ミツモアロゴ
ミツモアメディア

一生残る卒アルの個人写真 簡単7STEPで最高の一枚を撮ろう!

最終更新日: 2019年05月15日

普段写真を撮り慣れているとは言っても、卒業アルバム(卒アル)の写真はちょっと別物。この先ずっと残るものだし、一人で写る個人写真は真面目な顔がいいのか、笑顔がいいのか、いったいどんな顔して撮ったらいいのか迷いますよね。そんな人に卒アルの個人写真で悔いが残らないよう、ベストな写真の撮り方をご紹介します。

卒アルの個人写真のオススメ下準備

眠っている女性
卒アルの個人写真のオススメ下準備

「明日は卒アルの撮影日!」そうなった時にどんなことに気をつけたらいいのでしょう?髪型?お肌を整える?着ていく服装?何も準備をしないで撮影日を迎えてしまうと、後々アルバムを見返したときに後悔することも。いつもよりちょっと手をかけるだけで、当日の写真が納得のいくものになりますよ。そんな気をつけておきたいポイントを見ていきましょう。

前日は夜更かししない

これはお肌のためには当たり前のことですよね。ベッドの中で寝るまでスマホを見ていると、次の日は目の下にくまができていたり、なんとなく不調になるものです。また、深夜までゲームをしていると、寝不足になり、次の日は寝坊して朝のスキンケアも適当になったまま学校へ行くことになってしまいます。

十分な睡眠がとれないと、体の不調や肌荒れにつながります。普段夜更かししている人も、せめて卒アルの撮影前日は、しっかりと睡眠がとれる環境づくりを心掛けましょう。夜は部屋の照明を落として、気持ちが落ち着く暖色系の明かりにする。前日夜の入浴でリラックスして気持ち良く眠りに入れるようにするなど工夫しましょう。

白い服がベスト

制服ではなく、私服で卒アル撮影に臨む人もいることでしょう。そんな場合は白い服を選ぶと成功しますよ。白い服はレフ版効果(レフ板に当たった光は、反射して被写体を照らしてくれる)で表情が明るく見えます。私服で撮影の人はなるべく白い洋服を着ましょう。

アイロンをしっかりかけておく

個人写真で写るのは上半身のみ。スカートやズボンのシワはそこまで気にしないとしても、大切なのはシャツやジャケットにきちんとアイロンがかかっているかということです。特に襟元はシワが目立ちやすいところ。Yシャツやリボン、ネクタイはもちろん、ブレザーの制服の場合はさらに上着にもアイロンをしっかりかけておきましょう。

個人写真の撮影での7STEP

女性のバストアップ
個人写真の撮影での7STEP

いよいよ撮影の時がやってきました。万全の準備をして撮影に臨めていますか?緊張していませんか?そんな時に覚えておきたい7つのSTEPをご紹介します。これを実践すればきっと納得のいく写真を撮ってもらえることでしょう。

呼吸を整えてリラックス

カメラを向けられ「さあ撮りますよ!」となると、よほど写真に撮られ慣れている人や、自分に絶対の自信がある人以外は、誰もが緊張すると思います。ここでずっと緊張したままでいるのはもったいない。せっかくの機会ですから撮影自体を楽しんでしまいましょう。

まずはカメラの前で深呼吸してみましょう。人は緊張すると呼吸が浅くなりがちです。深呼吸をして呼吸を整え、その上でカメラを見つめると、以前よりリラックスしてカメラの前に立てるようになりますよ。

背筋を伸ばして腰を前に出す

個人写真は椅子に座って撮ったり、立って撮ったり、色々なパターンがありますが、どれも共通して言えるのは、背筋を伸ばして立つことです。猫背になるのはお腹の筋肉が使えていないから。猫背だと暗いイメージに見られがちですよね。お腹に力を入れて胸を張ると背中が伸びてきます。

頭から背骨まで1本の糸でつられているイメージの姿勢を保ちましょう。姿勢はその人の内面の印象を決めます。姿勢がよく凛としていると、元気でハツラツと見えます。

あごをひく

「あごを引いて!」と言われると、顔を下に向ける人がいますが、正解は「首を後ろに引く」ことなのです。首を後ろに引いて、背中の肩甲骨を寄せましょう。ただしあごを下げすぎると二重あごに見えてしまうので要注意です。

「効き顔」を前にして撮る

効き顔 左顔の女性
あなたの効き顔は右?左?

人間の顔は左右対称ではありません。利き手、利き足があるように、左右どちらかに得意な方があるものです。髪型の分け目などでも見え方が違ってきますね。鏡の前で笑顔の練習をするときに、自分が一番いい顔に見える角度を探し、効き顔を前にして写るようにすると自信の持てる写真になりますね。

レンズの少し上を見る

カメラを直視しないで、カメラの少し上を見るようにしましょう。顔が少しだけ上に上がり、明るい印象になります。

鼻から息を吸って目を開く

シャッターが押される直前になったら、鼻から息を吸い込みましょう。例えば「はい。撮りますよ〜3、2」あたりまで目を閉じて鼻から息を吸います。「1、カシャ!」でパッと目を開きましょう。この時力を入れすぎて大きく目を見開きすぎないこと。あくまでも自然な表情を心がけてください。

好きなことを思い浮かべて笑顔を作る

卒アルの個人写真は「明るく感じ良く写る」ことが大前提。無表情や緊張でガチガチの顔よりも自然な微笑みが一番大切です。カメラの前に立ったら、カメラの向こうには自分の一番好きな物があると想像してみましょう。好きな人の顔?大好きなケーキを食べるときのこと?愛犬や愛猫などのペットの姿を思い出してみるのもいいかもしれません。そうしているうちに自然と笑顔が作れるようになりますよ。

卒アルの個人写真 これOK? NG?

