従来のラジコンヘリコプターと比較すると、ドローンは飛行における安定性が格段に優れている上、さまざまなサイズがあり、なめらかな動きができることが特徴です。

本稿では、今後ますます進化していくドローン測量にフォーカスしていきます。

建築業界・測量で活躍するドローン

ドローン測量
ドローンが建築現場で活かされている

測量にはいくつか方法があり、その中でもドローンは低空飛行の特徴を生かした高解像度のデータが取れることが魅力です。

これまでは広い範囲の測量は衛星画像であったり、航空機からの航空写真の測量が一般的でしたが、比較的小規模な面積での撮影はドローンの方が安価で早いので、非常に重宝されています。

活躍が期待されているドローンでの測量

ドローンの技術がさまざまなシーンで活用されるようになり、2次元空間から3次元空間へと撮影の可能性も大きく広がりました。

中でも建設現場はドローンの活躍が最も期待されている分野と言ってもよいでしょう。

ドローンは測量と非常に相性が良く、上空からの測量ではセスナよりも近い場所で鮮明な映像を撮影することに秀でいています。

セスナの場合は大規模な地図の作成等に使われますが、それよりも低空で精度の高い、規模が小さい地図を作成する際にドローンが使われます。

ドローンの測量は新3Kに期待が持たれている

ドローンを測量に利用するもう一つの利点は、大幅な時間短縮が可能なことです。

ドローンでは、約3ヘクタールほどを撮影を大体1時間もあれば完了させてしまいます。人が動きながらこの広さを撮影するには、何倍も時間も労力もかかります。

多大な時間を要していた測量も、ドローンを飛ばして写真を撮影するだけなら5~10分単位で終えることができ、その手軽さが注目されているのです。

建設業界での今までの3Kは「きつい」「危険」「きたない」と言われていました。

建設業界の今の状況を打破する為、技術革新によって「給料が良い」「休暇が取れる」「希望が持てる」という新しい3Kを実現しようという方針が打ち出されています。新3Kを実現する為の取り組みの一つとして発展しているのが、ドローンでの測量なのです。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

ドローン空撮の価格

ドローンの測量
ドローン測量は安価が強み!

従来の航空測量よりも安価で行えるといいますが、まずは、ドローンとその他の方法で空撮を行った場合の料金を比較してみましょう。

  • ドローン測量…比較的費用が安く、手軽に撮影可能。航空写真より範囲は狭まる。
  • 航空写真測量…広い範囲を効率的に計測。空撮料金は約40万円(オプションの有無により10万程前後する)
  • 航空レーザー測量…広い範囲を測量でき、制度が高い。空撮料金は約70万円(オプションの有無により20万程前後する)

※空撮料金を案内している理由ですが、測量価格は様々な要素が含まれる為、どの事業所もモデル料金を具体的に表記しておりません。ですので、各社の空撮の料金を元に参考価格として紹介しております。測量を行う場合は、参考化価格として提示している空撮料金よりも値段は上がるものと考えて頂ければと思います。

ドローンで空撮を行う場合の料金

次に、実際にドローンを使って撮影する際の費用を比較してみます。費用の内訳は、人員(オペレーター)の人数・拘束時間・機材使用料が含まれます。使用する機材によって機材使用料に変動が生じますので、料金には幅を持たせています。

オペレーター2人で1日 18~26万
オペレーター2人で半日 11~18万
オペレーター1人で1日 15~23万
オペレーター1人で半日 6~18万

事業者によってパック料金で設定していたり、1現場で値段を設定していたりする所もあるので、何社か見積もりを取ってみてサンプルの映像と料金を比較してみると良いでしょう。

これに加え、交通費は別途での支払いになる事業者が多いので、ドローンでの測量を依頼する時には近場で充分なサービスを行ってくれる事業者を探し、追加料金を抑えたいところです。また、ロケハンを行うかオプションを付けるかでも値段が変動します。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

ドローン測量のメリット・デメリット

ドローンで測量
ドローンの測量の長所・短所

ドローン測量では、航空撮影に対して価格を抑えられたり時間短縮が可能であると紹介しましたが、もちろんメリット・デメリット両方が存在ます。

これらを正しく理解し、現場の効率化にドローンを利用してみましょう!

ドローン測量のメリット3点

  • 業務進捗が分かりやすい…3Dモデル等を使用し現場全体の動きを可視化することによって、業務の進捗を分かりやすくすることができます。何にどれくらい時間をかけたのかを全体を通して知ることが出来ます。
  • 人が入れない場所の測量が可能…山の奥や川を渡る必要がある場所など、現場に到達するのに苦労する場所も、ドローンを使えば移動の労力を減らして測量することが可能です。
  • 工事を止めなくても良い…ドローンの測量なら、重機などの動いているものが写真に入っても問題ありません。

ドローン測量のデメリット1点

  • 写真に写らないものは測量できない…例えば、山の高さを測量しようと思ったときに、ドローンでの空撮では地面の高さは測量することができません。レーザー機器を設置することも可能ですが、レーザー機器は高価であるため、ドローンで測量を行う場合でも高額になってしまう可能性があります。

