ミツモア

バイクのキーシリンダーの交換方法とは?プロに依頼する費用も紹介

ぴったりの鍵交換・紛失・修理業者をさがす
最終更新日: 2022年11月29日

バイクのキーシリンダー交換を業者に依頼した場合の費用相場は?

バイクのキーシリンダー交換を業者に依頼した場合、工賃込みで15,000~20,000円がおおよその相場です。

バイクのキーシリンダーの取り外し方は?

バイクのキーシリンダーを取り外す手順は1.ケーブルクリップの取り外す、2.センターナットを緩める、3.ボルトを外すの3ステップです。詳しくは記事内で解説しています。

バイクのキーシリンダー交換が必要なケース

バイク 鍵

バイクのエンジンは鍵が正常に回らないと始動させられません。しかし、鍵にまつわるトラブルに遭遇し、慌ててしまった経験を持つライダーも多いのではないでしょうか?

どのようなときにキーシリンダーの交換が必要となるのか、ケースや症状について解説します。

キーシリンダーの劣化や破損

バイクは走行時に雨や風が直接当たる乗り物です。またガレージがない場合は、屋外で保管しているケースも少なくありません。

そのため、キーシリンダーも日光や雨風の影響を受け、自動車と比べて劣化や破損が生じやすいといえます。

ホコリやゴミなどがシリンダー内部に入り込んでしまったり、雨によってサビが進行したりすることも、シリンダーを劣化させる要因です。

さまざまな原因によってスムーズに動かなくなり、力任せに鍵を回すなどを繰り返して、破損させてしまう人もいます。

複数の鍵を1本に統一

バイクでは、鍵を使用する場面が多々あります。エンジンの始動やガソリンタンクの開閉、シート下の収納利用時は鍵が必要です。

大抵は同じ鍵で各部に対応しますが、キーシリンダーを交換した中古バイクなどでは、鍵が異なるケースも見られます。

1台のバイクで複数の鍵を使用することに、煩わしさを感じるライダーもいるでしょう。キーシリンダーを交換すれば鍵を1本に統一でき、紛失のリスクや手間を減らせるのです。

キーシリンダーを自分で交換する方法

バイク 修理

バイク愛用者の中には、カスタマイズするのが好きな人もいます。キーシリンダーの交換は自力で行えるため、DIYが好きな人ならチャレンジしてみてもいいかもしれません。自分で交換する場合の手順や注意点について解説します。

各パーツの取り外し

各パーツを取り外すステップは3つあります。

<ステップ①>ケーブルクリップの取り外す

まずは各配線とコネクター部分を保持するケーブルクリップの取り外しです。キーシリンダーの配線をたどって、ケーブルクリップを探しましょう。

<ステップ②>センターナットを緩める

次は、ステアリングステムに付属するセンターナットを緩める作業です。ハンドルを左に大きく切ると、作業がしやすくなります。その後、フロントスタンドをかけた状態でセンターナット、トップブリッジの順に取り外しましょう。

<ステップ③>ボルトを外す

最後に、キーシリンダーを固定しているボルトを外します。このボルトを緩めると簡単にシリンダーが外れますが、ネジのロック剤が残ってしまわないように丁寧に作業をしましょう。

新しいシリンダーの取り付け

新しいシリンダーは、古いシリンダーが設置されていた部分と同じ場所に取り付けます。ネジ穴を合わせ、ボルトを締めて固定しましょう。この作業で忘れてはならないことは、ネジのロック剤をボルトの先端に塗っておくことです。

固定後の手順は以下の通りです。

  1. トップブリッジを取り付ける
  2. 各部を設置し終えたら、配線を正しいポジションに戻す
  3. カプラーを装着する
  4. センターナットを締めて固定する
  5. ケーブルクリップとセンターナットのカバーを取り付ければ終了

キーシリンダー交換に必要なもの

キーシリンダーの交換作業には、キーシリンダー本体の他にも、さまざまなパーツや工具が必要になります。パーツが一つでも欠けてしまうと正常な動作ができなくなる可能性があるため、しっかりと準備しておきましょう。

  • キーシリンダー本体
  • ドライバー
  • インパクトレンチ
  • ソケット(ステアリングセンターナット)
  • フロントスタンド
  • トルクスビットソケット
  • ネジロック剤
  • 電極接点復活剤
  • ワイヤーオイル
  • タップ
  • ダイス

キーシリンダー交換時の注意点

キーシリンダーのタイプは1つではありません。FI用やキャブレター用などをはじめとして、複数のタイプが用意されています。

また、車種によっても採用されているタイプが異なるため、所有するバイクに適合するものを選定することが重要です。

加えて、バイクメーカーが取り扱う純正品だけでなく、バイクショップなどで購入できる社外品もあります。純正品ならば品質に安心感があり、社外品であれば低価格で入手できる可能性があるのです。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、必ず自分のバイクに合ったものを選びましょう。

キーシリンダー交換を業者に依頼する場合

バイク 修理 業者

「機械いじりや細かい作業が苦手」という人にとって心強い味方が、専門業者です。自分で交換する自信がない場合は、プロにお願いしましょう。業者に依頼する場合の費用相場やポイントについて解説します。

業者に依頼した場合の費用相場

バイクのキーシリンダー交換は、ディーラーやバイクショップのほか、鍵業者でも対応できる場合があります。

キーシリンダー本体を自分で購入して持ち込む場合は、保証や適合の面で断られることもあるため、依頼できるかどうかを事前に調べておきましょう。

業者に依頼する場合、車種やシリンダーの種類などで費用は変動します。

  • キーシリンダー本体の価格相場:8,000~10,000円程
  • 工賃込み:合計15,000~20,000円程

まずは見積もりを取ってみよう

費用を抑えたい場合や優良業者に依頼したい場合は、相見積もりが不可欠です。複数の業者に見積もり依頼を出して、料金を比較検討するように心がけましょう。

しかし、安心して相談できる業者をいくつも知らないという人もいるでしょう。ネットで最大5社の見積もりを一括入手できる「ミツモア」なら、バイク関連の修理業者もたくさん見つかります。キーシリンダー交換に対応している優良業者にも、きっと出会えるでしょう。

チャット機能も備わっているので、特殊なバイクであるなど気になることを気軽に相談できる点も魅力です。

ミツモアで鍵業者を探す

キーシリンダー交換はプロに依頼すると安心

原付バイク

バイクに乗るうえで、キーシリンダーはとても重要なパーツです。ただし、雨やゴミなどが侵入しやすいため、不具合が起こる可能性も高いことは覚えておきましょう。

交換が必要となった場合は、正しく取り付けるためにも、業者に依頼すると安心です。見積もりプラットフォーム「ミツモア」を活用して、信頼できる業者にお願いしましょう。

鍵のプロ探しはミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

バイクの鍵交換は自分で行うことも可能です。しかし、交換するのに自信がなかったり、経年劣化によって鍵以外の部分も壊れやすかったりする場合は、迷わず鍵のプロに依頼しましょう。

ミツモアなら、バイクの鍵に詳しいプロを簡単に見つけることができますよ。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで鍵業者を探す