ミツモアロゴ

かっこいい写真はポーズが決め手!男のポージング道場

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月10日

はい!カメラマンのひがしです。

今回は男性必見!

かっこいい写真の写り方についてお話していきます。

男性はポージング1つで劇的にカッコよさが変わってきます。

男性らしいかっこいいポージングとはどんなポーズなのでしょうか。

ゆっくりじっくり確認していきましょう。

簡単!手だけでできるポーズ

男性が被写体で写真撮影をする際にポーズしてください!

って言われて思い浮かぶのはピースサインくらいではないでしょうか。

そう、男性でなかなかポーズを決められる方は多くはありません。

今回は写真撮影において男性ならこういうポージングが似合うよ!

と言われているポーズを確認していきましょう。

どんなポーズがあるのでしょうか。

裏ピース

ピースとは逆の裏ピース!

POPな男性アーティスト等が雑誌でもよくやっているポージングですね。

手の甲をカメラに向けながらのピース!

HIPHOPなノリで「イエーイ」もいいですし、クールな感じでカメラ目線でもいいでしょう。

若い方を中心としたポーズで意外と使える裏ピースは是非覚えておきましょう。

普通のピースだと少し恰好がつかない時などはおすすめですね。

若い子と言えば、卒業式のお写真でもこのようなポーズをする中学生や高校生などの学生さんもよく見かけますよね。

親指をたててgood!

親指をたててgood!海外の方がよく写真撮る際にしているポーズという印象です。

こちらのポーズもどちらかといいとノリ良く撮りたい時にはおすすめですね。

友人などと和気あいあいと撮影する時なんかは重宝します。

ちなみにこのポージングの場合は真っ直ぐ手をカメラに向かって突き出してしまうと、

某お笑い芸人さんの「グーググー」みたいな一発芸になってしまうので、

まっすぐ突き出すよりも気持ち斜めになるように突き出すとよりカッコよくなりますね。

握りこぶしを前へ

写真撮影のポーズで男性がかっこいい感じに見えるポーズの1つがこの握りこぶしを前に出すポーズです。

写真において手や指の動きや開きってとても重要です。

少し余談ですが例えば女性が和傘を握る際に握りこぶしをつくるように持ってしまうと力強く感じられてしまいます。

ですからその場合軽く手を添えるようにもってあげると優しい雰囲気になり女性らしさを強調する事ができます。

今回はその逆なので男らしさを見せる事の出来るポーズとも言えるわけです。

握りこぶしを作る事でその写真を撮っているメンバーとの一体感や強い意思的なものを表現できたりもします。

男性同士で撮る際は握りこぶしを前に出すスタイルはとてもいいですよね。

ちなみに男子学生さんで、卒業式でのお写真のポーズとしても人気のあるポージングの1つでもありますね。

おしゃれな写真に仕上げる全身ポーズ

次は全身ポーズについて見ていきましょう。

おしゃれな写真に仕上げるための全身ポーズを確認していきます。

写真映えするポーズとはどんなものでしょうか?

全身編です。

是非覚えておきましょう。

アーティストのCDのジャケット写真を真似てみる

よく参考になる資料としては男性アーティストのジャケット写真です。

とにかくかっこいいポーズのものが多いですよね。

写真映えするものばかりで表情やバリエーションもとても豊富です。

まずはご自身の好きなアーティストのCDジャケット写真(アー写)などから真似てみるのがいいでしょう。

あとは自分の服装に合うジャンルのアーティスト写真を見てみるのもいいです。

(ロックな服装であればロックバンドなど)

無難にいくならジャニーズとかのアイドル系がいいでしょう。

さわやかポーズはすごく勉強になります。

ちなみに、アー写以外も服飾関係の雑誌の男性モデルのポージングを真似てみるのもありですね。

是非参考にしてみてください。

床に座ってみる

床に座ってみよう!

壁にもたれ掛りながら座るとより一層クールなイメージになりかっこいいですね。

座る時のポーズは片膝をたてて片方の脚はあぐらをくむような感じで座る事でよりかっこよく見えますよ。

また体操座りのようなイメージで座っても意外とかっこいいものなのです。

座った撮影ってかっこよく見えるの??見えるんです!

