ミツモアロゴ

浴衣・着物は右前or左前?間違えないで着付ける【覚え方3つ】

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月25日

着物や浴衣は左前だったっけ?右前だったっけ?習慣的に着物を着ている人ならまだしも、たまのハレの日にさぁ着物を着ようかと思ったら、「左前」か「右前」か、どちらかわからない!

そもそも「左前」とか「右前」の「前」って、手前ってこと?前側ってこと?これらの疑問について、忘れない覚え方があるんです!詳しく見ていきましょう。

着物・浴衣は女性も右前で着ます

着物の着付けは右前
着物は右前で着付ける

着物も浴衣も、男性も女性も、ズバリ、右前で着ます。これは和服における決まりであって、洋服はもちろん違います。一体いつから、なぜ和服は右前で着るようになったのか、右前の「前」ってナニ?などについて、わかりやすく説明していきます。

和服が洋服と違う点

和服が洋服と大きく違う点は、前合わせです。和服は女性も男性も右前です。

和服の右前とは、右側の布が内側、左側の布は外側に巻く着方を言います。洋服では、男性はボタンが縫い付けてある布が右側で内側になり、女性はその逆、左側にボタンが縫い付けられています。着物が右前になぜなったのか?

着物が右前になぜなったのかというと、その起源は1200年以上も昔になります。奈良時代の719(養老3)年、元正天皇により「衣服令」が発令されて、着物の襟は右前に合わせるという、”右衽着装法”が定められました。それまでは特に決まりがなかったということです。

和服は女性も男性も右前

和服は、中国の習慣にならったという説が有力だそうです。当時の中国では、位の高い人が左前、庶民は右前で衣服を着ていました。それに倣って日本も庶民は右前で服を着る法が定められたのではと考えられています。なので、男女の差はなく、女性も男性も右前で着るようになったようです。

「上前」「下前」という言葉の使い方

着物には、「上前」と「下前」という言葉があります。上前とは、着たときに外側にくる身頃のことで、着る時に左手に持っている左身頃を指します。外側にくるということは、振袖などでは模様が一番豪華に描かれている部分になります。

逆に右手に持っている右身頃が下前になり、そちらの側が先に体に合わせられます。先に合わせられる、つまり時間的に”前”に合わせられるということで、着物は”右前”で着るということなのです。

着物を着付ける際に左前か右前か忘れない方法

 着物の懐に
 着物の懐に懐紙を入れる

着物が右前になった経緯などは前の項で説明したとおりですが、ではどうやったら”右前”というこを忘れずに覚えておけるのでしょうか。

それにはいくつかの覚え方があります。どれか一つでも頭に入れておけば、「右前」だと思い出せるはずですので、この際覚えてしまって「どっちだっけ?」ということがないようにしましょう!

右手で懐にしまいやすく

最も簡単な忘れない覚え方は、”懐に右手が入るように着る”です。右前になった理由には所説ありますが、右利きの人が多いので懐に右手を入れやすいように右前になったという説もあるようです。

着物の懐には茶道で使う懐紙を入れたり、ハンカチやティッシュを入れることもあるので、右手でさっと懐に手を入れることを思い浮かべれば、絶対に忘れません。

女性は洋服と反対、男性は洋服と同じ

現代では和服よりも洋服の方が一般的なので、洋服で女性と男性の襟合わせが逆になることは皆さん周知の事実であると思います。そのため和服も男性と女性で襟合わせが逆になると思われがちです。和服の場合、男性も女性も襟合わせは同じです。女性の場合は、洋服と着物で襟合わせが反対になり、男性の場合は洋服も着物も同じ襟合わせになります。

小文字のy

最後に紹介する覚え方が、”相手から見たときにアルファベットの小文字の「y」に見えるように合わせる”です。とても簡単でわかりやすいので、着物を着慣れない初心者にもオススメの覚え方になります。

着物を左前に着ない意味と理由

経帷子
左前が縁起が悪いとされる理由

何年か前、某タレントさんがブログで掲載した写真の着物姿が左前になっていてネット上で大炎上したことがありました。ご本人によるとインカメラで撮影したために反転してしまったそうですが、なぜそれほどまでに批判されてしまうのか、着物を左前に着てはいけない理由について解説します。

死に装束

着物を左前に着るときは、仏教のお葬式で、亡くなった人に着物を着せるとき、いわゆる”死に装束”です。その際の着物は経帷子といい、生前とは逆の”左前”の襟合わせにして、死後の世界にお送りすることになります。

早死にするとの謂れ

死に装束の時の着物合わせが左前ということで、着物を左前にして着てしまうと早死にするとの謂れがあり、縁起が悪いとされているのです。

美しく整える着物の着付け

美しい着物の着付け
美しく着物を着るコツ

着物の襟合わせは右前ということはわかっていただけたと思います。それではいざ着付け!と思いきや、自分で美しく着付けるにはきれいに見せるポイントやコツがあります。着付けは難しいから自分では無理!というあなたも、鏡の前で一度練習してみてからでも遅くないでしょう。

着物を綺麗に着るコツ

事前の準備としては、着物と帯・長襦袢を、着る数日前にタンスから出しておき、直射日光の当たらないところに吊るしておくことです。

実際に着付ける際には、まずは長襦袢がきれいに着られているかが大切です。着物姿の印象を決めるには、襟元がきれいかどうかがポイントになります。

肌襦袢を着た後に胸の下にタオルを当てて胸の凹凸をなくします。そうしてから長襦袢の胸元のシワをきちんと取り除くことが重要です。着物を着る時には生地が身体にぴったりフィットした方が美しく見えます。

腰ひもを結ぶときはしっかりとお尻のラインに着物を添わせるようにしましょう。帯をきれいに結ぶことは本当に難しいです。後ろ手の感覚で左右のバランスをきちんと整えながら結んでください。

帯を結び終わったら、最後は帯揚げです。脇から胸元までの部分を丁寧に畳み、美しい着物姿を完成しましょう。

着物は出張着付けがおすすめ

上記のように、着物を美しく着付けるには、様々なコツがあり、練習の必要もあります。プロに出張着付けを頼めば、自宅やホテル、結婚式場などどこへでも何時でも出張して着付けをしてくれます。着物が着慣れていない人でも、一日中窮屈なんてことはありません。動きやすく、家に帰るまで着崩れすることもなく、食事なども楽しむことができます。プロにお願いすることをオススメします。

ミツモアで出張着付けサービスに見積りを依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで出張着付けの見積りを依頼しよう!

プロに出張着付けをお願いしたいけど、どうやって選んだらいいかわからない!という、そこのアナタ!ミツモアならインターネット上で出張着付けサービスに見積りを簡単に依頼することができます。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えるだけで見積りを依頼することができます。例えば出張着付けサービスなら、着付けする着物の種類や、着付けをする人数、着付けをしたい場所などの質問にクリックして答えていくだけで、見積り依頼ができちゃいます。

最大5件の見積りが届く

出張着付けの価格分布

9,500

標準

6,200

リーズナブル

14,400

プレミアム

インターネット上で見積りを依頼すると、最大で5件の見積りが届きます。複数のサービスを比較検討することができるので、あなたにぴったりのサービスを選ぶことができます。気軽に依頼してみましょう。

チャットで見積り内容の相談ができる

見積りが届いた複数の業者の中からお気に入りの業者を見つけたら、チャットで見積り内容の相談や質問をすることができます。少しでも気になることがあったらチャットで解決することができ、更にレビューや業者の実績を見て決定することができます。

ミツモアで出張着付けサービスの見積りを依頼する >>