ミツモアロゴ

ペットを撮影したい!アプリで、カメラで、スタジオで撮るコツ

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月10日

「ペットを上手に撮影したい。一眼レフカメラを使う方法はもちろん、スマホで上手に撮影する方法もあれば知りたい。プロに依頼してカレンダーにするのもできるのかな…。」

というペットの撮影に関する様々な疑問にお答えします。

ペットの撮影は人の撮影とは違います。ちゃんとポーズを取ってくれるわけではないため、シャッターチャンスを逃さないコツが必要です。

当記事はペットのベストショットを撮影する方法を全て解説します。どうぞご覧ください。

愛するペットをカメラで撮影しよう!①設定

ペット撮影時のカメラモード設定
ペット撮影時のカメラモード設定

ペットの撮影カメラおすすめはISO感度上限の高い一眼レフカメラです。

例えばNIKONのD3500が値段も安くてISO感度25600まで使えますね。

ISO感度を高く設定できればシャッタースピードを速くしても明るい写真が撮影できます。ペットは人のようにじっとポージングしてくれません。

ペットが勝手に移動した時にぶれないよう準備することが大切です。

撮影モード

シャッタースピード優先モードにします。シャッタースピード優先モードなら指定のシャッタースピードに合わせた絞りに自動設定されます。

走っているペットを撮影する場合、320分の1程度のシャッタースピードにしないとブレてしまいます。シャッタースピードを固定すれば初心者でもペットが撮影しやすいです。

ISO感度

ISO感度はノイズが出ないぎりぎりのラインにします。室外なら太陽光の明るさでISO感度を低く設定しても構いません。

しかし、室内撮影ならISO6400ほどの数字にしないとシャッタースピード320分の1撮影ができません。

一眼レフでペットを撮影するのなら、F2レベルの単焦点レンズを利用しましょう。

F値を下げられるとシャッタースピードが高くても明るい写真が撮影できます。

ドライブモード

どのようなペットの写真を撮影したいかで変更します。

動きのあるペットを撮影するのなら連写がおすすめです。躍動感のある写真を撮影できます。

座っているペットの写真ならワンショットで構いません。

コンパクトデジカメを利用する場合はISO感度の都合でブレやすくなります。連写でもっともブレていない写真を選びましょう。

愛するペットをカメラで撮影しよう!②ライティング

こちらに走ってくるペットを撮影
こちらに走ってくるペットを撮影

写真撮影は光と影の使い方でクオリティが変わります。ペットの撮影も同じです。

犬の撮影セットとしてレフ板やストロボがあると生き生きとした写真が撮影できます。

ただし人と違ってペットは動きますレフ板があっても上手に光を届けられるとは限りません。

順光・逆光など光の位置も考えてペットの写真を撮影しましょう。

順光・逆光の使い分け方

順光だとペットに直接光が当たるため元気な写真が撮影できます。逆光だとカメラに強い光が入るためペットが暗くなりやすいです。

明るさを補正してペットを明るく撮影する必要があります。

逆光で撮影したペットの写真
逆光で撮影したペットの写真

逆光の場合、明るさを足しすぎると背景が白く飛んでしまうことがあります。

日差しが和らいだ時間に撮影することも考えましょう。

レフ板やストロボを駆使して

レフ板やストロボを使うことでペットの目に光を入れることができます。

しかし、ペットが光に驚いて逃げてしまう可能性があります。1度ペットが驚いてしまうとその後の撮影が難しくなります。

  • レフ板は逆光時のペット撮影のみ使用する。
  • ストロボは室内撮影時のみ使用する。天井に向かって光を出しバウンスさせる。

上記のように使用しましょう。

愛するペットをカメラで撮影しよう!③撮影中のコツ

カメラ目線のペット写真
カメラ目線のペット写真

ペット撮影中はコミュニケーションが大切です。ペットがカメラに興味を示してしまうと自然な写真が撮影できなくなります。

エサはもちろん、音や道具を使ってペットが楽しめる環境を作ります。

カレンダー写真を撮影するようなペット写真家の方々もペットの性格にあった撮影方法にしています。

ペットがのんびりした性格なら生き生きした写真撮影よりも、スタジオや海辺でのんびり写真がピッタリですよね。

ペットもストレスがたまりません。

以下、ペット撮影中のコツをお話します。

ピントはここに合わせて!

目にピントをあわせているペットの写真
目にピントを合わせているペットの写真

目に合わせましょう。

当たり前ですがペット撮影はペットが主役です。人や動物が主役の場合、写真を見る人は真っ先に顔に注目します。

顔の中で最初に見る場所が目。だから目に合わせるべきです。

人と違って犬は鼻が前に出ています。鼻にピントを合わせてしまうと目がぼやけますね。

眉間にピントを合わせるイメージだと上手にピントが合いますよ。

カメラ目線を得るには?

