ミツモアメディア

芝生のサッチングってどうやるの?必要な道具や手段について紹介

最終更新日: 2021年04月23日

きれいな芝生を育てるのに欠かせないのがサッチングです。

正しい頻度と方法でサッチングを行うことは、芝生の手入れの基本といっても過言ではありません。この記事ではサッチングがなぜ必要なのかや、方法や頻度、おすすめの道具などを解説します。

芝生のサッチとサッチングについて

芝生のサッチングとは
サッチングとは?

サッチングは芝生の手入れの基本です。美しい芝生を育てるならば、必ず発生する作業と考えてよいでしょう。

まずはサッチングというのがどのような作業なのか、そしてサッチとはなんなのかを解説します。

サッチってなに?

「サッチ」とは刈りカスや冬枯れした葉などが、芝生の上に残ってしまったものです。古い根なども混ざって、土壌の表面に薄い層になって堆積します。

このサッチを取り除く作業が「サッチング」です。芝生の葉は繊維質が多く分解されにくいため、そのまま残ってしまう傾向にあります。

芝生を育てて2年目くらいからサッチが堆積しはじめるので、適宜サッチングを行い、サッチを除去してあげましょう。逆に植えてすぐの芝生にサッチはないため、サッチングは必要ありません。

サッチングをしないことによる影響

サッチングをしないとどうなる?
サッチングをしないと起こる弊害

サッチングをせずに放置していると、芝生の土壌が病原菌の温床になってしまいます。また水はけが悪化してしまい、芝生が健康に育ちにくくなり、最悪の場合枯れてしまう場合もあるのです。

ここからはサッチングを行わないとどのような悪影響があるのか、具体的に解説します。

土壌の通気性や水はけが悪化する

サッチが芝生の土壌の上に堆積したまま放置されると、土壌の通気性が悪くなり、水はけが悪化します。

通気性が悪くなると、サッチを分解してくれる微生物も育ちません。さらにサッチが溜まりやすくなる悪循環に陥ってしまうのです。また雨が降るとサッチの上に水が溜まり、湿気の多い水はけの悪い土壌となってしまいます。

一方で乾燥したサッチには水を弾く性質があるので、堆積したままに放置していると、水やりをしても芝生の根に十分に水分が行き渡らなくなってしまうのです。結果として、芝生が弱ってしまうことにもなりかねません。

害虫や病原菌が繁殖しやすくなる

サッチが蓄積して通気性が悪くなると、雨が降ったときに水が溜まりやすくなります。これにより湿度が高い状態が必要以上に続いてしまい、病原菌の温床になってしまう場合もあるのです。

また先に説明した通り、サッチが蓄積している土壌は微生物が育ちにくい環境です。発生した病原菌が分解されず、逆に活発化してしまいやすいため、病気が急激に広がって枯れてしまうこともあります。

手入れをしていないと害虫の温床にもなりやすいため、その点においても芝生の成長の妨げになるといえるでしょう。

サッチングの方法には種類がある

サッチングのやり方
サッチングの正しい方法

サッチングがなぜ必要なのかが理解できたところで、ここからは実際にサッチングをどう行えばいいのか、方法をチェックしていきましょう。

サッチング方法にはいくつかの種類があり、それぞれの方法に、メリットとデメリットがあります。手間と費用のバランスを考えながらどの方法がよいか検討してみましょう。

物理的に行う方法

落ち葉かきなどでも使われる園芸道具の一つである「熊手(レーキ)」を使う方法は、サッチングの最も基本的な方法です。

熊手の歯の部分を使って、土壌の上に溜まっているサッチを掻き出していきましょう。自分よりも遠いところから、手前に向かって熊手を動かし、サッチを集めていきます。

終えたら集まったサッチを手でまとめて捨てるだけです。非常に簡単な方法なのですが、作業する際に力を入れて深く掘りすぎると、芝生や土壌そのものを傷めてしまうので注意しましょう。また広範囲を作業するとなると、かなりの体力を要します。

機械的に行う方法

広範囲にサッチングを施したい場合や、より楽に行いたい場合には「サッチングマシン」を使うのがよいでしょう。芝生の上でマシンを滑らせながら、自動でサッチを吸い込めます。

芝生の上に掃除機をかけるようなイメージで使えるため、あまり力を必要としません。小型で軽量のものもあるので、自力での操作も簡単です。

また密度が高めの芝生は、熊手などの道具でサッチングを行うのは難しいため、マシンを使うのを特におすすめします。熊手や分解剤よりもコストはかかってしまいますが、小回りが利く上、時間と手間がかからない方法です。

生物学的に行う方法

サッチを分解する微生物の力を借りる方法もあります。「サッチング剤を芝生の上に撒く」ことでサッチを微生物によって分解し、サッチングを不要にするのです。

他の方法に比べると、効果が出るまでに時間がかかる点はデメリットかもしれません。しかしまた撒くだけでサッチングを行えるので、実施するのが簡単な点がメリットです。

サッチを除去するという目的だけでなく、サッチング後にサッチを蓄積予防するために撒くこともできるなど、幅広い使い方ができる点も魅力です。

芝焼きでサッチを減らす方法

サッチングには「芝生を焼く」という方法もあります。発芽前にこの芝焼きを行っておくと、サッチの除去に有効なだけではなく、害虫の駆除や病気を予防する効果も期待できるのでメリットが大きいです。