×サインの女の子
卒アルの個人写真 これOK? NG?

知っているようで意外と知らない個人写真のOKやNG。いったいどんなものがあるのでしょうか?当日になって「こんなはずじゃなかった!」と慌てないためにも、特にNGの部分はしっかり押さえておきましょう。

黒や黄色の服はNG

私服で卒アル写真を撮る学校の場合、先の項目で「白っぽい服を着るのがベスト」と書きました。じゃあNGの色は?と聞かれたら、それは黒や黄色です。

私服で上半身が真っ黒になってしまうと表情が暗く見えてしまいます。また、黄色は肌の色に影響し、青黒くくすんでしまうので選ばない方が無難です。

男は髪型キメ過ぎNG

せっかくの卒アル個人写真。頑張りたい気持ちはわかりますが、男子の場合、キメ過ぎの髪型は避けましょう。例えば、スタイリング剤で毛先を遊ばせすぎない、凝ったデザイン、スタイリングにしないなどは基本です。特にスタイリング剤をつけすぎてしまうと、万が一その髪型がNGだった場合、直しが利かなくなるので注意が必要です。清潔感があり、眉が見えて表情がわかる髪型を心がけてください。

ボブから肩下は好印象でOK

女子の場合は、ボブから肩下の長さの髪型はおろしていても写真写りが良く、好印象を与えるのでOKです。長すぎる髪は、制服の場合はまとめるなどした方が清潔感があって良いでしょう。

カラーリングはNG

どんなに自由な学校だとしても、卒アルに写る写真はカラーリングをしているものはNGです。何年も経って見返すときのことを考えると、黒髪の清潔なイメージの写真にしておきましょう。

髪飾りはNG

女子の場合、可愛く見せたくなるのはわかりますが、基本黒ゴムや黒ピン以外の装飾品や髪飾りは卒アル写真にはNGです。理由は髪飾りの方が目立ちすぎてしまうから。感じのいい写真を目指すにはシンプルに徹しましょう。

メイクのやり過ぎはNG

リップクリームや眉毛を整えるのはOKとしても、過度なメイクは清潔感を失わせてしまいます。一生に一度しかない卒アルの個人写真撮影は、若々しさを前面に出しましょう。

歯茎を出して笑うのはNG

微笑む程度はOKとしても、大笑いの写真は卒アルではふさわしくないもの。歯を出して笑ってしまうと、目が小さくなる人や、二重アゴになる人など、気にしている部分が目立ってしまい、後悔する確率が高いのです。少し口角を上げてにっこりするくらいが感じ良く写る秘訣ですね。

無理に笑うのもNG

不自然な笑みを浮かべて無理に笑う必要はありません。緊張してうまく笑えないならリラックスして微笑む程度で良いのです。

顔よりも前でピースは小顔効果ありでOK

卒業写真を持つ女の子
顔よりも前でピースは小顔効果ありでOK

個人写真でピースをしていいのかどうかは、撮影するカメラマンや学校にもよりますが、もしも許されるのであれば顔よりも前でするピースは小顔効果が期待できます。可愛く見せたい女子にはおすすめのポーズですね。

アルバム用の個人写真をプロカメラマンに依頼

個人撮影をする女性
アルバム用の個人写真をプロカメラマンに依頼

卒アルの個人写真をプロのカメラマンに依頼してみましょう。特に卒アル撮影に詳しいカメラマンに依頼することで、撮影時のちょっとした表情やポーズの取り方など、アドバイスを受けられるかもしれません。納得のいくアルバム作りには、カメラマンの選択も大切です。

個人写真をプロカメラマンに依頼したほうがいい理由

卒業アルバムの中でも個人写真は、ひとりひとりの個性が出せる大切な写真になります。学校と提携しているその町の写真館が撮影を一手に引き受けており、入学式の頃から各行事ごとに撮影していることでしょう。

卒アルの個人写真だけはプロのカメラマン、中でも人物撮影の経験が豊富なプロカメラマンに依頼してみませんか?昨今は学生もSNSの影響もあり、スマホで日々自分たちの顔を撮影し、撮られることにも慣れています。

少しでも可愛く、少しでも綺麗に撮ってもらうには、そんなSNS世代の事情に詳しいカメラマンを選んで卒アル個人写真を撮ってもらうのも良いのではないでしょうか。

可愛く見えるポーズの取り方、仕上がりを美肌にしてもらったり、少し修正を加えてもらったり。出来上がりを見る方も楽しみなれるような技を持ったプロカメラマンに依頼をおすすめします。

プロカメラマンに撮影依頼した場合の価格相場

カメラマンのランクや、撮影方法、卒業生の人数、撮影する地域によって変動しますが、下図の金額が目安となります。

学校・幼稚園の写真撮影の価格分布

25,000

標準

18,800

リーズナブル

33,900

プレミアム

ミツモアでカメラマンの撮影を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは日本最大級のカメラマン登録数を誇っています。それぞれの撮影に特化したカメラマンや地域でのご紹介が可能ですので、カメラマンの撮影はミツモアに依頼してみてください。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数のカメラマンに無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりを参考に、より条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りのカメラマンがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

卒アルの撮影をプロのカメラマンに依頼するなら是非ミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアでカメラマンに卒アルの写真撮影の見積もりを依頼する >>