ものすごくクールに見えます。

床に座ってのポーズはいろいろとアレンジ自由なのでポージングの自由度はかなり増しますよ。

顔を写さない/隠す

所謂今流行りのエモイお写真ですね。

口元から切ったお写真なんてかっこいいを通り過ぎそうです。

立ちのポーズでも座りでも自由自在です。

顔の隠し方も自由で、先ほども言いましたがカメラマンに頼んで写真自体を口元で切ってもらうのもいいですし、

フードや帽子で顔を隠すのもいいでしょう。

あとは意外と花(似合う人には似合う)とかの小物を使って顔を写さないようにするのも1つの方法ですね。

顔は写さない、でも本人だとわかる!

みたいな表現が出来れば尚の事かっこいいお写真になるのではないでしょうか。

写真映えするポーズはこれ!男旅行ではこうキメよう

男性同士で旅行に行く事もあるでしょう。

もちろんちょっとした観光や遊びに行った時に写真を撮る事もあるはずです。

それは一眼レフであったりスマホのカメラであったりと人それぞれです。

そこでどうしても気になるのがポーズです。

一体どんなポージングがいいのでしょうか。

男旅行で写真映えするポーズとはどんなものがあるのでしょうか。

確認してみましょう。

ジャンプしてみる

まずはジャンプです!

旅先と言えば県境を超える時もあるでしょう。

また何かしら大きな建物や広大な自然を背景に撮影する事もあるはずです。

そんな時はみんなでジャンプです!

一眼レフやデジカメで撮る際はジャンプのお写真は少し難しいですが、

上手くいけば躍動感あるかっこいい写真が撮れます。

ちなみにジャンプ写真の注意点はシャッタースピードを速くしておくことです。

何それ?と思う方はオート撮影でもいいですが、

できればマニュアル操作で撮影した方が綺麗なジャンプ写真が撮れます。

というのも、シャッタースピードが遅いとジャンプした際に被写体がボケる(ブレる)可能性があるからです。

そうならない為にもシャッタースピード優先の撮影を心がけましょう。

ちなみにスマホもマニュアル機能がついている機種に関してはマニュアル操作で撮影した方がいいですね。

影絵

おしゃれでかっこいい影絵を撮ろう!

そもそも影絵って何!?って思われる方も多いでしょう。

わかりやすく言うとシルエット撮影です。

夕陽や朝日、自然光をメインに使って撮影します。

被写体を逆光で撮影する事でシルエットにする事が可能となります。

とにかくクールでかっこいいのが特徴です。

シルエットになってしまうので被写体の顔や洋服の柄などはほぼ見えなくなります。

ですが、写真としての存在感はすごいく素敵です。

あとはカッコいいポーズをすれば、もう完成ですね。

この影絵(シルエット写真)に関してもスマホ・デジカメ等でもマニュアル撮影で撮りましょう。

理由は先ほどのジャンプ写真と同じような感じなので割愛させて頂きます。

余談ですが影絵×ジャンプのコラボもよさそうですね。

像やマスコットなどとお揃いのポーズ

旅行と言えばその地域にある特別な像やマスコットがありますよね?

そこで写真撮影をしてお揃いのポーズを撮ってみましょう!

男性だけの旅行だからこそできるポージングとかをしてみると楽しさも倍増ですね。

ちょっとしたふざけたポーズも男性ばかりの旅行だからこそできる事もあります。

撮影の際は表情などもこだわりたいところです。

こういった写真は和気あいあいと楽しく撮影する事もいいですが、

時には真顔でシュールなイメージで撮影してみるのも、

あとあと写真を見返した際におもしろくていいかもしれませんね。

写真写りで大事なのはポーズだけじゃない?姿勢が鍵を握る!