ただし土の中の虫を焼くことはできないので、その対策は別途必要になります。

また枯れた芝に着火すると、想像以上に勢いよく燃えることがあるので、作業には十分注意が必要です。

サッチングに使用する道具の種類と選び方

サッチングの道具とは
サッチングの道具をチェック

サッチングを効率よく行うには、適した道具を用意して活用するのがポイントです。サッチングだけでなくさまざまな用途に使える道具もあるので、予算に合わせて購入してみるのもよいでしょう。

熊手(レーキ)

熊手の素材には、「木材」「アルミニウム」「ステンレス」「プラスチック」などがあります。木材は土をならしやすいですが、腐りやすいのが難点です。

アルミニウムは軽く使いやすいですが、土の重量には弱いので負荷をかけすぎないように注意が必要でしょう。ステンレスはサビに強くて頑丈ですが、重量があるので作業負荷がかかります。

プラスチックは軽くサビにも強いですが、強度はやや弱めです。また熊手を選ぶ際には、爪の間隔もチェックしましょう。

爪の間隔が狭いほど細かい作業をしやすいですし、間隔が広いものを選べば、広範囲を一気に作業できます。メリットがそれぞれ異なるので、使用シーンとニーズに合わせて選択しましょう。

サッチングマシン

サッチングマシンには「サッチングマシン専用」と「サッチングマシン兼用」タイプの2種があります。前者はサッチングマシンの機能のみで、後者は芝刈り機のサブ機能としてサッチング機能が付いているタイプです。

価格は3万円台のリーズナブルなものから、本格的な18万円程度のものまで幅があります。電源で動くものが大半ですが、ガソリンで動くタイプもあるので購入時に注意しましょう。ガソリンを使うものは初心者が使いこなすには難易度が高いためです。

サッチ分解剤

サッチ分解剤の材料は、薬剤ではなく微生物です。ナットウ菌ともいわれているバチルス菌をベースとする自然のものなので、ペットを飼っていたり、小さな子どもがいるような場合にも、安心して使えます。

農薬ではなく指定配合剤なのも安心なポイントです。水で希釈して使う液体タイプもあれば、固形でパラパラと芝生の上に撒くだけでより使いやすい分解材もあります。固形タイプを撒いた後で散水するとさらに効果的です。

サッチ分解剤のデメリットは、サッチ除去までに時間がかかる点です。微生物の働きによってゆっくりと除去されていくので、すぐにサッチがなくなるわけではありません。

サッチングを行う時期と頻度

サッチングを行う時期は
サッチングの頻度と適切な時期を知ろう

サッチングは年に何度も行うものではありません。適切な時期と頻度を押さえて行うのが大切です。

時期やタイミングを間違えて実施してしまうと、逆に芝生を傷めてしまうので注意しましょう。芝生の生育リズムに沿って理解するとわかりやすいです。

春先から行うのがおすすめ

芝生は冬になると枯れる傾向にあります。この冬枯れによって茶色く変色した芝を取り除く目的で、春先頃に行うのがちょうどよいでしょう。また梅雨までには、終わらせるのをおすすめします。

梅雨のように雨量が多い時期にサッチを放置していると、水が溜まってしまい病原菌の繁殖や、土壌の悪化の原因になってしまうためです。加えて芝生は、春から夏にかけて生育スピードが上がります。

そのためサッチングを春先に行って芝に負担がかかっても、すぐに復活できるのです。春先の次は、芝刈り後の秋頃のタイミングでサッチングを行うのもおすすめです。

適度にサッチングを行うことが重要

サッチングは重要ですが、頻度高く行いすぎてもいけません。適切な頻度は、年に1〜2回程度です。1年目は不要なので、2年目からスタートしましょう。

サッチングは芝生を手入れする作業でもありますが、同時に芝生に負担をかける行為でもあるのです。

これ以上の頻度で行ったり、力を入れすぎたりすると、逆に芝生を傷める原因になってしまいます。適切な頻度を守って行うことが重要です。

サッチング後は目土して芝生を管理

サッチングをした後の芝生には、穴が開いてしまったり、密度が低くなってごっそり芝がなくなってしまったりとムラができてしまいます。

そのような場所には必ず土や砂をかぶせる「目土」という作業をしておきましょう。見た目を美しく整備する意味もありますし、病害虫を防ぐ目的もあります。

芝生に穴が空いてしまうと、その穴から水が溜まってカビが生えるなどの現象が起こることもあるでしょう。また芝生の茎が地上に出てしまい、芝生そのものが弱ってしまうケースも考えられます。

サッチングを適切な頻度で行おう

サッチングは定期的に行う
サッチングは定期的に行おう

サッチングは芝生を育てる上で欠かせない手入れです。芝生を育てる以上、サッチが溜まるのを避けることはできません。熊手・分解剤・マシンなどを使い分けながら、芝生の規模や状態などを踏まえて、自分に合った方法で手入れを行いましょう。

また芝生を美しく健康に保つために、確かにサッチングは必要ですが、頻度高く実施し過ぎるのも禁物です。

サッチングは基本的に春先に行いましょう。もしも秋の芝刈り後に、刈り芝の残りが気になる場合には、そのタイミングで軽く行うのもよいです。

サッチングは必要な手入れである一方、芝生に負担を与えてしまう作業でもあるので、終わったら目土を行いしっかりケアすることも重要なポイントになります。

芝生の手入れのプロを探すならミツモアがおすすめ

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロに芝張りの見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで芝張り・芝生の手入れのプロを依頼する