エサや道具を使いましょう。ペットに「ここを見て!」とお願いしても見てくれません。赤ちゃんや子どもにカメラを注目させるイメージで道具を使います。

エサを使う場合、ペットはエサに注目してしまいます。エサを手に持って注目させるのではなく、レンズの前につるしてみましょう。もちろん手でレンズの前に持っていっても構いません。

おすすめの構図

誰でも簡単に可愛く撮影できるペットの構図が上目づかいです。

上目づかいをしているペットの写真
上目づかいをしているペットの写真

走っている写真に比べて撮影難易度が低いです。動いていませんからね。顔が固定されるので目にピンとも合わせやすいです。

エサを使えば簡単にレンズの方向を向いてくれます。小型犬はもちろん、大型犬でも可愛く撮影できちゃいますよ。

愛するペットをスマホで撮影しよう!

ペットをスマホで撮影している
ペットをスマホで撮影している

ペットをスマホで撮影するのは大変です。一眼レフカメラのように細かな設定ができないためです。

ペットのブレを防止するための構え方・ピントの調節等が必要になります。一眼レフと違ってレンズが小さいのも欠点の1つ。ペットのカメラ目線をもらうのが難しくなります。

以下の方法でペットの写真をスマホで上手に撮影しましょう。

スマホの構え方

スマホでペットの上目づかいを撮影中
スマホでペットの上目づかいを撮影中

片手ではなく両手でスマホを持ちましょう。脇も締めます。そうすることで手振れが少なくなり、ハッキリしたペットの写真を撮影できます。

足は少し開いておきましょう。ペットが突進してきて転んでしまう恐れがあるためです。カメラと違ってスマホにストラップはしていませんよね。

落として割れてしまっては大変です。

露出とピントを調節して

スマホでペットをズーム撮影している最中
スマホでペットをズーム撮影している最中

露出は明るさをプラスします。ペットは人と違って様々な色の毛皮を着ていますよね。

色によっては目と毛が一体化してしまいます。

明るくすれば顔のパーツがそれぞれ判断しやすくなります。

スマホでペットを撮影する際はズームしましょう。スマホを近づけすぎるとペロっと舐められてしまいます。

ペット撮影に便利なグッズ

スマホにペットが遊ぶためのボールを取り付ける器具が販売されています。

これをカメラ付近に取り付ければペットがカメラ目線になってくれますね。

ボールを投げた瞬間を撮影すれば躍動感ある写真になります。

ペット撮影に便利なアプリ

ペットをレトロに加工した写真
ペットをレトロに加工した写真

スマホでペットを撮影する場合、様々なアプリを利用することができます。

ペットの写真を加工することはもちろん、スタンプなどで飾ることも可能です。

音を出してペットをカメラに注目させるタイプもありますね。

代表的なアプリを紹介しますのでインストールしてお使いください。

おしゃれなフィルターアプリ

VSCO

インスタグラマーが使っている定番の写真加工アプリ。

ボタン1つでレトロな雰囲気からベールトーンをプラスした写真まで簡単に加工できます。ペットの写真加工アプリとしても人気です。

普通のペットの写真が一気にオシャレになりますよ。

無音カメラアプリ

静かな超高速カメラ

シャッター音なしで高速連写できるアプリです。

動いている犬もらくらく撮影可能。

音が出るとペットの動きが止まってしまいます。その不安もありません。

モノラルやセピアなど簡単な写真加工も可能です。

ペット撮影専用アプリ

いぬのきもちカメラ

あなたが撮影したペットの写真を雑誌形式に加工してくれます。

まるであなたのペットが雑誌のモデルになった気分。インスタはもちろん、様々な場所で共有して使えますね。

カメラでも・スマホでもペットをかわいく撮影するコツ

遊びに夢中になっているペットの写真
遊びに夢中になっているペットの写真

ペットの性格にあった写真を撮影しましょう。

元気なペットを無理に座らせていても魅力って半減しますよね。

それよりもボール遊びをさせるなど、普段どおりの行動をさせてあげます。

そしたら自然にかわいい写真が撮影できます。

逆におとなしい性格のペットを知らない場所に連れ出してもビックリしちゃいます。

ペットが楽しくなっている途中にシャッターチャンスは眠っています。

瞳をキラキラさせる撮り方

ペットと一緒になって遊びましょう。特に犬はあなたと遊ぶことが世界中の何よりも好きです。

あなたがいるのに1匹で自由に遊ぶって犬からしたらガッカリです。

  • 走ってあげる
  • ボール遊びをする
  • 頭をなでてあげる

ペットが喜ぶことをしてあげればキラキラした瞳の写真が撮影できますよ。

かわいさ引き立つポーズ

既にお話したように上目づかいの写真から撮影しましょう。

ペットの上目づかいはあなたにおねだりしているようでかわいさが引き立ちます。

お手の最中や舌を出している写真もペットらしくてかわいさがありますね。

スマホで後から簡単加工

スマホにペットの写真が保存されているのなら、撮影後にアプリで簡単に加工できます。

例えばMeituの「ペットAR」という機能ならSNOWのようにペットの顔を認証して服を着せたりできます。

今後もペット用アプリは増え続けると考えられます。失敗した写真も保存して、後から面白加工する素材にしましょう。

ペット撮影ができるスタジオがある!