写真写りで大事なのはポーズだと思っている方も多いはず。

確かにポーズは重要です。

ポーズのバリエーションが多いといろんなカットが撮れますので写真にも厚みができます。

しかし、いくらポーズがカッコよくても「姿勢」がよくないと全ては台無しになってしまいます。

私もカメラマンとして被写体を見る時にあまりにも猫背だと「は~い、背筋伸ばして~」とお伝えする事もちらほら。

姿勢についても少しお話していきましょう。

猫背を治すストレッチ

パソコンやスマホが普及してきた近年、猫背になる方が非常に増えています。

一種の職業病的なものもあるかもしれません。

そんな私も結構猫背。

こうやって記事をPCに向かって書いているわけですが、

キーボードをタイピングする際の姿勢ってどうしても猫背になりがちとも言われています。

そこでここでは猫背を治すストレッチについて軽くお話しておきましょう。

私がよくやっているのはものすごく簡単です。

いくつかストレッチをしているのですがその中でもいつでもどこでもできるのもをお伝えします。

それは両手を組んで、背伸びをするのと同じ要領で頭上に腕を上げるように背筋を伸ばしていくのです。

これを10秒間やります。これを意識して継続的にやるだけでも効果はあると思います。(個人差はあります)

まずは簡単なものからやってみてはいかがでしょうか。

猫背って肩こりや腰痛、頭痛を引き起こす原因と言われています。

写真に写る時の姿勢を気にすることでそれらの症状も改善されるかもしれないなんて一石二鳥ですね!

ちなみに普段から家にいるときや姿勢が悪くなるような作業をする時だけでも、

猫背矯正サポーター等も併用して使うとより姿勢もよくなりやすいですね。

猫背の人は是非試してみてくださいね。

寄りかかって自然に対策

猫背だからといっていきなり改善されるわけではありません。

どうしてもその場で写真写りをよくしたい場合は壁などに寄りかかって、

ポージングの1つとして対策してみるのもいいでしょう。

壁に寄りかかって腕を組んでカメラ目線なんて言うショットもかっこいいですね。

クールなお写真になりますね。

その他にもうつ伏せに寝てのポージングなんかもいいですね。

猫背をカバーするなら寝る、壁に寄りかかるがいいでしょう。

かっこいい写真はプロに撮ってもらおう

最近のカメラって結構性能がいいので誰でも綺麗なお写真が撮れるようになってきました。

ですが、やはり構図はアングル等を考えるとプロとの違いが出てきます。

かっこいい写真は一度でいいのでプロカメラマンに依頼してみてはいかがでしょうか。

ポートレート写真撮影専門カメラマンがいます

プロカメラマンと一言で言っても実に様々なプロが居ます。

各自、得意不得意があるのです。

何でも万能に撮れるカメラマンはかなり数が少なくなります。

建物を撮るのが上手いプロも居れば飲食関係の撮影に特化したプロもいます。

もちろんなんでもこなせる万能型もいます。

ということはもちろん、人物に特化したポートレート写真専門のカメラマンも当然いるわけです。

ポートレート専門のカメラマンともなるとポージングからなにから全て最高です。

かなりカッコよく撮影してくれます。

プロカメラマンを探す際は大まかに「プロの中から探す」と言う風にはせずに、

ポートレート写真撮影専門のプロを探すようにしましょう。

同じプロでもその中で撮影の種類によって実力は千差万別ですよ!

プロに頼むメリット

プロに頼むメリットは間違いなく良い写真が撮れるということです。

あとは適切なポージング指導等もしてくれるのもありがたいところです。

写真を撮影していきながらポーズなど細かいところを修正していきつつベストなカッコいい写真を撮ってくれます。

当然撮影料は発生してしまうもののそれを払うだけの価値は十分にあるでしょう。

一度も依頼をしたことのない人は是非一度撮影依頼をしてみてくださいね。

かっこいい写真を撮るにはやはりポーズが重要でしょう。素敵な写真を撮る上で魅力的ポージングとは?男性で写真を撮る際にポーズで悩む人は是非ご確認ください!ポージングはいくつ種類を知っていて後悔はしません。ポーズは知れば知るほど有利なのです。

プロのカメラマンに写真を撮ってもらおう!

カメラマンにお願いするなんて、とても敷居の高いことのように思えるかと思いますが、決してそんなことはありません。

まずは、気軽に見積もりができるミツモアを利用してみましょう。無料で最大5件の見積もりが届くので、きっと信頼できるカメラマンを見つけることができますよ。