ドローン測量の有効的な使い方

ドローン測量は、航空写真測量より範囲は狭まりますが鮮明に撮影する事ができ、航空機を使用する航空写真測量・航空レーザー測量と比較すると安価で手軽に利用できることが利点です。

ただ、上述したようにドローン測量が不得手な部分を理解して利用していかないと、思いの外高額な利用料がかかったり欲しかったデータが得られなかったりすることがあります。金額に見合った成果を得られる手法を選ぶことが大切ですね。

しかし、建設現場でのドローンの利用はこれから間違いなく広がっていくと考えられています。写真・レーザー測量共にドローンが活躍する時もそう遠くはないでしょう。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

ドローン測量の資格とは?便利なアプリは?

ドローン測量
ドローンの測量に資格はいるのか?

ドローン測量の価格や、メリット・デメリットが分かったところで、実際にドローンでの測量を行うためにはどんな準備が必要なのでしょうか?資格やソフトなど、基本的な部分を見てみましょう。

測量には国家資格が必要だが、ドローンの操縦に資格は必要ない

測量とドローンの操縦とを分けて考えるならば、ドローンの操縦そのものに必ず必要な資格はありません。

ドローン操縦者と同一人物が測量を行う場合は国家資格の測量士・測量士補が必要になりますが、ドローンで空撮を行うだけの場合は特に資格を取る必要はありません。

ただし、ドローン撮影を行う場合に撮影許可を得るための様々な条件はあります。条件や申請方法に関して、こちらの記事に簡潔に説明がありますので併せて見てみましょう。

ドローン撮影の許可はこれで完璧!申請の手順を全て解説!

ドローン撮影を行えるカメラマンに依頼を出せば、これらの申請等も請け負ってもらえます。測量は測量士が行い、空撮をカメラマンに行ってもらうという手段も考えられますね。

ドローン測量に利用するソフト(アプリ)

ドローンの測量にはソフトを利用します。人が手動で行うことも可能ですが、ソフト(アプリ)を使用することで大幅に手間を削ることができます。ドローン測量に関するソフトで出来ることは以下のようになっています。

  • 自動航行・撮影
  • SfM(三次元復元)
  • 距離・体積計測
  • 間引き・出来形検査

ソフトによって機能が1つのものと、複数の機能が合わさっているものがあります。

基本は無料でダウンロードでき、アプリ内課金をしてできる機能を増やしていくフリーソフトもありますので、必要な機能だけを選べるものがあるところも便利ですね。

自動航行の向き・不向き

ドローン測量ソフト(アプリ)で頻繁に利用されるのは自動航行です。自動航行とは、計算したルートをドローンが自動で飛行するよう命令するソフトですので、人が運転する手間が省け、測量の精度を保つことに注力できるというメリットがあります。
平面の広い範囲をまんべんなく測量する際に、力を発揮するソフトと言えるでしょう。

反対に、自動航行ソフトが不得意なのは起伏が激しい場所や崖です。難易度の高い場所、縦方向への測量が必要となる場所の撮影は、まだ発展途中のようです。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

ドローンの測量写真をプロカメラマンに依頼するメリットとは

建築写真の空撮はプロカメラマンに依頼するのがおすすめ
ドローン測量の空撮はプロカメラマンに依頼するのがおすすめ

ドローン測量による空撮で、プロのカメラマンに撮影を依頼する場合どんなメリットがあるでしょうか。

必要な機材が揃っている

ドローン撮影を手がけるプロのカメラマンであれば、様々な機能のカメラやレンズを揃えているだけでなく、ドローンについても大小いろいろな機体の中から撮影対象にあったものを選択することができます。

飛行許可申請から万が一の保険加入までおまかせできる

ドローンの飛行は場所によって申請が必要になることは、前述したとおりです。申請は書類に記入し提出するだけでは終わりません。操縦技術や経験についても問われるなどハードルが高いのです。

撮影時にはプライバシー等さまざまな配慮が必要となり操縦等の技術も問われますので、飛行許可申請から万が一の保険加入まで一括しておまかせできるプロに頼むのがスムーズな方法かもしれません。

ドローン空撮・測量を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。

ドローン測量の写真撮影はカメラマンに依頼しよう!

ドローン測量のカメラマンはミツモアで
オススメのカメラマンはミツモアで

いかがでしょうか。建築現場でドローンによる空撮が役立つことがおわかりいただけたと思います。規制もあり技術も必要となるドローンの測量空撮は、やはりプロにお願いするのが一番スムーズでしょう。

ミツモアを使えば、質問への答えをクリックするだけであなたにぴったりの事業者最大5名から見積もりが届きます。

それぞれのプロフィール、実際事業者が撮った写真や口コミまで、無料で見る事ができます。
希望通りの事業者が見つかるミツモアをこの機会にぜひ使ってみませんか!

ミツモアについて

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットして依頼するプロを決めます。誰も選ばなくてもOKです。

ドローン空撮・測量のプロをさがす