スタジオで撮影された子犬
スタジオで撮影された子犬

ペット撮影可能なスタジオならプロカメラマンにペットの写真を撮影してもらえます。

スタジオ撮影ならではのキレイで無駄なものを省いた写真が撮影できますね。

近くに料理アイテムを並べるなど、普段は撮影しづらい状況の写真が撮影できるのも魅力。

ロケーション撮影とは違った良さがあります。

ペット撮影のスタジオの選び方のコツ

ペット撮影を前面に打ち出しているかどうかを考えます。

通常の写真館で依頼した場合、ペット撮影用の小道具等がないかもしれません。

ペット嫌いなお客さんが前後に入っているとペットの居場所もなくなります。

以下の3つのことに気をつけましょう。

①セットは希望のものがあるか

小道具や背景をチェックします。

例えばペットに蝶ネクタイをつけて食事前の写真を撮影したいとします。

落としても壊れないタイプの食器が用意されていないと撮影できませんよね。

写真館によって用意されている品は違います。

ペット撮影の得意な写真館じゃないとペットをカメラ目線にする道具すらない可能性があります。

②貸衣装はあるか

ペット用貸衣装がなければ持参しないといけません。

でもペット用の衣装って高いんですよね。1度の撮影のために購入するってもったいないです。

数着でも構わないのでペット用貸衣装があれば購入する必要がなくなります。

予約時に聞いてみましょう。

③持ち込みは可能か

ペット用品は汚れている可能性がありますよね。

持ち込みを嫌がる写真館があります。写真館は精密機器だらけ。

下手なものを持ち込まれると器物破損にもつながります。

事前に準備するのではなくて、写真館に持ち込み可能かどうかを確認してから準備しましょう。

ペット撮影は出張もあり!

持ち込みや貸衣装問題をクリアするのが出張です。あなたの家にカメラマンが来てくれたら問題はありませんよね。

ペットも自宅撮影の方がリラックスできて喜びます。スタジオ撮影にこだわらないのならカメラマンの出張サービスも検討しましょう。

ペットの撮影もプロに頼もう!

ペットを撮影するプロカメラマン
ペットを撮影するプロカメラマン

ペットも大事な家族です。家族写真の撮影をプロにお願いするように、ペットの写真をプロカメラマンに依頼するケースが増えています。

プロカメラマンが撮影した写真をカレンダーやアルバムに使用。

自営業の人がグッズとして販売することもあります。ペットの撮影もプロに依頼してみましょう。

ペット撮影をプロに頼むメリット

最大のメリットはあなたもペットと一緒に撮影できることです。

ペットと写真を撮影する時はセルフ撮影ができません。ペットがジッとしてくれないためです。

下手をしたらカメラに向かって突撃してしまいますね。そうなると大事なカメラも壊れます。

せっかくなのでペットと2ショットを撮影してもらいましょう。思い出の1枚になるはずです。

犬と写真が撮れる場所ならどこでも撮影できるのもメリット。

自宅に限らず、ロケーション撮影も考えましょう。自宅の前も思い出に残りやすいスポットです。

ペット撮影をプロに頼んだ時の相場

安価で1万円。スタジオ撮影でショット数を増やすなら2万円~が相場です。

ペット撮影とはいえプロのカメラマンを利用するのは一緒。ポートレート撮影と同じような金額がかかります。

その点、フリーランスのカメラマンや近場の写真館に依頼できたら安くなります。

まずはミツモアでペット写真撮影の見積もりを取ってみましょう。意外な価格で撮影できるかもしれません。

家族写真は、ミツモアでカメラマンに撮影を依頼しよう!

ミツモアで見積もりを取ろう!
ミツモアで、家族写真のカメラマンのお見積もりを!

家族写真のカメラマンを探しているのなら、ミツモアで無料見積もりを取ってみましょう!

家族写真関連の写真撮影が得意なカメラマンや、自宅近くまで出張してくれるカメラマンなど、選択の幅が広いところが魅力です!きっとピッタリのカメラマンが見つかるはず!

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアでは、簡単な質問に順序良く答えていくだけで、おすすめのカメラマンをピックアップしてくれます。完全無料、約2分で気軽に相談できるんです。

家族写真・記念写真のカメラマンを探す

トップページの、「どんなサービスをご要望ですか?」から「家族写真」「記念写真」などと入力して検索する方法もあります。

最大5件の見積もりが届くので手間なし

何人ものカメラマンに電話をかけたり、連絡を取り合ったりといった手間はありません。1回の見積もりで最大5件の見積もりが届くので、比較も簡単です。最大5人のプロから、専用の提案が送られてきます。

チャットで見積もり内容の相談ができる

提案で気になったプロ、実績やデビューで選んだプロと、チャットで連絡を取ることができます。

ミツモアなら、家族写真にピッタリのカメラマンを見つけることができますよ!